せごどんで母親役の松坂慶子に旦那と娘はいる?現在の活動は?

スポンサーリンク

 

2018年の大河ドラマ「西郷どん(セゴドン)」SEGODONが1月7日から始まります。

このドラマで主人公鈴木亮平(すずきりょうへい)さんが演じる西郷隆盛の母親の西郷満佐(さいごうまさ)役を演じるのは女優の松坂慶子(まつざかけいこ)さんです。

今回は、松坂慶子さんの旦那、子供についてや、現在の活動についても調べてみました。

 

 

松坂慶子のプロフィールは?若い頃はセクシー?

名前:高内 慶子(たかうち けいこ)

生年月日:1952年7月20日

出身地:東京都大田区

血液型:A型

引用元:http://columbia.jp/artist-info/matsuzakakeiko/prof.html

現在、年齢65歳の松坂さん。

ふんわりしていて、笑顔が素敵で、「こんな仏様みたいな人幸せだろうな~」って、松坂さんが出てくると、こちらまで気持ちがフワフワしてきちゃいます(笑)

松坂さんは、お父様が在日韓国人、お母様が日本人で、一人っ子。

韓国と日本のハーフなんです。

知らなかった!

元々、演劇に興味があった松坂さんは、中学3年生の時に「劇団ひまわり」に入団し、幼児向けコメディの「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」や「ウルトラセブン」でテレビ出演されます。

そして、1969年の高校2年生で映画会社である「大映」にスカウトされ、女優として、本格的に芸能界入りされています。

当時、デビューした頃の松坂さん。

めちゃくちゃスタイル抜群で美人さんなんですよね。

なので、今は、年齢と共にふくよかになってらっしゃるので、「太った」「昔は綺麗だったのに」なんて言われてたりするのですが、今でも十分お綺麗ですよね。

高校2年生とは思えないルックスと演技力で、どんどん映画に出演し、今や、映画、ドラマで大活躍しました。そして清純派からセクシー路線に変わった松坂さん。

 

最近では「やさしいかわいらしいお母さん」という役柄が多い松坂さんですが、昔は色っぽいルックスからなかなか際どいシーンなどに挑戦していた印象です。

有名なのが1979年のドラマ『水中花』に主演した時、妖艶なバニーガール姿をしていたこと。

そして松坂さん自身が歌ったシングル曲で主題歌の「愛の水中花」も大ヒットしましたが、この歌を歌うときも確かバニーガール姿でした。

また個人的に印象的だったのが1982年の映画「蒲田行進曲」。

この濡れ場のシーンでなんと松坂さん、胸をあらわにしていて、当時子供だったので、衝撃的だったのを覚えています。

今となっては、かなりの貴重映像ですね~。

 

 

松坂慶子に旦那と娘はいるの?

 

スポンサーリンク

 

松坂さんは、1990年にジャズギタリストの高内春彦(たかうちはるひこ)さんとご結婚されています。

これが波乱の結婚だったようで、当時稼ぎの少なかった高内さん。

松坂さんのご両親は、そんな男に嫁がせるのは猛反対だったようです。

松坂さんのご両親のお気持ち分かります。

大事な一人娘ですよ。

心配になりますよね。

しかし、その猛反対を押し切って結婚に踏み入った松坂さんと高内さん。

お2人の愛の力が強かったとうことですね。

そして、お2人の間には、娘が2人いらっしゃって、長女が百音(もね)さん、次女が麻莉彩(まりさ)さん

高内さんのお仕事の拠点がアメリカということもあり、結婚当初はアメリカに住んでいたそうで、妊娠、出産もアメリカで迎えたようです。

なので、娘さん2人は、幼少期はアメリカで生活!

日本に戻ってきてからもアメリカンスクールに通っていたそうです。

英語ペラペラなんだろうな~。これまた羨ましいな~。

お2人とも松坂さんがアラフォーの時に出産したそうです。

高齢出産ってやつですよ。

松坂さん、頑張りましたね。

4人家族、毎日笑顔で充実されているのが脳裏に浮かびます。(笑)

娘さん2人も松坂さんのようなフワフワした感じなのかな。

 

松坂慶子の現在の活動は?

松坂さんのここ最近の出演ドラマを一覧にしてみました。

牙狼-GARO- -魔戒ノ花-(2014年)

ぼんくら(2014年)

スミカスミレ 45歳若返った女(2016年)

特集ドラマ/恋の三陸 列車コンで行こう!(2016年)

早子先生、結婚するって本当ですか?(2016年)

 DOCTORS~最強の名医~(2018年)

最近では2018年1月4日の放送された新春SPドラマ「 DOCTORS~最強の名医~」にゲスト出演。

このドラマで高嶋政伸(たかしままさのぶ)さん演じる“卓ちゃん”こと森山卓の母親:日美子(ひみこ)役でした。

やさしいかわいらしいお母さん役を熱演していました。

そして松坂さんと言えば、今回の「西郷どん」で9作目になる大河ドラマの常連女優さんです。

過去作「春の波濤」で川上貞奴役でなんと主演。その他にも「義経」「篤姫」などに出演しています。

最近でも多くのドラマに出演されていますが、映画「牙狼」でジュダム役を演じた松坂さんが話題になりましたよね。

還暦なのに、ワイヤーアクションに初挑戦されてるんですよ。

松坂さん曰く、アクションはやりたかったんだそうですが、還暦ですよ?

普通、やらないですね。

さすが松坂さんだ。

それから私が大好きで見ていた「スミカスミレ」これやばかったですよね~。

松坂さんは主人公の如月澄(きさらぎすみ)役で出演されていました。

松坂さんのあの“癒し”しかない演技!(笑)

恋の相手:真白勇征(ましろゆうせい)役をイケメン俳優の町田啓太(まちだけいた)さんがされていて、松坂さんとどんだけ年の差あるの!!ってなるんですが、この恋、年齢とか関係なく応援したくなっっちゃうんですよね。

本当に切なかった。

そして、松坂さんが、めちゃくちゃ可愛かったんです。

あれは、松坂さんにしかできない役でしたね。

松坂さんの雰囲気は独特で、誰も持てない魅力があるので、今後も、色んなドラマで、その魅力を拝見できたら嬉しいです。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です