わろてんかのオープニング【OP】映像の制作者は誰?タイトルバック舞台裏も

スポンサーリンク

 

「ひよっこ」も最終回を迎えてしまい、”ひよっこロス”がヤフーのニュースになるなど、ドラマファンの喪失感も冷めやらぬところですが、ここは気持ちを切り替えて次の「わろてんか」へシフトしましょう( ´ ▽ ` )ノ

ドラマの最初に目にするのがオープニング。
主題歌は松たか子(まつたかこ)さんの「明日はどこから」に決まっています。
松たか子さんのさわやかな歌声は、ドラマのオープニングにピッタリですよね♪

そこで気になるのがタイトルバックの映像です!
想像してワクワクしているファンの方も多いのでは・・・?

今回は「わろてんか」のタイトルバック映像の制作者や舞台裏などを先取りしてみました!
どんな裏話があるのでしょうか( ´ ▽ ` )ノ

ネタバレがあるので閲覧注意です!

 

 

わろてんかのオープニング、制作者は誰?

 

では早速制作者をご紹介します!

映像ディレクター 小島淳二(こじまじゅんじ)

今までの主な作品は「ウンナンの気分は上々。」「QUIZ」「ニュースステーション」などのタイトルバックです。
NHKでは「ちりとてちん」のタイトルバックも。
「資生堂」や「KIRIN」「ブリヂストン」などのCMを手がける他にもミュージックビデオを多く制作しています。
例えばこんなアーティスト達です。

鬼束ちひろ「いい日旅立ち・西へ (FULL Ver.)」
YUKI「the end of shite」
L’Arc-en-Ciel「叙情詩」
斉藤和義「Hey! Mr.Angryman」
木村カエラ「You」

何気にすごい顔ぶれですが、他にも多くの作品をミュージシャンに提供しています。

 

イラストレーター 泉優次郎(いずみゆうじろう)

イラストの他にもアニメーションも手がけています。
自由なタッチで今までに企業の広告やミュージックビデオなどの制作をしています。

 

小島淳二さんが立ち上げた「teevee graphics」に泉優次郎さんも所属しています。
このお二人がメインとなって練りに練って作り上げたオープニング。
6月からずっと描き続けていたそうです!

これは楽しみですね♪

ちなみにお二人については、プライベート情報など、以下に更に詳しくまとめてあります!

 

オープニング、タイトルバック映像の舞台裏とは?

 

オープニングのコンセプトはこうです!

「朝テレビをつけたときに、少しでも優しく楽しい気持ちになれる」

毎朝ほっこりできるように心がけ、「わろてんか」の背景となる明治から昭和への時代の移り変わりなども、意識して作られたそうです。

葵わかなさんが登場するシーンの撮影では、長〜い竹の先に紙で作った小鳥を付け、その小鳥と葵わかなさんがお芝居をしたものを編集しています。

なぜ小鳥?

実は鳥が「わろてんか」のキーとなっているのです。
その理由は最初に開く寄席の名前から発想されたもので、衣装や小道具にもたくさんの鳥が登場します。
あ、忘れてましたね、その寄席の名前が「風鳥亭」なんです!

 

実は葵わかなさんの登場シーンはかなり悩んだそうです。
最初から登場するのか、転がってタイトルになる、果ては太陽にしてしまおう!なんていう案もあったそうで、確かにどれも楽しそうなオープニングになりそうですね。

 

葵わかなさんは赤のベースにたくさんの花が散りばめられた着物で登場しますが、その背景にもたくさんの花が出てきます。

この花を描いた泉優次郎さんは、お手本にした着物の柄と葵わかなさんが着ていた着物の柄が、そっくりなのでびっくりしたそうです。
こんな偶然の一致ってあるんですね♪

 

人物も降ってくる構成なんだそうですが、その人物も「あれ?もしかしてあの人かな?」と、これから出てくる登場人物を思わせるような楽しみも織り込んであるそうです。

ほんわかしていながらも細かいタッチの背景も、新しい発見があり毎回見るのが楽しみになりそうです。

 

オープニングタイトルバックのネタバレは?【閲覧注意】

 

スポンサーリンク

 

最後にネタバレです。
まだ知りたくない方はここから下は見ないでくださいね!

 

オープニングの映像はー

キーとなる鳥がタイトルバックに出てきて、やがて2羽となり空へ飛んでいくー。
やわらかい陽射しが降り注ぐように、人々にも笑いが広がり、大阪城や通天閣が姿を現して大阪の町になっていく・・・
そして最後にたどり着くのは太陽、いっぱいの陽射しが降り注ぎます。

というものです。
温かさのあるアニメーションが軸になりますが、ぬくもりを表現するために明るいタッチの水彩画になっています。

そしてスクロールはなんと縦なんです!
鳥が空へ飛ぶように太陽へと近づいていく、そんなイメージがあるそうです。

読みやすい文字と葵わかなさんのキラキラした笑顔、画面がうるさくないように上手にバランスをとったとか。

どのようにバランスをとったのかというと、細かい動きをプラスしたそうなんです。
パッと見た目静止画ですが、よ〜く見るとあちこちでちょっと動いていて、とってもかわいらしいんだとか。

大阪城通天閣を描いたのは、近年失われつつある大切な文化を思い出してもらいたい、との思いがあり、「招き猫」「打ち出の小槌」「ひょうたん」「鯛」といった昔から”めでたい”と言われていたものが降り積もって出来上がったのが心斎橋です。
ステキな構成ですね!

このようにクリエーターの方によって散りばめられたアイディア、どのようにまとめられたのかとっても楽しみですね!

ツイッターでも楽しみの声が上がっています。

”次の朝ドラ、わろてんか 松さんのOPが本当に楽しみ”

”わぁ、優しくてワクワクするOPだなぁ!楽しみー!”

 

みんなで一緒にオープニングで癒されましょう!

 

まとめ

 

みなさんイメージはできたでしょうか(^ ^)

そこに松たか子さんの透き通った伸びやかな声がテンポ良く加わります♪

想像しただけでも笑顔になれそうなオープニング、楽しみですね!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です