本日も晴天なり結婚相手役は大原正道【鹿賀丈史】でモデルについても

ドラマ「本日も晴天なり(ほんじつもせいてんなり)」はおよそ40年前に放送されたNHK朝ドラ・連続テレビ小説で、2022年9月から再放送がスタートしています!

原日出子(はらひでこ)さんが演じるヒロイン、桂木元子(かつらぎもとこ)がNHKアナウンサーからルポライター、そして小説家へと自分の夢のために奮闘する姿を描いた作品です。

朝ドラのヒロインといえば、気になるのは結婚相手!(≧∇≦)

元子の結婚相手役で旦那役となるのは大原正道(おおはらまさみち)で、鹿賀丈史(かがたけし)さんが演じています。

今回は朝ドラ「本日も晴天なり」でヒロインの元子の結婚相手役の大原正道についてご紹介していきます。

現在「赤いナースコール」に院長役でご出演中の鹿賀丈史さん。どんな俳優さんなのでしょうか!

目次

本日も晴天なりの結婚相手役は大原正道!ネタバレは

本日も晴天なりの意味とは?朝ドラタイトルの由来は実話から?

「本日も晴天なり」は1981年から1982年にかけて放送された第28作目の朝ドラ。全153話の放送でした。

東京で生まれたヒロインの元子(原日出子)は、戦時中の人材不足のなかNHKアナウンサーとなり、終戦を迎えた1年後に退職。結婚して主婦業をしながらルポライターとして活動を始め、そのご作家の道へと進みます。

仕事に生きがいを求めた昭和の女性の奮闘記です。原作はなく脚本を手掛けたのは朝ドラ『マー姉ちゃん』や『3年B組金八先生』シリーズなどの小山内美江子さん。

元子の結婚相手は大原正道。元子の兄、正大(福田勝洋)の中学校の先輩で、陸軍中尉です。

終戦後まもなく元子はアナウンサーの職を失うのですが・・・元子と正道(鹿賀丈史)の仲を早とちりした周囲の人たちにより、お互いの気持ちに気づいたふたりは結婚することになります♪

戦後は出版業をしていた正道。

ところがある日元子は転んでお腹の子を死産してしまいます (T_T)そんな元子を正道は精一杯励ますのでした。

その後元子は男の子を出産します。息子が3歳になったころ、正道の出版社が倒産してしまいます。元子は島根県松江市に移住を提案し、正道は松江の役所に就職が決まります。

それから2年。元子は女の子を出産します。

元子は育児、主婦業の傍らルポライターとして活躍することに。主婦業との両立は大変で、子供たちは、働く母親に猛反発!

また夫の正道が事故に遭うというピンチも・・・。

正道の妻として、母親として、1人の女性として、様々な選択をして、奮闘するヒロインが描かれます。

ということで、大原正道は陸軍中尉でしたが戦後出版業を営み、その会社は倒産してしまいます。その後は松江に移住し市の職員として働き始めます。

そんな大原正道を演じた鹿賀丈史さん。若いころと現在の活躍とは??

本日も晴天なり結婚相手の大原正道役の鹿賀丈史とは?

【本日も晴天なり】ネタバレ!原作あらすじキャスト脚本家まとめ

プロフィール

名前 鹿賀丈史(かが たけし)
生年月日 1950年10月12日(71歳)
出身地 石川県金沢市
血液型 O型
サイズ 身長180cm, 靴27cm
初舞台 1973年 劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター』

引用元 鹿賀丈史オフィシャルサイト

洋服の仕立て屋を営む父と、裕福な家の生まれの母親のもと、鹿賀丈史さんは石川県金沢市で生まれました。9歳から中学2年まで少年合唱団に所属し、高校では合唱部でテノールや指揮者としてご活躍されていたそうです。

クラシックの声楽家を目指していたところ、友人と一緒に受けた劇団四季のオーディションに合格。『ジーザス・クライスト=スーパースター』で主役を演じ話題となりました。

劇団四季を1980年に退団し、その後は舞台のほか映画やテレビにも出演するようになり、個性的なキャラで注目されていきます。

映画は1980年の松田優作さん主演の「野獣死すべし」では、主人公に銀行強盗の仲間に誘われ、野獣と化していく真田徹夫役を。そして「悪霊島」では主人公の金田一耕助役を!

真田広之さん主演の「麻雀放浪記」では、主人公の坊やに賭博を教え込むかなり悪党な(;^^)賭博師、ドサ健を演じました。

2006年の「デスノート」では主人公の夜神月(藤原竜也)父親、夜神総一郎役を。2013年の『映画 謎解きはディナーのあとで』はスーパースター・ヴァーゴ船長の海原真之介役でゲスト出演を。

2017年の「相棒」では国連犯罪情報事務局の元理事であるマーク・リュウを演じました。

2021年の「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」では内閣官房長官の板垣真二郎役でご出演。

鹿賀丈史さんはバラエティ番組でも大活躍(≧∇≦)90年代に超人気料理番組だった「料理の鉄人」の司会役は93年から99年まで続けられました。ものすごい豪華な衣装も話題となりましたね。

1996年から1999年にかけては「ポンキッキーズ」に「ドクターカガドル」役でご出演。

2000年から2002年にかけて「タイムショック21」の4代目司会としてもご活躍されました。

劇団四季退団後も、舞台にはほぼ毎年ご出演されていましたが、コロナのせいでしょうか2018年以降はご出演されていないようです。

ずっと第一線でご活躍されてきた鹿賀丈史さん。ではどんなテレビドラマにご出演されてきたのでしょうか?一部抜粋してご紹介させていただきます!

過去の出演ドラマ

1978年 大河ドラマ 黄金の日日
1978年 三男三女婿一匹
1981年 本日も晴天なり
1982年 Gメン’75
1992年 殺人捜査シリーズ
1993年 振り返れば奴がいる
1994年 静かなるドン
1994年 警部補 古畑任三郎 第8回「殺人特急」
1996年 古畑任三郎総集編 第25回「消えた古畑任三郎」

鹿賀丈史さんのドラマ初出演は大河ドラマ「黄金の日日」。以降大河ドラマは「徳川家康」「飛ぶが如く」「西郷どん」にご出演されました。

朝ドラは「本日も晴天なり」の1作品のみです。新しい朝ドラで鹿賀丈史さんのお姿も見たいですね~。

2時間ドラマにも多くご出演されたほか、「静かなるドン」シリーズでは鳴戸竜次役で。伝説のドラマとなった?「振り返れば奴がいる」では織田裕二さん演じる主人公の司馬の恩師で外科部長の中川 淳一を演じました。

「古畑任三郎」シリーズには2度ご出演されているほか、殺人捜査シリーズでは主人公を演じました。

最近の出演ドラマ

2004年 警視庁三係・吉敷竹史シリーズ
2010年 怪物くん
2011年 グッドライフ
2017年 精霊の守り人
2018年 大河ドラマ 西郷どん
2018年 忘却のサチコ
2022年 赤いナースコール

「警視庁三係・吉敷竹史シリーズ」では4年間続けて主人公を。

「怪物くん」では大野智さん演じる主人公の父親、怪物大王を演じています。こちらも鹿賀丈史さんらしいお衣装です(笑)

「精霊の守り人」はお亡くなりになった平幹二朗さんの代役として第3シーズンにご出演。

「恋はDeepに」では綾野剛さんの父親、太郎を演じました。そして9月26日に最終回を迎える「赤いナースコール」では病院長の榎木田誠を!

「赤いナースコール」はどんどん人が死んでいってしまいましたね(>_<)一番怪しかった石原医師(板尾創路)は猟奇殺人で逮捕されました。院長は石原医師から防犯カメラの映像が入ったUSBメモリを受け取っていますが、それには何が映っているのでしょうか?

「赤いナースコール」でキーマンとなる鹿賀丈史さんが演じる榎木田院長。どんな結末を迎えるのでしょうか(≧∇≦)

本日も晴天なり結婚相手役のモデルは土門周平!どんな人物?

本日も晴天なり兄の恋人千鶴子役は石井めぐみ!現在の活動は?

「本日も晴天なり」ヒロインの夫は鹿賀丈史さん演じる大原正道です。ヒロイン、元子のモデルは近藤富枝さんで、夫となる土門周平(どもんしゅうへい)さんが正道のモデルです。

本名は近藤新治さんといいます。

土門周平さんは1920年に東京に生まれ2017年にお亡くなりになりました。陸士官学校を卒業後部隊勤務をされ、終戦後はさまざまなお仕事をされたそうです。

警察予備隊に入隊され陸上自衛隊に勤務。教官などをされたあと防衛研究所に勤務されました。退官後も講義をされ、のちに日本軍事史学会副会長、戦略研究学会会長に就かれました。

多くの軍事史に関する著書も刊行されています。

土門周平さんが近藤富枝さんとご結婚されたのは1946年。土門周平さんが26才のころです。お二人にはドラマと同じで1男1女の子供がいます。

近藤家については情報がほとんどありませんでした。どうぞ「本日も晴天なり」を見てご想像ください。

本日も晴天なり結婚相手役は鹿賀丈史が演じる大原正道のまとめ

【赤いナースコール】ネタバレ原作あらすじは西垣と病院長が息子の復讐?

「本日も晴天なり」が現在放送中です。モデルは元NHKアナウンサーの近藤富枝さん。近藤富枝さんはNHKを退社後主婦業をされながらルポライターとなり、のちに小説家となりました。

そんな近藤富枝さんの自分の夢を追いかけ奮闘した姿を描いた「本日も晴天なり」。ヒロインは原日出子さんが演じています。

ドラマの夫役となる大原正道を演じたのは鹿賀丈史さん。劇団四季でご活躍後、テレビや映画などで大活躍されました。

劇団四季退団後は「野獣死すべし」「麻雀放浪記」などの映画出演で話題取りなり、バラエティ番組「料理の鉄人」のMC役をド派手な衣装で(≧∇≦)

最近では「赤いナースコール」大河ドラマ「西郷どん」などにご出演されました。

大原正道のモデルは近藤富枝さんの夫、近藤新治さん。土門周平というペンネームで軍事史についての多くの著書があります。

陸士官学校を卒業後戦地へ。終戦後は陸上自衛隊に勤務され、教官などを経てさまざまな役職に就かれました。ドラマでは出版業を営むも倒産、その後役所で働くことになるので、実話とは少し違うようです。

そんな土門周平さんを鹿賀丈史さんが演じています!「本日も晴天なり」再放送をどうぞお楽しみください♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる