アンサングシンデレラこはる役は穂志もえか!ネタバレ原作は?

フジテレビの木曜ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第7話が2020年8月27日に放送されます。

石原さとみさん演じる主人公の薬剤師・葵みどりが患者たちと向き合っていく姿には毎週胸が熱くなり、感動させられている皆さんも多いのではないでしょうか(/ω\)

そんな「アンサング・シンデレラ」の第7話では、1話から入院患者として登場している簑島小春(みのしまこはる)のストーリーがメインで描かれます。

みのしまこはるを演じるのは穂志もえか(ほしもえか)さん!

幼いころからクラシックバレエをされおり、上智大学卒業という知的な印象を兼ね備えた女優さんです。

今回は「アンサング・シンデレラ」でみのしまこはる役のキャスト女優の穂志もえかさんのプロフィールや出演作品をまとめてみました。

また原作漫画に登場するのか?簑島小春(みのしまこはる)の今までのネタバレとともにご紹介します。

▼今ならドラマ「アンサングシンデレラ」動画見逃し配信を2週間完全無料で視聴できます▼

FOD公式サイト

FODは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

FODでは先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「ラストシンデレラ」「TWO WEEKS」「僕のいた時間」「奈緒子」「ガリレオ」「オトナ高校」が無料で視聴可能です!

目次

アンサングシンデレラこはる役の穂志もえかのプロフィールは?

アンサングシンデレラネタバレ原作!恋愛描写や結末は

この投稿をInstagramで見る

わからん

穂志 もえか(@moekappa823)がシェアした投稿 –

穂志もえか(ほしもえか)

 

生年月日:1995年8月23日
出身地:千葉県

女優の穂志もえかさんは現在24歳です。

瑛太さん、黒木華さんなど演技派俳優が多数いる「パパドゥ」に所属しています。

幼少期にクラシックバレエを習っていたことがきっかけで、自らを表現する楽しさを知り女優を目指すことを知ったそうです。

趣味は映画観賞で、昭和の作品も多数見ていたんだとか。

そんなんかで大ファンになったのは、昭和の大女優・山田五十鈴さん。

若いのに山田五十鈴さんを知っているなんて!将来がとっても楽しみですよね〜(^^)/

上智大学在学中にモデルとしてポスター写真に登場し注目を集め、2016年には「ミスid(ミスアイドル)」で4000人の中からグランプリを受賞。

大学卒業後には女優活動に専念し、それまでは「保紫萌香」という名前で活動していまいたが現在の「穂志もえか」に改名し現在に至ります。

好物は焼肉で、動物が大好きだという穂志もえかさん。

自宅で飼っている猫と戯れているときが一番リラックスできるときなんだとか。

そんな穂志もえかさんのこれまでの出演作品を以降でまとめてみました!

 

 

アンサングシンデレラこはる役の穂志もえかの出演作品は?

アンサングシンデレラ最終回結末ネタバレ予想!成田凌とのハッピーエンド?

【ドラマ】
100万円の女たち(2017年 テレビ東京)
目玉焼きの黄身 いつつぶす?(2017年 TBS)
ザ・ブラックカンパニー(2018年 フジテレビONE TWO NEXT)
獣になれない私たち(2018年 日本テレビ)
デザイナー 渋井直人の休日 第6話「渋井直人の優しさ」(2019年テレビ東京)
ラジエーションハウス 第7話「命を救う者達の選択 誇りの行方」(2019年フジテレビ)

 

【映画】
THE END OF ANTHEM(2017年)
少女邂逅(2018年)
放課後ソーダ日和 特別版(2019年)
愛がなんだ(2019年)
街の上で(2021年公開予定)

まだ出演作品は多くありませんが、すでに映画で主演も努めている穂志もえかさん!

「少女邂逅」では、同級生からのいじめで声がでなくなってしまう少女・ミユリを演じました。

この作品を手掛けたのは若手の枝優香監督で、撮影時には12日間スタッフと共に共同生活を送っていたそうです。

穂志もえかさんは撮影当時を振り返って「家族のような温かさを感じた」と語っていましたね。

公開予定の「8日で死んだ怪獣の12の物語」ではユーチューバーを演じているそうですよ(*^▽^*)

さらに2021年公開予定の「街の上で」では、若葉竜也さん演じる主人公の元恋人役として出演予定です!

最近のテレビドラマでは「獣になれない私たち」で、松田龍平さん演じる恒星にお持ち帰りされた女の子役で登場!

「ラジエーションハウス」では浜野謙太さん演じる軒下のデート相手役。

どちらも登場シーンは少なかったのですが(^^;)

「デザイナー渋井直人の休日」では、ヒロイン役でゲスト出演されていましたね!

そんな穂志もえかさんが「アンサング・シンデレラ」で演じるのは、病気で入院している簑島小春役です。

以降で詳しい役どころをご紹介したいと思います。

 

 

アンサング・シンデレラ【みのしまこはる】のネタバレは?原作漫画にも登場?

アンサングシンデレラ瀬野ネタバレは原作と違う?

穂志もえかさん演じる簑島小春(みのしまこはる)は、主人公葵みどり(石原さとみ)が勤務する萬総合病院に入院する20歳の女の子です。

白血病を患いながらも、おしゃれにこだわり前向きに入院生活を楽しんでおり、第1話からシーンは少ないながらも登場しています。

8年前から入退院を繰り返し、20歳を過ぎた現在も小児科で入院しているという設定であることが後にストーリーの中で明かされていました。

そんなみのしまこはるが、第7話でようやく退院できることになります!

小春は、入院してきた渡辺真起子さん演じる国会議員の古賀ともかかわっていくことになるようですが、どのような展開になるのでしょうか?

実は「アンサング・シンデレラ」は同名の原作漫画が元になったストーリーなのですが、みのしまこはるについては原作漫画には登場しないんです!

ドラマオリジナルのキャラとしてストーリーに新たなエッセンスを加えてくれそうです。

個人的には悲しい展開だけはやめていただきたいですね(;^_^A

 

アンサングシンデレラこはる役のキャスト女優まとめ

アンサングシンデレラの意味とは?タイトル由来は薬剤師?

今回は「アンサング・シンデレラ」でみのしまこはるを演じる穂志もえかさんについて紹介しました。

上智大学卒業というキャリアを持った女優・穂志もえかさん!

映画「少女邂逅」で主演を演じ、映画「8日で死んだ怪獣の12の物語」にも出演予定の今注目の若手女優です。

「アンサング・シンデレラ」では白血病に冒されて入退院を繰り返す患者という難しい役どころを演じます。

8月27日放送の第7話では登場シーンがかなり多そうですので、穂志もえかさんの演技に是非ご注目ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる