ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 朝ドラまんぷく

まんぷく母親鈴【松坂慶子】のモデルは実在?武士の娘は本当かネタバレ

2018年10月1日からNHKの新朝ドラ「まんぷく」が始まります。

ヒロインの今井福子(いまいふくこ)を演じるのは演技派女優として定評のある、安藤サクラさん。

そして母親役にはこちらもベテラン女優松坂慶子(まつざかけいこ)さんが演じています。

ちなみに今井福子はインスタントラーメンで有名な日清食品創業者の妻安藤仁子さんです。

そしてかなりパンチのあるキャラクター母親今井鈴(いまいすず)ですが、モデルとなる人物がいるのでしょうか?

「私は武士の娘ですーー」が口癖のお母さんですね♪

実在の人物を演じているのでしょうか?

今回は朝ドラ「まんぷく」のヒロインのは母親鈴(すず)のモデルになった人物についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

まんぷくで松坂慶子演じる今井鈴とは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

放送開始まであと2日! #まんぷく #朝ドラ #松坂慶子 #カウントダウン

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿 –

今井 鈴
(松坂 慶子)
今井 鈴(松坂 慶子) 咲・克子・福子の三姉妹の母。感情の起伏が激しく、気位が高い。武士の末えいであることを誇りとしており、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、品格を大事にしながら娘たちを育ててきた。
非常に心配性で、娘たちの考えや行動に細かく口をはさみ、壁となって立ちふさがることもしばしば。
娘たちからは「お母さんは何か心配してなきゃ生きていけないんじゃない?」とからかわれるほど。
戦争をきっかけに福子や萬平と共に暮らすようになるが、浮き沈みの激しい萬平の事業に不平をこぼしてばかり。しかし萬平はそんな鈴の不満を意に介さず突き進む。二人の間でたちまわる福子の奮闘ぶりが本作のみどころの一つ。

引用元:https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/#i_suzu

娘たちが心配のあまり、娘の旦那に不満をこぼす、義理の息子たちにとっては、なかなか厳しいキャラクターです。

果たして、この人物実在するのでしょうか?

 

まんぷくの今井鈴のモデルは安藤須磨

 

スポンサーリンク

 

ヒロイン福子のモデルになった安藤仁子さんの母親が安藤須磨さんでモデルです。

朝ドラのドラマでもヒロインは3姉妹でしたが、史実も同じで安藤仁子さんは年の離れた姉が2人います。

須磨さんは旧鳥取藩士の家に生まれ、家を継ぐために婿養子を迎えますが、離縁します。

その後、故郷の鳥取を離れて学校の先生になるという夢を捨てきれず大阪に出てきます。

そして仁子の父親となる安藤重信と出会い結婚します。

その後仁子たち姉妹を出産し、立派に育て上げます。

ちなみに、脚本家の福田靖さんによると、当初日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく)さんについての情報は多数あったのですが、妻の仁子(まさこ)さんについては、何も資料がなかったそうです。

 

仁子さんの遺族の方にいろいろお伺いしても人柄については、証言があったものの、際立った情報がなく困ってしまったそうです。

しかし、仁子さんのお母さんの須磨さんが「私は武士の娘です!」が口癖だったという話を聞いて「これでいける!」とドラマの骨格とヒロイン像が見えてきたとのことです。

すごい・・・なんとお母さんの須磨さんがある意味、朝ドラのキーマンだったと言えるのではないでしょうか?

脚本家の福田さんは取材で以下のように語っています。

「発明家の夫と夫を励ます妻、という関係性だけだと、ありきたりのドラマになってしまう。

でも、そこに「武士の娘」である凛としたお母様が加わることで、物語がグッと膨らんできたんです。あくまで想像ですが、昔気質のお母様からすると、波乱万丈のギャンブラーのような百福さんの生き方は受け入れられなかったのはないでしょうか。

そんな母親と夫の間に立つヒロインを想像したとき、水と油のような2人を上手に采配していく『究極のマネージメント能力を持つ女性像』が浮かんできました」

今回は実在の人物をモデルしながらも物語の80%はフィクションと言っている脚本家の福田靖さん。

しかしお母さんの「私は武士の娘です!」が朝ドラのストーリーを作る上で大きな意味を持つことになりました。

ちなみに当初は安藤仁子さんや須磨さんについての資料はありませんでしたが、朝ドラが始まると言うことで、多くの書籍が発売されて、2人についても詳しくわかるようになっています。

そして須磨は三姉妹を出産した後、夫重信の経営していた会社が倒産して食べるものがないような苦労を味わいます。

しかし、どんなに貧しくても娘が3人いれば、家の中には明るい笑いが絶えなかったそうです。

その後、夫重信は大阪で人力車の会社を経営、事業はうまくいきますが、これに気を良くして(笑)

夫は政治家を志します。この政治家になるために相当なお金をつぎ込むことになりますが、なんと結果はうまくいかず。

娘の安藤仁子も夫に苦労するようですが、母親の須磨さんも同じように夫に振り回されている気がします。

 

まんぷくの母親は史実と同じで結婚後の娘と同居?

ドラマでは、娘の福子が結婚した後も、一緒に暮らす母親の鈴でしたが、史実でも同様に須磨は結婚後の仁子と居を共にして、なにかと苦労の多かった仁子を精神的に支えます。

須磨の教えにはいろいろありましが、中でも繰り返し言っていたのが次の2つの言葉だったようです。

「言いたいことがあった一晩寝てから、明日言いなさい」

「クジラのように物事をすべて呑み込んでしまいなさい」

と我慢と忍耐を強く仁子さんにさとしました。

また、須磨さんは英語が堪能だったそうで、3人の嫁たちを外交官に嫁がせたいという想いがあったようですが、思うよういいかず、三者三様、違う人生を歩むことになったそうです。

 

このように母親の鈴の存在はかなり大きな影響をヒロインに与えるキーマンだと言えます。

そんな母親鈴のドラマ「まんぷく」でのストーリーに注目です。

 


朝ドラまんぷくの最近記事

  1. まんぷく子供はできる?人数や性別ネタバレや安藤百福の実話も

  2. 安藤百福の塩作り実話はドラマと違う?日清食品で製塩をした?【まんぷく】

  3. まんぷく世良がムカつくし最低でヒドイ!裏切りのピンハネに批判集中

  4. まんぷく世良の裏切りネタバレ!塩のピンハネ騒動の今後のネタバレは?

  5. まんぷく塩作りの専売制とは?実話と闇市販売の世良のネタバレも

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP