相棒15第11話のネタバレは大杉漣の資料に興奮?ダークナイトや亀山薫の名前も

スポンサーリンク

2017年一発目の相棒season15のタイトルは「アンタッチャブル」。

かわいいゲストキャストが登場するようです!

そんな1月11日放送の相棒15第11話のあらすじのネタバレと感想をまとめていきます!

 

 

相棒15第11話のあらすじのネタバレは?

都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。それを受け、刑事部長の内村(片桐竜次)は、自分に火の粉が及ばないよう、あらかじめ特命係に事件とかかわらないよう釘を刺す。ところが、そんなことはお構いなしの右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく事件現場に足を向ける。周辺の状況を確認した右京は、現場は人通りの少ない通りで、近くにコンビニなどもないことから、目撃者である少女はどこに向かおうとしていたのか気になる。すると、事件現場付近の空き家に中学生ぐらいの少年少女がたむろしているのを発見し、注意する。その中には、事件の目撃者である里奈(桜田ひより)の姿もあった。そんな中、中園(小野了)は、事件が起きた日が被害者の娘の誕生日だったことを知り、同じく娘を持つ父親という自身の境遇を重ね、事件の早期解決と上層部の命令との板挟みに苦悩する。実は、中園たちが頑なに口を閉ざしている目撃者・里奈の父親とは、警視庁副総監である衣笠(大杉漣)であった。さらに、その事件の背後で“ある人物”が特命係の存続にかかわる危険な裏工作を進めはじめて…!?

目撃者の少女との接触を禁じられ事件は迷宮入り…!?
そんな中、意外な人物が真相解明の突破口を開く!
そして、この事件をきっかけに特命係が“終わりの始まり”を迎える!?

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0011/

はい、予告動画です!

引用元:https://youtu.be/CFfWy5vacu0

え、なに?このかわいい女の子!!!と思って調べてみました!桜田ひよりさんと言います!

以下から確認できます。

あらすじは随時アップしていきます。

 

中園が大活躍?

 

スポンサーリンク

 

いつも内村(片桐竜次)と一緒に特命係の邪魔ばかりする中園参事官(小野了)さんがちょっと注目の回。

中園は被害者の死体の近くに、被害者が買った娘の誕生日ケーキが無残に落ちていました。これは、確かにかわいそう・・・。そんな話に心を打たれたのか、中園は特命係の前でワザと証人が衣笠(大杉漣)の娘だとバラします。

その後、衣笠とサイバー対策本部の青木(浅利陽介)の父親が幼馴染で父親のコネで警察に入ったことを知ります。

特命係の2人はそんな青木から衣笠とその娘の情報を聞き出し、里奈(桜田ひより)に会いに行きます。

そんな特命係の姿を見て青木は「特命係の終わりの始まりだ~」と微笑むのでした。

青木~何を企んでいるのか・・・。

ちなみに衣笠は、仕事柄怨みを買って脅迫されるなど危ない目にあっていたので、里奈は衣笠の娘だとバレないよう、危険を回避するために、妻の旧姓を名乗っていました。

 

特命係は里奈を連れて花の里に・・・

特命係はりなを連れて花の里に。中学生を小料理屋に連れて行くなんて(笑)

最初は証言を拒否していた里奈は、特命係に1つだけ父親に黙っていたことを話始めます。

いつもタバコを買う自販機があるので、その道を通ったことを話します。そして

「パーカーの男がイライラして煙草の自販機の前にいた。顔はちゃんと見てないと。」

里奈は、空き家のことがバレたら困るので、父親に「逆恨みしたら怖いから警察には行きたくない」と言ったのでした。

里奈は父親のことを「自分が全部正しいと思っている」と良く思っていない様子。

証言だけして「これでいいでしょ」と花の里を去るのでした。

 

花の里の後に現場に行った里奈に

現場の自販機の前にたたずむ里奈。

そんな里奈の後から特命係の2人が近づきます。

「さっき全部話した」と明らかに不快な態度。

しかし、自販機の前で右京さんは自然と里奈に質問して現場検証。

里奈は忘れていた当時の記憶を思い出して、犯人の手掛かりを掴むことができました。

さすが右京さん!

犯人が左効きで、とあるホームセンターの袋を持っていたことから、ホームセンターに行こうとする特命係の2人。

里奈は「私が行かなくていいの??」と聞きますが「犯人に顔を見られている可能性があるから危険」と断ります。

しかし特命係の2人が行っても聞きこみはできません。いつもの通り、捜査一課のイタミンに連絡して、来てもらうことに。

一方、里奈は現場の被害者への花束を見て「行かなきゃ」と右京達の元に走るのでした。

 

ホームセンターに到着する特命係だけど・・・

特命係は追い詰めた犯人が逃げてしまうことを想定して、捜査一課の到着を待っていました。

しかし、里奈が一足先に犯人らしき人を見つけ、追跡。ホームセンターの倉庫でその犯人らしき男は里奈を見て、事件の時にいた中学生だと気付き、襲われそうになる里奈。

そんな危機一髪の里奈のもとに、特命係の2人が里奈を助けたところで、イタミンたち捜査一課到着。って遅いよ~。

いたみんたちが犯人の男を連れて行った後右京は里奈に危険だったことを告げ叱ります。

里奈は「このことお父さんにわかる??」と聞くと。今回犯人に襲われたので、バレてしまうと答え「警察から聞く前に自分で話したらうまくいくんじゃない??」と言う亘。

しかし里奈は「うちはそんなに簡単じゃない」とつぶやくのでした。

職場で客にネチネチ文句を言われてイライラしてて「あいつぶつかったのに謝らないから。」「殺すつもりはなかった。脅かすつもりだった。大きなケーキなんて持ってるからあいつ幸せそうだなと思って、ムカついてきて。。」ってヒドイ動機・・・。

 

意味深ラストに今後の行方は?

事件の後、衣笠(大杉漣)はサイバー青木に「人より優れた能力を持ちながら、指揮系統に従わない人間」と特命係に何かをしようと企んでいる様子。

そんな衣笠に青木は嬉しそうな様子。

また衣笠は特命係の昔のことを調べていました。

衣笠が見ていた資料には昔の懐かしい名前や事件たちが。

以下、ツイッターでも盛り上がっていました。

今日の『相棒』、最後に歴代相棒ばかりか小野田官房長の名前まで出てきた! 衣笠副総監が読んでた資料に過去の事件関係者たちの名前もあったな。阿部貴三郎って、土曜ワイドの1話で亀山薫を人質にとって立てこもった男の名だよね。

 

今日の相棒で歴代の相棒リストが出て来て何だかうおーってなった!亀山さん、神戸さん、甲斐さん! どういう意味なんだろう??すごく意味深(°_°)

 

相棒面白かった。中園参事官ナイス! 歴代の相棒の名前がチラっと出てきてなんかうれしかった。しかしダークナイト事件・・・w いよいよ本筋が動き出してきた?

 

今日の相棒、中園参事官(小野了)カッコ良かったな(時々覚醒するw) 小野田公顕 亀山薫 神戸尊 甲斐享 懐かしい名前も見れたな

ちょ、泣きそうになってる。 歴代相棒の名前 てことはいつかカイトくん回期待しちゃっていいの、ね?

一方、右京と亘は花の里で話をしていました。

里奈と父親がどうなったか心配しながら右京は「私達は導火線に火をつけてしまったのかもしれない・・・」と意味ありげなことを言うのでした。

う~ん、意味深な終わり方。ってことは次回は・・・と思ったら笹野高史さんがゲストキャストのあっさり違う事件のようです。

このエピソードはまたどこかで語られるのか??映画でかな??気になるところです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です