ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 下町ロケット

下町ロケット2の感想と評判はイモトの泣き演技が上手いし重要キャラにびっくり?

TBS日曜劇場「下町ロケット」が遂にスタートしました!

阿部寛(あべひろし)さん演じる佃社長、竹内涼真(たけうちりょうま)さん演じる立花など、前回シリーズからの出演者もたくさん登場!

ロケット事業撤退?農機具の為のトランスミッション開発?など第一話から盛りだくさん。

そして、一番びっくりしたのはイモトアヤコさんの泣き演技でした(/ω\) 素晴らしかったですねー!!

今回は「下町ロケット」第1話のツイッター感想と評判をまとめてみました!

スポンサーリンク

下町ロケットのあらすじは?

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

 ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前(吉川晃司) から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

引用元:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/story/

 

出演者が豪華すぎ!

スポンサーリンク

帝国重工では財前(吉川晃司)が社員の前でロケット事業について熱く語っています。

その姿を見つめているのは、佃製作所の社長、佃航平(阿部寛)!

今回もロケットの打ち上げは無事成功しましたヽ(^o^)丿

その姿を見て、技術開発部の立花洋介(竹内涼真)は「次は俺がロケットのバルブを作ってみせる!」と意気込んでいます。

しかし、帝国重工では採算の取れないロケット事業を廃止する動きが着々と進んでいました。

現社長の藤間(杉良太郎)を排除しようと言う動きを見せる取締役の的場(神田正輝)

ロケット事業廃止の噂を聞き、衝撃を受ける佃や社員たち。

ロケットのバルブ供給は佃製作所にとっての精神的な支柱なんですよねー!

それが無くなる事は、何としても避けたいと財前に訴えるも・・・

「私はロケットを離れます。力不足です」と佃に告げるのでした(-_-;)

そして、帝国重工だけでなく、農耕メーカーからも取引縮小を告げられた佃製作所は危機に陥ります。

「技術一辺倒の時代じゃない。農機具なんて動けばいいんですよ!」と言うライバル会社ダイダロスの重田(古舘伊知郎)

「経営方針に見直しが必要なのかもしれない」佃は思い始めるのでした。

そこへ追い打ちをかけるように、経理部長殿村(立川談春)の父親が倒れたと言う一報が入り、殿村を実家に送り出す佃。

山﨑(安田顕)と共に殿村の実家新潟燕市に向かうと、そこには大きな屋敷があり、田んぼが広がっていました!

ここで佃は新たな夢を見つけ出すようです!(^^)!

いやー、それにしても新キャスト続々登場で豪華すぎです!!

以下ツイッターの反応です。

 

 

 

 

 

 

トランスミッション開発に意気込む

スポンサーリンク

殿村の田んぼでトラクターを運転する佃。その後ろでは殿村が土を耕しています。

トラクターだけでは十分に土を耕せず、人の手が必要な状況だったようです。そのため殿村の父(山本學)は過労で倒れてしまいました(/ω\)

トラクターの作業ムラの原因は、トランスミッションの性能の問題だと佃は特定。

「ロケットバルブのノウハウを生かせば新たな可能性が広がる?」

トランスミッション開発に興味を示し、ベンチャー企業「ギアゴースト」に接触する佃。

そこで出会ったのが社長の伊丹(尾上菊之助)と副社長の島津(イモトアヤコ)

バルブ供給事業に組み込むため、大手企業「大森バルブ」とのコンペに挑むことになりました!

以下、ツイッターの反響です!

 

 

 

 

 

竹内涼真を見て陸王と混乱?

トランスミッション開発のリーダには軽部(徳重聡)が選ばれ、立花(竹内涼真)、加納(朝倉あき)がチームを組むことに。

しかし、軽部と立花はことあるごとに対立!

立花は初心に帰り、かつて制作した人口弁「ガウディ」こそが佃製作所のロケット品質であることを思い出します。

ガウディを依頼した市村教授(今田耕司)を訪ね、人工弁ガウディを心臓に入れながらも元気にサッカーをする少年の姿を目にする立花。

「ロケットで培った技術が子供たちの命を救った」 市村の言葉に涙する立花(/ω\) 

佃も「ロケット技術を諦めない!そのためにも目の前の仕事を邁進する」と誓うのでした!(^^)!

竹内涼真さん、ブラックペアンに続き、一話から泣きの演技を見せてくれました( ノД`)シクシク…

以下、ツイッターの反響です。

 

 

 

 

 

 

確かに、陸王と下町ロケットの雰囲気似てますよね!

同じ池井戸潤さん原作小説で日曜劇場のドラマなので、混乱した視聴者も多かったみたいですね。

 

 

コンペの結果は?? イモトの泣き演技が良い!

スポンサーリンク

コンペに向けてバルブを完成させた立花。

軽部も「いいんじゃない?」とOKを出してくれました!

大森バルブの辰野(六角精児)はハイスペックバルブを作成し自信満々。

そしてコンペ当日。ギアゴーストが選んだ方は・・・

佃製作所のバルブでした!!

「強度が強い。圧倒的な差です!!思いついたとしても実際に作れるなんて・・・」

感激のあまり涙する島津(/ω\) このときのイモトアヤコさんの涙の演技が素晴らしかったですね!

イモトアヤコはこのドラマで、かなり重要キャラみたいです。

コンペに勝利した佃製作所の面々。しかしその裏ではかつて敵対した弁護士中川(池畑慎之介)が動き始めていました・・・

このまま一筋縄では行かなそうです(;^ω^)

ラストで池畑慎之介さん、恵俊彰さん、内場勝則さん、中村梅雀さんと豪華キャストが怒涛の如く登場!

キャスティング費用とんでもないことになっていそうですね( ゚Д゚)

以下、ツイッターでの反響です。

 

 

 

 

 

 

まとめ 怒涛の展開でイモトの泣き演技にやられた!

 

一時間半スペシャルあっという間に終わってしまいました!とても面白かったです(^^♪

前回シリーズに負けじと怒涛の展開で、見入ってしまいましたよね!(^^)!

以下、視聴者の放送後の感想です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターでの意見も絶賛の嵐でした(^^♪

あえて文句を言うなら、出演者が豪華でたくさん過ぎで、誰が何の役なのか良くわからなかったところでしょうか( ´∀` )

そしてやっぱり、イモトアヤコさんの涙・・・これにやられちゃいましたよねー!

今回は竹内涼真さんではなく、イモトアヤコさんの泣きに軍配が上がった感じです。

徳重聡さんの嫌味な演技もはまってましたよね!

来週は特許侵害?前回シリーズでも同様の話しが有ったような(;^ω^)

第二話早く見たくてたまりません!

 

 

下町ロケットの最近記事

  1. 下町ロケット第10話動画を無料視聴する見逃しフル【12月16日】

  2. 下町ロケット9話動画を無料視聴する見逃しフル【12月9日】

  3. 下町ロケット8話動画を無料視聴する見逃しフル【12月2日】

  4. 下町ロケット最終回はいつ?放送日と全何話かと延長理由は視聴率?

  5. 下町ロケット6話動画を無料視聴する見逃しフル公式【11月18日放送】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP