ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 朝ドラなつぞら

なつぞら山口智子【あやみ】ネタバレはどこに行った?行方不明のその後

NHK連続テレビ小説「なつぞら【夏空】」でヒロインなつ(広瀬すず)はアニメーターを目指し、兄の咲太郎(岡田将生)のいる東京へと旅立ちます!

その咲太郎には、岸川亜矢美という親密にしている女性が・・・。

この岸川亜矢美(きしかわあやみ)を演じるのは山口智子さん♪

さて、咲太郎とはどのような間柄なのでしょうか?

恋人というには少し年の差がありそうですが・・・(^_^;)

今回は朝ドラ「なつぞら【夏空】」の岸川亜矢美(きしかわあやみ)についてネタバレさせていただきます!

さて、どんな人物なのでしょうか?

ネタバレです!

 

スポンサーリンク

 

なつぞらであやみを演じる山口智子のプロフィールは?

山口智子が元妻仁美役!BGでキムタクとのロンバケ共演にファン嬉しいの声!

山口智子さんといえば、やっぱり木村拓哉さんと共演した「ロングバケーション」を思い出しますよね~。でもそれ以外にも多くのヒット作に出演されています(^^)
さて、みなさんは山口智子さんが朝ドラでヒロインを演じたの、覚えてますか?

名前 山口智子(やまぐちともこ)
生年月日 1964年10月20日
身長 170cm
血液型 A型
趣味 映画鑑賞

引用元 https://www.ken-on.co.jp/artists/yamaguchi/

54歳になられた山口智子さん。ご主人はみなさんご存知かと思いますが同じ研音所属の俳優、唐沢寿明さんです(^^)

青山学院女子短期大学を卒業後の1986年、東レキャンペンガールとして芸能界デビューしました。

なので山口智子さんが22歳の頃でしょうね。モデルなどの仕事をしていましたが、1988年転機が訪れます。

それは朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の出演。しかもヒロインとして!

今回「なつぞら」ではこれまでの朝ドラの歴代ヒロインが続々出演していますが、またここに山口智子さんが加わります(^^)

「純ちゃんの応援歌」出演以降、続々とヒット作に出演。トップ女優として君臨していました。

「ダブルキッチン」「王様のレストラン」「29歳のクリスマス」などなど。。。若い方はご存知ないかもしれませんが(^_^;)どれも素晴らしい作品ばかりです。

明るく元気な山口智子さんの演技が光りましたよね。

そんな絶頂期の1995年に唐沢寿明さんとご結婚♪

そしてあの大ヒット作「ロングバケーション」が放送されたのが1996年。

その後女優としての活動はあまりされていませんでした。主婦業を楽しんでいたのでしょうか。

2004年の単発ドラマ「向田邦子の恋文」、2012年の「ゴーイングマイホーム」などたま~にお見掛けするくらいでしたが、ドキュメンタリー番組にはたまに出演されていたようです。

また2008年には「崖の上のポニョ」で声優として参加。昨年は「BG〜身辺警護人〜」にゲスト出演。木村拓哉さんの元妻というサプライズ登場で話題となりましたよね。

最近また少しずつ女優業が増えてきた山口智子さん。

さて、その山口智子さんが演じる岸川亜矢美とはどんな人物なのでしょうか?

なつぞらで出てくる岸川亜矢美ってどんな人物?

なつぞら煙カスミ役は戸田恵子はアンパンマン?出演作品一覧は?

岸川亜矢美(きしかわ あやみ) :山口智子

おでん店「風車」の女将。

伝説の劇場・ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡(ふうび)する。
引退後は新宿の路地裏に、おでん店「風車」を開き、女将として店を切り盛りする。
豪傑で明るい人柄にひかれ、多くの常連客が店を訪れる。

引用元 https://www.nhk.or.jp/natsuzora/cast/

スポンサーリンク

ムーランルージュといえば、なつ(広瀬すず)の兄、咲太郎(岡田将生)が孤児院を逃げ出した後働いていた劇場。

そこで亜矢美はダンサーをしていました。

「豪傑で明るい人柄」って、これまでの山口智子さんにイメージそのままって感じですよね。

そんな亜矢美を演じる山口智子さんのコメントがこちらです。

『純ちゃんの応援歌』からおよそ30年、私にとってすべての始まりであり、人生をはぐくんでくれた「朝ドラ」に再会できたことをとても感慨深く思っています。
私が演じる亜矢美は、ダンサーを引退した後おでん屋の女将をしていますが、彼女にとってはおでん屋のカウンターもステージで、人生はエンタテインメントです。
毎日を笑顔で輝かせて、誇りを持って生きる人物として演じていますので、楽しみにしていてください。

引用元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/314212.html

倒産してしまったムーランルージュを取り返そうとして、騙されて借金を作ってしまった咲太郎。

さて、咲太郎演じる岡田将生さん29歳と、亜矢美演じる54歳の山口智子さん、本当の親子くらいの年の差ですが、どのような関係なのでしょうか?

それでは今後の岸川亜矢美のネタバレをご紹介しましょう!

岸川亜矢美のネタバレは?

インハンド6話ゲストキャスト!陸上選手野桐はなつぞらの照男?

ネタバレです!!

東京に行くことになったなつ(広瀬すず)は、東京の川村屋で修行をすることになった小畑雪次郎(山田裕貴)と父親の小畑雪之助(安田顕)とともに上京。

上京したなつは、小畑親子を誘ってムーランルージュにいたこととのある歌手、煙カスミ(戸田恵子)に会いに行きます。

やっぱり咲太郎(岡田将生)のことはわからないというカスミ。ですがカスミは3人を「風車」というおでん店に連れていきます。

「風車」は岸川亜矢美(山口智子)のお店♪咲太郎が母親のように慕っている女性ですが、カスミはそのことは教えずに連れていきます。

そこで酔ってしまった雪之助、こんな嘘を亜矢美についてしまいます(^_^;)

なつは北海道で苦労して育ち、兄の借金の返済のために川村屋で働いている

酔っぱらったとはいえ、どうしてこんな嘘をつくんだ、雪之助よ・・・。

それから数日後、咲太郎が風車にやってきて、雪之助の嘘を真に受けた亜矢美が咲太郎に話します。

その夜咲太郎は川村屋に行き、なつを強引に連れ出します。

(あ、なつは東洋動画の就職試験までの間、川村屋の厨房で雑用係としてアルバイトさせてもらっているんです)

咲太郎がなつを連れて行った先は、亜矢美の待つ風車。

そこで咲太郎は亜矢美のことをこんなふうに紹介します。

俺の母ちゃんみたいなもんで、元ムーランルージュの踊り子だった人だ。

以前藤正親分が言ってましたよね~。ムーランルージュが潰れたとき、咲太郎は母のように慕っていた踊り子のために、ムーランルージュを買い戻そうとして騙されたって。

その踊り子が亜矢美だったのです。

そして咲太郎は、面倒は俺が見るから風車の2階で暮らせばいい、となつに言います。

すると亜矢美が「あんたは好きなことやってなさいよ。わたしが何とかするから」と言い出し、二人は言い争いに・・・(^_^;)

そんな二人の親密さに入り込めないと感じたなつは、ちょっと引いてしまいました。

そこでなつも反論。

二人してわたしをバカにしないでください!もう一人で生きられます。

そう言って飛び出したなつを咲太郎が追ってきて、川村屋のアパートまで送ってくれました。

そのアパートで咲太郎は、小畑親子からなつが大切に育てられてきたことを聞かされます。

そしてなつが上京した理由が、アニメーターになるためであると知った咲太郎は、応援するとなつに約束しました。

数日後信哉(工藤阿須加)が川村屋にやってきます。

なつや咲太郎の幼馴染で、十勝までなつを訪ねて来てくれた、あの超礼儀正しい青年です(^^)

信哉は苦労して大学を出、放送記者になっていました。

なつは信哉を連れて風車に行き、そこで亜矢美が咲太郎との出会いについて語ってくれました。

咲太郎は戦後の闇市で靴磨きをしていましたが、ほかの浮浪児たちから袋叩きにされていたところを助けたのが亜矢美。

咲太郎はなつのためを思って北海道に行かせましたが、やっぱり会いたくてたまらず、北海道に行くためのお金を作ろうとしていたのです。

亜矢美に助けられた咲太郎はステージで踊る亜矢美を見て、ムーランルージュで生きていく決心をしました。

亜矢美は咲太郎の存在が生きる希望となり、長いこと引き留めてしまったとなつに謝りますが、なつはこう返します。

わたしにも北海道に家族がいます。亜矢美さんが兄を支えてくれたことを否定したら、わたしも北海道の家族を否定することになってしまいます。

兄を助けてくれて本当にありがとうございました!

それからしばらくして、ある日サンドウィッチマンをしている咲太郎を見たなつは悲しくなってしまいます。

お兄ちゃんのやりたいことがわからない。ムーランルージュを復活させるのも自分のためではなく亜矢美さんのため。自分のために頑張って欲しい

いつも人のことを優先させてしまう咲太郎に、自分のために生きて欲しいとなつは思うのでした。

すると翌日亜矢美が、咲太郎が描いた絵を持ってなつの元を訪れます。

咲太郎は父親が遺した手紙と絵を持っているから何があっても大丈夫だ、と言っていた。父親の絵を思い出しながら描き、それを心の支えにしてきたといいます。

咲太郎が描いた絵は、父の描いた絵にそっくり・・・なつはその絵を見つめながら号泣(T_T)

多分ナレーションで父親という設定の内村光良さんも、号泣していることでしょう(笑)

夕方なつは咲太郎のところへ謝りに行きますが、咲太郎はなつの言う通りだ、と言います。自分のために生きてないやつは、人のことも助けられない、誰も救えない。。。と。

そんな咲太郎になつはこう言います。

お兄ちゃんはそこにいるだけで私の力。お父さんの手紙と同じだよ

こうして兄妹の距離がまた縮まったのでした。

やがて秋が訪れ、なつも東洋動画への採用が決定。

これまでいた川村屋の寮にはいられないので、なつは亜矢美に頼んで風車で咲太郎と一緒に暮らすことにしました。

現在公開されている原作はここまでです。

ということで、亜矢美と咲太郎の関係は親子でもなく恋人でもない・・・。恋愛感情ではない、もっと別な特別の間柄なのでしょう。

いわばなつとおじいちゃんの泰樹(草刈正雄)のような関係なのかもしれませんね。

ますます山口智子さん演じる亜矢美の登場が楽しみになってきました(^^)

追記!亜矢美が行方不明!その理由とは?閲覧注意

以下にあやみちゃんの行方不明になった理由とその後のネタバレを紹介します。

東京に出てきたなつが一緒に風車に暮らし始めて、3人で暮らしていました。なつのことも本当の娘のように接し、なんだか咲太郎とあやみちゃんはなつを見守る夫婦のような感じにも見えました。

そして、なつが結婚して出て行き、咲太郎は自分のことを頼って欲しいと言う理由で、密かに付き合っていた川村屋の光子と結婚!

これは視聴者はびっくりさせられたと思います(^_^;)

ネットでは「もう少し結婚までの過程を丁寧に描いて欲しかった。なんだか雑の結婚させた感じ」と言う意見もチラホラ。

確かに、いつのまに付き合っていたの!?と思う衝撃すぎる結婚報告でした。

2人の驚きの結婚を聞いて「知っていたよ。おめでとう!」一見は祝福していたようなあやみでしたが、咲太郎が結婚してしばらくして・・・こつぜんとあやみちゃんは姿を消してしまいました。

あやみは誰にも何も告げずに姿を消していました。

そして咲太郎はあやみの昔からの知り合いであるカスミから衝撃の事実を聞きます。

さいたろう「どうして!・・・俺は母ちゃんのために、何もしてやっちゃいけないんですか」

カスミ「あんたの結婚を喜んでいるからだろ!あやみちゃんが!」

カスミ「ずっとそういう気持ちを押し殺してさ・・・あんたの母親を演じてきたんじゃないか」

なんと!!!!あやみさんは咲太郎が好きだったのでした。その嫉妬心を隠す為消えてしまったんですね。そしてその後のネタバレです。

そんな亜矢美はどこに行ったのでしょうか?

もう姿を現さないとか・・・大丈夫です!姿を現しますよ。

でも、かなり後です。

その後なつは、妊娠して出産し、子どもも成長して、いなくなってからなんと7年後に登場します!

なんと北海道にいたんです!

しかもなつが訪れていた雪月に現れた亜矢美。

これまで亜矢美は、はやらないお店を見つけると強引に雇ってもらって、そこで歌って踊って店をはやらせると、次のお店に移るという生活を続けながら全国を回っていました。

亜矢美さん(>_<)大変な生活をしていたんですね。

亜矢美はなつに「あとひと稼ぎして目標の額に達したら、新宿に戻って返り咲くからそれまでおとなしく待っていて欲しい」と言う咲太郎への伝言を託されました。

そしてそのまま亜矢美はなんと雪月で働くことになりました。

その後原作では特に、亜矢美と咲太郎とのエピソードはないのですが、おそらくどこかで再会するシーンはドラマではあるかもしれませんが、2人の関係はそのままだと思います。

と言う訳で、あやみさんの結末はかなり切ないことになっています(>_<)

 

まとめ

なつぞら兄さいたろう役の岡田将生は結婚してる?出演ドラマは?

NHK連続テレビ小説「なつぞら」は十勝から東京へと舞台が変わります。

そこでなつが出会うのが、兄の咲太郎が母親のように慕う岸川亜矢美。

亜矢美は演じる山口智子さんのイメージそのままの、豪傑で明るい女性です♪

山口智子さんの元気な演技がまた見れそうですね!

朝ドラなつぞらの最近記事

  1. なつぞらち千夏の子役は粟野咲莉!ちはるの娘役で小なつが再登場

  2. なつぞらおじいちゃんは死ぬの?草刈正雄の最終回結末はどうなる?

  3. なつぞら立山久子役は伊藤修子!おっさんずラブのマイマイ?

  4. ミルコスまんが広場はカルピスまんが劇場がモデルで元ネタ?【なつぞら】

  5. なつぞらアルプスの少女ハイジが大草原の少女ソラのモデル?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP