相棒15第7話のネタバレと感想!安達祐実演じる母親役がかわいそすぎる?

スポンサーリンク

ゲスト女優の安達祐実さんと木下あゆ美さんが誘拐される子供の母親役で出演することが話題の相棒Season15第7話。

右京さんが事件を誘拐事件捜査の主導していく、面白い回でした!

そんな相棒15第7話「フェイク」のあらすじのネタバレと感想とまとめました。

相棒15第7話のあらすじのネタバレは?

 世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は本部に足を向ける。青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に一人で笑い声をあげている姿を目撃。さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ? その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行してアジトを突き止めるという方針を決定。翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

二手に別れた特命係。亘がマークする被害者の母親に不審な動きが…
一方、右京は誘拐犯の巧妙な計画を見破り、人質を救出できるのか?
最悪の状況から始まった誘拐事件は、かつてない驚がくの結末を迎える!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0007/

以下、次週予告動画です!

引用元:https://youtu.be/ksVQ7E3VCfM

 

相棒15第7話のあらすじのネタバレは?

なんか、これって単発回?2時間SPじゃないの??ってくらい面白ろくて、濃い内容でした。

安達祐実さんの奇妙な笑いの演技、さすがですね~!「みんな、バカね~」って怖すぎる・・・。

ちなみに安達祐実さんは第2子出産後初のドラマ出演とのことで話題になっていましたね。

個人的になんだか子役のイメージがどうしても抜けなくてお母さん役がすごく違和感。そして「安達祐実やっぱりかわいいな~!!」って感じでした。

そんな第7話ですが、安達祐実さん演じるママの子供が誘拐されて早くも殺害されてしまうという、目を覆いたくなる展開から始まります。

安達祐実さんの息子役を演じる子役キャストについては以下にまとめてあります。

 

またデカイエローや怨み屋本舗の女優木下あゆ美さんの出演も話題ですね。

木下あゆ美さんについても以下にまとめてあります!

以下、あらすじ随時更新していきます!

 

疑惑の親たちの怪しい動向とは?

スポンサーリンク

美奈子(安達祐実)は電話で犯人らしき人と「自分もバレたらヤバイ」みたいなこと話していたり、スーパーで明らかに子供がいるような買い物をしていたり、怪しすぎる行動。

また、菊の花を買って広斗(寺内勇貴)の家の前に手向けていました。

亘(反町隆史)が美奈子について調べてみると、闇金から借金をしていてトラブルになっていたことがわかった。

また美奈子がある男と会っていたことを亘は目撃。

部屋に帰った美奈子。暗い部屋の中にいた男の子はなんと死んだと思っていた翔太(黒澤宏貴)だった。美奈子は笑顔で翔太と一緒に話をしていた。

一方、身代金の受け渡し時に犯人に対する違和感を感じた右京。広斗(寺内勇貴)の父親が犯人と繋がっていたことを見抜きます。警察の情報は全部犯人側に通じていたのでした。

父親に問いただすと、6ヶ月前にかかってきた電話で投資話に乗ってしまい、家のお金を使い込んでしまった。そしてそのお金の使いこみを補填するために、今回の誘拐事件に協力したと言うのでした。

しかし、まさか翔太(黒澤宏貴)が殺されれるとは知らなかったとびっくりし「恐かった」と。また翔太(黒澤宏貴)が殺された後から犯人とは連絡が取れなくなったと言うのでした。

そんな夫に有里(木下あゆ美)は「自由になるお金を与えていたのに!!」と激怒するのでした。

 

新たな身代金要求で

そんな父親の共犯がわかった後、またしても犯人から身代金の連絡が。3億のお金を全て「スイスフラン」に変えてデパートの屋上に持ってこいと言うものでした。

犯人らしき男にお金を渡した後、警察は追跡。途中でごみ箱にお金を捨てた男。お金を確認すると漫画にすり替わっていました。

全部見抜いていた右京。お金をスイスフランに変えたのは、3億円を運びやすくするため。スイスフランにすると重さが軽くなる。そして男は移動中のバスで隣の男と周囲にわからないように、お金をすり替えた。その隣の男こそ真犯人でした。

そして右京に指示された伊丹(川原和久)たちが、既にそのお金を持った真犯人の男を追跡していました。

そんな最中、亘に見張られているとわかっていた美奈子(安達祐実)は、警察に「もう耐えられません誘拐された広斗(寺内勇貴)君はもう殺されているんです」と電話で言い、切りました。

 

犯人を逮捕!

右京は犯人の手を察知し、捜査一課でわざと伊丹(川原和久)たちが犯人の追跡を失敗したことにします。

するとその情報が犯人の携帯メールへ。すると犯人は安心して、アジトのような場所に向かいお金を確認します。

するとそこへ、追跡を続けていた伊丹(川原和久)たちが犯人を確保。逮捕することに。そして広斗(寺内勇貴)は無事で生きていました!

結末はその犯人は、捜査費の架空請求で辞めた元警察官。協力者は誘拐された男の子の父親以外もう一人いました。

もう一人は世田谷西署に勤めていた女刑事。捜査本部に盗聴器を仕掛けていたので、操作情報がつつ抜けだったのです。

そう、美奈子(安達祐実)は誘拐事件に全く関係していなかったのです。

 

美奈子(安達祐実)のおかしな動向の真相とは?

美奈子がしていたおかしな動向の真相は、子供の遺体を確認した後、ショックのあまり殺されたのは自分の息子でなくて、広斗(寺内勇貴)だと思い込むように。

そして自分の子供が助かって広斗(寺内勇貴)が死んでしまって申し訳ないと菊の花を手向けたのでした。

翔太(黒澤宏貴)は一緒に遊んでいた広斗(寺内勇貴)が誘拐されそうになってのをかばって頭を打って死んでしまったのでした・・・。

また部屋で話していた息子は幻だったのです。

右京いわく「自分のこころを守るために、現実とは違う世界を作ってしまった」

子供と2人で生きていくために、作ってしまった借金を返すために、男たちと会っていたのでした。

まさかの、ラスト終わり方最悪パターンでした(>_<)かわいそすぎて、見ていられないラストでした。このお母さんかわいそすぎる・・・。

最初翔太君が生きていたのを見て「殺されてなかったんだ~」って安心していたのに・・・騙された!!!

しかも、その幻想の男の子は

「お母さん僕、お母さんとずっと一緒にいたい」って残酷な台詞・・・。

美奈子(安達祐実)はその幻想の男の子をぎゅっと抱きしめて終わる、悲しすぎるラストでした。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • いくつか感想サイトを見てきましたが、結構「安達祐実は犯人と通じていた」と書かれてるところが多く、自分が何か見落としたのか?と不安になっていましたが、こちらの記事を見て安心できました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です