猿渡慶太の意味の広東語がいじめって考えすぎ?カネ恋で様々な憶測

三浦春馬(みうらはるま)さんの遺作となったTBS火曜ドラマ「カネ恋」こと「お金の切れ目が恋の始まり」がスタートしました。

笑顔の素敵な三浦春馬さんの姿を見ることが出来て、第1話からとっても評判の良かった「カネ恋」!

しかし、三浦春馬さん演じる猿渡慶太(さるわたりけいた)という役名の広東語での意味がヒドイとツイッターで話題になっているようです(・_・;)

さらに、三浦春馬さんにパワハラやいじめがあったのでは?という噂も・・・

いじめやパワハラって、何やらこじつけのような気もするのですが、「カネ恋」がスタートしたことでドラマの設定に様々な憶測が上がっているんです。

今回は「お金の切れ目が恋の始まり」で三浦春馬さん演じる猿渡慶太の役名の広東語の意味や、ドラマの設定への憶測の声をご紹介します。

Paraviで動画見逃しを無料視聴する方法はこちら【パラビ】

▲今なら「カネ恋」の見逃し配信とオリジナルストーリー『恋の切れ目がおカネのはじまり?』・三浦春馬さん初主演ドラマ『ブラッディ・マンデイ』配信動画を2週間はparaviで完全無料で見放題で視聴できます▲

また三浦春馬さん出演の「恋空」「こんな夜更けにバナナかよ」「君に届け」「ツーリスト」なども視聴可能です。

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

また猿渡のペットのロボットが分割で購入可能です♪

LOVOT https://lovot.life/

目次

猿渡慶太の意味が広東語で「いじめ」って考えすぎ?

猿彦【サルー】ロボットの値段や購入方法!カネ恋でアニメ化も話題

まずは三浦春馬さんが演じる「猿渡慶太」の役どころをご紹介します!

金銭感覚が崩壊した「浪費男子」。
モンキーパスの御曹司。「欲しい」が多すぎる男。幼い頃から欲しいものは何でも母親から買ってもらえる環境にあったため、予算、収支という概念がない。でも本人には、悪意がなく、分け隔てなく愛を注ぐので、人懐っこく、甘え上手で、人に愛される。モノと同じで恋愛でも、次々と新しい子に恋をするため、日々、修羅場に巻き込まれるが、本人は能天気である。
玲子と出会い、金銭感覚を繕われているうちに人間として成長していく。

引用元:公式サイト

おもちゃメーカーの御曹司でありながら、浪費癖が激しい・・・という役どころ。

主人公の玲子(松岡茉優)と出会って、おカネについて学んでいくことで徐々に成長していくというストーリーになっています(^^♪

そんな三浦春馬さん演じる「慶太」という名前についてこのような声が上がっているんです。

「慶太」という名前が、中国の広東語では「変態」を意味しているというもの。

三浦春馬さんは中国語を学んでいたことも有るので、この役柄の意味を知っていたのでは?

そうであれば本人としてはかなりショックだったのかも・・・

など亡くなった三浦春馬さんの心情を慮る声がネット上では上がっています。

実際にアイドルグループ「W-inds」のボーカル橘慶太さんは、中国で活動するにあたって名前を「KEITA」に改めたという噂も。

中国語で「ヘンタイ」と発音するのは間違いなさそうですが、ここは日本なので、個人的には考えすぎなような気がするのですが(^^;)

そして名字の「猿渡」についてもこんな声が上がっています。

「猿」という漢字には「猿真似」「猿芝居」など、相手を低く見るような意味合いの言葉がいくつかあります。

そう言った点から、名字の「猿渡」も役名としてどうなのか?という声もチラホラ・・・

しかし、世の中に猿渡さんや慶太さんという名前の方はたくさんいます。

三浦春馬さんの役名に対しての憶測に関してはこんな意見も!

確かに日本人に多くある名前に対して、このような声を上げるのは、逆に失礼な話ですよね。

三浦春馬さんが亡くなったため役名を気にしてしまう気持ちも分かりますが、このことをもって「いじめでは?」と判断するのは個人的に、やっぱり考えすぎで、こじつけのような気がします(~_~;)

 

 

猿渡慶太を演じる三浦春馬にパワハラが?カネ恋で様々な憶測

カネ恋聖徳まりあ役は星蘭ひとみ!元カノ役は宝塚女優

もう一つ猿渡慶太を演じる三浦春馬さんに対する憶測の声があります。

それは、演出家からパワハラを受けていたのではないか!というもの。

「カネ恋」の演出家の方は、かつて三浦春馬さんが主演したTBSドラマ「ブラッディ・マンデイ」でも演出を務めていました。

その当時三浦春馬さんは演出家からこんなことを言われたという噂があります。

「お前は猿に似てるから」

そう言って、三浦春馬さんにブカブカのジャンパーをかぶせて笑ったんだとか(/ω\)

真偽のほどは不明ですが、言った本人は悪意はなくとも、受け手側は傷つきそうな一言です。

そして、久しぶりにその演出家と一緒に仕事にすることになり、もらった役の名前が「猿渡」だった!

こうまで話がつながると、今回もパワハラがあったのでは?

と疑いたくなるものですが、こちらに関してもはっきりとした根拠は無いので考えすぎなような気がしますね(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

猿渡慶太のネタバレは?カネ恋で様々な憶測が!

カネ恋で民宿の家のロケ地!会社など撮影場所まとめ

三浦春馬さん演じる猿渡慶太に関して様々な憶測が上がる「カネ恋」!

第1話の放送を見た率直な感想は・・・

三浦春馬さんの笑顔が素晴らしかったという事です(*^▽^*)

もうこの笑顔がドラマ映画で見られないと思うと悲しい気持ちにもなりますが・・・

最後の演技がお蔵入りにならずに、放送されたことはファンならずとも嬉しい限りですよね。

ツイッターでも三浦春馬さんの演技には絶賛の嵐でした。

そして星蘭ひとみさん演じる元カノに上目遣いで迫るシーンはキュンキュンしちゃいましたね(^_-)-☆

そんな猿渡の役柄ネタバレです。

金銭感覚が崩壊した「浪費男子」。
モンキーパスの御曹司。「欲しい」が多すぎる男。幼い頃から欲しいものは何でも母親から買ってもらえる環境にあったため、予算、収支という概念がない。

でも本人には、悪意がなく、分け隔てなく愛を注ぐので、人懐っこく、甘え上手で、人に愛される。モノと同じで恋愛でも、次々と新しい子に恋をするため、日々、修羅場に巻き込まれるが、本人は能天気である。
玲子と出会い、金銭感覚を繕われているうちに人間として成長していく。

母親に甘やかされたせいで浪費男子となってしまった猿渡慶太です。

まったくもって悪気はないのですが、ランチの時に、食べたいものを、食べきれないのに、いくつも買ってしまったり、海外出張でとんでもない金額の豪遊をカード支払いをしてしまったり・・・。

そんな浪費を治すために、父親に高級マンションを追い出され、経理部で修業をするように命じられます。

イライラしてしまうこともあるのですが、甘え上手で上目遣いでお願いごとされてしまうと、誰でも言うことを聞いてしまう可愛らしいキャラクターですね。

そんな猿渡のペットはなんと・・・同じ猿!?

猿彦【サルー】です。そう・・・ロボットです。

LOVOT https://lovot.life/

かわいいですよね。ペットの猿彦を持参して、玲子の実家に転がり込んだ猿渡。

猿渡は玲子と一緒に過ごすことでどう変化するのか??

実は「カネ恋」は撮影途中で三浦春馬さんが亡くなったことで、全8話予定が全4話の放送に短縮されました。

残り3話でどのような展開で描いていくのか、正直予想が難しいところですが(^_^;)

以下の記事で最終回の結末予想をしているので興味のある方は是非見てみてくださいね!

カネ恋最終回ネタバレ結末予想はどうなる?三浦春馬不在の終わり方は?

まとめ

カネ恋最終回はいつ?三浦春馬は何話まで登場で全何話?

今回は「お金の切れ目が恋の始まり」で三浦春馬さんが演じる猿渡慶太という役名に対する憶測について紹介しました。

慶太という名前が広東語で「変態」を意味すること、猿という文字を使った役名には悪意があっていじめでは?という声が多数上がっているようですが、個人的にはこじつけで考えすぎではないかと思います。

三浦春馬さんが亡くなったことで、そのような憶測の声が上がってしまうのかもしれませんが、あまり変な邪推はせずに純粋に三浦春馬さんの遺作のドラマを楽しみたいところですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる