ギルティ最終回ネタバレ結末!秋山の選択と言動が微妙で不評?

日本テレビの木曜深夜のドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか〜」がスタート!

新型コロナウイルスの影響で、多くのドラマが放送延期となっていますが、ギルティは無事に初回放送され、延期の情報は入ってきません。

主人公の荻野爽(おぎのさやか)を演じるのは新川優愛(しんかわゆあ)さん。なんと登場人物全員が裏切者!?と言う新感覚のドロキュンラブサスペンスドラマ。

初回1話ではなんと夫が不倫していることが発覚!?もちろん、爽は知りませんが・・・なんと不倫相手が親友に瑠衣だったという衝撃展開です。

しかし・・・ギルティの原作漫画では、今後更に怖い展開が待ち受けています。

今回はドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか〜」の原作漫画のネタバレから最終回の結末のネタバレを予想していきたいと思います。

「ギルティ」最終回のあらすじネタバレ感想を追記しました!

▲今なら「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」見逃し動画を2週間完全無料で視聴できます▲

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

先日お亡くなりになられた三浦春馬さん主演の「サムライハイスクール」「14歳の母」「君に届け」「殺人偏差値70」「ごくせん」「進撃の巨人」なども視聴可能です。

目次

ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか〜」のあらすじとは?

ギルティ瑠衣役は中村ゆりか!怖い不倫相手で悪女役

まずは、1話のあらすじです。

女性誌編集者の爽(新川優愛)は、結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)とラブラブな関係で、仕事も順調。その一方で、爽には“ある悩み”があった。爽は子供が欲しいのだが、子供を作る意志がない様子の一真に言い出せないでいたのだ。
爽は行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)といろんなことを話していた。爽は瑠衣に、子供が欲しいのに夫に言えないでいることを打ち明ける。瑠衣は、言いたいことはハッキリ言った方がいいとアドバイスする。瑠衣に背中を押され、一真に自分の思いを話そうと決意する爽。爽は一真に、子供が欲しいと伝える。しかし一真は、子供は欲しくないと拒否。爽はショックを受けるものの、一真の気持ちを受け入れようとするのだった。

翌日、爽は編集長に任された“忘れられない恋愛特集”のページ作りを進めていた。そんな中、トラブルが発生する。撮影で借りる予定だったレストランがダブルブッキングで当日に使えなくなってしまったのだ。代わりに、編集部でアルバイトとして働く大学生・寺嶋(神尾楓珠)が知っているというレストランで場所を貸してもらうことに。その店のオーナー・秋山(町田啓太)と顔を合わせた爽は、動揺。秋山は、爽が高校時代に付き合っていた初恋の人だった。

偶然の再会に、爽の心に、秋山と過ごした日々がよみがえる――。
高校時代の爽は、喧嘩を繰り返す両親の間で苦しんでいた。そんな爽を励ましてくれたのが、同級生の秋山だった。爽と秋山は惹かれ合い、付き合うように。爽にとって、秋山は忘れられない初恋の人だったのだ…。
月日が流れ、爽と秋山はお互いに別の相手と結婚している。「秋山とは、もう関わらない方がいい」爽は秋山への思いにふたをしようとするが…。

引用元:https://www.ytv.co.jp/guilty/story/

爽(新川優愛)はイケメンでやさしい夫と仲良の良い夫婦生活を送っていました。一見は・・・しかし爽は夫が子供と作りたがっていないことに悩んでいました。

そんな爽にとっての癒しは、かわいい年下の女友達の瑠衣。

瑠衣に夫の悩みを打ち明けると、はっきり言いたいことを言った方がよい!を背中を押され、思い切って、一真に子供が欲しい!と相談。

しかし、子供はいらないとはっきり言われてしまいます。

傷心の爽。そんな時、再会した高校時代の元カレ秋山。秋山のことが気になる爽でした。

一方で一真には衝撃の秘密が。なんと不倫をしていたんです!しかも不倫相手は瑠衣。もちろん爽は2人の不倫のことは知りません。

とここまではだいたい原作漫画と同じ展開です。

以降で、原作漫画のネタバレをご紹介していきます。

 

 

ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか〜」の最終回ネタバレ予想!黒幕と衝撃の展開とは?

ギルティネタバレ!原作あらすじキャスト主題歌【この恋は罪ですか】

不倫相手の瑠衣の驚きの本性とは?

不倫を疑い始めた爽は・・・なんと瑠衣と一真がキスをしているところを目撃してしまいます。

爽の前の瑠衣は眼鏡をかけ地味で、かわいらしい印象の女の子でした。

しかし爽が瑠衣に不倫を問い詰めると・・・・恐ろしい悪女に豹変。

「(不倫しているけど)だからそれがどうしたの??」と開き直った態度の瑠衣。

そして爽は驚きの事実を知ることになります。

瑠衣は爽と友達になった後、瑠衣の夫だと知っていて、一真に近づいて、誘惑し、不倫関係に。

一真は、もちろん瑠衣と爽が友達であることを知らなかったので、爽から不倫を問い詰められ、瑠衣と爽の関係を知り、驚くのでした。

 

元カレ秋山のことが気になる爽

一方、爽は、ずっと好きだった高校時代の初恋の相手で元カレ秋山(町田啓太)と再会し、気持ちが揺らいでいました。

秋山(町田啓太)とは好きなのに、母親からの妨害にあってしまい、別れたので、ずっと忘れられませんでした。

しかし、秋山は既婚者でした。

しかし、秋山も爽に魅かれているようでした。

でも爽は秋山の妻と子供を傷つけてしまうと思い、秋山とは距離を置くことに決めました。

 

 

職場でも驚きの展開が

瑠衣と一真の2人に裏切られ、傷ついた爽。しかし、爽の不幸はここで終わりません。

なんと仕事でも大きな裏切りに。

身に覚えのないミスを連発する爽。

それは・・・なんと爽かわいがっていた後輩の結(結城モエ)の仕業。もちろん爽は結のことに気づいていません。

そしてとうとう上司からミスを指摘され、落ち込む爽。

また一方で、爽はとうとう決意し。

離婚届けを一真に渡し、離婚をせまります。

ボロボロに傷ついた爽。このタイミングで参加した会社の飲み会で、酔いつぶれてしまいます。

アルバイトのイケメン寺嶋(神尾楓珠)とホテルに行ってしまう爽。

泥酔していた爽が気づかぬうちに、薬で眠らされ、無理やりホテルに連れていかれたのでした。

そして、その場面を後輩の結が撮影。翌日には、会社で爽のホテルでの恥ずかしい写真が貼り出されていました。

職場の同僚たちは騒然となり、醜態をさらされ、どん底の爽はこのまま働き続けることはできずに休職。

ホテルに一緒に行った寺嶋はその後、音信不通の行方不明になってしまいます。

 

 

自殺を図るも・・・

でも、なんで寺嶋(神尾楓珠)と結(結城モエ)が爽を陥れるようなことをしたのでしょうか?

なんと寺嶋と瑠衣は裏で繋がっていたのです!

結(結城モエ)は寺嶋(神尾楓珠)のことが好きだったので、寺嶋に利用され、言うことを聞いていただけでした。

そんな時、瑠衣から、一真が昔結婚していて、子供がいたことを聞きます。もちろん爽は、その事実を知りませんでした。

職場も失い1人ぼっちになってしまった爽。

絶望して自殺しようとします。

しかし、自宅にかけつけた親友の若菜(筧美和子)が助けられ無事に。

そして今まで起きたことを、すべて若菜に話しました。

2人で冷静に話をして、爽の周囲で起きたことを不審に思い始める若菜。

そして2人で、瑠衣や寺島のことを調べ始めるのでした。

 

寺嶋と瑠衣の驚きの過去と正体?

2人で寺嶋や瑠衣のことを調べた結果驚きの事実がわかります。

瑠衣は爽の元カレの秋山の義理の妹でした。

そして、寺嶋は一真(小池徹平)の別れた元妻の弟であることが発覚。

寺嶋(神尾楓珠)は一真(小池徹平)が姉のことを冷たく逃げるように、捨て離婚したことで、やさしかった姉が子供を残して自殺したことに恨みを持っていました。

一真の元妻は一真のことが好きで、親に頼んで、結婚できるように手をまわしてもらいました。ここだけ聞くと、元妻は、わがままなお嬢様だと思うかもしれません。

しかし、違いました。親に何か頼み事をしたのは、結婚のことが初めてで、それだけ一真と結婚したかったんです。

なので親から言われて、いやいや結婚した一真に、結婚中も冷たい態度をされても、不倫をしていて毎日帰りが遅かった一真でしたが、文句を言わず献身的に尽くしていた元妻。

それだけ好きだったこともあり、失望して自殺。

しかも残された一真と姉の子供は、精神不安定になってしまい、寺嶋にも面倒が見れなくなり施設で暮らしていました。

もちろん、息子も一真のことを恨んでいました。

これに関しては、完全に一真(小池徹平)が悪く、自業自得ですね。

もちろん一真(小池徹平)にも家族にもめぐまれず、辛い過去があったのですが、それでも元妻と子供にしてしまった仕打ちは酷いものでした。

また瑠衣(中村ゆりか)は学生時代に自分から爽が兄の秋山を奪ったことに、ずっと恨みを持っていました。

そして、寺嶋と瑠衣の2人の利害関係は一致。

2人で協力して、一真と爽に復讐しようとしていました。

最終的に、寺嶋(神尾楓珠)は、一真(小池徹平)に爽にしたすべてのこと、そして妻が自殺したことを告げ、一真の暴露記事を雑誌に掲載させることに成功。

一真は社会的に抹殺されます。

一真も自分のやってしまったことを認め受け入れ、寺嶋と一真の件は決着を迎えます。

そして一真から言い出す形で爽と一真は離婚しました。

 

 

瑠衣の復讐が止まらない!

瑠衣の復讐はこれで終わりではありませんでした。

と言うか・・・これからもっと恐ろしい展開が。十分だと思いますが、その恨みは深いようでした。

しかし、瑠衣はなぜ爽にここまで恨みを持っていたのでしょうか?それは瑠衣の過去が大きくかかわっていました。

瑠衣は、幼少期から、実の母親に酷い虐待を受けていて、その結果、精神を病んでしまい、歪んでしまいました。

そんな中、瑠衣の母親が秋山の父親と再婚します。そこで秋山と出会うことになります。

秋山の父親と秋山にやさしくされた瑠衣。

その結果・・・瑠衣は義理の兄の秋山を1人の男性として愛してしまいました。

秋山は困惑して瑠衣を拒絶します。

このタイミングで、秋山と爽が付き合っていることをしり、、2人が親しくしているところを見てショックを受ける瑠衣。

絶望し、秋山を取られたと思い爽を恨んでいたのでした。

まあ、完全なる逆恨みですねあ・・・。

しかし瑠衣の恨みは異常なものでした。

なんと爽の母親を殺そうと施設で働き、ずっと監視していた瑠衣。

一度母親が死にかけたこともありました。

しかし、その計画に気づいた爽は、瑠衣に気づかれないように、母親を別の病院に転院させることに成功するのでした。

 

瑠衣は秋山の妻にまで恐ろしいことを

爽の母親がいなくなり、悔しがる瑠衣。

しかし瑠衣の復讐はまだ終わっていませんでした。

今度は、秋山の現在の妻(徳永えり)をターゲットにしていました。

確かに、秋山の現在の妻も瑠衣にとって恨むべき相手ですね。

瑠衣は寺嶋を使って、秋山の息子を誘拐します。

もちろんすぐに開放しますが、妻を精神的に追い込んでいきます。

また秋山の妻に、爽と秋山がホテル行ったというフェイク動画を送りつけます。

もちろん秋山も爽もホテルには行ってませんが、秋山の妻が爽を恨むように仕向けるために「秋山と爽」があやしい関係であると吹き込みます。

また秋山の妻にも、大きな秘密があるようです。

秋山と結婚するために、何か嘘をついていたようなのですが、原作漫画では、その嘘は明かされていませんでした。

その秘密を瑠衣握っていて、おどされている秋山の妻。

そして・・・なんとなんと、原作漫画では、ここで終了で、ストーリーは継続中で、結末を迎えていないんです。

 

ドラマ「ギルティ」の最終回はオリジナル展開?

ギルティの原作は継続しているということで・・・最終回の結末はわからないので予想するしかありません。

オリジナル展開になるのか?それとも原作漫画が追い付く可能性もありますね。

現在の個人的な最終回の予想としては

瑠衣は秋山の妻に爽を殺させようと画策しますが、秋山が仲裁に入り、秋山が瀕死の状態になり・・・という大胆予想をたててみます。

ここまでのドロドロ展開なので、ありえそうですよね。誰か1人くらい人が死んでも、不思議ではないですね(^^;

しかし、秋山や一命をとりとめますが、愛する人が死にそうになり、瑠衣は目が覚めるのでは??と予想します。

それか、瑠衣が最後に壮絶な死を遂げる・・・なんていうのもあり得そうです。もうホラーですね。

また最終的には秋山と爽はくっつかない、そのまま別れる結末を予想します。

ここまでの展開かから、秋山と爽がくっつく、爽やかなハッピーエンドというドラマではない気がします。

そして、秋山が妻と子供を捨てると、一真と同じことをすることになります。爽がそんなことを許さない気がします。

かなり妄想も入っていますが(^^;原作漫画がドラマ放送中に、結末を迎える可能性もありますので、また新たな展開がわかりましたら、更新していきます。

 

 

追記!ギルティ最終回あらすじネタバレ!秋山の言動が微妙で不評!?

高校時代と同じように、遊園地でデートした後に想い出の場所へ来た爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)。離れたくない思いをお互いに抱きつつ、2人は別れるのだった…。秋山は、瑠衣(中村ゆりか)と家族として寄り添っていく決意をしていた。瑠衣は秋山と一緒に暮らしたいと言い、秋山もそれを受け入れる。

爽は守屋(桜田通)から、秋山との遊園地デートがどうだったかと探りを入れられる。爽がムキになってしまい、爽と秋山の間に何もなかったことを察する守屋。「お互いにフリーになったのに、何やってんだか」と言いながらも、爽の様子をある人物に報告する。
その人物とは一真だった。無理をしている爽の様子を守屋から聞いた一真は、爽の事を想って“ある行動”を起こすが…。
お互いに強く惹かれ合いながらも、別々の道を選んだ爽と秋山。その“純愛”の結末は――!?

最後のデートで切ない別れも秋山の選択が微妙?

遊園地デートをした秋山と爽。

しかし秋山は、最後のデートと決めていて、爽もそのことに気付いていました。

そしてお互いに別れをする2人。

秋山は・・・なんと瑠衣と寄り添っていく決意って・・・意味不明。

そんな秋山の決意に嬉しそうな瑠衣でしたが何やら企んでいる様子。

一方で、秋山と爽がうまくいってないことを守屋から聞いて、心配になった一真は秋山に会いにいき、爽のことを説得しますが、秋山の決意は固いものでした。

 

 

爽が母親と和解し・・・

爽はずっと父親に浮気された母親の恨み言を聞き続けた人生。

そして高校時代は、秋山との関係を反対され別れることになった過去が。

それなのに、急に穏やかになった母親が、爽に「心配だった」と言います。

爽は「今更何言ってるの!!!」と今までの恨みをぶつけます。

そんな爽に「本音を言ってくれてよかった」と母親。

爽も母親に本音をぶつけて、泣いたことで2人は和解します。

そして母親は「失敗してもいいから、公開しない人生を」と爽に言います。

爽は、その言葉を聞いて、秋山のもとに行きます。

 

 

秋山と瑠衣と爽で対峙

秋山のお店に行った爽。驚く秋山に何か言おうとしたその時、秋山の携帯に瑠衣から連絡が入ります。

瑠衣は秋山と爽の2人を呼び出します。

そして2人を見て、奇妙な笑顔で、秋山のお店から持ってきた包丁を持つ瑠衣。

瑠衣は、「私知ってたの。2人がどうしても別れられないこと」

しかしそんな2人を別れさせる方法は、瑠衣自身が死ぬことだと笑いながら言います。

そして瑠衣は、秋山と爽がホテルに行ったあの日、自分が生まれつき妊娠できない体であることを知り、ショックをうけて絶望したこと。

生まれつき・・・自分に虐待した母親を更に憎んだことを告白します。

びっくりする、瑠衣と秋山。

しかし爽は瑠衣の気持ちがわかってしまいました。

そう・・・爽も同じように、ずっと母親を恨み続けていたのでした。

爽は、瑠衣の元に行きビンタ!!!そして「嫌だけどあんたの気持ちがわかる。でも人のせいにしてもしょうがない。最初からこうやってぶつかってくればよかった」と抱きしめます。

ここで、瑠衣の死を阻止した!?と思ったら・・・登場したのは、皆、忘れていた人も多いかもしれない寺嶋。

瑠衣によって自殺に追い込まれた姉の恨みで、瑠衣を後ろから刺してしまいます。

もともと、瑠衣が寺嶋をその場所に呼び出していて、寺嶋が自分を殺すように仕向けていたようでした。

 

 

やっぱり瑠衣に寄り添う秋山が微妙

寺嶋に刺された後、瑠衣の意識は戻りませんでした。

そんな瑠衣に「向き合ってく」と奇妙なことをいう秋山。

またしても、爽と決別宣言。瑠衣を選んだ秋山。

なぜ???意識不明の瑠衣と向きあっていく!?理解不能です。

なんだかんだで煮え切らない秋山が、最後はイライラしたラストでした。

 

 

ギルティラストシーンは1話の冒頭シーンのデジャブ?

最終回はまだ終わりではありません。

秋山が、瑠衣と向き合っていくと言ってからなんと1年後。

瑠衣はなんと、病室から姿を消し・・・秋山の元には、瑠衣から海外にいるらしいことがわかるハガキが。。

え!?散々周囲をひっかきまわし

2組の夫婦を離婚させ、1人を自殺に追い込んだのに・・・なにか海外生活って、微妙すぎ(笑)

そしてラストシーンは町中で爽と秋山がすれ違い・・・そう冒頭のシーンと同じです。

冒頭のシーンでは、結局秋山に気付かずに、爽はそのまま去っていくのですが、ラストシーンでは、2人の目があいます。

秋山は「今度は間に合った」と言います。

2人は笑顔で向かい合い・・・終了!!えーーーこれは、ハッピーエンド、さすに、これから2人はハッピーエンドだよね??と確認せずにはいられないラストでした。

ネットでも最後まで「瑠衣と向き合う」「瑠衣と寄り添う」を連発していた秋山の言動が不評でした。

微妙を通り越して、秋山にイライラむかついている人多数でした。

最終的には、1周まわって、一真の方が良い男???いやいや不倫したし・・・でも、秋山のポンコツぶりよりも、むしろ不倫したけど、一真の方が・・・と微妙な究極の選択をいている自分がいました(-_-;)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる