Get Readyネタバレ原作は【ブラックジャック】?闇医者になった理由はなぜ?

人気枠のTBS日曜劇場で2023年1月から、『Get Ready!(ゲットレディー)』が始まります!

主演は最近ではテレビドラマとしてはレアな妻夫木聡(つまぶきさとし)さん♪

共演は藤原竜也(ふじわらたつや)さんや松下奈緒(まつしたなお)さんなど、かなり豪華なキャストが揃っています(≧∇≦)

妻夫木聡さんが天才的な執刀医の波佐間永介(はざま・えいすけ)に扮し、永介率いる闇医者チームが多額の報酬と引き換えに、手段を選ばず患者の命を救うダークな医療エンタテインメントドラマ。

そんな楽しみな『Get Ready!」ですが、原作はあるのでしょうか??闇医者が主人公ということで、手塚治虫さんの漫画「ブラックジャック」が原作??と話題になっていますが、本当にそうなのでしょうか??

今回はドラマ「Get Ready!(ゲットレディー)」の原作やあらすじネタバレをご紹介していきます。

主人公たちが闇医者として患者の命を救う理由とは?なぜ闇医者チームが結成されたのか??登場人物たちの過去とは??

また合わせキャスト登場人物、脚本家についてまとめました!1話完結の「Get Ready!」とは、こんなドラマです!

▲今なら「Get Ready」1話~最終回まで動画を見放題で視聴できます▲

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

以下の作品も見放題で視聴可能です

・「最愛」(ディラクターズカット版)

・天皇の料理番

・日曜劇場「TOKYO MER」

・恋はつづくよどこまでも

・リバース

・夜行観覧車

・Nのために

・ブラックジャックによろしく

・最愛

・花のち晴れ〜花男 Next Season〜(平野紫耀出演)

・花より男子(松本潤・小栗旬)

・パパとムスメの7日間(2007)新垣結衣出演

・クロサギ(2006年の山下智久さん主演版と最新2022年版の両方が見放題で視聴可能です。)

・日本劇場「アトムの童」

・君の花になる

・警視庁考察一課

・差出人は誰ですか?

・石子と羽男

・日曜劇場「マイファミリー」

・インビジブル

・山田太郎ものがたり(二宮和也出演)

・ブラックペアン(二宮和也出演)

・「孤独のグルメ」シリーズ

・crisis 公安機動捜査隊特捜班

・ドラゴン桜【2021年版と2005年版のどちらも視聴可能です】

・アルジャーノンに花束を(山下智久主演)

・映画「娼年」

・【木ドラ25】30歳まで童貞だと魔法使いになれるらし

・協奏曲(田村正和・木村拓哉・宮沢りえ出演)

・男女7人夏物語

・シェフは名探偵

・着飾る恋には理由があって

・ドラゴン桜2021・ドラゴン桜2005

・リコカツ【スピンオフの「リコハイ」も】

【田村正和出演作品】

・「パパはニュースキャスター」1話~最終回

・「パパはニュースキャスタースペシャル」などスペシャル版の全て

その他にも以下の人気作品など

◆日曜劇場 天国と地獄

◆MIU404

◆逃げ恥新春スペシャル

◆キワドい2人

◆私の家政夫ナギサさん

◆大恋愛

◆SPECシリーズ

◆逃げる恥だが役に立つ

◆アンナチュラル

◆凪のお暇

◆鬼滅の刃

◆半沢直樹

◆マツコの知らない世界

◆水曜日のダウンタウン

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

また先日亡くなられた三浦春馬さん出演の「おカネの切れ目が恋のはじまり」「ブラッディマンデイ1、2」「恋空」「こんな夜更けにバナナかよ」「君に届け」「ツーリスト」なども視聴可能です。

上記の情報は2023年1月5日現在の情報です。最新情報はParavi公式ホームページからご確認ください。

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

目次

【Get Ready!】原作ネタバレはブラックジャック?

乱反射ネタバレ!原作キャストあらすじと脚本家【妻夫木聡×井上真央】

原作ネタバレはブラックジャック?

ドラマのストーリー紹介です。

多額の報酬と引き換えに手段を選ばず患者の命を救う
正体不明の闇医者チーム!
チームを率いるのは妻夫木聡が演じる
孤高の天才執刀医・エース!
エースが患者を選ぶ基準はただひとつ・・・
“お前に生き延びる価値はあるのか?”

主演・妻夫木聡 × 藤原竜也 × 演出・堤幸彦

1話完結、完全オリジナル!

“生きる意味を問う”異色のヒューマンドラマ
ダークな医療エンタテインメントが、いま始まる・・・・・・!

妻夫木聡が演じるのは、孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称:エース)。昼間は自身の店であるパティスリー「カーサブランシェ」でパティシエをしており、手術と同様にその器用さと大胆なアイデアで繊細なケーキを作り販売している。しかしそれは表の顔で、裏では法外な報酬と引き換えに超人的なオペ技術でどんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる絶対的存在である。
パティスリーの地下には最新機器を取り揃えたオペ室があり、他で見放された患者を対象にオペを行っている。

松下奈緒が演じるのは、凄腕オペナース・依田沙姫(通称:クイーン)。過去は謎に包まれているが、オペナースとしての腕は超一流。相手が誰であろうと自分の言いたいことをストレートにぶつける強い女性で、エースには皮肉も言える間柄であり、ジョーカーとも友好的な関係を築いている。

クイーンは腕も知識も確かな完璧なオペナースのため、松下も数か月前から医療指導を受け、クランクインを迎えた。また、患者のオペはエースとクイーンの2人のみで行い、オペシーンの撮影時、妻夫木と松下は朝から晩まで医療チームの指導の下で臨んでいる。

日向亘が演じるのは、若き万能ハッカー・白瀬剛人(通称:スペード)。闇医者チームに加担する最強のハッカーで、カルテ情報の盗み出しは勿論、闇医者チームを狙う監視カメラやNシステムなどをことごとくダウンさせる技術を持つ。さらにドローンの操縦も天才的。AR技術を駆使し、罠が仕掛けられているような場に交渉に行かねばならないときなどは、ドローンから立体映像を投影しエースやジョーカーたちがその場にいるように見せかけたりもする。

また、闇医者チームが集まるアジトはまるでスペードの秘密基地。3台のパソコンと8つのモニター、そしてスペードの席には日向の特技でもある六面体立体パズルが置いてあり遊び心満載だ。

そしてエースの相棒ともいえる存在が、藤原竜也演じる下山田譲(通称:ジョーカー)。表の顔は優秀な国際弁護士で、エースとのとある出会いをきっかけに、エースがオペを行う患者と交渉する役割を担っている。

引用元:https://www.tbs.co.jp/getready_tbs/about/

「Get Ready!」は多額の報酬と引き換えに、手段を選ばず患者を救う闇医者チームを描いた医療ドラマ。主演は妻夫木聡さんで、1月8日からTBS系日曜劇場で始まります。

演出は映画監督の堤幸彦さんなど、脚本家は5人の精鋭たちが揃いました。共演は藤原竜也さん、松下奈緒さんなどのほか、第1話のゲストキャストが池松壮亮(いけまつそうすけ)さんという、映画並みの豪華キャストです(≧∇≦)

闇医者と言うことで思い浮かぶのはこの作品ですね。

手塚治虫さんのあまりにも有名な名作・漫画「ブラックジャック」。

アニメ化もされていますね。

主人公は無免許の闇医者・天才外科医ブラック・ジャックこと間黒男。

上記の1話のアニメを見てもらうとわかると思いますが、大金を要求して、患者を治療し、命を救います。

確かに、似ている設定ですよね。

ツイッターでも多くの声が。

ツイッターでは、妻夫木聡さんが若かりし頃主演を務めたドラマ「ブラックジャックによろしく」について触れている人も多いですが、「ブラックジャックによろしく」はタイトルにブラックジャックが入っているだけで、闇医者のストーリーではないので、今回のドラマとは全く関係ないと思います。

ということは、原作はブラックジャックなのでしょうか??上記の公式サイトでも明言されている通り、「Get Ready!」は1話完結の完全オリジナルストーリーです。原作はありません。

ただ、ブラックジャックに影響を受けた設定にした可能性は大いにあるのでは?と思います。ツイートにもある通り、妻夫木さんのキャラクターもブラックジャックの主人公を意識しているのでは?と思われます。

原作がないとのことで、誰にも先が読めないストーリーなので、考察が盛り上がる可能性もありますね。

初回放送は25分拡大!よる9時からの放送です!

演出

演出を手掛けたのは、映画監督としてもおなじみの鬼才、堤幸彦(つつみゆきひこ)さん!映画は『20世紀少年』3部作、『BECK』トリック劇場版シリーズ 、劇場版SPECシリーズ などを手がけてきました。

テレビドラマでもご活躍の堤幸彦さん。劇場版と同じTRICKシリーズなどのほか、金田一少年の事件簿シリーズや「池袋ウエストゲートパーク」、『世界の中心で愛を叫ぶ』などを手がけています。

堤幸彦さんのコメント

『ケイゾク』以来、TBSで沢山のドラマを演出させていただきましたが、今回は久々の医療モノ、そしてなんと日曜劇場! かなり気合いが入っております! エッジが効きながらも人間味溢れる脚本、最高のキャスト陣、息の合ったスタッフのパワーが結集して、毎日興奮の撮影が続いています。妻夫木さんは、早い段階からオペの手技練習を重ねて役柄と真摯に向き合う姿勢がとても頼もしく、初日の現場には<エース>というドクターの姿が出来上がっていました。藤原さんはさすがの安定感で、彼が演じるジョーカーには思わず無茶振りをしたくなります(笑)。仮面を被った闇医者チームとゲスト陣によって、ケレン味とリアルが混じり合った全く新しい医療エンタテイメントをお届けします! どうかお楽しみに!

引用元 オリコン

ほかに演出はおふたりいます。「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」「クロコーチ」などの武藤淳さんと、「妻、小学生になる。」「最愛」などの山本剛義さん!

堤幸彦さんだけでもすごいのに、さらにヒット作を出し続けているおふたりも加わり、日曜劇場の本気度が伝わりますね。

脚本家

「Get Ready!」脚本家はなんと5人!1話完結なので、いろんな脚本が楽しめそうですね。

飯野陽子:「いま、会いにゆきます」「救命病棟24時・第五シリーズ」など

山田能龍:「全裸監督」「サ道2021」など

川邊優子:「金田一少年の事件簿」「ハケンの品格第2シリーズ」など

金沢知樹:「新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜」「半沢直樹」など

渡辺 啓:「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 」「女はそれを許さない」など

主題歌

「Get Ready!」主題歌は発表されていません。前回の日曜劇場「アトムの童」も主題歌はなかったので、今回もインストの楽曲だと予想されます。

音楽を担当されたのはノグチリョウ(のぐちりょう)さん。「逃亡医F」挿入歌や映画『ザ・ファブル』の音楽などを手がけてきました。

【Get Ready】闇医者になったのはなぜ?理由は?メンバーの過去とは?

そして気になるのが、なぜ、主人公たちが闇医者として活動しているのか?と言うことだと思います。

また、主人公だけでなく、他のメンバーたちもどうして、闇医者チームに加わったのか??

おそらくその理由や過去が徐々に明らかになってくる展開なのでは?と思います。

この闇医者チームは、ターゲットとなる患者の前では仮面で顔を隠し、その正体は世の中には知られていない。素顔を隠し、秘密裏に医療行為を行う理由はいったい何なのか?

現在の医療界では不可能な医療も可能に変えてしまう彼らのオペは、エースの「Get Ready」という言葉で始まる。孤高の天才外科医が、最強チームを引き連れて患者の人生に鋭くメスを入れていく!

引用元:https://www.tbs.co.jp/getready_tbs/about/

そのポイントは、闇医者のエースが患者に「お前に生き延びる価値はあるのか?」と問いかけるところにあるのでは?と思います。

なぜこの質問を投げかけるのか?この質問の意味とは?

またプロデューサーのこちらのコメントにも注目です。

人間、特に若い人たちは、人生がいつまでも続くと思ってしまいがちです。しかし、実際にはそうではない。私自身一度死を実感したことがあり、そこで意識がガラリと変わるのを感じました。強烈に「死」を感じたことで、「命が有限である」という当たり前のことにやっと気づけたんです。人生のゴールを意識するようになると、「今」を大切にすることができる。明日があることって、本当に奇跡なんだと思います。
このドラマは、そんな「命の価値」についての物語です。

引用元:https://natalie.mu/eiga/news/498654

「命の価値」について考える、そんな背景が隠されているのでは?と思います。

【Get Ready】あらすじネタバレ1話~最終回まで!

リバースの意味とは? 湊かなえ原作ドラマで気になる藤原竜也主演作のタイトル

【Get Ready】1話あらすじネタバレ!悪徳投資家に救う価値はあるのか?

「Get Ready!」第1話のあらすじです。

エースこと波佐間永介(妻夫木聡)は、表の顔はパティスリー「カーサブランシェ」のパティシエ、裏の顔は法外な報酬と引き換えに違法なオペをする闇医者チームの執刀医である。

ある日、副総理の羽場(伊武雅刀)が脳神経を断裂し大学病院に運ばれた。一命は取り留めたものの、院長の剣持(鹿賀丈史)から「二度と歩くことはできない」と告げられる。

憤慨する羽場の前に、ジョーカー(藤原竜也)が現れた。彼は患者にエースのオペの条件を提示する交渉人だ。交渉が成立するかと思った矢先、エースが現れ「お前に生き延びる価値はあるのか?」と問う・・・。

その様子を、闇医者チームのメンバーである凄腕オペナースのクイーン(松下奈緒)と若き万能ハッカーのスペード(日向亘)がモニターで見守っていた。

闇医者チームの次なるターゲットとなったのは投資家の渋谷(池松壮亮)。渋谷は、突然の余命宣告を受け人生に絶望していた。失意の渋谷に、エースら4人の闇医者チームは……!?

引用元 TBS公式サイト

ジョーカーはエースこと波佐間にガンを治して命を救ってもらった過去があることを告白。ゆえに扱いにくいエースのサポートをしていたのでした。

オペ看のクイーン(松下奈緒)も、命を助ける患者の選別をするエースに不満を漏らすものの、エースに助けられた過去があると言います。

エースは、大金を用意できる副総理の羽場(伊武雅刀)と話をして、ジョーカーの説得も聞かずに「治す価値がない」と、手術をしないと決めるのでした。

そんなジョーカーが声をかけたのは、投資家の渋谷(池松壮亮)。渋谷は総資産の8割である「800億円」という法外な金額を提示され、躊躇するも仕方なく応じます。

しかし渋谷は投資家として詐欺まがいの投資行為を行ってきていて、多くの人を死(自殺・家族心中など)に追いやっていた悪どい人物だとわかります。それでもジョーカーは助けるべきだとプレゼンしますが、エースは「助ける価値がない」と治療をしないと言います。

渋谷は、エースに断られて、死を決意して自殺を図ろうとして、同じ会社の部下だった才津(入江甚儀)が助けます。

そして、才津は渋谷に昔は夢があったこと、2人の夢を懸命に叶えるために、頭を下げて資金を集めた時のことを思い出してほしいと言います。

渋谷は、才津と一緒に必死にお金を集めていた日々を思い出します。そして当時、日本の深刻な後継者問題がわかったと話す才津。

技術者たちを守りたいと、純粋に思っていた当時の渋谷。

渋谷は才津と一緒に当時の夢を叶えるために、死ぬ日までに必死に起業を回って、営業をするのでした。

そして、必死に営業を重ねていた渋谷が客先で倒れてしまった時、クイーンとスペードが駆け付け、渋谷を運びだしアジトに搬送。

エースは渋谷が生きる価値があるのか?を再び熟考し、手術をする決意をし、斬新な手法で見事、渋谷の命を救うのでした。

【Get Ready】2話あらすじネタバレ

ジョーカー(藤原竜也)と深く関わる、千秋(市川由衣)が、一人息子を城和大学附属小学校に裏口入学させるため、2億円を用意しろと訪ねて来る。
その城和大学は近年、坊城理事長(柄本明)による裏口寄付金プロジェクトで莫大な金を得ていた。
金の亡者となった坊城理事長は、副理事長で息子の康之(三浦貴大)にその座を降ろされた上、ガンで余命数か月と宣告される。
しかし、交渉のため現れた闇医者チームのジョーカーに、自分が死ぬとしても2億円以上は払えないと断る。
「金のない‘理想’は無意味」と語る坊城理事長に隠された秘密とは?そしてその言葉に引っかかったエース(妻夫木聡)は、果たして坊城の命を救うのか!?

引用元:https://www.tbs.co.jp/getready_tbs/story/

OA後に追記します!

【Get Ready】3話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

【Get Ready】4話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

【Get Ready】5話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

【Get Ready】6話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

 

【Get Ready!】登場人物・キャスト出演者

本日も晴天なり結婚相手役は大原正道【鹿賀丈史】でモデルについても

波佐間  永介(はざま えいすけ) (通称:エース)  …  妻夫木 聡

孤高の天才執刀医。昼間は自身の店であるパティスリー「カーサブランシェ」でパティシエをしており、手術と同様にその器用さと大胆なアイデアで繊細なケーキを作り販売している。しかしそれは表の顔で、裏では法外な報酬と引き換えに超人的なオペ技術でどんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる絶対的存在である。パティスリーの地下には最新機器を取り揃えたオペ室があり、他で見放された患者を対象にオペを行っている。

コメント

ついに撮影がスタートしました。日曜劇場ではなかなか見られないようなにおいを発したドラマになっていると思います。一から何かを作り上げていこうというスタッフさんの気概を感じましたし、堤監督はじめスタッフキャスト一同、新しいものを作り上げようと現場で頑張っております。
生きる意味とは何だろう? と、波佐間が問うように、僕自身も役とともにその意味を問いただしながらこの役を作り上げていきたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

依田  沙姫(よだ さき) (通称:クイーン)  …  松下奈緒

凄腕オペナース。過去は謎に包まれているが、オペナースとしての腕は超一流。相手が誰であろうと自分の言いたいことをストレートにぶつける。エースには皮肉も言える間柄であり、ジョーカーとも友好的な関係を築いている。

コメント

日曜劇場は久しぶりの出演となりますが、台本を読んで、このストーリーをどうやって体現していくのかな? と思いました。これまで見たことのない内容になりそうなので期待に胸が膨らんでいます。 エースを支え、サポートしながらオペをする完璧なオペナースを演じるのですが、オペ室のセットが素晴らしくて、味方をしてくれます。オペシーンでは思いもよらないことが起きてしまうこともあるのですが、出来る限り本物のオペナースに近づけるよう、頑張りたいと思っています。
また、堤組は今回初めて参加させていただくので、本当に楽しみです。堤監督は冷静だけどすごく温かみを感じる監督で、いろいろとさりげなく助けてくださるので、とても心強いです。
今回のドラマは、カッコよくもありスタイリッシュなドラマだと感じたので、それに合わせて髪もこれまでで一番短くカットし気合を入れました。クイーンは謎が多く、まだ語られていないのですが、カッコよくて自由な女性を演じたいと思います。
日曜の夜はぜひ『Get Ready!』をご覧いただけるとうれしいです。よろしくお願いします!

白瀬  剛人(しらせ ごうひと) (通称:スペード)  …  日向 亘

若き万能ハッカー。闇医者チームに加担し、カルテ情報の盗み出しは勿論、闇医者チームを狙う監視カメラやNシステムなどをことごとくダウンさせる技術を持つ。さらにドローンの操縦も天才的。AR技術を駆使し、罠が仕掛けられているような場に交渉に行かねばならないときなどは、ドローンから立体映像を投影しエースやジョーカーたちがその場にいるように見せかけたりもする。

コメント

デビュー当時からお世話になっている妻夫木さん、藤原さんのお二人に加え、初めてご一緒させていただく松下さんとの4人での撮影が多く、日々勉強させてもらっています。
先輩方からいろいろ吸収しながら自分なりの白瀬を作っていきたいと思いますし、堤(幸彦)監督のもとで芝居させてもらえるのがとてもうれしく、監督に演出していただいている貴重な時間を丁寧に大切に過ごしていきたいと思っています。
性格も年齢もキャリアも違う4人がひとつのチームとなって、各話のゲストのバックボーンとその先を医療を通して描く作品となっています。 皆さま、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思っています。よろしくお願いします!

染谷  慈恩(そめや じおん)  …  一ノ瀬 颯

千代田医科大学附属病院・第一外科・外科医。院長の剣持にオペの才能を見込まれて、呼び寄せられた逸材。剣持玲於奈の婚約者。仮面ドクターズの存在を気にかけている。

コメント

出演することが目標であった、歴史あるTBSの「日曜劇場」に携わらせていただけることに、心から感謝しています。
今回指揮を執ってくださる堤監督の作品の中で、特に『SPEC』はオンエア当時夢中になって観ていたので、一生に一度でいいからご一緒したいと切に願っていました。今回実現したことが夢のようです。
クランクイン当初、名だたる先輩方とご一緒することにプレッシャーを感じていましたが、監督、そして座長の妻夫木さんをはじめ、みなさんがとても優しく接してくださるのでリラックスして現場に臨むことができています。
僕が演じる染谷は、視聴者と同じ目線で闇医者チームと向き合う役柄なので、本作の“今までの医療ドラマのイメージを一新するような”世界を、みなさんと一緒に楽しめたらと思います!
楽しみに準備して待っていてください!  

POC(ぽっく)    …  三石琴乃

謎の占い師。

コメント

「謎の占い師」ということで、いまだに私も分からないことだらけ(笑)。神出鬼没なところは面白いです。ふと物語の「肝」を伝えたり、世界を俯瞰して見ていたり。やはり、ちょっとした「能力」があるのでしょう。
堤監督には、以前オーディオドラマでお世話になりました。今作の撮影では、その場その場で堤エッセンスを加えられて一瞬動揺しますが、なんだか面白いです。エンターテインメント増幅装置みたい(笑)。POCのシーンでは、監督がその場でセリフや動きを追加してくるので、付いていくのに必死です(笑)。
池松壮亮さん演じる渋谷隆治の生き様は胸を逆撫でされます。そして闇医者チームと接触し価値観が崩壊した彼に「生きる価値」はあるのでしょうか!?  「日曜夜9時は『Get Ready!』を全員見るべき!」と占いが出ています。私の占いは絶対なのです…。

橋元  芙美(はしもと ふみ)  …  橋本マナミ

千代田医科大学附属病院・第一外科・外科医。

コメント

今回初めての医者役で日曜劇場に出演させていただけることを大変うれしく思います!
主演の妻夫木聡さん、堤幸彦監督のタッグをはじめとした豪華キャストのメンバーに加わらせていただけることも、とても光栄です。
現場の雰囲気は和気藹々としていて、共演の多い医局のメンバーとは撮影の合間に自主練をしたり、お芝居についてみんなで話しながら作品を作っております。
私が演じる橋元芙美は、優秀な外科医かつ今まで演じたことがないようなキャラクターで、役作りを楽しみながら挑戦させていただいています。
『Get Ready!』がどのような世界観で繰り広げられるのか、皆様楽しみにしていてください。

嶋崎  水面(しまざき みなも)  …  當真あみ

高校生。パティシエ・波佐間と彼が作るケーキの大ファンで、パティスリー「カーサブランシェ」に足繫く通っている。一見ごく普通のケーキが大好きな女の子だが、時折寂しげな表情を見せることも。

コメント

波佐間さんのお店に通う、波佐間さんのことが大好きな女子高生役なのですが、クールでミステリアスな雰囲気にひかれる気持ちが分かります。波佐間さんはちょっと塩対応ですが、あんな店員さんがいたら、通ってしまいそうです。
闇医者チームの皆さんが、ダークヒーローみたいでカッコイイ! 放送で手術シーンを見るのが楽しみです

剣持  玲於奈(けんんもち れおな)  …  結城モエ

千代田医科大学附属病院・剣持院長の娘。染谷慈恩の婚約者。

コメント

私にとって初めての日曜劇場です。
毎回、台本を楽しく読ませていただいてますが、現場でさらに堤監督の演出の面白さを感じながらお芝居するという贅沢な日々を過ごしております。
私たち大学病院チームにとっての正義、そして、闇医者チームの正義。
一体何が正解で、この先どんな展開が待ち受けているのか・・・。
私自身、興味津々にその先を思いながら撮影しています。
大学病院という組織を通して、多くの人の命を救うことを真剣に考えて生きる玲於奈。真剣がゆえの強さも持ち合わせた女性です。最後までしっかり演じきれるように、頼もしいスタッフと共に頑張ります。
皆さまに楽しんでいただけますように。

幾田  洋一(いくた よういち)  …  中山麻聖

千代田医科大学附属病院・第一外科・外科医。

コメント

幾田洋一役の中山麻聖です。現場ではスタッフの皆さんや共演者の外科医チームと共にアレをやってみたりコレをやってみたりと様々な試みをしています。
堤監督からいただいたものをどう表現したらよいのか、毎回撮影を楽しみながらも何とか食らいついていかなければ、と日々気合いを入れて撮影しています!
闇医者チームには負けないこの気合いで、この作品を盛り上げていけたらと思っていますので日曜の夜の1時間、一緒に観ていただければ幸いです。ドラマ『Get Ready!』、最後まで楽しむ準備はできましたか?

汐留  明(しおどめ あきら)  …  田野倉雄太

千代田医科大学附属病院・第一外科・研修医。

コメント

日曜劇場という枠への出演が決まりうれしい反面、身が引き締まる思いです。
私が演じる汐留明は主に医局でのシーンが多いのですが、重いテーマを扱うドラマの中で箸休めのように観ていただける楽しいシーンが多くなっています。
ただそこには細かい演出が込められていて、楽しいだけでなく学びになることも多くあります。
例えば「みんな常に何かを食べている」というルールの下で、食べ物にキャラクターが反映されたりしています。
そういった細かいところに注目して観ていただきたいです。

台場  虹江(だいば にじえ)  …  長見玲亜

千代田医科大学附属病院・第一外科・研修医。

コメント

もともと日曜劇場がすごく好きでよく観ていた枠だったので、出演が決まった時はうれしさと緊張で撮影が始まる前からドキドキした時間を過ごしていました。
いざ撮影が始まると、とっても明るい雰囲気で共演者の皆さんとセリフの練習をしたり、お喋りしたりと楽しく撮影しています。
台場は食いしん坊でいつも声の大きな明るいキャラクターです。普段の私とはまた違ったキャラクターなので、思い切った演技を心がけています!
是非楽しみにしていてください。

佐倉  亮一(さくら りょういち)  …  矢島健一

警視庁特務捜査課・課⻑。いつも温厚でとぼけた様⼦だが、実は切れ物で勘が鋭い。持ち前の包容⼒で、個性ある次世代の部下たちを統率している。

コメント

初めて堤組に参加させていただいたのは『ケイゾク』でした。当時まだスタジオドラマが主流の中、オールロケでワンクールの連ドラと画期的な試みでした。いつ終わるかわからないナイトシーン、いつまで待つのかわからない自分の出番、3日で一本撮り切るスケジュール、働き方改革の真逆?の現場でした。楽しかったぁ! 金ドラ枠のエポックメイキング。今回は日曜劇場枠のエポックメイキングとなるよう、チーム全員楽しんで頑張っています。乞うご期待! 観てね! 佐倉課長の矢島でした。

菊川  忍(きくかわ しのぶ)  …  片山友希

警視庁特務捜査課・刑事。どこか抜けている天然なところがあるが、時々ヒントになるような事をポロッと⾔う。

コメント

(撮影前は)初めての日曜劇場なのでとても緊張しました。堤監督の演出は予想外で面白くて、え! ここでも!? とワクワクしながらお芝居をしています。警察チームの面々も個性豊かで楽しいです。闇医者チームのエースたちを捕まえることができるのか、その辺りも楽しんでいただけたらうれしいです。よろしくお願いします!

東堂  雄彦(とうどう たけひこ)  …  菅原卓磨

警視庁特務捜査課・刑事。体育会系の⾏動派で、昔世話になった佐倉のことを尊敬している。

コメント

素晴らしい出演者、クリエイティブな精鋭スタッフで作られる『Get Ready!』に参加できることを大変光栄に思います。現場は緩急織り交ぜながら、穏やかかつスピーディに進んでいます。私が所属する警視庁特務捜査課は個性的でどこか1ピース欠けているキャラクターが揃った無敵チームに仕上がっているのでお楽しみにっ!最近の流行り病の後遺症で世界の価値観や常識が改めて見直され、いろんな分野が多様化され始めたこの時代に、人の命を通してエースが貴方に問います。「あなたに生きる価値はあるのか?」

加須  崇(かす たかし)  …  吉田涼哉

警視庁特務捜査課・元CSI。⼤阪出身でおしゃべり好き、せっかち。

コメント

日曜劇場『Get Ready!』にお声がけしていただき、驚きとうれしさで、本当に光栄です。今回、僕が演じさせていただくのは特務捜査課の加須崇で、アメリカ帰りの元CSI?(でもベタな関西弁多し)捜査官です。闇医者チームを捕まえる立場なのですが、どんなふうに闇医者チームと闘うのか、僕自身もまだ分からないので本当に楽しみです! 僕も含めた5名の捜査課のメンバーはそれぞれ一癖ある濃いめキャラを持ち合わせています。互いに足りないところを補うというか、そこがまた良いバランスをつくるような、バラバラなようでもチームワークは抜群! 僕も俳優業のほかに3人グループ・BREAK THROUGH(ブレイクスルー)でアーティスト活動をしていますが、「バランス」かなり大切です(笑)。是非「クセツヨ特務捜査課」も応援してください!!豪華で素晴らしい俳優陣、スタッフの皆様ばかりですのでここは大船に乗った気持ちで、僕自身の全てを懸けて引き続き撮影に臨ませていただきます。『Get ready!』放送まで是非楽しみにお待ちください!

久豆  番(くず つがい)  …  川本光貴

警視庁特務捜査課・ハッカー。パソコンオタク。引きこもりタイプで⼈と喋るのが苦⼿。

コメント

久豆番役を演じさせていただきます。川本光貴です。僕が演じる久豆番という役柄は、日本の警察にはなかなかいないハッカー役です。規律がある職業で、規律がない自分。職業も警察官。自分に迷いがありましたが、現場で監督から僕みたいな人間にもご指導いただき、現場のスタッフさん皆様に支えられながらやらせていただいています。同じ福岡生まれの妻夫木さんと共演するシーンは、なかなか訪れないんですが、いつか久豆がエースを見つけ捕まえられることを信じて演じていければと思います。初めての連続ドラマが日曜劇場。歴史ある現場で監督が堤監督。緊張しますが、自分のできるお芝居をぶつけていきたいと思います。自分もこのドラマで、しっかりとお芝居「Get Ready!」していきます。よろしくお願いします。

羽場  一郎(はば いちろう)  …  伊武雅刀

副総理。脳神経を断裂するも一命を取り止めるが、もう歩くことはできないと剣持院長に告げられる。

剣持  理三(けんもちあみちぞう)  …  鹿賀丈史

千代田医科大学附属病院・院長兼理事長。アジア医師会・会長。仮面ドクターズに嫌悪感を抱いている。

下山田  譲(しもやまだ じょう) (通称:ジョーカー)  …  藤原竜也

エースの相棒である交渉人。表の顔は優秀な国際弁護士。エースとの出会いをきっかけに、オペを行う患者と交渉する役割を担っている。

コメント

闇医者チームが斬新でストーリー展開も新しく、やりがいのある作品だと感じています。
毎回楽しみに脚本を読んでいるのですが、全貌がまだわからないので、妻夫木くんとも話しながら読み進めているところですね。
妻夫木くん演じるエースと支え合い、時に反発しながら物語が進んでいくんですけれども、エースとジョーカーには過去に何があって、どのようにチームを組んだのか?
そしてこの先どのような行動を共にしていくのか・・・? 非常に興味深いところです。
ジョーカーという役柄同様、妻夫木くんをみんなで支えていけたらいいなと思っています。
豪華なセットで豪華な俳優陣で一生懸命、撮影しております。楽しみにしていてください!

第1話ゲスト・渋谷隆治(しぶたに りゅうじ) 池松壮亮

闇医者チームから“生きる意味”を問われるハゲタカファンド「渋谷キャピタルパートナーズ」のCEO。
人生の勝ち組、順風満帆か と思われた矢先、渋谷は突然の余命宣告を受けて人生に絶望…
そんな時渋谷の前に現れたのが、交渉人・ジョーカーだった。
誰もが渋谷の執刀をすすめるが、エースはなかなか首を縦に振らず…エースの真意は果たして!

第1話ゲスト・才津明(さいづ あきら) 入江甚儀

渋谷と一緒に「渋谷キャピタルパートナーズを立ち上げたCOO。

キャスト引用元 TBS公式サイト

コメント引用元 TBS公式サイト

【Get Ready!】ネタバレ!原作あらすじキャスト脚本家のまとめ

内野聖陽と橋本マナミは同棲関係?フライデーの衝撃の過去についても

『Get Ready!』はTBS系日曜劇場で始まる超豪華な医療ドラマです!

手塚治虫さんの人気漫画「ブラック・ジャック」を彷彿させるような内容で、妻夫木聡さん演じる天才執刀医のエースを筆頭にした闇医者が、高額な治療費と引き換えに患者の命を救うというあらすじ。

演出は『20世紀少年』3部作や『TRICK』シリーズなどを手掛けた堤幸彦さん。脚本家は「全裸監督」の山田能龍さんなど5人が担当!原作のない1話完結のオリジナルストーリーです。

キャストは妻夫木聡さんのほか藤原竜也さん、松下奈緒さん、鹿賀丈史さんなど。そして第1話のゲストキャストには池松壮亮さんが登場します!

これは今後のゲストにも注目したいですね~(≧∇≦)

『Get Ready!』は1月8日よる9時からの放送です!ぜひご期待ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる