TWO WEEKSネタバレ結末原作!黒幕犯人を韓国ドラマから

2019年7月からフジテレビ系の火曜ドラマ「TWO WEEKS」がスタートします。

三浦春馬(みうらはるま)さん主演のサスペンスドラマで、無実の罪で逃走する男の2週間のストーリーです。

このドラマの原作は人気韓国ドラマです。

今回はこの「TWO WEEKS【2週間】」の原作である韓国ドラマのネタバレから、あらすじ、結末、気になる黒幕、犯人をご紹介していきます。

結末まで、黒幕、真相などばっちりネタバレしているので、閲覧注意です。

 

 

目次

ドラマ「TWO WEEKS」のあらすじは?

TWO WEEKSネタバレ!原作脚本家キャスト【三浦春馬】

結城大地(三浦春馬)は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。
そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。

そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、8才になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられる。

突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。
さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。

一方、月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木瞳)の支えも受けながら検事の道に進んだ現在も、独自に捜査を進めていた。

そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかる。
逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった・・・。

はなの手術まで2週間。
このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる・・・。

そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が追い始める。
さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋政伸)もその動向を虎視眈々とうかがっていた・・・。

引用元 https://www.ktv.jp/twoweeks/story/01.html

ある人物が殺害した犯人として逮捕された結城大地(三浦春馬)。

しかし結城は殺人を犯しておらず、冤罪です。

しかし全ての証拠は結城が犯行を起こしたことを意味していました。そう、何者かに罪を押し付けられたのです。

このまま逮捕されてしまうと、娘の骨髄移植手術が行えない!!!と言うことで逃走する結城の運命は!!!手に汗にぎるサスペンスです。

 

ドラマ「TWO WEEKS」原作ネタバレ!黒幕犯人は誰?

 

 

では、韓国ドラマのネタバレを紹介していきます。

無実の罪で命を狙われ逃走!

TWO WEEKS子役の娘はな役は稲垣来泉!アンナチュラルに出演?

ある日結城大地(三浦春馬)が目を覚ますと血の海である女の遺体が。

女は柏木愛。

結城の手にはナイフが握られていて、服は血で赤くなっていて、どう考えても結城が犯人!?と言う状況でした。

そして刑事たちが登場し、訳もわからずびっくりする結城を逮捕します。

証拠、証言など全てが結城が犯人であることを表していました。

もちろん結城は否認しますが、認められす。しかも留置所で何者かに殺されかけます。

そう、、罪をなすりつけられ、口封じに殺されそうになっていたのでした。

そんな中、結城を護送していた車が交通事故で横転します。

そのどさくさに紛れて、逃走する結城。

2週間後の娘の骨髄移植手術まで生きて逃げ続ける決意をします。

 

すみれ(比嘉愛未)と8年前に別れた理由は?

 

 

結城は青柳すみれ(比嘉愛未)に一方的に別れを告げて、捨てます。

妊娠したすみれに子供をおろすように言ったクズっぷり。

しかし、それには理由があったんです。

8年前、結城は柴崎要(高嶋政伸)は部下でしたが、柴崎から自分の代わりに刑務所に入るように脅迫されていたのです。

この申し出を断るとすみれを殺すと言われ、やむを得ず別れを告げたんです。

子どもをおろすように言ったのも、その後に生まれた子どもと母親のすみれが不幸になると思ったからです。

そんなすみれには、婚約者の刑事有馬海忠(三浦貴大)がいました。シングルマザーのすみれを長年支えてきた男でした。

 

事件の黒幕犯人は?

 

 

ここで、事件の黒幕犯人を紹介です。

実は・・・実業家・柴崎要(高嶋政伸)です!!

って、登場人物の相関図見たときから気付いているよ!って言う人も多いと思います。

黒幕=高嶋政伸って感じですよね。

柴崎は表向きは実業家ですが、裏では悪いことに手を染めている超悪い奴です。

国会議員の久我早穂子(黒木瞳)も柴崎と関係していて2人で麻薬取引などの悪事を働いて大金を稼いでいました、この2人が黒幕です。

多くの犯罪行為をして金儲けをしていました。

そんな中、柏木愛は愛人でしたが、検察の月島楓が送り出したスパイでした。

スパイであることがわかり、柏木愛を殺してしまった柴崎は、久我と画策して、罪を結城に押し付けたのでした。

 

検事月島楓【芳根京子】との関係は?結城と手を組む

TWO WEEKSネタバレ!原作脚本家キャスト【三浦春馬】

スパイに差し向けていた柏木愛が柴崎に殺害されてしまった検事の捜月島楓(芳根京子)も結城の事件を追っていました。

8年前に父親を刺した犯人黒幕である柴崎要(高嶋政伸)と久我早穂子(黒木瞳)を追い詰めるために、結城を追い詰め、真相をつかもうと必死に捜査をしていました。

8年前、月島の父親は柴崎が進めるある商店街を撤去する運動をしていて、柴崎が商店街に火をつけようとしていることをしり抗議。そして柴崎に刺されました。

一命は取り留めましたが、2年後に死亡した父親。その時に身代わりに逮捕されたのが結城でした。

ちなみに月島は柴崎が自分の父親を刺した現場を目撃。結城が無実であることをしっていました。

そして検事の月島が黒幕を追い詰めるために、手に入れようとしていたのは、とある映像です。

その映像は、犯罪に関する柴崎要(高嶋政伸)と久我早穂子(黒木瞳)の会話が記録されていて、この動画があれば、2人の犯罪が立証されます。

最初は殺害された柏木愛が持っていましたが、巡り巡って、柴崎の手に渡ってしまいます。

そんな証拠の動画を手に入れるために、結城と月島検事は手を結び、柴崎が不在の自宅に忍び込み動画を奪おうと計画しますが、失敗。

2人の黒幕を追い詰めるのは不可能に!?絶対絶命のピンチな状況になります。

 

逆転!結城の無実が証明

TWO WEEKSエンディング主題歌は三浦春馬でFight for your heart!歌が上手い

証拠の動画が手に入らなかったことから、別の手段に出ます。

結城は柴崎の手下を騙し「このままだとお前が全ての罪をなすりつけられる」と言います。

その言葉を信じた部下は、柴崎が女を殺害した証拠を警察に差しだし、見事柴崎の罪が立証されて、結城は釈放されます。

しかし、柴崎は逮捕されまいと、逃走します。

そして、自分を陥れた結城を逆恨みし、手術当日の病室に侵入して、結城を殺害しようとします。

しかし、それは結城と月島の罠でした。警察が待ち構えていました。

やっと逮捕!!と思ったら、またしても上手く逃走してしまう柴崎。

そして柴崎を追った結城と2人で対峙することになります。

ここで今までの恨みが爆発した結城!見事素手で柴崎に勝利して、柴崎はやった逮捕されます。

 

娘の手術は?ラスト結末は切ない?

 

 

物語のメインである、愛する娘の適合手術ですが、見事成功し、退院が決まります。

また同じ日に悪事で大金を得た久我早穂子(黒木瞳)が高飛びしようとしていまいた。

柴崎の逮捕により、久我を追いつめることに成功。

そして娘とすみれ(比嘉愛未)の家族らしい時間を過ごした後、有馬海忠(三浦貴大)の存在から身を引き、2人の前から立ち去るのでした。

無事に黒幕2人が逮捕され、娘の命も助けるハッピーエンドの結末ですが最後は娘と元恋人と別れる少し切ないラストです。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる