監獄のお姫さまの真犯人は乙葉か夏帆?板橋吾郎じゃない驚愕のネタバレ予想

スポンサーリンク

1話で誘拐した勇介は姫(夏帆)の子供だったことが明らかになり、ますます盛り上がりを見せているドラマ「監獄のお姫さま」。

ところで、「爆笑ヨーグルト姫事件」の真犯人は、本当に板橋吾郎(伊勢谷友介)なのでしょうか?

ネットでは、晴海(乙葉)や姫なのでは?という意見も出ています。

今回は、ドラマ「監獄のお姫様」の真犯人は誰なのかを予想していきます!

 

 

監獄のお姫さまのあらすじ

「監獄のお姫さま」は仲間の冤罪を晴らすべく団結する、おばちゃんたちのドタバタ復讐劇です。

物語の軸にあるのは、「ヨーグルト姫事件」と世間に呼ばれる事件。

江戸川乳業の令嬢・江戸川しのぶ(夏帆)が、恋人の吾郎(伊勢谷友介)の二股相手に嫉妬し、殺人を依頼した事件です。

江戸川しのぶは吾郎の恋人を殺した容疑で逮捕され、懲役12年の刑に服しています。

その刑務所で出会ったのが、馬場カヨ(小泉今日子)、財テク(菅野美穂)、姐御(森下愛子)、女優(坂井真紀)、先生(満島ひかり)でした。

5年後、実は冤罪だというしのぶ(通称・姫)のため、一足早く出所したオバサンたちは裁判のやり直しを求めるために板橋吾郎を誘拐し、自白させるために奮闘していきます。

オバサンたちは、板橋吾郎が犯人だと思っているようです。

でも、本当にそうなのでしょうか?

 

ヨーグルト姫事件の真犯人は?ネットの意見

 

スポンサーリンク

 

気になる真犯人ですが、ネットでの意見はどうなのでしょうか?

「監獄のお姫さま、乙葉が犯人じゃねえの?に一票」

「犯人は乙葉なのかな?」

「乙葉さん演じる奥さまも、実は怪しいのかしら?」

「この姫が犯人じゃないをゴリ押ししてくるあたり、やっぱり姫が殺人依頼したのかな?」

「最後はやっぱり夏帆が犯人っていうオチじゃないのかなあ。」

圧倒的に、乙葉演じる、板橋吾郎の妻・晴海と、冤罪だと言っている姫本人が犯人なのではないか?という2つの意見が多かったです!

どちらにしても、かなり大胆な予想がツイッターに並んでいます。

 

 

姫は本当に冤罪なのか?真犯人を予想

真犯人は晴海(乙葉)説

吾郎の恋人の殺人依頼をしたのが晴海(乙葉)だった場合、理由として考えられるのは「吾郎と結婚するため」でしょうか。

だとすると、姫と吾郎を付き合うように仕向けたのも、晴海だということも考えられますね。

姫と吾郎を付き合わせる→殺人の罪で姫を服役させる→社長となった吾郎と結婚してお金持ちに!

まさに黒幕といった感じですね。

これだと姫の産んだ勇介を育てているのも納得できます。

でもあんなに可愛くて優しそうな人が真犯人とは思いたくないかな~(^_^;)

 

真犯人は姫(夏帆)説

実は姫が冤罪ではなかった、ということも考えられます。

私はこれが一番有力だと思ってます。

姫は吾郎にマインドコントロールされていた、ということですが、実は姫がオバサンたちをマインドコントロールしているのかもしれません。

そうだったとしたら怖いですよね!ぞわっとします!

服役していて、実は冤罪だったということになれば、世間はとても注目しますし同情しますよね。

代わりに吾郎を刑務所に追いやって、自分がEDOミルクの社長に就任するつもりなのではないでしょうか。

世間に同情されているので、反対意見は出なそうですもんね。

とはいえ、そんなことのために刑務所に服役するというのは、大がかりすぎる気もしますね・・・難しいです。

 

真犯人は吾郎(伊勢谷友介)説

素直に物語を受け入れると、吾郎が犯人ということになります。

でもあのクドカンが、そんなストレートな結末にするとは思えないんですよね~。

しかし吾郎が本当に真犯人だった場合、姫が出所した後はどうするつもりだったのでしょうね。

自分は裏切って結婚してしまっていますし、普通に考えたら恨まれて殺されてもおかしくないくらいなんですが・・・。

マインドコントロールでどうにかなると思っているのでしょうか~。

 

まとめ

「監獄のお姫さま」の予想は難しいですね~!

なんといってもあのクドカン脚本なので、どう予想しても裏切られそうです。

ひとまず、今のところは姫が真犯人説を推していきたいと思います!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です