わろてんかで藤吉は死ぬの?松坂桃李の病気などモデルの史実のネタバレは?

スポンサーリンク

わろてんかも「吉本興業」のモデルとなった北村笑店が軌道にのり、面白くなってきました。

そんななか、ヒロインてんの夫で松坂桃李さん演じる藤吉郎がなんと病気で倒れる自体に。

今後の藤吉はどうなるのでしょか?

朝ドラ「わろてんか」で藤吉のモデルになった吉本吉兵衛の実際のモデルの史実をもとに予想していきたいと思います。

今後のネタバレを含むので閲覧注意です!

 

 

わろてんかで藤吉が倒れる?来週16週のあらすじは?

昭和になりラジオ放送が始まった。時代の変化は北村笑店にも押し寄せ、落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)と万歳が今後の主流になると考える風太(濱田岳)の対立が大きくなっていた。そんな時、藤吉が突然脳卒中で倒れ入院するが、てん(葵わかな)の付きっ切りの看病の甲斐もあって藤吉は意識を取り戻した。ラジオ局が人気落語家・団吾(波岡一喜)を出演させようと画策するが、寄席の客が減ると考えた藤吉も風太も反対する。だが風太の万歳重視に反発する団吾は、ラジオ出演を強行しようととんでもない作戦に打って出る。

引用元:https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/16.html

最初はダメダメだった藤吉も最近では手腕を発揮、大活躍で北村笑店は東京進出など大きく展開していきます。

しかし、16週では藤吉が脳卒中で倒れてしまいます。

ヒロインてんの吉本せいの夫の吉本吉兵衛の実際の歴史はどうだったのかを踏まえて、今後のネタバレについてまとめていきます。

 

 

藤吉は死ぬの?史実ではどうなる?【閲覧注意】

 

スポンサーリンク

 

では、史実ではいったいどうなるのでしょうか?

いきなり本題に入りますが・・・大正13年の1924年に2月、モデルとなった吉兵衛は37歳の若さで亡くなります。

以下に吉兵衛の詳しい史実を説明しています。

これは、本当に若いですね~。

死因は急性心筋梗塞とも脳溢血とも言われているそうです。

ちなみに亡くなった場所については定かではなくて、新町の妾の家で息絶えたと言う説もあるそうです。

お妾さんの家って、時代ですね(^_^;)

そしててんのモデルとなったせいは、34歳の若さで未亡人となったことになります。

ちなみにドラマでも脳卒中で倒れた設定なので、似ていますね。

ただ、時代は亡くなったのは大正。

16週の時代設定は昭和。少し時代をずらしていますね。

しかしドラマでもおそらく史実に沿って大変残念ですが、藤吉は死んでしまうと思います。

藤吉が死んで、てんが1人で、また風太のサポートのもと奮闘するところが、これからの面白いところだと思うので。

イケメンキャストが1人朝ドラから消えてしまうのは、非常に残念ですが、16週の終わりか17週の始め辺りに死んでしまうのかな??と思います。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です