ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

いだてんオープニングタイトルバック映像制作は山口晃と上田大樹!

2019年の新大河ドラマ「いだてん」がいよいよ始まります!

1964年東京オリンピックが実現するまでのストーリーを実在の人物である金栗四三さんと
田畑政治さんの2人を主役に描くドラマです。

主役キャスト俳優は中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが務めます。

毎回話題になる、大河ドラマのオープニング映像、タイトルバック。

正直、今回は放送開始前からあまり情報がないのですが、デザイン制作を担当した方がわかりました!

タイトルバック画担当は山口晃さん、タイトルバック制作上田大樹さんです。

今回は「いだてん」のオープニングタイトルバックのデザイン担当をされたお二人についてご紹介していきます!

ちなみに音楽担当については、以下にまとめてあります。

いだてんオープニング音楽は大友良英!あまちゃんでも担当

合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

いだてんオープニング画担当の山口晃とは?

いだてん題字タイトルポスターは横尾忠則が制作!東京五輪に関わりが?

オープニングタイトル映像の画の製作者は画家の山口晃さんです。

山口晃

1969 東京都生まれ、群馬県桐生市に育つ
1994 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 1996 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了

 

受賞歴
2013 自著『ヘンな日本美術史』(祥伝社)にて第12回小林秀雄賞

2001 第4回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞

パブリックアート
JR大分駅「九州鐵道驛中驛外圖」「島尽鐵道圖」

山梨県立富士山世界遺産センター 「冨士北麓参詣曼荼羅」

東京都健康長寿医療センター 「養育院幾星霜之圖」

平等院 養林庵書院(京都府) 襖絵奉納 「當卋早来迎、賽の河原、白道」

清安寺(岐阜県) 天井画 「五竜圖」

東京メトロ13号線 西早稲田駅「地下鐡道乃圖」

成田国際空港 第一旅客ターミナル南ウィング4階「成田国際空港―南ウィング盛況の圖」「成田国際空港―飛行機百珍圖」

大阪市交通局新庁舎 「大阪市電百珍圖」

静岡がんセンター 「階段遊楽圖」

科学技術館(東京) 「氣呑漫談」

引用元:http://mizuma-art.co.jp/artists/yamaguchi-akira/

天狗倶楽部は実在?いだてんで三島弥彦の野球愛好会とは?

伝統的な手法に、現代的なモチーフを混在させて造り出す作品はファンが多く、今回のタイトルバックを担当することになり、楽しみにしている方も多数のようです。

 

 

ってか、山口さん、すごいイケメン(*^。^*)

その活動は多岐に渡っています!

 

 

いだてんオープニング制作担当上田大樹とは?

 

スポンサーリンク

 

そしてオープニングの制作担当の上田大樹さんについてもご紹介です!

 

上田大樹
生年月日 1978年
出身: 富山県小矢部市

金栗四三のモデルは実在!いだてん中村勘九郎演じる主役の実話

上田さんは、テレビや映画のタイトルバック、舞台など演劇の劇中映像やPVなどを手がける映像ディレクターです。

2000年に「第22回ぴあフィルムフェスティバル」で準グランプリ受賞。

また2003年「第25回ぴあフィルムフェスティバル」でグランプリ受賞。

人気劇団の

ナイロン100℃

大人計画

阿佐ヶ谷スパイダース

劇団☆新感線

 

いだてん田畑政治のモデルは?実在で阿部サダヲ【新聞記者】は実話?

などの劇中映像を制作していることでも有名です。

PVに関しては

木村カエラ「リルラリルハ」

いきものがかり「いつだって僕らは」

NGT48「ナニカガイル」

 

など有名アーティストの作品を手掛けています。

ドラマや映画などなど多くの作品を手掛けています。

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】の最近記事

  1. いだてんピエール瀧の今後の登場予定はいつ?代役で対応可能?

  2. いだてんストックホルムオリンピックの実話ネタバレ!消えたランナー

  3. いだてん視聴率は低い?関西や過去大河と比較まとめ

  4. 嘉納治五郎とはオリンピックを牽引【大河いだてん】生涯とは?

  5. 天狗倶楽部は実在?いだてんで三島弥彦の野球愛好会とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP