わろてんかつばきのモデルは笠置シヅ子?隼也との壮絶な恋愛ストーリーの予感?

スポンサーリンク

新キャストも加わり新しい展開を迎えた「わろてんか」。

てん(葵わかな)の息子でアメリカ遊学から戻った隼也には成田凌(なりたりょう)さん。

そしてリリコ(広瀬アリス)の相方となった川上四郎に松尾諭(まつおさとる)さんが新たに加わりました。

さらにまだ登場していませんが、もう一人加わりそうです。

そのもうひとりが、なんと隼也の恋人となりそうな加納つばき(水上京香)です。

隼也のモデルといわれる吉本せい(よしもとせい)の息子、穎右(えいすけ)も大恋愛をしています。

どんな女性とどんなラブストーリーがあったのか?その壮絶な恋愛ストーリーとはいかに?

ドラマのつばきの今後のネタバレも追記しました!

 

 

わろてんかで隼也の恋人加納つばきってどんな人?

演じる水上京香さんは、こんなにかわいい女優さんです!

こんな役柄なんだそうです。

父は大手銀行の頭取で乳母日傘の箱入り娘だが、アメリカでの生活経験もあり、つばき自身は進歩的な考えの持ち主。
隼也と偶然知り合い、互いにひかれあうようになるが、二人の行く手には大きな障害が待ち受けている。

引用元 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12561

とってつけたような”いいところのお嬢様”ですね(^ ^)

「二人の行く手にある大きな障害」とは?

やっぱり大手銀行の頭取である父親が、「寄席経営の家になんかうちの大事な娘はやれん!!」とか言い出すのでしょうか。

この隼也の恋人となる加納つばきのモデル???と言われているって誰なんでしょうか。

 

笠置シヅ子ってどんな人?

笠置シヅ子はブギの女王と呼ばれた日本中で愛されたジャズシンガーでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

笠置シズ子/東京ブギウギ [ 笠置シヅ子 ]
価格:1887円(税込、送料無料) (2018/2/6時点)

 

 

 

 

ちょっと鶴瓶さんに似ていませんか(笑)

鶴瓶さんは眼鏡を外して「私の母です」とネタにしていた時期があり、笠置シヅ子さんも「私の隠し子なの」と冗談を言っていたそうです。

もちろんお二人はなんの関係もなく、面識すらなかったとか。

さて、この笠置シヅ子さんですが、生まれたのは1914年、香川県に生まれています。

生後間もなく大阪の米屋を営む夫婦の養女となり、13歳の頃に宝塚音楽歌劇学校を受験しますが、背も低くガリガリだったためか不合格となってしまいます。

ですが同じ年に松竹の養成所に合格し、だんだん頭角をあらわすようになりました。

1938年、笠置シヅ子が24歳の頃服部良一と出会い、ジャズシンガーとして売り出すようになります。

そして大ヒットとなった「東京ブギウギ」は1948年に発表、明るく美人だった笠置シヅ子は1949年の映画「銀座カンカン娘」でも大評判となりました。

 

加納つばきのモデルは笠置シヅ子?

 

スポンサーリンク

 

そんな笠置シヅ子と穎右が出会ったのは1943年。

「東京ブギウギ」がヒットする5年前で、そのとき穎右は早稲田の学生でまだ21歳。

一方笠置シヅ子はというと、9歳年上の30歳でした。

ふたりは名古屋の御園座で偶然出会い、美男美女でもありお互いに一目惚れをします♪

ですが付き合い始めて2年たった1945年、東京大空襲によってふたりとも家を失ってしまうことに。

そんなふたりはせいの弟林弘高の助けで住む場所を提供してもらい、大所帯ではありましたが同棲生活をすることになりました。

ドラマの設定では歳の差はそれほどなさそうですね。
また加納つばきは歌手でも芸能人でもありません。

共通点と言えばドラマのように大きな壁が立ちはだかることです。

穎右の母親であるせいがここで大反対します!

っていうことはまさかのてんが大反対?

んん〜〜あのおてんさんがそんなことしたら

「君だって駆け落ちして結婚したんじゃないか?僕という婚約者がいたのに・・・」

と伊能栞(高橋一生)に叱られそうです(笑)

やっぱりドラマの大きな壁は別のところにあるように思いますが、いずれにしても穎右の恋人は笠置シヅ子だったので、加納つばきのモデルは笠置シヅ子だと思います。

人物像は全く違うのかもしれませんね~。笠置シヅ子は芸能スターでしたが、加納つばきは一般人。

さて、せいが反対したのはどうしてでしょうか?

せいはたった一人の後継者として穎右を溺愛していて、歌手として活躍していておまけに9歳も年上の笠置シヅ子は、嫁としてふさわしくないと思ったのかもしれません。

でもあの時代はそういう風潮だったので仕方のないことです。

そして終戦を迎え穎右は吉本へ入社、笠置シヅ子はまた舞台へと戻り同棲生活は終わります。

でもふたりの恋が終わったわけではありません!

笠置シヅ子の妊娠がわかり、本人は歌手をやめるつもりでいたようです。

せいも妊娠がわかると態度を軟化させてきていたのですが・・・。

これでめでたしめでたし、とならないのが世の中です(T . T)

 

穎右と笠置シヅ子は結局どうなった?

幸せが目の前に!という矢先穎右は結核が悪化し、静養のため実家へ戻ります。

もともと体は弱かったせいもあったのか、容態は良くならずとうとう1947年亡くなってしまいました(T . T)( ; ; )(T ^ T)(;_;)

そして穎右が亡くなった数日後に笠置シヅ子は女の子を出産、エイ子と名付けられました。

この名前は穎右の遺言だったそうです。

穎右の棺に笠置シヅ子の写真を入れるなど、理解を示したせいは生まれた子供を引き取りたいと申し出ますが、笠置シヅ子も本当の両親を知らずに育ったため自分で育てたいと断ります。

そして生活のためまた舞台へと戻る決心をし、「東京ブギウギ」をヒットさせます。

その後も笠置シヅ子は生涯独身を貫き通し、穎右の名刺を肌身離さず持っていたそうです。
娘のエイ子さんはこう語っています。

母にとって異性は父だけだったでしょう。

吉本穎右ひとすじでしたから。

絵に描いたような純愛ストーリーですね。

笠置シヅ子は1985年70歳のときにガンで逝去。

きっと天国で穎右とまた幸せに暮らしていると思います(^ ^)

笠置シヅ子について詳しく知りたい方は、こんな本が出版されています。

 

 

つばきと隼也の今後のネタバレは壮絶?モデルと似てる?【閲覧注意】

 

スポンサーリンク

 

ドラマではつばきの今後は、笠置シヅ子と同じなのでしょうか?

一般人と芸能人という大きな違いがあるし、全く同じとはいかないようです。

また隼也が亡くなってしまうと成田凌さんが見れなくなってしまうので、設定は変えてもらわないと困ります(笑)

以降で今後のネタバレをします!閲覧注意です。

2人は恋に落ちますが、障害が。

なんと、つばきの父親は北村笑店の取引先の銀行の頭取。

そしてつばきは、父親の決めた結婚相手がいたんです。

しかし、隼也を好きになってしまったつばき。隼也も同じ気持ちでした。

もちろん、てんも反対。

2人は、なんと駆け落ちしてしまうんです~(>_<)

てんから反対されてしまったりするところから、笠置シヅ子パターンと似ていますね・・・。

以降で、詳しく今後のネタバレまとめてありますので、もしよろしければご覧ください。

 

まとめ

ふたりの壮絶な純愛、いかがでしたでしょうか。

相手が亡くなっても一生愛し続けた笠置シヅ子って、愛情深い素敵な女性だったんだんでしょうね。

さて、隼也とつばきの恋愛はどうなっていくのでしょう?

加納つばきの今後に注目です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です