拐帯行の意味とは?ネタバレ結末は武井咲じゃない?

あの稀代の悪女・原口元子が3年ぶりに帰ってきます。

そう、武井咲(たけいえみ)さん演じる「黒革の手帖(くろかわのてちょう)」がスペシャルドラマ「拐帯行(かいたいこう)」として2021年1月7日夜8時から放送されるんです!

このドラマは、武井咲さん演じる原口元子が、ホステスとして銀座の頂点に上り詰めるも横領の罪で逮捕され、刑期を終えた3年後の姿を描きます。

妊娠出産後に、仕事をセーブしていた武井咲さんを見られるのは楽しみですね!

気になるタイトルの「拐帯行」とはどのような意味なのでしょうか?

果たして「拐帯行」の原作はどんなストーリーなのでしょうか!

今回はスペシャルドラマ「黒革の手帖〜拐帯行〜」の「拐帯行」の意味と原作小説をネタバレ紹介していきます。

実は原作の「拐帯行」には武井咲さん演じる原口元子は出てこないんです!

一体どういうことでしょうか?

原作小説をかなりネタバレしていますので閲覧ご注意ください。

TELASAの15日無料お試し中に「黒革の手帖」の1話~最終回の配信動画を無料で見放題

▲今なら武井咲主演の「黒革の手帖」の全話の配信動画を15日間完全無料[562円→0円]で視聴できます▲

TELASA https://www.videopass.jp/unlimited

※米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」の全話も視聴可能です。

また2021年の1月31日までの期間限定で映画「パラサイト 半地下の家族」が期間内に無料視聴可能です。

またTELASAでは相棒全シリーズ

相棒シーズン1からシーズン19及び 相棒preシーズンも視聴可能です。

また、以下の映画、スピンオフの配信もスタートしました。

◆映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』

◆映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅱ- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』

◆映画『相棒シリーズ X DAY』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

※渡辺謙さん主演の「逃亡者」と「逃亡者」オリジナルストーリーも放送後配信されています。

◆松坂桃李さん、戸田恵梨香さん出演映画「エイプリルフールズ」

◆TRICKシリーズ

◆家政夫のミタゾノシリーズ

◆DOCTORSシリーズ

◆刑事ゼロ

◆24 日本版 1話~最終回

◆鬼滅の刃(全26話)

◆ドクターXシリーズ

◆ドクターyシリーズ

◆BG【木村拓哉主演】

◆おっさんずラブ・おっさんずラブin the sky

◆刑事7人

◆七人の秘書

◆年の差婚

◆先生を消す方程式

◆不協和音(田中圭主演)

◆妖怪シェアハウス

◆ドラえもんシリーズ

◆クレヨンしんちゃんシリーズ

◆名探偵コナンシリーズ

TEASA(テラサ)は、15日以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

TELASA https://www.videopass.jp/unlimited

先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「オトナ高校」「東京公園」「クローズZERO II」「陽はまた昇る」なども視聴可能です。

目次

黒革の手帖「拐帯行」の意味とは?

黒革の手帖最終回で安島と元子が逮捕された理由と罪状は?どうしてかネタバレ考察

まずは気になる「拐帯行」の意味を見てみましょう。

拐帯(かいたい):人から預かった金や品物を持ち逃げすること。

引用サイト

私、原作小説を今回読んでみて、正直この言葉初めて聞きました(^^;)

誘拐という言葉で「拐」という言葉は使いますが、単独で「かどわかす」と読み、だまして連れ去るという意味があるみたいです。

そして「拐帯」という言葉を用いた松本清張さんの短編小説「拐帯行」は、1958年に発表された短編集「危険な斜面」の第1編として発行されました。

「黒革の手帖」の主人公は原口元子という女性ですが、「拐帯行」の主人公は森村隆志という男性です。

この森村という男が会社の金を横領するのですが、小説の中で「お前は会社のお金を拐帯して逃げたのだ!」と言うセリフがあります。

従って小説の中での「拐帯行」は、横領した、持ち逃げしたという意味合いでタイトルに用いられたのではないかと思われますね(^^)/

黒革の手帖「拐帯行」ネタバレ結末は?武井咲は出てこない??

黒革の手帖拐帯行ネタバレ!原作あらすじ結末とキャスト

それでは「黒革の手帖〜拐帯行〜」のあらすじをまずは見てみましょう!

実は、今回は松本清張さんの原作小説「拐帯行」は、武井咲さんが演じる原口元子じゃなくて、別の男が主人公なんですよね〜(^^;)そして、小説には原口元子は出てきません!

3年前、横領と恐喝の容疑で逮捕され、その後実刑判決を受けた原口元子(武井咲)。刑期を終え、出所した後、スーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く『楢林クリニック』の看護師長・中岡市子(高畑淳子)と遭遇してしまい、過去を明かされてしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。
 このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した『上星ゼミナール』の理事長で、元子とも因縁の深い橋田常雄(高嶋政伸)を伝い、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ『アルテローズ』でホステスとして働き始める。
 天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることになった元子。それまで『アルテローズ』でママを務めていた板橋レイナ(安達祐実)はもちろん怒り心頭。さらには銀座時代のライバルでもある山田波子(仲里依紗)までも現れて…。
 そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊克哉)という男が『アルテローズ』にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐したい、という森村。顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と尋ね…?
 その後、ある事件をきっかけに逃避行を余儀なくされた元子と森村。死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館での佐藤良樹(風間杜夫)とその妻との出会いによって、元子の人生は再び大きく動き始める!

引用元:公式サイト

今回のスペシャルは、2017年放送の連ドラ「黒革の手帖」の原口元子の3年後の姿を描きます。

ホステスとして銀座の頂点に上り詰めるも横領の罪で逮捕された元子は、3年の刑期を終えて北陸・金沢にたどり着きました。

そこで出会った森村隆志と逃避行に・・・というストーリー。

ここで出てきた森村隆志という男!

先ほども少し紹介しましたが、松本清張さんの短編小説「拐帯行」の主人公なんです。

今回のスペシャルで森村隆志を演じるのは、朝ドラ「まんぷく」や「恋つづ」などで人気を集めた毎熊克也さんですね。

「黒革の手帖」は1980年発行の小説、「拐帯行」は1958年発行の短編小説ということで、この二つの作品は全く異なります。

今回は「黒革の手帖」の主人公・原口元子のその後に、「拐帯行」のストーリーを織り交ぜて描くドラマになるんです!

という事で、原作小説「拐帯行」のストーリーのネタバレは、武井咲さん演じる原口元子じゃなく、森村隆志ということになります(^_^;)

「黒革の手帖」とは全く異なるストーリーになりそうですね。

それでは原作小説の「拐帯行」とはどのようなストーリーなのでしょうか?

以降で原作小説をネタバレ紹介していきます。知りたくない方は閲覧ご注意くださいね。

「拐帯行」の原作小説ネタバレは?【閲覧注意です】

黒革の手帖最終回の最後の不敵な笑みの意味は?笑った元子と安島のその後を予想

「拐帯行」の主人公は、先ほどもご紹介しましたが、森村隆志という男です。

社員45人ほどの東京の会社に勤める森村は、集金したおカネの拐帯を以前から企てており、遂に実行に移します。

分かりやすく説明すると「拐帯」は「横領」したという事。

森村は横領した金を手に、恋人の西池久美子と死に場所を探して特急列車に乗って九州に旅に出ていました。

森村と久美子はこれまで良いことが無く、その境遇が似通っていたため惹かれあい、普段から「死にたい」と話していたんです。

そして、今回旅先で実行に移すことを決意。

森村は、久美子には会社のお金を横領したことは言わず、退職金が入ったと嘘を吐きます。

死ぬ前に贅沢しようと、博多、熊本、阿蘇などの高級旅館に泊まったり九州での観光を楽しみました。

その旅先で、中年の佐藤夫婦に出会った森村と久美子。

それまで死ぬつもりだった2人ですが、安定し充実した人生をおくっている佐藤夫婦を見て気持ちが少しずつ変わっていくんです!

ある日、佐藤夫婦は2人を部屋に呼び御馳走をしてくれました。

佐藤夫婦と過ごしているうちに、死にたいと思っていた気持ちが薄れていく森村と久美子。

「あんな人生もある」

「いつかはあのような人生を持ちたい」

と生きる希望を持つようになった森村は、東京に戻って自首し、罪を償って人生をやりなおそうとするんです。

しかし、自首した森村は担当検事から思いもよらぬことを聞かされるんです。

それは人生をやり直そうと思われてくれた佐藤夫婦が、実は夫婦ではなく二人の関係は愛人だったこと。

そして佐藤は会社から600万を横領し逃げているさなかで、結局二人は部屋で薬を飲み自殺を図っていた。

それを知り、森村は言葉を失ってしまう。

というのが「拐帯行」の原作小説の結末です!

終わり方も衝撃ですよね。個人的に、この後森村隆志はどうなったのか!?気になりすぎるラストでした。

それだけに、森村隆志のその後も見れるのでは??と期待しています。

今回ドラマで佐藤を演じるのはベテラン俳優の風間杜夫さん(^^♪

原作通り、佐藤と一緒にいた女性の姿を見て森村は人生をやり直す決意をするのでしょうか?

そして原作で登場する久美子という女性が、今回ドラマでは原口元子になるのだと思います。

果たしてどのような結末になるのか!

かなりのアレンジがあるので、原作を知っている方も知らない方も楽しめるストーリーになりそうですよね〜。

追記!ドラマ版「拐帯行」のネタバレ結末は原作を大きくアレンジ

銀行で派遣で働いていた時の横領やその後、数々の男たちを騙してお金をゆすっていた恐喝罪で3年服役していた原口元子が出所しますが、地味にスーパーで働いていたのに中岡市子(高畑淳子)に遭遇し、からかわれたり、最初から嫌なことばかり起きます。

そしてあるビルの清掃員として働いていると、偶然橋田常雄(高嶋政伸)に再会。しつこく誘われて、嫌々ながらも「出所祝い」に誘われた元子は、自分の悪事をバラさなかったお礼と言うことで、仕事を紹介してもらいます。

それは金沢の神代グループCEO・神代周吾(渡部篤郎)が経営する高級クラブ『アルテローズ』でのホステスの仕事。

そう、元子の天職ですね。

元子はその美貌で、すぐにナンバー1になり、ママを務めていた板橋レイナ(安達祐実)は嫉妬心メラメラで、嫌がらせのいじめをしますが、もちろん負けていない元子。

神代周吾(渡部篤郎)は、次のイベントで、元子が前回のイベントよりもお客を集められたら元子をママにすると宣言します。もちろん、レイナ(安達祐実)は怒り心頭で、元子を探り始めます。

そして元子に前科があることを知り、悪だくみ♪

イベントの当日に、なんと元子の天敵である山田波子(仲里依紗)を高級クラブ『アルテローズ』に呼び出したんです!!!

お客さんが何人もいる前で、お店で、元子がの前科の内容を暴露する波子。さすがにうろたえた元子でしたが、お客さんたちが「なにそれーーー超面白い!!!」と元子に前科があって、悪い奴らからお金をだまし取った話を「武勇伝」とたたえ、話を聞きたがります。

変な客ですね(^^;

しかしパーティーは大成功。波子は捨て台詞を言いながら、悔しそうにお店を後にしました。

そして、レイナ(安達祐実)も自分よりも後に入った若い元子の下で働くことを嫌がり、高級クラブ『アルテローズ』を辞めることに。

元子の前科を知った神代周吾(渡部篤郎)は、お客から人気のある元子をクビにするなどと言うことはなかったのですが「過去に騙してきた男たちと俺は違う」と戦線布告。

そんな中、元子と神代周吾(渡部篤郎)の前に、森村隆志(毎熊克哉)が現れます。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に土下座してお店を返すように言いますが、母親の入院代金とお金をたたきつけられ、相手にされません。

その姿をじっと見ている元子。実は道で森村を見かけていたのですが、落ちた札束を拾っている姿を過去の自分の姿を重ねてしまいます。

そんな森村ですが、病気だった母親が病死します。

失意の森村は、職業安定所で仕事を探していると、神代周吾の系列会社が契約社員を募集していることを知り、経理として会社に入ります。

そして・・・なんと顧客情報を盗み、売却しお金をゲット。

そのお金でクラブ『アルテローズ』に現れます。元子が相手をすると「一番高い酒!カネならあるんだ!!」と言う森村。

元子は黙ってお酒を出します。

森村は「一度高い酒を飲みたかっただけ」と言い、酔っぱらってお金を払おうとします。

すると顧客情報を売ってゲットした札束を入れた封筒を落とし、お札をバラまいてしまう森村。

驚いた元子は、森村に「このお金はなに??」と聞きます。

すると森村はなぜか正直に、神代周吾(渡部篤郎)の会社の顧客情報を売ったことを告白。

これから、顧客情報が流出したことを知り、神代が大変な目にあうという森村に元子は「その程度の復讐でいいの?これくらいじゃ、神代は全然ダメージがない」と言います。

そして・・・ここから元子と森村の壮大な作戦がスタートします。

ターゲットは、神代の愛人の愛人・桜沢美香(中村ゆりか)。

美香がお店を出そうと物件を探していたことを知っていた元子は、物件の偽オーナーに扮して森村と一緒に物件を案内し、契約します。

そして物件のお金3億円を見事ゲット!もちろんお金をだすのは神代周吾(渡部篤郎)。世には出せない脱税したお金なので、警察に通報できません。

元子はそのことを知っていました。

そう、地面師のやり口で、3億をだまし取ることに成功!

そして3億と一緒にクラブ『アルテローズ』にいると、神代周吾から元子にお金をだまし取られたと報告された橋田常雄(高嶋政伸)が現れ、金ずるを紹介してやったんだからと元子が持っていた3億からお金を抜こうとします。阻止しようとした元子ともみ合いになり元子を襲おうとした橋田常雄。そんな橋田を後ろから森村が殴ります。

倒れて気を失った様子の橋田を置いて、森村と元子の逃避行が始まります。

2人で旅をしながら逃げ、ある旅館に泊まると・・・新聞記事で橋田が死亡していることを知ります。

傷害罪だと思っていたのに、殺人罪だと途方に暮れる森村。

そんな中2人は仲の良い佐藤良樹(風間杜夫)と妻に出会い、一緒に食事をします。

その翌日、なんと警察が宿に来ていることを知り、元子と森村は宿から逃げます。しかし逃げた先は断崖絶壁。

そこで、森村は逮捕されるくらいなら、死のうとし、元子を誘います。

しかし元子はきっぱりと断ります。「死ぬことは負けることになる。あなたは負けていいの?」と。

昔父親が自殺した時、発見者だった元子は その時に強くそう感じたといいます。

そして2人で、宿に戻ることに。すると・・・警察が追ってきたのは、佐藤夫婦でした。

なんと橋田を殺害したのは、佐藤でした。

佐藤は息子を医学部に入学させるために、高額のお金を橋田に、だまし取られていたのでした。

そのお金は不正な用途だったので、警察には告発できないお金。

息子も医学部に入れず、引きこもりに。

泣き寝入りしていた佐藤でしたが、とうとう橋田を殺害してしまいました。

佐藤と妻は、2人で死ぬつもりで宿に来たのですが、元子と森村の2人の幸せそうな様子を見て、死を思いとどまってやり直そうとしたと言います。

そして元子は神代からだまし取ったお金で、再び、銀座にお店を出すことに。森村もお店を出すために物件を探していました。

そう、お金をゲットした2人はそれぞれ、奪ったお金を元手に別々の新しい人生を始めた・・・ということろで終わりでした。

ある意味ハッピーエンド??の最後の終わり方でした。

【黒革の手帖】配信動画の無料視聴はテラサで見放題!

武井咲さん主演の「黒革の手帖」は無料で視聴可能です。

しかも、米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」も無料で視聴可能なんです!!!

その方法は動画配信サービス「TELASA」での視聴です!

「TELASA」は、人気番組・作品の配信動画が、月額562円(税抜)で見放題でできる動画配信サービスです。

人気番組・作品をはじめ話題の映画、人気TVドラマシリーズ、アニメ、音楽、韓流、エンタメ、オリジナル作品など、幅広いジャンルが配信されていて、楽しむことができます。

見放題作品だけでなく追加料金を支払ってレンタル作品を見ることも可能。

また、事前に視聴したい動画をダウンロードしておけば外出先でも通信料を気にせずに視聴できます。

通勤・通学中、外出中などいつでも手軽に隙間時間で視聴が可能なんです!!

ダウンロードは最大25作品まで可能になっています。

またレンタルには、Pontaポイントでのお支払いも可能です。

そして・・・なんと現在、初回15日間無料キャンペーン中なんです。

なので、この無料期間内や「黒革の手帖」など見放題作品の視聴が可能です。

TELASAの15日無料お試し中に「黒革の手帖」の1話~最終回の配信動画を無料で見放題

▲今なら武井咲主演の「黒革の手帖」の全話の配信動画を15日間完全無料[562円→0円]で視聴できます▲

TELASA https://www.videopass.jp/unlimited

※米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」の全話も視聴可能です。

また相棒では、現在人気ドラマシリーズの相棒PREシーズン、相棒1~19シーズンまですべてのシーズンが配信されています。

またテラサでは、「24日本版」と原作となったアメリカ版の「24TWENTY FOUR 」シーズン1~3の吹き替え版も無料視聴できます。

他にも、以下のシリーズ、ドラマなども全話見放題で視聴可能です。

また、以下の映画、スピンオフの配信もスタートしました。

◆映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』

◆映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅱ- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』

◆映画『相棒シリーズ X DAY』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

※渡辺謙さん主演の「逃亡者」と「逃亡者」オリジナルストーリーも放送後配信されています。

◆松坂桃李さん、戸田恵梨香さん出演映画「エイプリルフールズ」

◆TRICKシリーズ

◆家政夫のミタゾノシリーズ

◆鬼滅の刃(全26話)

◆ドクターXシリーズ

◆ドクターyシリーズ

◆BG【木村拓哉主演】

◆相棒1~18まで全シリーズおよびPREシリーズ全3話

また、以下の映画、スピンオフの配信もスタートしました。

◆映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』

◆映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅱ- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』

◆映画『相棒シリーズ X DAY』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』

◆映画『相棒 -劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

◆おっさんずラブ・おっさんずラブin the sky

◆刑事7人

◆七人の秘書

◆年の差婚

◆先生を消す方程式

◆不協和音(田中圭主演)

◆妖怪シェアハウス

◆ドラえもんシリーズ

◆クレヨンしんちゃんシリーズ

◆名探偵コナンシリーズ

TEASA(テラサ)は、15日以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

TELASA https://www.videopass.jp/unlimited

先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「オトナ高校」「東京公園」「クローズZERO II」「陽はまた昇る」なども視聴可能です。

TELASAの15日無料お試し中に「黒革の手帖」の1話~最終回の配信動画を無料で見放題

▲今なら武井咲主演の「黒革の手帖」の全話の配信動画を15日間完全無料[562円→0円]で視聴できます▲

TELASA https://www.videopass.jp/unlimited

※米倉涼子さん主演の「黒革の手帖」の全話も視聴可能です。

拐帯行の意味とは?ネタバレ結末まとめ

今回は「黒革の手帖〜拐帯行〜」の「拐帯行」の意味と原作小説のネタバレを紹介しました。

「拐帯行」とは、横領して逃げるという意味を表しており、今回のスペシャルドラマでは「拐帯行」のストーリーに「黒革の手帖」の原口元子が登場するというアレンジが加わった作品となっています。

原作小説では、主人公が横領して旅先で出会った夫婦と出会ったことで、人生をやり直す決意をするのですが、実はその旅先で出会った男も会社の金を横領しており、一緒にいた女は愛人で二人は自殺を図っていたという驚きの結末です。

果たして、スペシャルドラマ版ではどのような結末になるのでしょうか?

そして出産後久しぶりのドラマ出演となる武井咲さんが原口元子の演技にも注目です。

「黒革の手帖〜拐帯行〜」は1月7日夜8時から二時間スペシャルとなりますのでお楽しみください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる