にじいろカルテ漫画が原作じゃない?ネタバレあらすじは?

2020年1月21日からスタートした高畑充希(たかはたみつき)さん主演のテレビ朝日の木曜ドラマ「にじいろカルテ」。

高畑充希さんが演じるのは主人公の内科医紅野真空(くれのまそら)で、初回の冒頭から難病にかかってしまい、途方にくれてしまうストーリーに引き込まれた人も多いと思います。

東京の大病院で働いていた真空ですが、ある病気が発覚して、山奥の小さな村虹ノ村の診療所で病を隠して働くことになり、そこで出会う個性豊かな人々との関りで成長していくストーリーです。

そんな「にじいろカルテ」ですが、なんと漫画が原作??という話が。

事前に調べたところによると、原作のない脚本家さんのオリジナルストーリーだったと思ったのですが・・・。

今回はドラマ「にじいろカルテ」は漫画が原作なのか?

漫画の内容や原作のネタバレあらすじなどをご紹介していきます。

↓31日無料トライアル&600ポイント付き↓
今なら無料期間内にドラマ【にじいろカルテ】動画を視聴する人はこちらから

▼今なら無料期間内にドラマ「にじいろカルテ」の見逃し配信動画をポイントでお得に視聴できます!▼

U-NEXT https://video.unext.jp/

他にも以下などの作品も視聴可能です。

◆青のSP

◆連続テレビ小説「おちょやん」「花子とアン」「エール」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」など

◆大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

「タリオ 復讐代行の2人」

「女子高生の無駄遣い」

「きのう何食べた?」

「おっさんずラブ in the sky」

「相棒」シリーズ

「時効警察はじめました」

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2021年4年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

目次

にじいろカルテは漫画が原作じゃない?

君と世界が終わる日にネタバレ!原作あらすじ脚本家キャスト

にじいろカルテは漫画が原作なの??

なんと漫画サイト「renta」のCMもあり、漫画が原作??と思った人も多いと思います。

配信スタートは22日の0時~です。

2021年1月22日(金)0:00~配信開始
■『にじいろカルテ』のコミック配信が決定! ドラマとコミックで2倍楽しめる!!
 初回放送を目前に期待が高まるなか、この度コミックとなって配信されることが決定しました! 放送後の2021年1月22日(金)0時より、電子書籍サイト「Renta!」にて連載がスタート、以降も放送と合わせて更新されていきます。コミック版は作画を観劇4コマ「カンゲキさん」などで知られる木村琴々さん、漫画構成を国井桂さんに制作をしていただき、真空、太陽くん、朔先生をはじめ、コミックならではのひと味違う雰囲気で物語を描いていきます。ぜひドラマを見て、コミックを読んで、『にじいろカルテ』を2倍楽しんでください!

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/nijiiro/news/000

上記の文章だとわかりづらいのですが「にじいろカルテ」は原作のないオリジナルストーリーです。

無料サンプルもあるそうなので、試しにチェックしてみてください。

でもどうして漫画??と思いますよね。

rentaで配信される漫画は、今回の脚本家さんが制作した、オリジナルストーリーをコミック化したものなんです。

なので、原作はありませんが、漫画でも「にじいろカルテ」が楽しめます。

 

にじいろカルテの漫画の作者は?

それでは、かわいい3人のキャラクターに興味が魅かれる「にじいろカルテ」の漫画を手掛けた漫画家さんのご紹介です。

◆作画 木村琴々

作画は、観劇4コマ「カンゲキさん」で知られる、漫画家でイラストレーターの木村琴々さんです。

◆漫画構成 国井桂

国井桂さんはテレビ朝日で放送されたドラマ「セミオトコ」のノベライズも手掛けられていました。

と言うことで、原作というと、脚本家の方の作品となるのですが、以降で、脚本家さんについてご紹介します。

にじいろカルテの原作となる脚本家は誰?

「にじいろカルテ」の脚本家は岡田惠和(おかだよしかず)さんです。

岡田惠和さんは、1994年には全話脚本を担当した「若者のすべて」が平均視聴率16.2%の大ヒット作を記録しました。

その後も多くのヒット作を世に送り出した、大物脚本家さんです。

◆ビーチボーイズ

◆泣くな、はらちゃん

◆最後から二番目の恋

◆心がポキッとね

◆セミオトコ

◆無理な恋愛

◆姉ちゃんの恋人

◆人生最高の贈りもの

またこれまでNHK朝ドラの脚本を「ちゅらさん」「おひさま」「ひよっこ」と3度も担当しており、魅力的なキャラクターと人間模様を描くのに定評がある脚本家でさんです。

また岡田惠和さんのオリジナル脚本は、悪い登場人物があまり出てこないと言われています。

今回は主人公が病気を抱えて村にやってくるのですが・・・果たしてどんな人たちと出会うことになるのか?

以降でネタバレをご紹介していきます。

 

 

にじいろカルテ原作のネタバレあらすじ!難病で職を失った医師

書けないッ!?ネタバレ!原作あらすじ脚本家キャスト【吉丸圭佑の筋書きのない生活】

以下は第1話のあらすじです。

鬱蒼とした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には“ある秘密”があったー。
 降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していて…?
 やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…?

 たとえ、望んでいた人生と違っても。
  愛する人の顔を忘れてしまっても。
   医者も、患者も、人間だからー。

人生、雨あり虹あり。
全然スーパーじゃないドクターたちが織り成す、笑って泣けるチーム医療成長譚が幕をあけるー!

引用元:公式サイト

高畑充希さんが演じるのは主人公の内科医紅野真空です。

東京の大病院の救命救急の現場で働いていた真空ですが、ある日自分の体にある病が見つかります。

その病は「多発性筋炎」という難病で、現在の医療では、治療法がないということ。

働きたい!!と訴えた真空ですが「うちに患者はいらない」と冷たく言われてしまいまs。う

いろいろな境遇があると思いますが、真空は決して裕福な家庭ではなく、医師になるににも大変な苦労をしただろうと思われるシーンが。

「私、働かなきゃいけないんです!!奨学金も返さなきゃいけないし、借金もある」と懸命に仕事を続けていと主張。

医師になったら、バリバリ働いて、お金を返すつもりで、借金をしたのかもしれません。

仕事をクビになり、途方にくれた真空は、雨宿りしていた公園である村の村役場の職員の男と話をします。

その陽気な男のことが気になり、ネットで調べると、その村で内科医を募集していました。

そして応募したところ、すぐに採用の返事が。あまりの早さにびっくりします。

しかし、病を抱えながら医者の仕事を続ける為に、山奥にある小さな村「虹ノ村」の診療所で働くことになります。

村の診療所には井浦新(いうらあらた)さん演じるヘンテコで俺様の外科医浅黄朔(あさぎさく)と、北村匠海(きたむらたくみ)さん演じる前髪ぱっつんの自信のない看護師蒼山太陽がおり、真空は2人と同じ屋根の下でシェアハウス生活を送ることになります。

真空はおしゃれな雰囲気のシェアハウスが気にいり、大喜び!

さらに個性豊かで魅力的な村人たちと出会い、真空は命と向き合いながら人として、医者として成長していきます。

以降に1話のネタバレ追記です。

突然の病気発覚

東京。

大病院の救急で働く紅野真空(高畑充希)。

次から次へと到着する患者に適切に処置をしていきます。

防護服を付けながらニヤニヤして、先輩医師に「何、ニヤニヤしてんの?」と言われる真空。

真空は「なんか、嬉しくて。ここが私が生きていく職場なんだなと思うと。嬉しくて、誇らしくて。、結構、大変だったんで、ここまで来るの」と言います。

先輩医師から患者の処置の判断を任され、嬉しそうに返事をした真空の視界が突然、歪みます。

よろける真空は声を掛ける同僚に「大丈夫です」と言いますが、視界暗くなり、呼吸も荒くなる真空。

頑張っていたので、過労でしょうか?

病室。

検査結果を真空に見せた医師は「自分でどう診断する?」と聞き、真空は「多発性筋炎、皮膚筋炎ですか」と答えます。

医師は「俺も同じ診断だ」と言い、真空は「そうですか・・・どうしよう・・・まいったなぁ」と落ち着こうとしながら言いました。

「とりあえず、暫く休め」と言う医師に「ちょっと待ってください。いや、そういう訳にはいかないんです。いかないんです、私。あの、休んでる場合じゃないんです。働かせてください。うち、だって別に医者だからお金持ちとかじゃないし、あ、そうだ、奨学金だって返さないといけないし、だって・・・」と言う真空に医師は「悪いな。うちに必要なのは患者じゃない」と言い残して出て行きます。

厳しいですね・・・。

真空の部屋。

パソコンの前で膝を抱えている真空。

机の上には内服薬。スマホには病院から休職扱いにする旨を告げるメール。

倒れこんだ真空の耳に着信のバイブが聞こえ、真空がスマホを見ると、“お母さん”から「元気?お店やっとオープンです。来てね!」とメールが届いていました。

頭を抱えて泣き出す真空。

真空が父の遺影を持ち、母が賞状を持ち、並んで映る写真が飾られています。

真空ちゃんのお父様は亡くなっているようです。

らーめん、虎テツ。

真空がラーメンを啜り、厨房の男性が「はい、どうぞ」と真空に餃子を渡し、真空は礼を言いました。

真空の母が厨房から「大丈夫?ちゃんと食べてんの?」と真空に声を掛け、真空は厨房の男性に「母の事、よろしくお願いします」と言います。

男性は照れたように笑って「いやいや、こちらこそ」と言い、母は真空に「なによ、もう、どうしたの?」と聞き、真空は「ううん、別に」と言いながら、チャーシュー飯を掻き込むのでした。

お母様、再婚なさったのでしょうか?

母の店からの帰り道、急な雨に遭った真空は公園の砂場の屋根の下で雨宿りをします。

偶然の出会い

そこへ雨宿りに来た初老の男性が、雨が上がった空を見上げて「おーっ!」と声を上げました。

真空もその方角を見ると、見事な虹がかかっています。

「へぇ~、東京でもねぇ、へぇ~。見えるか、東京でも。虹はいいねぇ、綺麗だねぇ」と男性。

男性は笑い、そして「でも雨が降らないと、虹は見れないから」と言いました。

男性・霧ヶ谷桂(光石研9は首に掛けた身分証を見せながら、自分は虹ノ村役場で働いていて、村おこしの為に商品のアピールに来ていると言い、真空に自分の家の裏で採れたリンゴをを渡し、「見た目は悪いけど、味は普通」と言い、一人で笑い、一人で喋り倒して、嵐の様に去っていきました。

霧ヶ谷さん、悪い人ではなさそうです。

霧ヶ谷を見送った真空は貰った“虹ノ村”とシールが貼ってあるリンゴをかじり「普通」と呟き、もう一口食べるのでした。

公園のベンチで「虹ノ村」を検索する真空。

ダサッと笑いながらも「内科医募集中」住居提供ありの文字に目を留め、「内科 募集中」と呟き、霧ヶ谷の去った方を見て立ち上がり、スマホを見て、虹を見上げる真空。

「にじいろカルテ」の虹は虹ノ村でもあるのでしょうか?

ジブリのような・・・

乗り合いバスの中。

大荷物で乗り合いバスに揺られている真空。

車掌がアナウンスをしています。

バスは不思議な深い森の中を不思議な名前のバス停を通りながら進みました。

ちょっとジブリ的な感じもあります(笑)。

虹ノ村。

看護師の蒼山太陽(北村匠海)が「朔先生!」と畑仕事をしている外科医・浅黄朔(井浦新)を呼びに来ました。

「もう時間ですよ、遅れちゃいますよ」と言う太陽に「分かってるよ!うるせぇなぁ、そんなに急ぐことねぇだろうがぁ」と朔。

「大体な、こういうのは、遅れていった方が大物感があっていいの!」と言う朔に太陽は「あの、そういうこと思ってる時点で小物なんですけど」と言い「あぁ?なんか言ったかぁい?」と朔。

「言いました!もう一回言いますか!」と言う太陽に「ああ、いいよいいよ、そういうことね、はいはいはいはい」と言いながら来る作業着に麦わら帽子姿の朔。

「なぁに、ボケっとしてんだ、ほら、行くぞ~!遅れちまうぞ~!」と太陽の肩を叩き、走っていく朔を「はぁ?!」と見送る太陽。

朔さんと太陽くん、楽しくなりそうな予感です。

真空の乗ったバスは終点の「虹ノ折返所」に着きます。

サプライズで大歓迎

真空がバスを降りると、そこにはぽつんと「にじいろ商店」があり、小さい女の子が物陰から真空を見て、手招きをしました。

女の子は「にじいろ商店」の入口を開けて、真空を手招きすると店の中に姿を消します。

戸惑いながらも、真空が「にじいろ商店」の扉を開けると、真空の歓迎会。

子供たちが真空を歓迎する横断幕の前でコーラスを披露し、集まった村の人々が拍手で迎えています。

村の人々は手に手に真空を歓迎するうちわやプラカード、横断幕を持っていました。

コーラスが終わり、霧ヶ谷が「紅野真空先生、ようこそ!」と声を上げます。

「ありがとうございます」と言う真空に霧ヶ谷は早口に感謝の言葉を並べ、コーラスの指揮をしていた霧ヶ谷の妻・氷月(西田尚美)を紹介しました。

想像以上に幼く見える真空に不安げに囁き合う高齢の緑川日出夫(泉谷しげる)、白倉博(モト冬樹)、筑紫次郎(半海一晃)。

「可愛い~!」と満面の笑みで真空に近付いてくる橙田雪乃(安達祐実)。

長々と演説を始めそうな霧ヶ谷を押し退けて、虹ノ村役場の緑川嵐(水野美紀)が自分が診療所の窓口なので何かあったら自分にと挨拶をします。

そして娘の日向(中野翠咲)を紹介する嵐。

そこへ朔と太陽が到着。

「遅いよ~」と嵐に言われた朔は太陽を指さし「こいつがチンタラチンタラしてんだもん」と言い、太陽と朔で「はぁ~っ?!」と言い、嵐に「もういい、わかった。先生来てるんだから。早く自己紹介して」と言われて、朔は真空を見て、一瞬意外そうな反応をした後、真空と握手をして、腕を掴み「よく来たなぁ。待ってたよ」と言います。

真空は「内科医の紅野と申します」と挨拶し、朔は「外科医の浅黄だ、宜しくな」と言い、「で、ついでに、こいつは看護師の蒼山」と太陽を紹介しました。

太陽は真空に「どうも、お願いします」と挨拶し、真空は「みなさん、よろしくお願いします」と頭を下げるのでした。

雪乃がニコニコと真空に歩み寄り「宜しくね、私、この店の看板娘なんだって。人妻らしいけど見えないでしょ?でも、そうらしいの」と言い、真空は「らしい」と繰り返します。

雪乃の夫・橙田晴信(眞島秀和)が「村では店はここだけだから」と言い、真空が「コンビニとかは?」と言うと村人は「ない、ない」と失笑しました。

「面白い」と真空が言い、雪乃は「遊びに来てね。来ることになるんだけど、ここしかないらしいから、買い物」と言い、晴信が「まあ、そういうこと」と。

太陽が「じゃあ、そろそろ診療所の方、向かいましょうかね」と言い、朔、太陽、真空は診療所へ向かいます。

気は良いようですが、個性的な村人さんたちですね~。

 

素敵すぎるシェアハウス

虹ノ村診療所。

綺麗に手入れされた庭に瀟洒な洋館風の可愛らしい診療所。

門の前で診療所を見て立ち尽くす真空。

「何これ。ここですか?ここが診療所で、私が住むのもここなんですか?そうなんですか?」と真空。

「え?ああ、ああ」と朔。

「そうですけど」と太陽が言い、「嫌だったか、こんなボロい家。話が違うとか、そういうあれか?」と聞く朔に真空は「素敵・・・。え~、やだ、最高、どうしよう。え、どうしよう、え、中見たい」と言います。

これ、昔の学校だ!スゴイ!とテンションが上がりまくる真空。

太陽は真空を、待合スペース、太陽のいるスペース、内科の診療室、外科の診療室、トイレ、共同スペース、キッチンダイニングと順番に案内し、共同スペースに顔を出した朔が、ここは俺が作ったと自慢げに話します。

3階の梯子を昇った一番上の真空の部屋、そして真空の寝る3階から梯子を昇った屋根裏スペースと太陽は真空を案内します。

屋根裏スペースを見た真空は太陽に少し一人にしてくれるように頼みました。

屋根裏スペースで歓喜の声を上げ、枕を抱いてゴロゴロと転がる真空。

共同スペースに戻った太陽が珈琲を入れている朔に「お気に召していただいたようで」と報告すると朔は「だろうな。上も俺が改装したって勿論言ったよな?」と聞き、太陽が「いえ」と答えると、朔はサングラスを外して立ち上がり「なんで、言わねぇんだよ!」と太陽に食ってかかりました。

太陽も負けじと「自分で言えばいいじゃないですか?!」「いやらしだろ、それは!」「人に言わせるほうがいやらしいですよ!!」と言うと、朔は太陽から離れ「そうかなぁ」と「そうかなぁ、言ってることが無茶苦茶だよ」と力なく呟くのでした。

強く出て負ける・・・朔さんのパターンのようですね(笑)。

屋根裏部屋に敷いた布団でタオルケットに包まり「う~ん、参った。ここにいたいなぁ~」と呟く真空。

真空の回想。

東京の真空の部屋。

暗い部屋でパソコンに向かう真空。

虹ノ村の応募書類の「現在の健康状態」の欄に「異常なし」と書き込み「嘘だしなぁ、でもなぁ」と悩みながらも送信ボタンを押す真空。

「虹か、ごめんなさい。お願いします」と布団に潜り込んだ真空の耳にメールの着信音が響き、パソコンのメールを開くと虹ノ村役場から「採用です!おめでとう!」というメールが届いていました。

パソコンの画面を見つめ、笑顔になり、「はやっ」と呟く真空。

真空ちゃん、それはマズイです。

雪乃(安達祐実)はなにか病気?

にじいろ商店。

子供たち、村人が続々と帰っていきます。

氷月は、良い先生が来てくれたと喜び、真空くらいの子が私たちにいても可笑しくないと霧ヶ谷に言うのでした。

人がいなくなった「にじいろ商店」で晴信が「ねえ、雪乃。カツ煮も出来てるからさ、お願いしていい?」と言い、返事がない雪乃を探します。

ふらふらと店の外へ出て「雪乃~っ!!」と叫ぶ晴信。

入口の看板を書き換えていた雪乃が「はい。何?」と答えました。

「どうしたの?寂しがり屋さんか」と笑いながら看板の続きを書く雪乃に歩み寄る晴信。

雪乃さんは何かの病気なのでしょうか?

ぎこちない会話

虹ノ村診療所。

共同スペースでコーヒーを飲む、真空、太陽、朔。

太陽が資料を真空に渡し、村について説明しようとします。

「ねぇねぇ、終わった?」と朔が言い、「はっ?今からです。これからです」と太陽。

「なんで?なんで、ここに?」と真空に尋ねる朔。

真空は「ああ」と言い、太陽が「あとで資料、送っときます」と言います。

「えーと」と言う真空に「ああ、田舎暮らし、最高!素敵~!みたいな、憧れとかさ。それか、それか、あ、無医村で頑張る先生!になりたい!みたいな、それ?それ?」と言う朔に真空は笑いながら、「はい、はい、そうです、はい」と答えました。

朔が太陽を示し「ちなみにこいつは何でかって言うと、お母さんが・・・」と言いかけると太陽は「ちょっと待ってくださいよ。え?なんで俺の事、あなたが言うんですか?」

「いいだろ、別に」「いや、良くないです。いや、良くないですし、あの、お母さん、関係ないです」「いや、あ、そうだっけ?俺、お前の事、大体知ってるよ。じゃあさ、俺のこと、お前言っていいから。な、だって、お前、俺のこと、大体知って・・・」

「知らないし、本当の事言ってるかも分からないですし、大して興味を持ってないです」「持ってよ。もっと俺に」と朔は言い、笑っている真空に「ねぇ」と同意を求めます。

ハッキリした子です、太陽くん。

そして朔は太陽に「わかった。じゃあ、この際ハッキリさせとくよ。医師と看護師の関係って一体・・・」「勘弁してくださいよ!どうせ、看護師は女房役とか思ってるんでしょ?」という太陽の言葉に朔は頷きます。

「いや、それとか自分たちはピッチャーで、看護師はキャッチャーみたいなさ。冗談じゃねぇよ!!言いたいこと目見れば分かるとか、そんなのないですし。あとお断りします。俺は、あんたの女房役じゃない!アイコンタクトお断り。必要なことは言葉、言葉で言ってください!」と太陽。

「だって、俺、無口な外科医だし」と言う朔に「誰が無口なんだよお!!」と太陽。

可愛い顔して過激な太陽くん・・・。まぁ、朔さんも朔さんだけど・・・。

笑いを堪えていた真空が「はい」と手を挙げ「アイコンタクトお断り。了解です。あ、おっしゃることは納得しました」と言い、「ありがとうございます」と穏やかに言う太陽。

泣いている朔。

「僕は、私は、あ、俺は、えっと、全部自分でやりたいタイプなんです。仕事を。誰かと共有するんじゃなくて、あ、自分に自信があるからなんですけど、仕事の。それが出来ると思って、ここに来ました」と太陽が話している間に立ち上がり、太陽たちに背を向けてオリーブを食べる朔。

泣いた振りですか、朔さん(笑)。

「素敵です」と真空が言い「真面目かよ」と朔。

「いや、真面目ですよ。ふざけた理由で来ませんよ、あなたみたいに。この人は医者とかじゃなくて、なんかもう田舎暮らしとか、畑とかやりたくて来たんです、それだけの理由で!」と太陽が言うと「まあ、そういうことにしとくか」と朔。

「自分で言ったんでしょうが!」と言う太陽に「真面目だなぁ。真面目過ぎるよ。太陽くん。いいか、患者さんもそうだけど、語る言葉っていうのは、全てが真実とは限らないぞ。分かるか?」と朔が言い、「分かりますけど」と太陽が言い、朔が「ま、人の道はそれぞれだし、理由なんてなんだっていいか」と言います。

太陽は「自分で質問したんでしょ?」と呆れますが、朔は気に留めずに「あ、そうそう、なんかさ、月1回東京に戻らないとならないんだって?なんで?」と真空に聞きました。

真空は言葉に詰まりますが、「あの、えー、母親が一人で、あの、介護とか色々、すみません」と答えます。

「大変だな」と言う朔に「全然、すみません」と言う真空。

朔は自分たちで出来ることは何でもすると言うのでした。

男と女だけど?

そこへ日向が来ます。

扉を少し開けて覗いている日向ちゃん、めちゃくちゃ可愛いです♪

裏口から元気よく嵐が入ってきて驚く3人。

男2人と暮らすことになる真空を心配して来たと言う嵐。

嵐に「男と女的なことはないか?」と聞かれた真空は朔と太陽を改めて見て、「全然、大丈夫です」と答えます。

「喋ると結構残念な感じだもんね、2人とも」という嵐に「はい」と答える真空。

落ち込む朔と太陽。

真空ちゃんもハッキリした人のようです。

日向を抱き上げた嵐が真空に「行こうか!」と声を掛けました。

にじいろ商店。

「本日貸切」の看板。

次郎と日出夫がにじいろ商店を訪れ、博は一人、酒瓶を持ち、橋の上を歩いています。

「絶対みんな喜ぶぞ」と言いながら、酒瓶から酒をラッパ飲みする博。

ご機嫌で山道を歩いていた博は躓き、「イノシシ出没注意」の看板にぶつかり、崖下に転落してしまったようです。

え~!大変!!

 

再びのサプライズ!?

その頃、真空は「なんなんですか、診察の準備とかいろいろあるし」と言いながら、日向を連れて、朔と太陽と一緒に嵐を追って、外を走っていました。

嵐が「今日だけ、今日だけね」と言い、一行は「にじいろ商店」に着きます。

店の前で「先生に開けて貰おうかね」と嵐が言い、真空が店の入口を開けると、霧ヶ谷たちが笑顔でクラッカーを鳴らし、真空は入口を閉めてしまいました。

驚く店内の人々。

「みんながこっち向いて、笑顔で怖い・・・」と真空。

太陽が「あの・・・サプライズっていうかさ」と言い、「え?また?」と真空。

「おしっこしたい」と日向が言い出し、店に押し込まれ、クラッカーを浴び、タスキをかけられ、王冠を被せられる真空。

ご馳走を前に盛り上がる村人たちを見ながら肩を寄せ合う太陽に朔は「なんかさ、俺らのときとだい~ぶ違わない、これ?」と言い、太陽は「ですよね、俺の時なんか本当に微妙で、『看護師、男なの?はぁ?』みたいな。何回も言われました」と言い、「言われてた、言われてた」と爆笑する朔に、「可笑しくないですから。笑いすぎですよ」と太陽。

談笑する村人の中で一人、携帯で何処かに電話を掛けている日出夫。

「おかしいなぁ。博が来ねぇんだよ。どうしちゃったのかなぁ。畑見るって帰っただけなのによ」と日出夫。

いっくら電話しても出ないと日出夫が言った時、激しい雷鳴と稲光が皆を襲い、店が真っ暗になりました。

雨の中、放り出されて鳴っている博の携帯電話。

下半身が川に浸かった博が雨に打たれながら、岩にしがみついています。

大変!早く助けないと・・・。

にじいろ商店。

電話を切り、博の家の近所の息子に博の家を見に行って貰ったが、博はいなかったと皆に報告する日出夫。

「忘れてどっかに行っちゃったとか?」という嵐に、日出夫は博がただ酒を飲みにこないことなど有り得ないと言い切り、晴信も「そうだね」と言うのでした。

いきな事故が

お互いを懐中電灯で照らし合いながら会話をする村人たち。

橋の上をまじょりか宅急便の雨尾結城(池田良)が自転車で通り掛かり、日出夫が鳴らす博の携帯の音に気付きます。

にじいろ商店で朔と博を探しに行く準備をしている太陽のスマホに、まじょりか宅急便の結城から電話が入りました。

電話に出た太陽が「え?博さん?ああ、はいはい、分かりました、はい」と言い、皆に「あの、崖の下に落ちちゃったみたい」と言います。

朔が電話を代わり、状況を聞き出し、「右足?出血は?意識ないのかよ?!体温低いらしい」と真空に電話を代わり、真空が状態を聞き「ありがとうございます。直ぐ行くんで」と言って電話を切り、位置情報がスマホに届くと告げ、自分も合羽を借りて準備を始めました。

位置情報が届き、朔、太陽、真空、半ば皆に無理やり行かされた霧ヶ谷で現場に向かいます。

村人に診療所の準備(暖房やお湯など)を頼む朔と真空。

現場に着き、まじょたくの自転車を見つけ、大声で「まじゃたく」を呼ぶ朔。

「ここ、ここ、こっち!」と崖の下から懐中電灯を振る結城。

河原に横たわる博を病院へ運ぶ朔たち。

診療所では真っ暗な中で村人たちが右往左往しながら、朔と真空に頼まれた準備をしています。

霧ヶ谷は結城に感謝し、真空が結城に「素晴らしい処置でした」と言うと、結城は笑顔で「研修受けてたんで」と答えました。

素晴らしい!まじょりか宅急便!!いえ、結城くん!

診療所に博を運び込み、低体温の治療を始める真空。

朔は博の傷の縫合を始め、日出夫たちは発電機を取りに集会場へ。

そんな時、嵐の携帯に「ヒトシくんという7歳の男の子がお風呂で気を失っていた」という祖母からの電話が入ります。

真空に状況と告げ、ヒトシの両親は東京で働いていて足の悪い祖母と二人暮らしだと言う嵐に「わかりました。直ぐ行きます」と真空。

朔に「朔先生、ちょっと出ます」と告げ、一緒に行くと言う太陽は朔の元へ残して、真空はヒトシの元へ向かいます。

真空がヒトシの元へ着き、「お風呂で寝てしまった」と祖母が言うヒトシの熱を測ると40度でした。

真空は「熱中症確定です」「身体を温めたくない」と裸のヒロシを抱いて、診療所に急ぎます。

縫合する朔の元へ工事用の照明を持って現れる日出夫から感謝して照明を受け取る太陽。

廊下から日出夫は博に昔、博の彼女を何度も横恋慕したことを詫びるのでした。

スマホに出た太陽が「マジか?はい。わかりました」と言い、「どうした?」と聞く朔に「熱中症です」と言うと「内科の部屋、冷やします」と朔の元を離れます。

太陽は朔の元へ博の身体を温めるタオルケットを運び、真空の元へヒトシの身体を冷やす氷の袋を運び、村人たちが次々と氷を運んできていました。

流石の動きです、太陽くん。

氷月がヒトシが寒そうに震えていると心配しますが、真空は「身体を冷やさないと危険」だと言い、不安がる氷月に「信じてください」と言い、「はい」と答える氷月。

一夜明けて、博の容態もヒトシの容態も無事、安定しました。

良かったです~!!

突然の告白

待合スペースで眠っている村人たちに気を使い、小声で喜んでいた真空たちでしたが、朔に誘われて円陣を組み、喜びを爆発させます。

その声で起きた村人たちも駆け付け、喜びを爆発させ、互いの健闘を称えるのでした。

日出夫に揺り起こされた博は一言「俺の酒、どうした?」と言い、皆は嬉しそうに笑います。

そこへ「にじいろ商店」の晴信と雪乃が朝食を持って現れ、喜びの輪に加わりました。

その様子を見ていて、泣き出す真空。

そんな真空に霧ヶ谷が気が付き、皆に知らせ、皆が泣いている真空を見ました。

「ごめんなさい」と真空は言い、「どうしたの?」と心配して近寄る朔たちに「私、嘘をついてました」と真空は言います。

「ごめんなさい。私は、病気を持っています。抱えて生きています。多発性筋炎という難病で、今の医学では完治する手立てはありません。症状が進行していくと日常生活が送れなくなることがあります。免疫が落ちていくにつれて、肺炎とか合併症とかを起こして亡くなってしまう可能性がある病気です。5年生存率は60%から80%ぐらいで。なので、月に一度、東京に戻らなきゃいけないって、母の介護でって言ったんですけど、嘘でした。私の検査で。すみませんでした」と涙ながらに語り、深々と頭を下げる真空。

「ずっと、ずっとお伝えしなきゃって思ってたんですけど、採用取り消されたらどうしようと思って、言えなくて、ごめんなさい」と泣く真空。

皆の視線を浴び「あ、いやいやいやいや、そんな・・・」と霧ヶ谷。

「でも、私、働きたくて。なので、ここに居てはいけませんか?ここで生きていてはいけませんか?私もう、ここしか居場所がないんです。お願いします」と更に深々と頭を下げる真空。

皆が霧ヶ谷を見、頷く霧ヶ谷。

朔が「いいんじゃねぇの。医者で患者か。最強じゃん、なぁ!」と言い、「ですね」と笑顔で太陽が言いました。

「いやいやいやいや、マジない。それない。これは、返事するのは、この私だって言うかさ」とごちゃごちゃ言う霧ヶ谷に朔は「ああ、そうか、失礼」と軽く言い、「軽っ、軽っ、軽っ」と言う霧ヶ谷に皆は「どうなの?」「早く」「はっきりしなさいよ」と言います。

「問題ないに決まってんじゃん、そんなの!」と霧ヶ谷。

「いいんですか?私、ここにいていいんですか?」と泣きながら聞く真空に「居ていいんですがとかじゃなくて、居てください!!」と霧ヶ谷が言い、号泣する真空。

「てっきり医師免許持ってねぇのかと思った」と真空に言う日出夫。

みんな、口々に軽口を叩き、場の空気を盛り上げ、真空を輪の中で招き入れるのでした。

待合スペースで眠っていた日向が目を覚まし、窓から外を見て微笑み、入口の扉を開けて外へ出ます。

皆が続いて雨上がりの戸外に出ると空に見事な虹が掛かっていました。

素敵な居場所が見つかってよかったです!

霧ヶ谷さんの言う通り、虹が繋いだ縁ですね。

にじいろ商店のなんとなく挙動不審な雪乃さんのことも、真空の病気も気になります。
井浦新さんと北村匠海さんのイメージが違う役柄もとてもツボです~(笑)。

 

にじいろカルテにのキャスト一覧!

オーマイボスネタバレ!原作あらすじ脚本家キャスト【恋は別冊で】

紅野真空:高畑充希

東京から山奥深くの虹ノ村にやってきた内科医。救急外来もある大病院で忙しい毎日を送っていたが、ある日突然、“ある病”が発覚。だけど、医者だからってお金もないし、仕事も続けたいし…と困った彼女は、偶然知った、山奥の小さな村の医師募集に、病を隠して応募したところ、即採用! 同じく東京からやってきた、外科医・朔と看護師・太陽と共同生活を送りながら、虹ノ村診療所で新生活をスタートさせる。
村のじじばばの長い話にも付き合い、色とりどりの色鉛筆で手書きのカルテを作る頑張り屋の医師という一面もあるが、プライベートでは家事能力が絶望的に低く、部屋も散らかり放題で、料理のセンスもゼロ。特に、野菜の切り方は凄惨。へこんだら泣き、嬉しい時はキャッキャ喜び、イラっとしたら思いっきり顔に出す。
医者でありながら患者…という自らの新しい人生と向き合いながらも、徐々に虹ノ村にとって、なくてはならない愛される存在へと成長してゆく。

引用元:公式サイト

 

浅黄朔:井浦新

虹ノ村にやってきた外科医。3人の中では最も古株で、ツナギにサングラスという医者らしからぬ風体で「本業は農家、副業が外科医」と主張している。
自由奔放で天真爛漫な性格で、内科で忙しく働く真空の横で、勤務中にもかかわらず患者と将棋を指すなどのびのび過ごしている。ドラマを見るのも大好き。虹ノ村診療所は朔のDIYにより改築された部分も多く、その手柄をアピールしたり、はたまた毎朝の自分の畑仕事の苦労をアピールしたり、思ったことをそのままいうような、若干めんどくさい絡みが多いため、真空と太陽から「基本的に人としてむかつく」と言われる。
いつもふざけた言動が多いため、なぜこの村にやってきたのか本当の理由は謎。医療現場での経験は豊富であり、緊急事態では真空と太陽を引っ張ってくれる。人を良く見ており、心根は優しい、頼れる存在。

引用元:公式サイト

 

蒼山太陽: 北村匠海

虹ノ村にやってきた看護師。虹ノ村のいじられキャラで、前髪はぱっつんスタイル。看護師としてのプライドもきちんとあり、仕事ぶりは超絶優秀で、なんなら優等生すぎてちょっとつまらないタイプ。たまにギャグを言うと激しくスベる。いつも肩から電子カルテをぶらさげている。
真面目で面倒見が良く、世話好き。家事全般は得意で、料理もソツなくこなし、実はかわいいイラストも書けちゃうタイプだが、「男のくせに」と言われたり「看護師は女房役」と扱われるのが嫌。
フリーダムでワガママな朔とは犬猿の仲で、すぐキレて喧嘩になりがちだが、ぶつくさ文句をいいつつも、なんだかんだ良いコンビ。真空の事は、内心ちょっと可愛いと思っている。

引用元:公式サイト

 

橙田雪乃:安達祐実

村唯一の商店兼食堂「にじいろ商店」の看板娘。かつて虹ノ村ミスコンで4連覇を果たしたほどの人気者で、村のマドンナ的存在。夫である晴信といつもペアルックのボーダー柄で現れるなど、度を超えたイチャつきっぷりを見せるが、実は“認知症”を患っており、何か月に一度、すべての記憶がリセットされてしまう人生を送る。

引用元:公式サイト

 

橙田晴信:眞島秀和

雪乃の夫で「にじいろ商店」の店主。村唯一の食堂なのに、カツ丼1品しか出てこないのが特徴。雪乃のことが好きすぎていつもデレデレしており、彼女の写真を撮影するのが趣味。毎度自分を忘れてしまう妻に、毎度プロポーズを繰り返している。

引用元:公式サイト

 

緑川嵐:水野美紀

村役場でバリバリ働くキャリアウーマン。嘘のない奔放な性格で、歯に衣着せぬ物言いも多く、年配者であるじじーずにも一切容赦がない。虹ノ村を盛り上げるべく、若干空回り気味に日々邁進中。医者募集を出したのも彼女だが、手掛けるHPがどうにもダサい。ある日突然夫に逃げられ、シングルマザーとして娘の日向を育て、義父の日出夫と3人家族で暮らしている。

引用元:公式サイト

霧ケ谷桂: 光石研

村役場の職員。真空を虹ノ村に連れてきた張本人。おしゃべりで、よく笑う、村のムードメーカー的な存在。部下である嵐にはよく激しく突っ込まれたり叩かれたりで、戦々恐々としている。虹ノ村の素晴らしさを日本中に伝えるため、リンゴや冬瓜を東京に売り込みに行ったりしているが、あんまりうまくいかない。憧れの番組「ぽつんと診療所」を村に呼ぶのが夢。

引用元:公式サイト

 

霧ケ谷氷月:西田尚美

緑川日出夫:泉谷しげる

緑川日向:中野翠咲

白倉博:モト冬樹

筑紫次郎:半海一晃

桃井佐和子:水野久美

雨尾結城:池田良

 

にじいろカルテの漫画が原作?ネタバレあらすじまとめ

天国と地獄サイコな2人ネタバレ!原作あらすじ脚本家キャスト

「にじいろカルテ」は 岡田惠和さん脚本のオリジナルドラマですが、同時に漫画も配信されます!

漫画でもドラマを楽しめるので、ぜひぜひ気になった人はrentaをチェックしてみてください。

高畑充希さんはポンコツで人間くさい主人公の真空を演じ、医療ドラマだけど医療シーンが少ない為、気軽に見れる内容となっているとのことです。

ツイッターでも話題で、テレビ朝日の新たな人気番組になるのでは??と個人的に予想しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる