じぞ恋7話ネタバレ!ルール違反の意味とは?

TBS火曜ドラマ「じぞ恋」こと「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜(じぞくかのうなこいですか?〜ちちとむすめのこうしんきょく〜」7話が2022年5月31日に放送されました!

主演は上野樹里(うえのじゅり)さんで、父親とともに”ダブル婚活”をスタートし、恋に仕事に苦悩しつつも奮闘する姿と現代の結婚観をリアルに描いたラブストーリー。

上野樹里さん演じるヨガインストラクターの主人公の沢田杏花(さわがきょうか)の恋の相手は、田中圭(たなかけい)さん演じる東村晴太(ひがしむら せいた)。2人はついに付き合うことになったのですが、晴太の元妻の安奈の言動が今後の2人の関係に関わってきそうな予感です。

安奈の言った「ルール違反」という言葉が話題になり、一体何がルール違反なのか?という声が。

また、杏花に思いを寄せる磯村勇斗さん演じる幼馴染の不破颯(ふわはやて)も新たな動きが。

今回はドラマ「持続可能な恋ですか?」7話のネタバレあらすじと、気になる「ルール違反」の意味についてまとめていきます。

▲今なら「持続可能な恋ですか?1話~最終回まで動画を見放題で視聴できます▲

また映画化された「99.9」の配信動画も。

・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士」

・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士」シーズン2

※12月29日放送の日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士」完全新作スペシャルも配信です

最近まで放送していたTBS金曜ドラマ「最愛」も全話視聴可能です。

※「最愛」を手掛けた監督とプロデューサーがドラマ本編を見ながら撮影の裏話や物語の謎に迫る「裏トーク版」も配信中です!

「最愛」と同じスタッフ陣のドラマ「リバース」「夜行観覧車」「Nのために」も見放題で視聴可能です。

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

以下の作品も見放題で視聴可能です。

・インビジブル

・日曜劇場マイファミリー

・山田太郎ものがたり(二宮和也出演)

・ブラックペアン(二宮和也出演)

・村井の恋

・日曜劇場「DCU」

・ファイトソング

・妻、小学生になる

・部長と社畜の恋はもどかしい

・「孤独のグルメ」シリーズ

・日曜劇場「日本沈没」のダイジェスト版

・『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(小栗旬・生田斗真出演)

・crisis 公安機動捜査隊特捜班

・花のち晴れ〜花男 Next Season〜(平野紫耀出演)

・花より男子(松本潤・小栗旬)

・ドラゴン桜【2021年版と2005年版のどちらも視聴可能です】

・アルジャーノンに花束を(山下智久主演)

・映画「娼年」

・【木ドラ25】30歳まで童貞だと魔法使いになれるらし

・日曜劇場「TOKYO MER」

・協奏曲(田村正和・木村拓哉・宮沢りえ出演)

・男女7人夏物語

・ただ離婚してないだけ

・日曜劇場「TOKYO MER」

・シェフは名探偵

・着飾る恋には理由があって

・ドラゴン桜2021・ドラゴン桜2005

・リコカツ【スピンオフの「リコハイ」も】

【田村正和出演作品】

・「パパはニュースキャスター」1話~最終回

・「パパはニュースキャスタースペシャル」などスペシャル版の全て

その他にも以下の人気作品など

◆俺の家の話

◆アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~

◆日曜劇場 天国と地獄

◆オー!マイ・ボス!恋は別冊で

◆MIU404

◆逃げ恥新春スペシャル

◆キワドい2人

◆私の家政夫ナギサさん

◆大恋愛

◆SPECシリーズ

◆逃げる恥だが役に立つ

◆アンナチュラル

◆凪のお暇

◆鬼滅の刃

◆半沢直樹

◆マツコの知らない世界

◆水曜日のダウンタウン

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

また先日亡くなられた三浦春馬さん出演の「おカネの切れ目が恋のはじまり」「ブラッディマンデイ1、2」「恋空」「こんな夜更けにバナナかよ」「君に届け」「ツーリスト」なども視聴可能です。

上記の情報は2022年5月30日現在の情報です。最新情報はParavi公式ホームページからご確認ください。

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

目次

じぞ恋7話ネタバレ!虹朗ファーストなのにルール違反?

持続可能な恋ですか田中圭の元嫁役は瀧内公美!せいたとの関係は?

メモを残し沢田家から出て行ってしまった颯(磯村勇斗)。電話をしても留守電、LINEも既読スルー。杏花(上野樹里)と林太郎(松重豊)は、突然姿を消したことを心配するも、颯はある場所へと向かっていた…
そんな中、ついにヴァネッサ(柚希礼音)に独立の話を打ち明けた杏花。ヴァネッサからは友人のコンサルタントを紹介すると意外にも前向きな答えが。ヴァネッサと一緒にレストランでその友人を待っていると、現れたのは意外な人物で…
一方、ついに付き合うことになった杏花と晴太(田中圭)は「結婚を前提にしないお付き合い」のルールを決めることに。晴太は、「虹朗(鈴木楽)ファーストで杏花は仕事ファーストでいこう」と決める。さらに2人はデートへ出掛けるもハプニングが起きてしまう。
同じ頃、父・林太郎の元に一通のメールが届く。それは明里(井川遥)からのまさかのデートのお誘いで、林太郎は慌てふためき…。
偶然にも杏花と林太郎、それぞれデートに出かけることになった父娘2人の行方は…?

引用元:https://www.tbs.co.jp/jizokoi_tbs/story/ep7.html

颯はなぜかフランスへ!

「メモを残し沢田家から出て行ってしまった颯(磯村勇斗)。電話をしても留守電、LINEも既読スルー。杏花(上野樹里)と林太郎(松重豊)は、突然姿を消したことを心配するも、颯はある場所へと向かっていた…」

颯は杏花の心配している様子のラインなどを見て、「もっと心配してもらわないと」とつぶやくのでした。

そして晴太から電話があり、颯がいなくなったことを心配そうに報告するのでした。

杏花が仕事に行くと、MIKAKOが颯のインスタを見て、たった今、空港にいるところがアップされていました。
それを見て、MIKAKOが「チャンスかも!男って失恋したら旅に出る」と言います。
そして、颯から杏花に連絡が。
リゾートような場所で笑顔の颯の動画で
「ボンジュール。連絡なしに、ごめんね!帰ったら話します」と。
元気ならよかったと安心する杏花。
杏花に「お土産楽しみに待ってて」とメッセージを入れる颯。
一方、颯は、フランスでスーツを着て、エリックと会っていました。
どうやらエリックに招かれたらしく、仕事の話のようでした。

颯は「認めてもらうまで日本には帰らない」と言い、「俺は何事も諦めが悪いからね・・・」とつぶやくのでした。

晴太の元妻と遭遇!母親としてのルール

一方、晴太は、働いている結婚相談所の、杏花が以前お見合いしてトラブルのあった瀬川から結婚する報告を受け、結婚式に出て欲しい、感謝していると言われます。
そして、杏花についても元気にしているか??と聞かれ、動揺する晴太でした。

「そんな中、ついにヴァネッサ(柚希礼音)に独立の話を打ち明けた杏花。ヴァネッサからは友人のコンサルタントを紹介すると意外にも前向きな答えが。ヴァネッサと一緒にレストランでその友人を待っていると、現れたのは意外な人物で…」

独立の話を聞いたヴァネッサは応援すると笑顔で言い、コンサルの友達と一緒に食事に行くから、一緒に来ないか??と誘われます。
ヴァネッサに独立のことを認めてもらえたと、晴太に報告する杏花。
そして食事に来た、コンサルの友人とは・・・なんと晴太の元妻の高見沢。

一度、晴太と一緒に見たことがあるものの、思い出せず「どこかでお会いしましたか??」と聞いてしまう杏花。

そして、相手がまさか晴太の元妻だと知らずに結婚のことを聞かれると「独立のこともあるので、結婚を前提としていないお付き合いをしている」と言います。

それを聞いて「それってどんな男!?」と驚くヴァネッサ。
普通に誠実だと答える杏花に、高見沢は「わかる!!私も同じ条件」と、離婚して子持ちであること、そして、自分は仕事と育児と両立できないと思い、元旦那が子供を引き取ったと言います。

杏花は何も知らずに、「私の友達お同じで・・・」と晴太の話をするのでした。
そして杏花に、高見沢は「1つだけ、子供を傷つけないというルールさえ守ってくれれば、彼には幸せになって欲しいと思っている」と言い、それを聞いて「ルール・・・」とつぶやく杏花でした。

結婚を前提としない交際のルール

そして、杏花はその後、晴太と会った時に「ルールを決めましょう」と提案。
「どんなことがあってもにじろう君ファーストで行きましょう」と。
そんな杏花にお礼を言う晴太。
そして晴太は「(杏花は)独立を優先に」と言います。
お互いに無理なくと言う杏花。

また、晴太は「僕からもいいですか?」と言い、杏花の父親に自分たちが付き合っていることを報告しないようにしようと言います。バツイチ子持ちと付き合っていると知ったら心配するからという晴太。
杏花は隠すことはないと言いますが「もし、結婚したくなったら、気にせずに言ってください。その時は、終わりにしましょう」と言います。
それを聞いて「晴太さん・・・」と言う杏花。

そしたさらに杏花は「今度どこかにデートしたいです」と言い、笑顔の晴太でした。

休日デートをする親子

一方、明里は、婚活に身が入りません。
そして・・・林太郎にメッセージを入れます。
そこには「お願いの儀があり・・・」と堅苦しい言葉遣いで「近々私とデートしていただけませぬか」と。
デートの練習をしたいという明里に驚く林太郎でした。

そして杏花とのデート当日、元妻に、虹朗を預けて、杏花と会う晴太。
杏花は「晴太さんの好きな場所に全部連れってってください」と言うのでした。

一方、林太郎も明里とのデート(の練習?)に行きます。
林太郎は、明里を書道展に連れて行きます。
林太郎は、明里が骨好きということで、甲骨文字の解説をします。嬉しそうに笑う明里。
その後、ランチをする2人。

林太郎は楽しかったか??気にしていますが、林太郎といると楽しい、なぜか、お見合い相手の人といても楽しくないと言います。
すると林太郎は自分と結婚する気がないから、気楽だから楽しいいんだろうと答えます。
「そんなことはないです」と言った明里に驚く林太郎。明里は「そういう意味じゃなくて・・・」と言いながらも、婚活になった途端、恋愛がわからなくなったと言う明里。
「結婚のコツみたいなものはあるのか?」と行く明里に「コツは本来は骨のこと」と言い「自分と付き合うコツはわかった気がする。自分に嫌われないように誠実でいたい」という林太郎。
明里は「気がすすまないことはしない方が良いですね」と言い、笑い合うと、明里は急に胸がドキドキするのでした。

そして、杏花は、晴太の好きなインテリアのお店に行き、杏花がお見合いをした瀬川が結婚することを嬉しそうに報告する晴太でした。
その後、2人は、食事を買って、公園でランチします。
そして公園でいろいろなことを話しながら、過ごす2人。
杏花は「今の晴太さんに出会えてよかった、にじろう君がいる晴太さんが好きです」というと・・・なんと寝ていて聞いてない晴太。
そんな晴太に微笑んでキスをする杏花でした。
そして公園で寝てしまった2人。
目を覚ますと夕方に。

子供と一緒にディナー

すると、晴太の携帯に着信が。
虹朗を預けていた元妻からで、急に用事が入ってしまったから、迎えに行かなくては行けないと謝る晴太。
すると・・・杏花はある提案をします。

晴太は、妻と駅で待ち合わせて、虹朗くんをピックアップ。妻が仕事に向かうと、偶然杏花から連絡が入って、近くにいると嘘をつき「せっかくなんで、どこかで一緒に夕飯を食べよう」と言います。

虹朗くんが嬉しそうに家で、杏花の作ったカレーが食べたい!と言うので、カレーを作って食べることに。

そして家の近くに行くと、先に家に行って、家を掃除してくると言う晴太は、後から、杏花と虹朗くんでゆっくり来て欲しいと言います。

そして杏花は、クリーニングに翌日の結婚式の洋服を取りに行くことに。
するとクリーニング屋さんで虹朗くんの友達のママに会い、杏花がママでないことを知り、ママの家が同じマンションの別の部屋だと、無邪気に話す、虹朗くん。

それを聞いて戸惑う友達のママと、クリーニング屋の店員さん。
「それは進んでいる・・・」と言われ、不思議そうにする虹朗くんに、杏花は「いいな、虹朗くんは2つも家があって。パパとママ、それぞれ2倍遊んでもらえて」とフォロー。その様子を駆け付けた晴太が見ていて、杏花の対応に「ありがとうございました」とお礼を言う晴太でした。

家に戻ると、杏花の作ったカレーを嬉しそうに食べる虹朗くん。
杏花と虹朗くんが仲良くしている姿を見て、嬉しそうに写真を撮る晴太でした。

杏花は、夜になり、虹朗くんが寝ると、部屋を見渡します。
「二度とない毎日」と「虹朗くんが日々成長している。今日しかない今日のことを全部忘れたくない。」と言います。

ルール違反!?元妻が目撃

すると・・・晴太は、杏花に「いいですか?1枚も2人で撮った写真がないので」と言い、2人で2ショットの写真を撮影します。
そして玄関でお別れする2人でした。

別れた後、晴太は「やばいな・・・ちょっと・・・」とつぶやき、杏花は「ありかも・・・結婚」とつぶやき、「いやいや」と首を振るのでした。

晴太は、杏花が帰った後、杏花と一緒に撮影した写真を嬉しそうに見つめます。
しかし、杏花がスマホを忘れたのに、気付いて、スマホを届けに外に出ると・・・そこに仕事から帰宅した晴太の元妻が通りかかります。

離れた場所から2人を見て「家に??虹朗は??」とつぶやき、杏花の顔を見てびっくりします。
「これは・・・ルール違反かな」と言う、元妻でした。

一方、晴太は瀬川の結婚式に。
その式場のホテルの喫茶店には偶然にも颯が。
颯は、マレーシアに開業するホテルの支配人になったと誰かに挨拶しています。
一緒に働いてくれる人を探していると話しているのでした。

自宅では、林太郎が「林太郎さんへ」と書いてある手紙を見つめ「このままずっと言わない訳はいかないよな・・・」とつぶやくのでした。

そして・・・杏花のいるスタジオに訪ねてきたのは、晴太の元妻でした。

じぞ恋7話の元妻の「ルール違反」に反響!その意味とは?

偶然にもお互いにわからぬまま、晴太の元妻、晴太の今カノとして出会ってしまった2人。

そんな元妻が7話のラストで言った「ルール違反」が話題です。一体何がルール違反なのでしょうか??

杏花は、虹朗くんファーストで行動していたと思いますが・・・

おそらく以下の3つのどれか、もしくは全てなのかな?と思います。

①自宅に彼女を連れ込んだ

②虹朗くんが家に1人にして、2人で外に出ていた

③結婚を前提としないお付き合い

①に関しては、確かに、初対面で、いきなり家に彼女が来たら、虹朗くんも微妙な心境かと思いますが、一緒に引っ越しを手伝ったり、キャンプに行ったりと、虹朗くんと杏花の関係性が出来ているので、虹朗くんが傷つくことはないですね。

そういったことを知ったら、元妻はどうなのかな?と思います。

また、虹朗くんが、1人で家にいるのは、杏花がスマホを忘れてしまったアクシデントで、一旦は、1人で帰ると晴太に告げている杏花。

また「結婚を前提としない」は、虹朗くんに気遣って、晴太が決めたことだと思いますが、逆に元妻にとっては、微妙な条件なのでしょうか??

誤解が解けるといいのですが・・・元妻の安奈は、杏花のスタジオに現れて、不穏なラスト。8話はどうなってしまうのでしょうか??

じぞ恋8話のネタバレ予告!元妻はルール違反に言及する?

杏花(上野樹里)と晴太(田中圭)がマンションから出てくる姿を目撃した安奈(瀧内公美)。安奈は杏花のヨガスタジオを訪れ、そこで改めて杏花が「仕事ファーストで独立を成功させたい」と思っていることを知る。その様子にどこか無理をしているのではないかと思いつつも、安奈は杏花の独立へ向けたプランを提案するのだった。だが虹朗(鈴木楽)の母としては複雑な心境の安奈で…。
一方、林太郎(松重豊)は明里(井川遥)からお見合いを申し込まれ驚きを隠せずにいた。これは婚活の練習なのか、はたまた…明里の真意が分からず電話をするも、お見合い当日までの接触を断られてしまう。
そんな中、フランスから戻ってきた颯(磯村勇斗)が沢田家へ。颯は杏花に予想外の“お土産”を持ってきていて…
安奈のアシストの元、順調に独立へ向けて動き出した杏花だったが、晴太から突如SOSの連絡が…。虹朗が熱を出してしまい、学童へお迎えが必要だが晴太は仕事ですぐには戻れない場所にいるという。杏花は自分が迎えに行くと返事をするが、独立に向けた重要な打ち合わせに出なければならず…。仕事とプライベートの選択を迫られることになった杏花が選ぶのは…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/jizokoi_tbs/story/ep8.html

どうやら、元妻はいきなり、杏花に、晴太(田中圭)とのことを言わないようですね。

ちょっと安心。しかし、予告では元妻は「虹朗の良い母親になれる人としてほしい」と言っています。

それは・・・やっぱり杏花は、良い母親になれないってこと???

晴太に子供を託したということは、再婚相手について、あまり口出しできないですよね・・・。本当に嫌だったら、やっぱり自分が引き取るべきですし。

もちろん、あまりにもヒドイならば、言いたくなるのはわかりますが、杏花はとっても良い母親になれそうですが。

元妻の言動で、2人の関係がどうなるのか??気になる8話。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる