相棒の反町隆史の演技は下手?上手いなど評価まとめと出演ドラマについて

スポンサーリンク

 

大人気ドラマシリーズ『相棒』で前作のseason14から引き続き、杉下右京(水谷豊)の相棒・冠城亘役を演じている反町隆史さん。

2期連続の起用ということで、面目は保たれた感がありますが『相棒』での演技の評価はいかほどなんでしょうか?

過去の出演ドラマを紹介しつつまとめていきたいと思います。

 

反町隆史のプロフィールとは?

名前:反町 隆史(そりまち たかし)

生年月日:19731219

出身地:埼玉県

血液型:AB

趣味:バスフィッシング、音楽鑑賞

所属事務所:研音

参照元 http://www.ken-on.co.jp/sorimachi/

 

ご存じない方が多いかもしれませんが、実は反町隆史さんは元ジャニーズなんです。中学生時代に所属していて、『光GENJI』の後ろで踊っていたそうです。

その後、モデル事務所に所属し、モデル活動をしていたのですが、なんとこの時もモデル階の最高峰『パリコレ』にも出ていたそうですよ。

1994年に現在の研音の所属となったわけですが、どの事務所でもしっかりと結果を残していることがスゴイと思います。上手く行かずに移動する人が多いでしょうから…。

研音では、御存知の通り俳優として活動。さらに音楽活動もされていましたね。「POISON」(笑)

2001年には自身の主演ドラマ『GTO』で共演した松嶋菜々子(まつしまななこ)さんと結婚し、「ビックカップル誕生」で話題になりました。現在は2人のお子様がいるパパです。

 

反町隆史の過去の出演ドラマとは?

所属事務所を研音に変えたことで俳優活動を開始した反町隆史さんですが、すぐにその才能が開花します。初出演の『毎度ゴメンなさぁい』でも、ルックスの良さと存在感を武器に瞬く間に人気俳優となり続編の『毎度おジャマしまぁす』にも出演されています。

そんな、反町さんですから主要のドラマを上げるだけでも相当数になってしまいました(笑)

1994年:TBS『毎度ゴメンなさぁい』ドラマ初出演・高田裕二役

1995年:TBS『部屋においでよ』中原健役

1995年:TBS『毎度おジャマしまぁす』鶴田裕二役

1995年:TBS『未成年』坂詰五郎役

1996年:日本テレビ『竜馬におまかせ!』岡田以蔵役

1996年:フジテレビ『翼をください』桜木淳弥役

1997年:フジテレビ『バージンロード』吉見薫役

1997年:フジテレビ『ビーチボーイズ』ドラマ初主演・桜井広海役

1998年:関西テレビ『GTO』主演・鬼塚英吉

1999年:フジテレビ『Over Time-オーバー・タイム』主演・楓宗一郎役

2000年:フジテレビ『ラブコンプレックス』主演・真行寺アユム役

2002年:NHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』織田信長役

2002年:フジテレビ『ダブルスコア』主演・橘真ノ介役

20032004年:TBS『ホットマン』主演・降谷円造役

2004年:フジテレビ『ワンダフルライフ』主演・桐島明役

2007年:日本テレビ『ドリーム☆アゲイン』主演・小木駿介役

2008年:テレビ朝日『ロト632千万円当てた男』主演・立花悟役

2011年:関西テレビ『グッドライフ=ありがとう、パパ。さよなら~』主演・澤本大地役

2012年:TBS『最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~』井原健人役

2014年:フジテレビ『あすなろ三三七拍子』齊藤裕一役

2015年:テレビ朝日『相棒season14』冠城亘役

 

初めて反町さんを強く意識したのは1995年の『未成年』ですね。主演のいしだ壱成(いしだいっせい)さんもさる事ながら、当時の学生に多大な影響を与えたドラマでした。まだタレントとして活動していた「浜崎あゆみ(はまさきあゆみ)」さんが出演していたことでも有名ですね。

その後、反町さん出演ドラマのビックヒットが続くわけですが、まずは1997年の初主演ドラマ『ビーチボーイズ』ですね。当時、反町さんと同じく人気の高かった「竹野内豊(たけのうちゆたか)」さんとW主演で、都会から逃げてきた青年がひと夏だけ海の家で働くというストーリー。つい最近まで、夏になると毎年 再放送していたので知っている方も多いと思います。

そして、反町さんの最大のヒットドラマ『GTO』に出会います。原作の漫画の人気も去ることながら、『ビーチボーイズ』に引き続き主題歌も担当し、現代版ヤンキー学園ドラマの礎を気づいた作品です。松島さんとの共演もそうですが、反町さんのその後を大きく変えたドラマでもあるでしょう。

2012年に「EXILEAKIRA」さんが主演でリメイクされています。

その後も、『ダブルスコア』や『ホットマン』等の高視聴率ドラマで主演を飾っている反町さんに対して、間違いなく言えるのは、1990年代から2000年初頭のテレビドラマ界を牽引していた俳優の一人だと思います。

そして、2015年の『相棒season14』で4代目の相棒・冠城亘役の大役を務めることになりました。

 

スポンサーリンク

 

相棒の反町隆史の演技の評価とは?

では、そんな反町隆史さんの『相棒』での演技の評価はどうなんでしょうか?

「てか今の相棒くそつまらなくて、途中まで見て終わってるわ 反町隆史ビミョーだし、脚本つまらなくない? 入り込めないんだよね話に」

「今シリーズは水谷豊さんと反町隆史さんのコンビネーションが面白い でも好きなのはファーストシーズンです」

「毎回相棒の話する。なんか観ちゃうんだよね。でも、反町隆史さんはハマってるよ!」

「反町隆史さんがタバコを吸う姿、かっこよすぎ、渋い!かっこいー!大人やなー」

「相棒見てるけど、反町隆史まじでホントにくっそかっこよかったな…あんなにかっこいいと思ってなかったわ…顔小さいし背高いし想像よりずっと気さくだった…」

「相棒の男性ホルモン強いうざいやつポジションのやつめっちゃうざい立ってるだけでうざいなんて素晴らしい演技力だわ(皮肉)反町隆史ははやく蘭丸のかっこうをしようね」

「相棒、今まで「ん?」って感じだったけど、反町隆史とのタッグもしっくりくるし、人情味も+されてて、今回はじっくりみたいドラマになった。」

「反町隆史の演技に合わせて全体をチューニングしてる感じがするのと、それにより冠城亘がどんどん個性的になっていってるのがとても微笑ましい」

「今日の相棒面白かった! 今期は期待出来る感じ! そして反町隆史が痺れるほどカッコイイ。」

「冠城さん(もとい反町隆史)、シガー吸う姿かっこよすぎなんだが」

 

ん~、演技力と言うより「カッコいい~」という容姿を褒めたコメントが多いですね。

ただ、水谷豊さんとの相性の良さを評価している方も多いので、演技についてはバッチリなのではないでしょうか。

視聴率も115.5%、215.3%とほとんど変わりないので、1話だけ見てがっかりした方も少ないという結果になっているところを見ると、少し下降気味になっていた『相棒』人気も取り戻すことができそうな予感すらしてしまいます。

 

まとめ

今回、『相棒』シリーズの4代目相棒・冠城亘役を演じている反町隆史さんについて求めてきましたが、容姿のカッコ良さや渋さを絶賛しているコメントも多く、「反町隆史再燃!」とコメントしている方もいます。

もしかするともしかするかもしれませんね(笑)

絶頂期を知っているだけに期待が高まります。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です