サバイバルウェディング風間俊介【和也】原作ネタバレ!行方不明の理由は?

波瑠(はる)さん主演の婚活ドラマ「サバイバル・ウェディング」。

寿退社したその夜に浮気が発覚して婚約破棄、新しい職場の条件は「半年以内に結婚しないとクビ」というぶっとんだ設定が面白いですよね(^_^)

でも婚約破棄しておきながら、風間俊介(かざましゅんすけ)さん演じる元婚約者・和也(かずや)がさやかに執着しているのが気になります。

今回は、そんな元婚約者・和也(風間俊介)の原作ネタバレをまとめていきます!

※重要なネタバレを含むため、知りたくない方は絶対に見ないでください!

 

 

目次

和也(風間俊介)とさやか(波瑠)の出会いは?

[https://dorama-netabare.com/archives/40091]

さやかは寿退社した夜、和也(風間俊介)の部屋のベッドにピンクの下着を発見します。

これから結婚するんだし、ショックだけど1回の浮気くらい許すしかないか・・・

と覚悟したさやかですが、和也の答えは

「さやかとは結婚できない。終わりにしよう」

という別れを告げるものでした。

さらに、

「結婚結婚って重いんだよ」

「さやかといると辛いんだ」

と追い打ちをかけます。

結婚できないなら、もっと早く言って欲しいですよね~。

浮気がバレてバツが悪いからって、言葉のチョイスもヒドイ!

このように終わった4年間の付き合いですが、二人の出会いは高校時代でした。

予備校で、さやかは和也(風間俊介)に一目惚れ。

和也が着ている制服から通っている高校を調べ、学園祭に行って和也の前を何度も通り過ぎ、やっと声をかけられました。

さやかもけっこう執念深いタイプですね(^_^;)いや、行動力があるのかな?

ですが県内一の進学校に通い、サッカー部のキャプテンである和也は、女子たちの憧れの的。

さやかはただの顔見知りになることしかできません。

そのため、高校のときは予備校の帰りに自転車置き場で和也を待ち伏せし、「じゃあな」と言われることだけが楽しみな、片想いで終わりました。

しかしその後、社会人になって東京で再会。

なんと和也の方から声をかけてくれ、さやかは運命的なものを感じました。

そして、高校の時に手に入らなかったものがようやく手に入ったからか、さやかは和也を

絶対に失いたくない

と思います。

だから、結婚も強引にすすめてしまったのですね。

 

さやか(波瑠)は和也(風間俊介)の連絡先を削除

[https://dorama-netabare.com/archives/39403]

さやかは新しい上司の宇佐美(伊勢谷友介)に、

復縁したいなら2週間連絡を無視しろ

と言われます。

和也(風間俊介)からは「久しぶり、元気か」「式場キャンセルしておいた」などとメールが入りましたが、さやかはアドバイス通りに無視。

すると和也の方から

「会って話さないか」

とメールが!

いよいよ2週間ぶりに再会しますが、宇佐美の作戦により、さやかは30分で切り上げて

宇佐美の車に乗り込むところを見せつけます。

それを見て、和也は嫉妬。

なんとさやかの自宅の前で待ち伏せしていました。

「上司とこんな時間までいっしょにいるのか?」

と強引にキスをして抱きしめ・・・

その後、さやかと和也は体だけの関係を3回続けてしまいます。

さやかが「私たちってどんな関係?」と聞くと、和也は

「お互い仕事が忙しいし、しばらくは今のままの関係でいいんじゃないかな?」

と、セフレ宣言。

さやかは、和也(風間俊介)にとって都合のいい女にされていたのです。

この関係に悩んださやかは、宇佐美に相談。

「新しい自分になってリセットしろ」

という助言を受け、和也との思い出の品や写真を捨て、連絡先も削除します。

新しい自分になることを決意しました。

ここで、一度きっぱりと別れるわけですね。

 

和也(風間俊介)とパーティで再会

 

 

ですがその後、また再会することになってしまいます。

宇佐美といっしょに行ったあるブランドのレセプションパーティに、和也(風間俊介)が来ていたのです。

しかも、赤いドレスを着た女性と親しげな様子。

そんな和也を見て、さやかはソワソワしてしまいます。

その後、酔いつぶれた宇佐美をタクシーに乗せようとすると・・・

和也が

「会いたかった」

「もう一度話さないか」

そう言いながら、さやかを抱きしめます!

さやかは本当はまだ好きな気持ちが残っているので、心が揺れますが・・・

意志を強く持ち「行かない」と断り、タクシーに乗り込みます。

 

和也(風間俊介)の浮気女(石田ニコル)と修羅場!

[https://dorama-netabare.com/archives/39454]

その後、柏木祐一(吉沢亮)と出会って和也のことは忘れていたのですが・・・

誕生日に和也から電話がかかってきます。

連絡先を削除してしまっていたので、仕事相手からの電話かとうっかり取ってしまったんですね。

「誕生日くらい何かさせてくれ」

と言う和也の誘いに乗り、さやかは和也とホテルのバーへ。

すると、和也は自分の部屋に誘います。

さやかは「私たち別れたじゃない」と断りますが・・・

元カレと誕生日を過ごすことくらい普通だ、と自分に言い聞かせ、和也のマンションへ向かってしまいます。

そして、和也の部屋にさやかから先に入ると

なんと、キッチンからエプロンをした女が出てきました。

パーティで赤いドレスを着ていた女です。

その女は

「私たちもうすぐ一緒に暮らすんです。もう会わないでもらえますか」

「私たちずっと付き合ってたんです。和也あなたのことセフレだって言ってました」

と、さやかを罵ります。

「早く出て行ってください。和也は追いかけませんから」

さやかは追い出され、みじめな気持ちのまま誕生日を終えました。

 

和也(風間俊介)の本音が泣ける!

 

 

その後、さやかは祐一との関係がうまくいきかけていました。

そんな時、和也(風間俊介)の同期から電話がかかってきます。

「さやかちゃんのところに和也行ってないかな?ずっと会社休んでるんだ」

和也の会社が大規模なリストラを行い、同期の中で和也だけが子会社へ出向することになったのです。

数年経ったら戻れるような、ただの出向ではありません。

和也が出向するのはもう採算が取れない会社で、本体からいつ切り離されてもおかしくないような所。

和也は、リストラされたのです。

同期は「一度和也に会ってやってくれないか」と言いますが、さやかは正直もう関わりたくないというのが本音でした。

そのため「考えておく」と伝え、電話を切ります。

すると、数日後。

さやかが帰宅すると、突然和也が声をかけてきます。

目に力がなく、髪がべたっとして、まとっている空気がいつもと違いました。

目の焦点も合っていません。

「さやか、俺が悪かった。やっぱりお前がいないとダメなんだ」

和也は、さやかを抱きしめます。

酒くさい和也(風間俊介)を、さやかは押し返しますが、和也は無理やり抱きつきます。

「さやか、俺とやり直そう。な、俺のこと好きなんだろ」

さらに強引にキスをしようとする和也。

「やめてって言ってるでしょう。わたしがどんな思いしたか分かってるの?」

さやかが押し返すと、和也は力なく倒れ込みました。

急に婚約破棄しておきながら、仕事がうまくいかなくなったら復縁しようと迫るなんて、最低ですよね。

もう相手にするのはやめよう、とさやかが和也のそばを通りすぎようとすると・・・

「怖かったんだ」

和也がつぶやきます。

「さやかに自分を見せるのが怖かった。

ずっとさやかの前で自分を演じてたんだ。仕事だって容量よくこなしてただけで実力なんてなかった。

自分よりできる男なんて死ぬほどいる。俺はどこにでもいるダメなやつなんだ。

さやかにそれを見せるのが怖かった・・・」

和也(風間俊介)は、涙を流しました。

「さやかの思っている俺はとっくの昔からいないんだ。

仕事ができるフリをして、ずっと自分を演じてた。

何も持ってない自分を見せて、嫌われるのが怖かった。

自分をさらけ出せる他の女と関係を持って、孤独を散らしてた。俺はそういう男なんだ」

そんな和也の告白を聞き、さやかは

4年間も付き合っていて、和也がそんなに苦しんでいることに気づかなかったこと、心の内を知ろうとしなかったことを反省します。

ですが、もうさやかの心は和也にはありません。

「できるよ、和也なら。私が寝てからこっそり仕事してた。

いつも接待で帰りが遅いのに、日曜日は朝早くからゴルフに出かけてた。わたし、すごいなって思ってた。

だから和也ならなんとかなるよ」

さやかはそう励まします。

和也(風間俊介)はそれを聞くと「ありがとな、さやか」とお礼を言い、さやかはその場を立ち去ります。

こうして、二人の関係は完全に終わりました。

さやかは、祐一のことをもっと知りたい、もっと知るように努力しよう、と決意します。

 

まとめ

[https://dorama-netabare.com/archives/40014]

最初の別れの時に言っていた

「さやかといると辛いんだ」

という言葉は、和也(風間俊介)がさやかの前では自分をさらけ出せないからだったんですね。

この葛藤を聞くと、和也のことの憎めなくなってきますね。

むしろ人気の風間俊介さんが演じることで、ドラマではかえってさやかに批判が集まってしまうかも?(^_^;)

さやかだって十分ヒドイことをされていますが、最後に「和也には出来なかったけど、祐一のことはもっと理解できるように努力しよう」と思うあたりが、なんとなく和也を踏み台にしている気がしなくもない・・・。

いや、そんなひねくれた考えは私だけでしょうか(笑)

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる