ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. トドメの接吻

トドメの接吻門脇麦【キス女】の演技が怖いしホラー!上手いけど走り方に鳥肌?

1月7日から始まった日本テレビの日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」が話題です。

主演のホスト役山崎賢人(やまざきけんと)さんもとっても良かったのですが、特にキス女こと山崎賢人演じるエイトをキスで殺してしまう衝撃の役柄を演じている門脇麦さんの演技に注目が集まっています。

その演技・・・上手いのですが(笑)怖すぎて衝撃です。もう、ホラーです(^_^;)

そんなドラマ「トドメのキス」の女優門脇麦さんの演技の評判についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

トドメの接吻で門脇麦演じるキス女の役柄は?怖すぎる言動とは?

旺太郎の前に突如現れた、“キスで殺す女”。
クリスマスイブの夜に、サンタクロースの格好をして現れる。
巷では「嫉妬に狂った女が自分の唇に毒を塗ってキスで殺した」という事件が勃発し…。
逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてくる。

引用元:http://www.ntv.co.jp/todomenokiss/chart/index.html

このキス女怖いです。

まず、なぜかサンタの格好(笑)

これだけで、怖いですよね~。

そして、無表情にエイトに近づき、「あなた、死ぬ」ってここでゾゾゾってしたら、その後いきなりキスをして殺しちゃう。

しかも、ホストのエイトは殺される度に時間をさかのぼるので、何度もこのキス女に追いかけられるんです。

このキス女の追跡がもう、ホラー。

走り方なんて、ツイッターでは「ターミネーターみたい」という声も(笑)

すごいです。

ちなみに以下が画像です。

この画像だけでも怖いですね~。門脇さんは演技力に定評があるのは、わかりますが、今回の演技、ほんとうにすごかったです。

ほぼセリフがないのに、その演技力で視聴者を恐怖に。

ツイッターでも評判でした。

ちなみに今回キスを何度もしちゃう山崎賢人とは朝ドラ「まれ」で共演しています。この「まれ」の門脇さん、とってもかわいらしいフワっとした役柄だったので、今回の役との高低差半端ないですね(笑)

しかし、門脇さんって本来、個人的にこの役のイメージです。

印象に残っているのが北川景子さん主演の「探偵の探偵」の黒幕の死神役。かなりサイコパスなぶっとんだ役で、そういう演技をさせたら天下一品な気がします。

 

 

門脇麦のキス女の演技が怖すぎて鳥肌?ツイッターの評判は?

 

スポンサーリンク

 

そんな門脇さんの演技がある意味(笑)絶賛されています。

以下、ツイートです。

門脇麦の登場の仕方、表情、走り方は絶対夢に出てくるやつだよ~(T-T)

 

期待以上に面白かった。門脇麦ちゃんが、ものすごく恐い。台詞も少ないのに、あの佇まいと走り方、表情、流石だ…

 

あと、走り方の変な女が追ってくると怖い。 #トドメの接吻 #ドメキス

だから、 #門脇麦 は変な女とか頭のオカシイ役が多いの?

 

トドメの接吻の門脇麦ホラーだあああ

 

続いての「トドメの接吻」は、あれ?思ったよりは面白い。
なんだかゴチャゴチャしているけど、第1話は次が気になる展開。若手俳優さんがたくさん出ているドラマとしては、これくらいのレベルでもOKじゃないかな?
門脇麦さんのホラー演技は、見る価値アリ。

 

トドメの接吻、ホラーじゃん、門脇麦こわいて

 

トドメの接吻は門脇麦がホラーって感想でした怖い

 

門脇麦がホラーすぎてイケメンいっぱい出てるけど怖い····

 

トドメの接吻 オモロイ! 門脇麦が怖すぎる(笑)

 

どんなカッコしても、暗がりに出てくる門脇麦怖すぎる

皆さん、かなり恐怖しているようですね(笑)

「ホラー」「怖すぎる」というツイートが多数でした。

門脇さん、きっちりお仕事してますね~!!

キス女とっても怖いのですが、第1話にしていろいろ正体を考察予想していると、実はかわいい女の子なのかな??と思ってきたりもします。

 

そんなキス女の正体とともに、門脇さんの怖すぎる演技から今後も目が離せなそうです。


トドメの接吻の最近記事

  1. トドメの接吻Hulu最終回ネタバレ!動画無料視聴見逃し配信【3月11日】

  2. トドメの接吻最終回続編がHulu配信がムカツクしイライラ?見た人は満足?

  3. トドメのパラレル最終回ネタバレ感想は続編の宰子と旺太郎はハッピーエンド?

  4. トドメのパラレル最終回Hulu動画を無料視聴!1年後のストーリー【番外編】

  5. トドメの接吻最終回ネタバレ結末は春海とキスして3ヶ月前!宰子と切ない別れ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP