アンナチュラル犯人高瀬役は尾上寛之?ひよっこやリバースなど出演ドラマは?

スポンサーリンク

2018年3月2日(日)夜10時から第8話が放送されたドラマ「アンナチュラル」

火災事件の唯一の生存者:高瀬(たかせ)役で尾上寛之(おのうえひろゆき)さんがゲスト出演されました。

第8話も、クライマックスで涙が止まらなかったです。

あ~。もうすぐ最終回がきてしまうと思うと寂しいですね。

今回は、尾上寛之さん演じる高瀬が犯人であることがわかりました。不動産屋さんでしたね~。

尾上寛之さんのプロフィールや経歴、出演ドラマについても調べてみました。

 

 

尾上寛之のプロフィールは?

名前:尾上 寛之(おのうえ ひろゆき)

生年月日:1985年7月16日

出身地:大阪府茨木市

身長:165 cm

血液型:A型

現在、年齢32歳の尾上さん。

失礼ですが、意外とお若いんですね。

尾上さんは、小学生の頃から「日本芸能センター」にてレッスンを受け、デビュー前からCMや映画などに多数出演されていたようです。

日本芸能センターっていうのは、私初めて聞いたんですが、俳優・女優などの養成所のようですね。

1994年に、朝の連続テレビ小説「ぴあの」で子役として俳優レギュラーデビューを果たしています。

尾上さん、なんとこのブレイク登竜門である朝の連続テレビ小説に7回も出演されている強者なのです!

すっご~い。

あまり注目して見た事ない俳優さんだったのですが、名脇役さんなんですね~!

気になる尾上さんの出演ドラマをご紹介しますね。

 

尾上寛之の「ひよっこ」や「リバース」など出演ドラマは?

 

スポンサーリンク

 

ひよっこ(2017年)

スーパーサラリーマン左江内氏(2017年)

道子とキライちゃんの相談室(2017年)

相棒season15(2017年)

リバース(2017年)

時代をつくった男 阿久悠物語(2017年)

沈黙法廷(2017年)

ザ・ブラックカンパニー(2018年)

ここ最近の出演ドラマを載せてみました。

尾上さんの出演作品はこんなもんじゃないですよ。

毎年沢山の作品で活躍されているんです。

「ひよっこ」では、泉澤祐希(いずみさわゆうき)さん演じる角谷三男(すみたにみつお)のお兄さん:太郎(たろう)として出演されていました。

太郎は、カッコイイお兄さんでしたよね。

三男からすれば怖いお兄さんだったでしょうが、あんなに頼りがいのある男はいない!と見ていましたね。(笑)

「リバース」では、第6話終盤で、小池徹平(こいけてっぺい)さん演じる広沢由樹(ひろさわゆうき)の高校時代の親友:古川大志(ふるかわたいし)役で出演されていました。

漁協で働いているんですが、あの漁師の格好がとってもお似合い。

本物でしたね。(笑)

さすが、カメレオン俳優さんですよ。

次は、どんな役柄で魅せてくれるのか楽しみですよね。

 

尾上寛之は「アンナチュラル」で犯人高瀬役!赤い金魚事件の真相は?

 

スポンサーリンク

 

第8話で火災したビルから救助されて、唯一の生存者となった高瀬(たかせ)を演じたのが尾上さんだったのですが、病院で聴取された高瀬の記憶は確かなものではありませんでしたよね。

そして、第8話終盤、あの火災ビルから出てきた赤い金魚の死体。

 

以下、その事件の真相です。

第9話でUDIで赤い金魚事件の被害者の1人を調べたため、事件の真相がわかりました!

まずは赤い金魚の口の中の痣の理由。

金魚の形がたくさんついた動物用のおもちゃのボール「おさかなカラーボール」を女性たちを襲った時に口に押し込んだことで、このボールの魚の跡が口の中についたのでした。

猿ぐつわ代わりに使ったとのこと。

ちなみに「おさかなカラーボール」実在するか調べてみたけれどありませんでした(^_^;)当たりまえですよね(笑)

しかし、赤い金魚事件の被害者たちは皆、死因が違っていたのでした。

・ニコチンを注入されたことによる中毒死(こうじやゆきこ)

・首つり自殺

・熱中症

などなど

そしてUDIで見ていた遺体は原因不明の異様な臭いがしました。

そしてミコトと中堂は被害者の事件現場にいきます。

すると、死んでいるアリの死がいを見つけます。

その死がいを調べてみると「蟻酸(ギサン)」が出ました。

そこで六郎が宍戸が歌っていた「ABC」の歌から「体内から検出されたボツリヌス菌では??」「冷凍された」と死因の案を出します。

しかし、どれもパッとしません。

そして更にミコトが調べると、死んでいた蟻は「ギサン」を出さない種類だとわかります。

では、なぜ、蟻から「ギサン」が検出されたのか??

頭の良い中堂が解明します!

それは「ホルマリン」。

赤い金魚事件は犯人が被害者の頭皮の静脈から濃度の薄い「ホルマリン」を少しずつ投与して殺害。

「ホルマリン」は劇物に指定されているほどの猛毒。

発見から7日も経っていたのに、綺麗なままで腐っていなかったのは「ホルマリン」が原因でした。

このホルマリンは空気に触れて酸化すると「ギサン」になるのでした。

難しいですね~(^_^;)

解剖時遺体の内臓をホルマリンにつけるため、気付かなかった盲点だったのでした。

そして犯人はなんと第8話の火災の唯一の生き残り「高瀬」と判明。衝撃の第9話ラストでした。

引用元:https://dorama-netabare.com/archives/31058#9

高瀬は幸せそうな人を狙って殺していたよう。なんて奴(>_<)

おそらく、中堂恋人糀谷夕希子さんは、中堂に逆プロポーズした後、2人の新居を探して不動産屋の高瀬と部屋に入り・・・靴を脱ぎ。そこを殺されたのかな??と推測します。

そして高瀬が火災に巻き込まれたのは、殺害した被害者を現場に見に来ていたからでした。

そんなクズを・・・命がけで助けたなんて(>_<)尚更切ない真相です。

 

 

まとめ

「アンナチュラル」も残すところあと1話!

どんな結末が待っているのか、妄想が膨らむばかりです。

尾上さんの役どころも気になるところ!!

見逃せませんよ~。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です