監獄のお姫さまでざんげ体操の歌詞まとめ!所長の毒舌が衝撃すぎる

スポンサーリンク

毎回たくさんの小ネタで笑わせてくれる「監獄のお姫さま」。

中でも、「意識高い系刑務所」を目指す所長・護摩はじめ(池田成志)がいい味を出していますよね!

今、そんな護摩はじめの「ざんげ体操」が面白いと話題になっています!

「ざんげ体操第二」の歌詞まとめ、ネットでの評判や、ざんげ体操の振り付け師についてをまとめました。

 

 

「ざんげ体操」を考えた護摩はじめとは?

池田成志(いけだなるし)さん演じる護摩はじめは、

オバさんたちが入所していた「自立と再生の女子刑務所」の所長です。

刑務所のイメージを明るくポジティブにしようと頑張っていますが、感覚が一般とはズレています。

若い女性には弱いようで、新人刑務官・高山さやか(大幡しえり)が就任のあいさつをした時は「可愛い・・」とデレデレ。

また、先生(満島ひかり)が高山に対して「うるさい!持ち場に戻りなさい!」と叱ると、

「辞めるよ、あんなに厳しくしたらイマドキの子は!3人に1人が半年で辞めちゃうの。それで残った2人は結婚できないの。わっはっはっは」

とセクハラ発言。

こういった発言もあり、先生は所長のことを「絶倫豚野郎!」と呼んで嫌っているようです。

 

ざんげ体操の歌詞まとめ

「ざんげ体操第二」は3話から登場して、毎回ちょっとずつ全貌が明らかになってきています!

3話のざんげ体操

背中を丸めて

どうもすいませーん

両手を合わせて

生まれてすいませーん

はい深呼吸

4話のざんげ体操

200万ふりこんだ

200万ふりこんだ

放火、置き引き、美人局

放火、置き引き、美人局

ハイ男が悪い-

ハイ男が悪い-

ついカッとなって-

ついカッとなって-

ハイ女も悪い-

ハイ女も悪い-

桃栗三年 詐欺十年

桃栗三年 詐欺十年

だるまさんがころんだ

だるまさんがころんだ

「桃栗三年 詐欺十年 」ってリズム感がよくて受け入れられるけど、意味分からないですよね〜!

最後の「だるまさんがころんだ」も謎ですが、この意味の分からなさが面白い!

 

振り付けはクドカンの奥さん

 

スポンサーリンク

 

そんな「ざんげ体操」の振り付けは、宮藤監督の奥さまである

八反田リコさんが担当されています。

八反田リコさんはNHKの幼児向け番組「みいつけた!」や「ウォーターボーイズ」「少年メリケンサック」、他にもCMなどの振り付けを担当されているようですね。

奥さまが振り付け師だったとは、知りませんでした!

クドカンが24才でまだ売れていなかった頃にご結婚されたそうなので、もう結婚歴23年なんですね。

2005年には女の子にも恵まれています。

二人とも自分で作り出すクリエイターなので、苦労や楽しさを分かり合えるのかもしれませんね(^_^)

 

ざんげ体操の評判は?

では、「ざんげ体操第二」の評判をまとめていきましょう!

「ざんげ体操覚えたい笑」

「朝からざんげ体操して今日もがんばろーっ」

「監獄のお姫さまにハマってて、毎回ざんげ体操第二が気になってしょうがないw」

「ざんげ体操ほんと好き」

「ざんげ体操中毒性ある」

「ざんげ体操第二の所長の「どうもすいませ〜ん♪」の言い方が最高に面白すぎてやばい。」

「ざんげ体操 気になる。いっぺんには覚えられないからちょっとづつなの!?おばちゃんに配慮なの!?」

「面白い」という意見多数です!

思わず「ぷっ」と笑っちゃいますもんねー!

次はどんなワードが出てくるのか?

そんなことを予想するのも楽しいですね。

私の予想は「万引き、殺人、誘拐未遂」です(^_^)/

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です