イチケイのカラスは原作と違いすぎるキャスティングとイケメンキャラ?

2021年4月スタートのフジテレビ月9は、裁判官が主人公のドラマ「イチケイのカラス」です!

竹野内豊(たけのうちゆたか)さん演じる主人公の入間みちお(いるまみちお)と、黒木華(くろきはる)さん演じる坂間千鶴(さかまちづる)という二人の真逆の裁判官が真実を掴もうとする姿を描くリーガルエンターテインメントとなっています。

実はこのドラマの原作は同名漫画の「イチケイのカラス」なのですが、ドラマと原作漫画ではかなり登場人物のキャラが異なります。

そもそも主人公が異なりますし、性別も変わっているんです(^^;)

ドラマスタート前からすでに、キャスティングと主人公のイケメンキャラに違和感を覚えている方も多いみたいですね。

今回は「イチケイのカラス」の原作漫画とドラマ違いを紹介し、その違いに違和感を覚えている視聴者の声もまとめてみました。

▼今ならドラマ「イチケイのカラス」フル動画を2週間完全無料で視聴できます▼

※FODでは、原作漫画もポイントでお得に読むことが可能です!「イチケイのカラス」はOA後に配信予定です。

※現在映画公開中の「シグナル~長期未解決事件捜査班~」の連ドラ、スペシャル版と原作になった韓国版の「シグナル」も全話期間内無料視聴可能です!

FOD(人気ドラマアニメ映画)https://fod.fujitv.co.jp/

FODは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

FODでは他にも以下の作品が視聴可能です。

【竹野内豊出演作品】

◆ビーチボーイズ

◆できちゃった結婚

◆素敵な選TAXI

◆氷の世界

◆BOSS

◆WITH LOVE

◆人間の証明

◆グッドパートナー 無敵の弁護士

その他にも

◆「北の国から」シリーズ(連ドラ版、初恋・帰郷など)

◆日本版「知ってるワイフ」及びスピンオフ「知ってるシノハラ」

◆韓国版「知ってるワイフ」

2020年、2021年に放送の「教場1」「教場2」

◆「リカ」「リカ リバース」

◆その女、ジルバ

◆青のSP スクールポリス

◆監察医朝顔

◆姉ちゃんの恋人

◆ルパンの娘シリーズ

◆さくらの親子丼

◆素直になれなくて

◆のだめカンタービレ

◆最高の離婚

◆コンフィデンスマンJP

◆探偵の探偵

◆映画「昼顔」

◆映画「ストロベリーナイト」

◆映画「ライアーゲーム」

◆木村拓哉作品 HERO、プライド、PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜、CHANGE、教場

◆アニメ 鬼破の刃

◆アニメ 約束のネバーランド

◆逃走中

◆戦闘中

その他ジャンルを問わず多数視聴可能です。

当サイト記事でおすすめしているのは、公式的に推奨されているFOD(フジテレビオンデマンド)です。

FODでは先日お亡くなりになられた三浦春馬さん出演の「ラストシンデレラ」「TWO WEEKS」「僕のいた時間」「奈緒子」「ガリレオ」「オトナ高校」「世にも奇妙な物語」が無料で視聴可能です!

FOD(人気ドラマアニメ映画)https://fod.fujitv.co.jp/

※本ページの情報は2021年4年4月時点のものです。最新の配信状況はFOD公式サイトにてご確認ください。

目次

イチケイのカラスは原作と違いすぎる?原作漫画「イチケイのカラス」とは?

【イチケイのカラス】ネタバレ原作!入間の過去の事件とは?

ドラマ「イチケイのカラス」の原作は、2018年に「モーニング」で連載されていた浅見理都さんの同名漫画です。

全4巻で人を裁く裁判官という職業を描いており、浅見理都さん自身初めての連載漫画となっているんです!

主人公は、とある地方裁判所の通称「イチケイ」に配属された若手裁判官の坂間真平(しんぺい)。

かなりお堅い性格で、裁判官という仕事にやりがいを持っているも面白みを見いだせずにいます。

そんな坂間が、先輩裁判官の入間みちおと、部長裁判官の駒沢義男と一緒に裁判官としての仕事をし成長していく姿を描く漫画です。

私も原作漫画を読んでみたのですが、これまで「裁判官」を主人公にした作品ってあまり無かったのでとても斬新で、裁判官という仕事についても分かりやすく描かれていたなと感じました!

そんな「イチケイのカラス」がフジテレビの月9で映像化されるのですが・・・

かなりキャラクターの設定が異なっていると話題になっているんですよね〜(^^;

以降でいくつか原作との違いをまとめていきたいと思います!

 

 

イチケイのカラスは原作と違いすぎるキャスティングとキャラとは?

①主人公が入間みちおでイケメンになった!

まずは原作漫画とドラマでは主人公が異なります。

漫画では若手裁判官の坂間真平ですが、ドラマ版は入間みちおが主人公!

そして漫画版の入間みちおは、眼鏡に小太りという中年裁判官なのですが(^^ゞ

ドラマでは、髭を生やしカジュアルな服装のイケメン裁判官となっています。

演じるのが竹野内豊さんで、原作の入間みちおとは全く違う風貌なんですよね〜。

ちなみに原作の入間みちおはこんな感じの男です!

続いてドラマ版の竹野内豊さん演じる入間みちおです!

ドラマでは原作と180度風貌を変えて、イケてるおじさんとして描くみたいですね。

その方が女性視聴者の評判も良さそうですよねやっぱり(笑)

ただ、イケメンではない風貌で、面白いキャラが人気でファンがいるという独特の主人公が面白い作品だけに、その辺りが表現されなかったのは、個人的に残念でした。

しかし、その中身は原作の入間みちおを踏襲していると思います。

絶対に冤罪を生むことの無いよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官。

原作では被告人の将来を見据えて判決を出す、熱い思いを抱いた人物として描かれており、元弁護士という経歴の持ち主です。

そのあたりがドラマでどう描かれるのかも注目したいところですね。

 

②坂間が男性から女性に変更!

そして原作で主人公だった坂間真平はさらに大胆なアレンジが加えられています。

なんと男から女に設定変更!

名前は坂間千鶴となり、黒木華さんが演じているんです。

ちなみに原作の坂間は以下のような風貌です。

まだ若い裁判官でシュッとした見た目で、鼻が高いためか入間みちおからは「鳥顔だ」なんて言われていましたね(笑)

性別と名前が変わりましたが、坂間の中身は原作漫画を踏襲しているようです。

優秀で将来を約束されたエリート中のエリートですが、冗談が全く通じない堅物なタイプと公式で紹介されていましたが、漫画の坂間真平もまさにそんなキャラ!

破天荒な裁判官・入間みちおと出会う事で、「判決を下すだけではなく、裁判官として何ができるのか?」という問いに直面することになって行くのだと思います。

 

ここまで大幅に原作とキャラを変更して大丈夫なのか?

と個人的には心配になってしまいますが・・・

実は原作者の浅見理都さんの了解のもとみたいですね(^^)/

公式サイトでもしっかりとその点が明記されれていました。

また、この坂間というキャラクター、実は原作上の性別は男。坂間真平という堅物な裁判官として登場するのですが、こちらも原作者の了承のもと、ドラマでは性別を女性にし、坂間千鶴という新たなキャラクターとして描いていきます。作品によって全く違う顔を見せる演技派俳優の黒木さんが、新たに誕生した坂間千鶴をどのように演じるのかご注目ください!

引用元:公式サイト

そして原作漫画を知っている視聴者からは、この大きなキャラ変更に違和感を覚えている方も多いみたいです。

以降でいくつか反響の声をご紹介します!

 

 

イチケイのカラスは原作と違いすぎるキャスティングとキャラに違和感のツイッターの声とは?

では、たくさんある声から一部をご紹介していきます。

結構原作とドラマの設定が違う事に違和感を覚える視聴者多いみたいですね(^^;)

私も原作を読んだ側からすると、入間みちおという人物はあのメガネで小太りな感じだからキャラ立ちしたようにも思います。

そんな「みちお」が竹野内豊さんみたいなカッコイイ容姿になってしまうと、ちょっと感情移入しづらい気も・・・

実際ドラマを見てみないと分かりませんが、もう少し原作を生かした見た目で描いても良かったかもしれませんね。

でもやっぱり主人公はイケメンじゃないと、視聴者を取り込めないのかも(^_^;)

月9で描く以上、その点はやむを得ないのかもしれませんが、だったら坂間真平を主人公にして、30代のイケメン俳優に演じてもらってもよかったのでは?

なんて思っちゃったりもしました!!

 

イチケイのカラスは原作と違うオリジナルキャラクターとは?

そして「イチケイのカラス」ドラマ版は、原作にはいないキャラクターも登場します!

書記官の石倉文太(新田真剣佑)、事務官の一ノ瀬糸子(水谷果穂)は原作にも登場しますが、書記官の浜谷澪(桜井ユキ)は原作には登場しません。

浜谷澪(桜井ユキ)

姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪。サバサバした性格で、冷静に物事を捉える観察眼を持つ女性です。芯が強く、裁判官のみちおや上司の川添に意見することもしばしば。三つ子の男の子を育てる母でもあり、「保育園のお迎えにいつも間に合わない!」と愚痴は止まらず、常に案件が山積みのイチケイから異動願いを出し続けているのですがなかなか受理されず……。働くママとして大忙しですが、文句を言いながらも書記官としての情熱は常に持ち合わせており、時に深夜に及ぶ検証作業にも真摯に取り組んでいます。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/ichikei/news/news04.html

中村梅雀さん演じる川添はモブキャラ的な感じで少し登場していたように思います。

日高亜紀(草刈民代)

最高裁判所判事。最高裁判所長官1名、最高裁判所判事14名の計15名で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリートです。坂間の司法研修所時代の上席教官であり、同じ長崎県出身の女性裁判官として、何かと坂間のことを気に掛けています。坂間にはいずれ、司法のトップである最高裁事務総局でキャリアを積んでほしいと考えており、事件の処理件数が信じられないほど少ないイチケイを立て直すために坂間を送り込んだのです。坂間もそんな日高のことを尊敬し慕っており、彼女の前ではつい長崎弁が出てしまうほど気を許しています。

 実はこの日高こそが、みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物。長い月日がたった今でもなお、みちおにとって日高は因縁の相手。一方、日高にとってもみちおの存在は目障りであり、坂間を使ってみちおに関する情報を収集しようとするなど警戒心を抱いています。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/ichikei/news/news03.html

一番気になる存在は、草刈民代さん演じる最高裁判所判事の日高亜紀です!

原作では一切登場しないのですが、ドラマでは入間みちおと過去に因縁があった女性として重要な役割を担うようなので注目したいと思います(^^)/

 

イチケイのカラスは原作と違いすぎるキャスティングとキャラ?まとめ

イチケイのカラスは全何話まで?最終回はいつ?

今回は「イチケイのカラス」の原作漫画とドラマとの違いをご紹介しました!

原作漫画では黒木華さん演じる坂間が主人公なのですが、ドラマ版では入間みちおに変わっています。

そして入間みちおは原作ではメガネの小太り中年ですが、ドラマでは竹野内豊さんが演じることでイケオジという設定に!

さらに坂間は男性から女性に変更と大胆なアレンジが加えられているんです。

原作者の了承をもとにキャラ変更をしているようですが、原作漫画を知っている人からすると、違和感を覚えてしまう方も多いかもしれません。

しかし、実際始まってみるとカッコイイ入間みちおも有りなのかも( ´∀` )

「イチケイのカラス」は4月5日夜9時スタートです。

原作を知っている方も知らない方も、楽しめる作品のように思いますので是非ご覧ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる