君と世界が終わる日に御前崎役は宇野祥平!罪の声など出演作品は?

竹内涼真(たけうちりょうま)さん主演の日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」第6話が2月21日に放送されます。

このドラマは竹内涼真さん演じる主人公の間宮響(まみやひびき)達が、謎の感染症が蔓延した世界で生き抜いていくために戦っていくゾンビサバイバルドラマです。

毎回衝撃的な展開が続出するスリルあるストーリーが話題になっています。

中条あやみ(なかじょうあやみ)さん演じる響の恋人小笠原来美(おがさわらくるみ)とすれ違いが続きなかなか会えないところも、今後の展開が気になるところです。

第6話では響達が訪れた島で新たな人物役で新キャスト俳優が登場します。

謎の男御前崎(おまえさき)で俳優の宇野祥平(うのしょうへい)さん演じます。

御前崎(おまえさき)他の生存者グループとは孤立しており、医学に精通した謎の多い人物です。

御前崎との出会いが響にどんな影響を与えるのかも今後注目です。

この記事では「君と世界が終わる日に」第6話から登場する御前崎役のキャスト俳優の宇野祥平さんについてプロフィールと過去の出演作品を紹介していきます。

目次

君と世界が終わる日に御前崎役は宇野祥平!医学に精通した謎の男

君と世界が終わる日に首藤【滝藤賢一】が黒幕?アンブレラ社の人体実験展開?

医薬品を求め、海路から駐屯地に乗り込む覚悟を決めた響(竹内涼真)たち!途中、小島に停泊した彼らは、かつて敵対した刀集団の坪井(小久保寿人)たちに遭遇する……!

外部から孤立した駐屯地では、撤退を主張する自衛隊司令官の牛込(神保悟志)と、このまま駐屯地でワクチン開発をすべきだという首藤(滝藤賢一)の間で意見が対立。首藤は自衛隊内部で力を増していた。

そして響が死んだと思い絶望に沈む来美(中条あやみ)は、幼い愛奈(新津ちせ)を助けられなかった責任を感じ、危険なワクチン開発の実験台に名乗り出る!注射を打たれた来美は、響の姿を思い出しながら意識が混濁していき……。

一方響は、坪井を説得し共に駐屯地を目指していた。出発直前、周囲と距離を置く謎の男・御前崎(宇野祥平)から「行ったら、あんた、心底人を憎むことになるぞ」と不吉な言葉をかけられる響……。さらに駐屯地に向かう船上で、ミンジュン(キム・ジェヒョン)の姉が“Dr.Shuto”という医者とワクチン開発をしていることを知る。それは、響の記憶に深く刻まれていた名前だった……。

そんな中、駐屯地では牛込が謎の失踪を遂げる。自衛隊内部に不協和音が生じる中、避難者たちの間でも隔離生活の不満が爆発!首藤は駐屯地にいれば優先的にワクチンが打てると話し、避難者たちの支持を得る。

そしてついに、響たちが駐屯地に到着!地下通路から侵入を試みる中、響は見張りがいないことを不気味に感じるが……。響、そして来美の間に巨大な罠が待ち構えていた!

引用元:公式サイト

駐屯地を目指して移動した響達グループは猿ノ島という小島につきます。

そこで以前対立した小久保寿人(こくぼとしひと)さん演じる坪井(つぼい)率いる刀集団に再会し、響は坪井たちを説得し共に駐屯地を目指すことにします。

そして猿ノ島にいた宇野祥平さん演じる謎の男御前崎から「行ったら、あんた、心底人を憎むことになるぞ」と不吉なことを言われてしまいます。

そしてついに響達は駐屯地に辿りつきますが、そこには彼らを陥れる罠が待ち受けていました。

第6話では滝藤賢一(たきとうけんいち)さん演じる駐屯地の研究者首藤公貴(しゅとうこうき)との関係も明らかになってくるようです。

そして響はやっと恋人の来美と再会を果たします。

しかし来美は首藤の人体実験のサンプルとなっていました。

果たして2人は無事に再会できるのでしょうか。

第6話で宇野祥平さんが演じるのは猿ノ島で生活する生存者御前崎です。

猿ノ島で生活している生き残りグループのうちの一人。
高度な医学知識を持つものの、ほとんど他人と関わらず世捨て人のように振舞っている。

引用元:公式サイト

島の他の生存者とは関わらず孤立している人物です。

高度な医療知識を持ち横溝菜帆(よこみぞなほ)ちゃん演じる三原結月(みはらゆづき)の喘息の発作の治療を行うなど、悪い人物ではないようです。

謎の多い人物で、御前崎についても今後徐々にどんな役なのかわかってくると思います。

雰囲気のある演技に定評がある宇野祥平さんが、御前崎の謎めいた人柄を上手く演じてくれそうですね。

ストーリーにどのように関わってくるのかもとても楽しみです。

 

 

君と世界が終わる日に御前崎役の宇野祥平のプロフィールは?

君と世界が終わる日に来美の遺伝子の考察はゴーレム抗体?

1978年2月11日生
出身地/大阪府
身長/169cm

引用元:公式サイト

宇野祥平さんは現在43歳の俳優です。

宇野祥平さんは、高校卒業後は花屋で働いていました。

その時の自分の好きなことを仕事にしていた花屋の店主の影響で、自分もやりたい仕事に就こうと思うようになります。

そして大阪梅田のビジュアルアーツ専門学校放送映画科に進学します。

昼はアルバイトをし、夜間に学校に通って仲間と自主映画を撮影するという日々を送っていました。

2000年に降板した役者の代わりに映画に出演することになる俳優デビュー、22歳で上京しアルバイトをしながら役者を目指していました。

しかしアルバイト期間は9年にも及び、30歳を過ぎるまでは友達の家を転々とするような生活をしていたそうです。

その後だんだんと役者として演技を認められるようになり、主役で光というタイプではないものの、影のある演技が人気の名バイプレイヤーとして様々な作品に起用されるようになりました。

2020年は10作品の映画に出演し、2021年は公開予定を含め6本の映画への出演がすでに決まっています。

今回演じる謎の男御前崎は、宇野祥平さんにとってかなりのハマり役になるのではないかと思います。

影がありながらも存在感のある演技で視聴者を魅了する宇野祥平さんの演技がドラマをさらに盛り上げてくれそうですね。

 

 

君と世界が終わる日に御前崎役の宇野祥平の過去の出演作品一覧は?

君と世界が終わる日には全何話まで?最終回はいつ?

それでは宇野祥平さんがこれまで出演してきた主な作品を紹介していきます。

テレビドラマ
美少女日記III(2001年)
深夜食堂(2009年・2011年・2014年)
VISION-殺しが見える女-(2012年)
エアーズロック(2012年)
まほろ駅前番外地(2013年)
ウルトラマンギンガ(2013年)
リバースエッジ 大川端探偵社 (2014年)
女はそれを許さない(2014年)
隣のレジの梅木さん(2014年)
洞窟おじさん(2015年)
劇場霊からの招待状(2015年)
仮面ライダーエグゼイド(2017年)
セシルのもくろみ(2017年)
ハロー張りネズミ (2017年)
ブラックリベンジ(2017年)
家康、江戸を建てる(2019年、NHK総合) – 元蔵 役
スキャンダル専門弁護士 QUEEN(2019年)
エール(2020年)
太陽の子(2020年)
あのコの夢を見たんです。(2020年)
そのご縁、お届けします-メルカリであったほんとの話- (2020年)
バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~(2021年)

 

映画
絵里に首ったけ(2000年)
花(2002年)
座頭市(2003年)
妖怪大戦争(2005年)
それでもボクはやってない(2006年)
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年)
オカルト(2008年)
カイジ 人生逆転ゲーム(2009年)
超・暴力人間(2010年)
超・悪人(2010年)
舟を編む(2013年)
わたしのハワイの歩きかた(2014年)
殺人ワークショップ(2014年)
味園ユニバース(2015年)
深夜食堂(2015年)
木屋町DARUMA(2015年)
俳優 亀岡拓次(2016年)
セーラー服と機関銃 -卒業-(2016年)
菊とギロチン(2018年)
鈴木家の嘘(2018年)
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年)
プリズン13(2019年)
酔うと化け物になる父がつらい(2020年)
事故物件 恐い間取り(2020年)
本気のしるし(2020年)
罪の声(2020年)
花束みたいな恋をした(2021年)

2000年に俳優デビューした宇野祥平さんは2009年に映画「オカルト」で映画初主演を務めます。

演じたのは主人公の江野祥平(えのしょうへい)です。

通り魔事件の被害者でありながら、新たな事件を起こそうとしている不気味な男性を怪演しました。

この映画の監督である白石晃士(しらいしこうじ)監督の作品である「超・暴力人間」「超・悪人」「殺人ワークショップ」でも主演を務め、監督の作品には何度も出演しています。

2016年には自身がモデルの1人なった「俳優 亀岡拓次」が公開されています。

この映画の主人公は安田顕(やすだけん)さん演じる脇役専門の俳優亀岡拓次(かめおかたくじ)で、宇野祥平さんはその俳優仲間宇野泰平(うのたいへい)役で出演しています。

亀岡のモデルは複数の脇役専門の俳優であり、宇野祥平さんはそのモデルになった人物の1人と明言されていました。

2018年には映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に出演しています。

新人への指導が細かめのベテランボランティア塚田心平(つかだしんぺい)を演じました。

2020年にはNHK朝ドラ「エール」に出演。

演じたのは清水香帆(しみずかほ)ちゃん演じる関内音(せきうちおと)の小学校の担任の教師熊谷(くまがい)先生です。

その時代には多かった男尊女卑の思考がある男性教師を演じました。

同年映画「罪の声」に出演し、その演技が高く評価されています。

演じた生島聡一郎(いくしまそういちろう)は、幼少期に誘拐事件の脅迫の音声に声を使われていた人物でした。

そのことがきっかけで不運な人生を歩んできた不遇の男を演じました。

出演シーンは少なかったものの、物語の肝となる重要人物を見事に演じていて、素晴らしい存在感でした。

「罪の声」での演技が評価され、キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞など複数の助演男優賞を受賞し、日本アカデミー賞 優秀助演男優賞も受賞し最優秀助演男優賞の期待もされています。

40代になってさらに役者として飛躍し、今後映画だけでなくドラマでも幅広く活躍していきそうですね。

君と世界が終わる日に御前崎役は宇野祥平!罪の声など出演作品は?まとめ

君と世界が終わる日にネタバレ!原作あらすじ脚本家キャスト

「君と世界が終わる日に」第6話より謎の男御前崎役として宇野祥平さんが出演します。

響の仲間を助けたり、不吉なことを言ったりと敵か味方かわからない謎の多い人物です。

ミステリアスな演技がこれまでも何度も高い評価を受けている宇野祥平さんが演じる御前崎が、今後響達にどのように関わっていくのか楽しみです。

「君と世界が終わる日に」第6話は2月21日放送です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる