西郷どん川口雪篷役は石橋蓮司!若いころから現在までアウトレイジなど出演作品は?

毎週日曜夜8時から放送されている大河ドラマ「西郷どん」

2018年6月24日(日)には第24回が放送予定です。

鈴木亮平(すずきりょうへい)さん演じる吉之助が牢獄に入っちゃうんですけど・・・

あ~。どうなっちゃうんでしょう。

そして、謎の書道家:川口雪蓬(かわぐちせっぽう)役で石橋蓮司(いしばしれんじ)さんが出演されます。

今回は、石橋さんのプロフィールや若い頃から現在までの出演作品についても調べてみました。

 

 

目次

石橋蓮司のプロフィールは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/37615″]

名前:石橋 蓮司(いしばし れんじ)

生年月日:1941年8月9日

出身地:東京府荏原郡(現:東京都品川区)

身長:178 cm

血液型:AB型

現在、年齢76歳の石橋さん。

もうすぐ80歳!

わあお!!そう考えると、すごい若いですね!!

今もなお、俳優として活躍されていて、いつまでも元気で何よりですね~。

石橋さんは、中学生時代の1954年に母親に連れられ近所にあった「劇団若草」に所属されました。

石橋さんのご両親は離婚されていたそうで、母は石橋さんと旅館で住み込みで働き、生計を立てていたそうです。

貧しい中でも、石橋さんを劇団に連れて行き、才能を開花させるとは!

母は強いですね~。

13歳のとき東映児童劇映画第1回作品「ふろたき大将」で主役デビューすると、17歳で「劇団若草」を辞め、大学を中退すると、「劇団青俳」の養成所に入所。

本格的に役者としての活動を開始されました。

「劇団青俳」を退団されてからも、「劇団現代人劇場」や「劇団第七病棟」など劇団の旗揚げに携わり活躍を続けられてきました。

現在は、ドラマ、映画、ナレーション、声優、NHK人形劇など、幅広く活躍されているのです。

これだけ多くのお仕事をされていたら、年を感じる間もなさそうですね。

 

石橋蓮司の出演作品は?

 

 

映画

ふろたき大将(1955年)

子連れ狼 冥府魔道(1973年)

華の乱(1988年)

新選組(2000年)

半落ち(2004年)

さくらん(2007年)

HERO(2007年)

鴨川ホルモー(2009年)

人間失格(2010年)

アウトレイジ(2010年)

HOME 愛しの座敷わらし(2012年)

紙の月(2014年)

グラスホッパー(2015年)

ラーメン食いてぇ!(2018年)

ドラマ

大河ドラマ

陰陽師(2001年)

赤ひげ(2002年)

家政婦は見た!(2003年)

相棒 Season4(2005年)

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(2006年)

「義経」(2005年)

「風林火山」(2007年)

「龍馬伝」(2010年)

連続テレビ小説

「芋たこなんきん」(2007年)

「つばさ」(2009年)

「花子とアン」(2014年)

フリーター、家を買う。(2011年)

神の舌を持つ男(2016年)

ヘヤチョウ(2017年)

DOCTORS〜最強の名医〜(2018年)

石橋さんの出演作品を若い頃から取り上げていたら、とんでもない量になったので、抜粋しちゃいました。

凄いですね~。

デビューされてからは毎年のようにドラマ、映画で活躍されているんですから。

沢山のヒット作に出演されている石橋さんですが、やはり映画「アウトレイジ」ですよね。

北野武(きたのたけし)ことビートたけしさんが監督を務めたこの映画!

もう超怖い。(笑)

けど、おじさま達がカッコイイんですよね。

北村総一郎(きたむらそういちろう)さんを始め、三浦友和(みうらともかず)さん、國村隼(くにむらじゅん)さん等々、沢山のおじさま豪華俳優が揃ってるんです。

石橋さんは、村瀬組組長の村瀬(むらせ)役で出演されていたんですが・・・

この役にハマりまくっていて、その道の人なのかと混乱させられましたよね。(笑)

ヤクザっぽい高級スーツもサングラスも似合い過ぎてるし。

と思いきや、最近では映画「ラーメン食いてぇ!」に出演された石橋さん。

主演は、中村ゆりか(なかむらゆりか)さん、葵わかな(あおいわかな)さん。

石橋さんは、紅烈士役で出演されているんですが、とっても優しいお爺さん!

なんか癒されるし、このお爺さんの近くに寄り添っていたいな~なんて思わせるほど。

色々な役をこなされますよね~。

石橋さんほどの役者になるには何年かかるんでしょう。

“日本の宝”といっても過言ではない俳優さんのように感じます。

 

石橋蓮司の「西郷どん」での役柄は?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/37475″]

石橋さん演じる川口雪蓬の役柄は以下です。

沖永良部に流人となって10年の偏屈な書家。大酒飲みで牢に入った西郷のもとにやってきては時勢を述べ議論をふかっける変わり者。島津久光の書庫にあった書物を金欲しさに質に入れ、流罪になったという逸話もある。

やがて西郷と意気投合し、薩摩に召還されると西郷家に居候する。生涯西郷家を支え、西郷隆盛の墓の文字は雪蓬が書いた。

なんか、吉之助にとって重要人物となるんですね。

生涯西郷家を支えるとか、カッコよすぎるんですけど!

大河ドラマは常連の石橋さんの演技にも注目です。

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/37063″]

石橋さん、もう76歳ということにまだ驚いているんですが!

若い役者さんにも引けをとらず、さすがの貫禄ですよね。

ひと際存在感のある脇役さんです。

今後も、まだまだ頑張ってその素晴らしい演技と存在感を見せて欲しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる