UDIラボ【不自然死究明研究所】は実在する?アンナチュラルでロケ地撮影場所は?

1月12日から始まるTBSの金曜ドラマ「アンナチュラル」。

主演の石原さとみさんは法医解剖医の三澄ミコト役です。

日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が舞台のドラマということですが・・・

不自然死究明研究所?UDIラボ?聞いたことないけど、ありそう!?

今回はドラマ「アンナチュラル」の不自然死究明研究所が存在するのか??気になったので、調べてまとめてみました。

また、UDIラボのロケ地情報もゲットしたので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ドラマアンナチュラルとは?

これまで様々な役を演じ、幅広い層から支持を得ている女優・石原さとみが今回演じるのは、日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”三澄みすみミコト。ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。そこに運び込まれるのは、“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体ばかり。ミコトはクセの強いメンバーたちと共に、連日UDIラボに運び込まれる死体に向かいメスを握る。
そのUDIラボで共に働く面々には豪華な顔ぶれが集結。UDIラボの法医解剖医・中堂 系なかどう けい役に、俳優のみならずアートの分野でも活躍するなど柔と剛を併せ持つ井浦 新。記録員・久部六郎くべ ろくろう役に、話題作に数多く出演し幅広い役柄をこなす窪田正孝。臨床検査技師・東海林夕子しょうじ ゆうこ役に、独特の存在感で映画やテレビで活躍し、柔軟な芝居が魅力の市川実日子。そしてUDIラボの所長・神倉保夫かみくら やすお役には、日本を代表するバイプレイヤーのひとりである松重 豊が決定。この5人が様々な死因を究明し、未来の誰かを救命する物語だ。

引用元:http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/intro/

石原さとみさんが演じるのは法医解剖医。日本に170名ほどしか登録がないだけあって、聞きなれない言葉ですね(^_^;)

監察医は良く聞くのですが、法医解剖医って初めてです。

ちなみに法医解剖医は実在します。

法医解剖医とは、刑事ドラマなどでよく耳にする「司法解剖」を行う人。

法医学とは、医学の1つの分野。各大学の法医学教室では、警察の依頼により、不審遺体などの司法解剖が行なわれている。

引用元:http://www.asyura2.com/12/social9/msg/213.html

司法解剖により、遺体から捜査の証拠や痕跡が見つかることもあり、事件解決などに重要な役割を果たしているのは、ドラマなどでご存知だと思います。

一方、良く聞く監察医は行政解剖を行う人。

司法解剖が犯罪がらみの遺体の解剖なのに対して、行政解剖は病死とは判断できない、いわゆる「異状死体」を死因究明と公衆衛生上のため行われるものです。

 

 

不自然死究明研究所(UDIラボ)って存在するの?

 

スポンサーリンク

 

そして気になる名前「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。実在するのでしょうか?

調べたところ、不自然死究明研究所(UDIラボ)は実在しませんでした。

なんかありそうで、似たような研究所がありそうですがちょっと残念。

法医解剖医は大学病院の医学部で解剖を実施することが多いようです。

また最近では少しずつ民間の病院で行うなど少しずつ受け皿ができているようですが、まだまだ少ないのが現状。

ドラマなどで見ると、俳優さんや女優さんがかっこ良く解剖などを行っていますが、実際は非常にキツイ仕事で人材不足と言われています。

以下の記事で記載されているのですが、法医解剖医の人材を確保するためにも今回のドラマのような「研究所」を作るべきでるという動きが出たようですが、結果的に警察庁などの合意を得ることができず、その案はなくなってしまったようです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20170928-00076288/

 

今回のドラマがヒットして、こんなカッコイイネーミングのラボが実際にできたら、やってみようと思う人が増える可能性もあるかもしれないですし、法医解剖医の環境も改善されるかもしれないですね。

 

 

不自然死究明研究所(UDIラボ)のロケ地ってどこ?

以下の予告動画に出てくるかっこいい建物。どこだか気になりますね~。

そして以下の画像。

 

以下の情報がツイッターに。

 

ちなみに大林組技術研究所とは?

皆様が安心して快適に暮らせる社会を実現するため、大林組は常に新しい技術の開発に挑戦しています。技術研究所には、その新技術を実証するためのさまざまな実験施設があります。

技術研究所の中核施設です。
最先端の環境配慮、最先端の安全安心、最先端の研究環境の3つをコンセプトに掲げています。最高水準の省エネの達成や世界初のスーパーアクティブ制震「ラピュタ2D」の採用、知的生産性向上をめざしたワンルーム型ワークプレイスなど、大林組が培ってきた技術の結晶です。

新たな材料技術や環境技術を開発します。
さまざまな物質を化学的に分析し、無害で高品質な材料技術の開発や、土壌・水質浄化など環境を保全し、向上させる技術の開発を行います。

引用元:https://www.obayashi.co.jp/tri/facilities/

アクセス:

〒204-8558
東京都清瀬市下清戸4-640
042-495-1111

・電車: 西武池袋線(約25~30分)で清瀬駅(準急は停車)で下車
・タクシー: 清瀬駅北口より約7分
・バス: 清瀬駅北口1番乗場より約10分
清63 旭が丘団地行 または
清63-1 旭が丘団地経由新座営業所行
大林組技術研究所で下車
・徒歩: 清瀬駅北口より約35分

http://www.obayashi.co.jp/rd/facilities/acsess

かに素敵な場所ですね~。清瀬でのロケ目撃情報があり、こちらはUDIラボ内部の撮影が行われたようです。

 

そして以下の情報も。

 

UDIラボの外部は明星大学のようです。

明星大学 青梅校

東京都日野市程久保2-1-1

:多摩都市モノレール「中央大学・明星大学駅」直結、京王動物園線「多摩動物公園駅」下車徒歩10分

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です