99.9父親の事件の真相と真犯人ネタバレは?2話あらすじ【刑事専門弁護士】

スポンサーリンク

1月21日放送のTBS日曜劇場ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」。

シーズン1から解決できなかった深山の父親の事件がなんと解決したんです!!

しかも、第2話にして!(^^)!早いですね(笑)でもやった!!!

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の第2話で明かされた事件の真相をまとめていきます。

 

 

99.9第2話のあらすじは?

深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。
当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

その遺留品をもとに、深山はもう一度26年前の事件に隠された0.1%の事実を追い求める。そして、それは大介の事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)との対決も意味していた。

そんな中、金沢地方検察庁には、以前、深山が担当した事件の検察官だった丸川貴久(青木崇高)が人事異動で赴任していた。深山は丸川に調査の協力を仰ぐのだが…。

一方、舞子(木村文乃)は、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から打診を受け、事件の調査に加わることになり金沢へ向かう。

そして、家族で休暇中だった佐田(香川照之)も、斑目の策略で金沢に向かうことになる。

果たして、26年前の父親の無実は証明できるのか!26年目に解き明かされる驚愕の事実とは!?

引用元:http://www.tbs.co.jp/999tbs/story/

26年後に手に入れた水晶の遺留品が事件の謎を解くことになります。

 

99.9第2話で明かされた父親の事件の真相ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

その水晶のお守り・・・なんと佐田弁護士の娘も同じものを持っていたんです。

彼氏にもらった縁結びのお守りで、佐田弁護士ショック!!!

このことから事件の証拠のお守りが売っていた山が発覚。

そして深山たちは、当時の事件があった町の派出所の警察官だった三宅宏之に会いに行き、そのおまもりを見せると明らかに動揺していた三宅。

また被害者の妹の証言から、当時被害者の女子高校生がある男に付きまとわれていたことが発覚。しかし、その証言の事実を検察はもみ消していたのでした。

このことから、三宅に疑惑が向けられます。

深山たちは山に登り、入山記録を確認して「三宅」の名前を探します。なかなか見つからない「三宅」の名前。

しかし、犯人三宅宏之だと思われたが、一緒に派出所にいた警察官の小倉学(薬丸 翔)が犯人であることが発覚。

 

 

小倉学の名前が入山記録にあったのでした。

小倉学は三宅と一緒に派出所にいた若い警察官で事件の第一発見者。

当時被害者のことが好きで付きまとっていて、好きな人がいることを一緒に勤務していた三宅に話していました。

しかし、事件当日、コンビニで出会った女子高校生を追いかけ、ひつこく交際を迫ります。

そこで拒否されたことに腹をたて、カッとなって女子高校生を殺害。

深山の父親の傘を殺害時に触ってしまいますが、第一発見者を警察官として装おう時に故意にみんなの前で傘を触ったことで、誤魔化すことができました。

しかし、傘には小倉の指紋が2か所。触ったのは一回だったのに二か所に指紋があったことを不審に思い、三宅は当時に事件の担当検事だった宿敵・大友検事正(奥田瑛二)に小倉が怪しいと報告します

いかし、大友検事正は一度起訴してしまったことで不祥事となることを恐れ、その事実をもみ消したのでした。

ちなみに犯人役の小倉学の俳優さんは以下にまとめてあります。

 

その犯人の小倉学は海外渡航中であることがわかり、成立した時効も覆る可能性がありましたが、チベットの山に登り滑落して亡くなったことがわかりました。

小倉の死を報告した大友検事正(奥田瑛二)が「残念だったな」と深山に言うと「残念ではありません。僕はただ、事実を知りたかっただけなので。」といつもと同じセリフを言うのでした。

結局事件は解決したけれど、何も変わらないという切ない結末でした。

 


スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 私の推理
    小倉学は実は生きていた。
    「チベットの山に登り滑落して亡くなった」としか説明が無かった。
    調べたら替え玉だった可能性があると思います。何せ殺人を犯して逃げおせた人物です。深山はチベットへ行って調べたら、土葬にされており、遺骨を持ち帰りDNA検査を行い、別人と分かる。一方、26年前の事件が再調査されていると知った小倉は、当時の同僚の三宅をも消そうとしていた。
    小倉は海外での滞在が長かったので時効は切れてなく(または冤罪で被疑者死亡で時間が止まっていたので)、ぎりぎりの期日で捕まる。となるとドラマとして面白いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です