アンナチュラル雨宮ミコトの過去の事件とは?一家無理心中のネタバレ

1月12日放送開始された石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル」。

面白かったですね~。

そんな「アンナチュラル」ですが、第1話にして衝撃の展開が。

なんとミコトに暗い過去があるような描写が。「一家無理心中」という物騒なキーワードが出てきました。

そしてなんと窪田正孝さん演じる久部六郎に怪しい動きも。

今回はアンナチュラルでの石原さとみさん演じる法医学者三澄ミコトの過去についてネタバレしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

石原さとみ演じるミコトとは?

三澄ミコト 33歳

三澄班の執刀医。法医学者で解剖実績は1500件ほど。医大の法医学教室で准教授として研鑽を積み、UDIラボに来たのは4か月前。合理的な性格のため、何か問題が起きても無駄な争いをするよりは頭脳と笑顔で切り抜けたい、皆が楽しくハッピーに暮らせたら…と思ってはいるものの、現実は厳しい。とある事情から、人の「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発する。この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わりだと考えている。

引用元:http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/chart/

仕事にこだわりを持ち、とことん追求するミコト。そのせいで、第1話では彼氏に振られてしまいます。

上記は公式の人物紹介ですが・・・「ある事情から、人の「生の権利」が脅かされることに猛烈に反発する。この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わりだと考えている。」の部分・・・何かひっかかりますね~。

 

ミコトの過去は一家心中に関係している?養子?

 

スポンサーリンク

 

第1話のラストで携帯で誰かとこそこそとミコトの話をしていた窪田正孝さん演じる久部六郎。

そして以下、セリフです。

「娘さんの本当の名字って・・・」「三澄じゃなくて雨宮?」「養子ってことですか?」そしてネット検索したキーワードは「浦和市一家無理心中」ひぇ~!!!

なんてこと。

ちなみに「娘さんってことは?父親?」そんな訳ないですね(^_^;)

流れからすると、飲み仲間の人ですかね~。そうだと、なぜこんな過去を知っているのか不明です。

ツイッターでは北村有起哉さん演じるマスコミの男では??という意見も。

胸の大きさの話をしていたのは、飲み仲間の人なので多分その男の人ですね。

そして、以下、そのままですが(^_^;)念のため整理すると・・・

・ミコトは養子で薬師丸ひろ子演じる母親や弟とは実の親子ではない

・ミコトの養子の前の名字は「雨宮」

・おそらく浦和市一家心中事件の生き残り

っていうのが、かなり濃厚な予想です。

ちなみに公式ホームページでは薬師丸ひろ子演じる母親の年齢は53歳。ミコトの年齢は33歳。

出産したとしたら、20歳。

もちろん若くして産んだ子供と言えば、あり得ますが、養子である可能性高い気がしました。

また公式の人物紹介の意味深は文にも合致する気が。

第2話のテーマは「一家無理心中」。また新たな過去の秘密が浮き彫りになりそうですね!

何かわかりましたら、追記していきます!

 

ミコトの過去の突然の発覚にツイッターの反応は?

そんな第1話にして、早くも出てきた主人公の衝撃の過去にツイッターの反応はどうだったのでしょうか?

一家4人 無理心中… ?!!!!!

 

それにしても、、 六郎くんが最後電話してた相手は飲み仲間のあの人でしょ なんでミコトの本名と過去?六郎くんの話から興味持って調べたの?普通調べるか???

 

大倉さんと北村さん、は、嫌なマスコミの人。 で、過去に石原さとみに、一家心中の時にひどいことを、した。 という、予想。

 

さらっと、でもモヤモヤが残らない程に解決する話と気になる闇の部分があって面白いね。ミコトの過去、赤い金魚、すごく気になる。 あとはミコトと六郎の展開も気になるし、いやーツボよ音楽もすごくツボ

 

アンナチュラル、良きでした。 男性陣よき!!!女性陣もよき!!! 曲もよきーーー!!! そして第2話ではやくも主人公の過去が。。。!?

 

石原さとみの過去、そんなにアッサリ明かします???

 

終始目が離せなかった。名前のない毒の怖さとかミコトの過去とか目が離せない。来週も見る

 

あ~(´-ω-`)やっばり仕事優先キャラはこうなるよね。 彼氏も仕事も上手く行くパターンはないのか? 米津さんの歌声って、時々、スキマの卓弥くんに似てるな~って思う。 窪田正孝くんの背中調べw それをイケテツさんに報告w えっ?一家心中の過去有り? 来週からも見なくては!

かなり反響があって、気になる人多数でしたね。ってか、そりゃあのエンディング気になりますね(^_^;)

また新たな展開がありましたら、更新していきたいと思います。

 

2月9日更新!一家心中の真相が明らかに!

 

スポンサーリンク

 

一家心中の衝撃の真相がわかりました。

ミコトの実の母親は夫と息子を眠らせて、部屋に練炭をたきました。その練炭の準備を幼少期のミコトに手伝わせる。

そしてミコトに睡眠薬をラムネだと言って飲ませようとします。

そう、ミコトも一緒に死なせようとしていたのですが、ミコトは幼いながらも変な味だったので、母親にわからないように、薬を吐き出します。

そして、自分の部屋に戻って、眠ってしまいましたが、練炭の置いてあった部屋でなかったので一命を取り留めたという訳です。

ミコトは20歳になった時に、養子になった三澄家の母親にこの事実を教えてもらったのでした。

母親に殺されそうになっていたとは、なかなか衝撃ですね~。

 

また、新たな展開がわかったら更新していきます!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です