ノーサイドゲーム最終回結末ネタバレの原作!赤木【櫻井翔】の役柄は?

日曜劇場のTBSの日曜ドラマ「ノーサイドゲーム」がいよいよ9月15日で最終回を迎えています!!!

主演の大泉洋さんの男たちの熱いドラマが見どころのこのドラマですが、多くの困難を乗り越えてきた君嶋たちの結末がいよいよ放送されます。

最終回は、なんとゲストキャストで嵐の櫻井翔(さくらいしょう)さんが登場するビックサプライズも。

今回はドラマ「ノーサイドゲーム」最終回のネタバレを原作から紹介します。果たしてアストロズはどのような結末を迎えるのでしょうか?

原作小説の結末の需要なネタバレを含みます!閲覧注意です!ラストを知りたくない人は見ないように注意してください!

 

 

目次

ドラマ「ノーサイドゲーム」最終回の結末ネタバレは?

ノーサイドゲームのモデル企業はトヨタ?ラグビーチームは実在?

まずは、以下最終回のあらすじ予告です。

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。

一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。

そして、ついに決戦の日を迎える。

引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/

最終回の結末の肝は大きく分けて以下の3つだと思います。

①真の黒幕脇坂との戦い

②古い体質の日本蹴球協会との戦い

③アストロズはリーグ戦での優勝

この3つの原作小説のネタバレ結末をご紹介していきます

 

ノーサイドゲーム原作小説のネタバレ結末は?

 

 

そんな「ノーサイドゲーム」の最終回の原作小説のネタバレを以降で紹介していきます。

真の黒幕脇坂との戦い

ノーサイドゲームラグビー選手キャスト!アストロズメンバーと監督

ずっと黒幕が滝川だと思っていたのに、なんと第9話では、滝川もしかした良い奴!?と言う展開でした。失脚させらえたのが少しかわいそうな滝川^^;

真の黒幕だった脇坂が君臨している状態では、アストロズは潰されてしまいます。

そんな中、君嶋は脇坂を追い詰めるために、ある材料を引っ提げて取締役会に出席します。

そして脇坂がカザマ商事の風間社長と関係していて、滝川を失脚させるために、カザマ商事の買収計画を進めさせた黒幕であったことを突き止め、取締役会で公表して脇坂を見事、追い詰めます。

このことにより脇坂は失脚!見事脇坂との対決に勝利する君島でした。

 

古い体質の日本蹴球協会との戦い

ノーサイドゲームアストロズモデルは?ラグビーチームは実在する?

ずっと社会人ラグビーチームを苦しめてきた古い体質の日本蹴球協会とも戦いが。

しかし、その戦いの現場に君嶋はいません。

日本蹴球協会の理事会が開催されますが、同じタイミングで脇坂常務を失脚させた取締役会があったので、君嶋はいませんでした。

その理事会で大事件が勃発します。

なんと、長年に渡って日本蹴球協会を牛耳っていた長老である富永会長が解任。

解任劇の仕掛け人はずっと君嶋と敵対して、古い体質を守り続けていた専務理事・木戸(尾藤イサオ)。

ずっと会長の言いなりで君嶋に辛くあたっていた木戸。しかし、君嶋の熱意に打たれ、新しい改革を進めることを決意します

そして、木戸が提案した会長の解任決議も出席者の賛成多数で可決。

もちろん、木戸や君嶋以外の他のメンバーのも同じように古い体質を変えたいと思っていたんです。

富永会長は、与党の有力政治家の野本との太いパイプがあり、みんな逆らえずにいました。

しかし会長の解任の計画を説明した時に、野本は諸手をあげて賛成したんです。

会長は野本に見限られたこともあり、解任劇は見事成功しました。

 

アストロズはリーグ戦での優勝

当然ですが、最後はアストロズは、ライバルのサイクロンズに見事勝利して、リーグ戦を優勝します!

もちろんには簡単には勝てず、接戦が繰り広げられますが、アストロズメンバーは皆落ち着き、試合に挑むことができ

また控えだった元浜畑が途中から登場して、現在のエースである七尾と2人で戦うシーンで大盛り上がり。

見事勝利を勝ち取ります。

 

原作「ノーサイドゲーム」の驚きの結末とは?

 

 

そんなノーサイドゲームの結末のクライマックスはアストロズの試合だと思いますが、その後にも驚きの展開があるんです。

試合後、君嶋は横浜工場勤務から、経営戦略室長のポストに異動します。

しかし、同時にアストロズ部長職も兼任するんです!本社に戻ってもアストロズとは関わっていくんですね。

また、君嶋は日本蹴球協会にからオファーが来て、理事に就任することになりました。

そして一番の驚きはなんと浜畑がラグビー選手を引退して、なんとGMを引き継ぐんです。

君嶋は見事本社に返り咲きますが、ちゃんとラグビーにも関わって行くハッピーエンドです。

個人的には浜畑のGM就任が嬉しい結末でした。

ドラマは原作と全く同じ結末になるのか?注目です。

 

櫻井翔演じる赤木の原作ネタバレは?

 

 

櫻井翔さん演じる謎の男赤木ですが、またどんな役柄なのか?発表されていません。

そして原作小説の赤木のネタバレですが、なんと・・・赤木は原作小説には登場しません。

なので、オリジナルキャラクターのオリジナルエピソードが展開される可能性が高いです。

新しい情報など入りましたら、更新していきたいと思います。

また詳しい赤木役の考察については、以下の記事にもまとめてあります!

ノーサイドゲーム赤木ネタバレ原作!櫻井翔の最終回の正体は?

合わせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる