ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 西郷どん

西郷どんの題字タイトルポスターの制作はL.S.W.Fで書家でない理由は?【画像】

2018年の新しい大河ドラマ「西郷どん(セゴドン)」が1月7日から始まります。

話題になっているのが、毎回書家だったものから、新しい雰囲気になった題字。

ドラマの顔になる重要な題字タイトルですが、この題字を担当したのはL.S.W.Fというクリエイティブ集団とのこと。

今回は「西郷どん」の題字タイトルを制作した「L.S.W.F」についてと、題字の意味についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

西郷ドンの題字の画像は?書家でない理由は?

 

\番組メインビジュアル発表!プレサイト始動!/ 「西郷どん」からどーん!どーん!と二大発表! 吉之助が飛び出てきそうなメインビジュアル発表とともに、 「西郷どん」プレサイトがオープンしもした! 本格始動までは、あともう少し。まだまだ充実しもす! まずは、西郷どんの世界観を味わってくいやんせ。 #NHK #大河ドラマ #西郷どん #せごどん #segodon #サイゴウドンじゃなくセゴドンじゃっど #セゴドン旋風おきてたもんせ #メインビジュアル発表 #吉之助どん飛び出し注意 #プレサイト始動しもした

大河ドラマ 「西郷どん」さん(@nhk_segodon)がシェアした投稿 –

すごい躍動感があって、今までの大河にはないイメージの題字になっています。

この斬新な題字を作成した「L.S.W.F」にドラマプロデューサーから「大河イコール書家のイメージから外れてみて欲しい」というリクエストがあったとのことで、油絵の具で制作したそうです。

ドラマサイドも題字に新しい風を吹き込みたかったようです。

今回の大河は原作者が林真理子さんで女性目線の「西郷隆盛ストーリー」ということで、今までとは違う大河ではないかと注目されています。

そん中、この題字にインパクトは視聴者に大きく響くのではと思います。

 

西郷ドンの題字制作担当のL.S.W.Fとは?

 

スポンサーリンク

 

題字&メインビジュアル&タイトルバックの制作を手掛けたL.S.W.F(LAND SKY WATER FILM)によるコンセプトは、「大地のエネルギーに満ちた鹿児島、そしてその象徴とも言える桜島にてまだ見ぬ未来に向かって、桜島に負けないエネルギーをほとばしらせる若き西郷どんを表現しました」。 

 L.S.W.Fは、海を中心とした自然をフィールドとして活動し、アートディレクション・撮影・デザイン・空撮・水中撮影などを武器に個々の持っている独自な観点とスキルを生かした作品を創るクリエイティブ集団。 

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2100257/full/

今回L.S.W.Fは題字だけではなく、オープニングのタイトルバックも担当。こちらのタイトルバックもすごいらしいと話題です。

L.S.W.Fは違ったスキルを持った7人で構成されているクリエイティブ集団。

7人いるメンバーの中で題字を担当したのは小泉遼(こいずみりょう)さんです。

小泉 遼 / GREEN AND BLACK SMITH

カリグラフィー、レタリングを軸にロゴデザイン、壁画デザインなどを手がける。文字に迫力させ感じる骨太なレタリング、洗練されたカリグラフィースタイルを得意とする。

手描きの魅力を伝えるためワークショップも開催している。

引用元:https://www.lswf.co/ryo-koizumi

以下のようにインスタに公開している作品のセンスも素晴らしいです。

 

題字に込められた意味とは?エピソードも

「西郷どん 完全読本」のムック本の取材で題字担当の小泉 遼さんは題字を油絵具で制作した理由について「枠に収まらない時代の変革者・西郷の魅力と女性脚本家が描く作品らしい品格や重圧感を常に意識しながら今回は墨でなく油絵具にしました」と語っていました。

「どん」の文字には「西郷どん」という愛称で呼ばれた西郷の親しみやすさとエネルギッシュな躍動感を込めました。

とのこと。

また「西郷」の文字の配色は桜島の赤土を表現するというコンセプトを他のメンバーとともに話し合って決めたそうです。

そしてポスターを担当したのももちろんL.S.W.F。題字と同じ世界感をポスターにつなげる試みに挑戦。

題字に桜島の画像をより引き立てるため、余白を入れたことで絶妙なバランスが生まれたそうです。

また躍動感をもたらしているのが、主演俳優の鈴木亮平さんの大きなジャンプ。

撮影時に鈴木さんが「この岩いいね、ここから跳んでみよう」とおしゃったとのこと。

ちなみに以下のツイートの動画はおそらくこの時のものかな??と思います。

 

さまざまなポーズを何度もとってくれたとのこと。

また青空も合成ではなく、そのままの景色とのこと。

運も味方した撮影によって、このようなステキなポスターができあがったんですね。そんな「L.S.W.F」の制作したポスターもステキですが、個人的にオープニングも楽しみです。

 

西郷どんの最近記事

  1. 西郷どん山県有朋役は村上新悟!真田丸の直江兼続など大河ドラマ俳優?

  2. 西郷どん山城屋事件とは?汚職事件のネタバレとは?

  3. 西郷どん山県有朋とは?隆盛との関係や山城屋事件などネタバレまとめ

  4. 廃藩置県とは?明治維新の版籍奉還の流れなどまとめ【西郷どん】

  5. 西郷どん41話あらすじネタバレ!廃藩置県が本当の明治維新で吉之助は政府を担う

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP