相棒で仲間由紀恵【社美彌子】はロシアのスパイ?過去エピソードや石坂浩二との関係も

スポンサーリンク

いよいよ今年2017年秋も相棒の季節がやってきました。

相棒ファンにとっては嬉しいシーズンですよね。

相棒15からはそれまで、時々出演していた仲間由紀恵さん演じる社美彌子がセミレギュラーとして出演しています。

そんな社美彌子の過去どんな事件に出演していたのでしょうか?過去出演エピソードについてまとめてみました。

また、まだ明かさせていない「ロシアのスパイ疑惑」「ハーフの子供」などについて正体についてネタバレします。

また気になる甲斐峯秋(石坂浩二)との関係についてまとめてみました。

 

相棒15初回SPでは反町隆史の上司役で登場

相棒15初回SPでは反町隆史さん演じ冠城亘の広報課の上司役でした。

あれ?冠城亘って特命係じゃないから、相棒じゃないじゃん!と思っていたら初回のラストで急展開。

冠城亘が元上司日下部に社美彌子の素性を探るように命じられます。

そこでいろいろ情報をゲットした冠城亘は、美彌子に自分が身辺を探る命令を受けたことを知らせて、特命係に戻してもらえるように持っていきました。

冠城亘は、やっぱり頭がいい策士ですね。

このことで、いろいろな情報がわかりましたが、社美彌子の謎が更に深まりました。

 

仲間由紀恵演じる社美彌子とは?

警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向という形で広報課長に就任。アメリカに亡命したロシア人スパイと深い関係があるとみられ、公安調査庁からも極秘裏にマークされている。私生活では一人娘を持つシングルマザー。亘が自分の周囲を調べるよう命じられていることを知り、亘が希望する特命係への異動を峯秋に働きかけた。

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/

上記は公式の人物紹介です。

シングルマザーですが、子供は外人って、最初から謎でしたが、ちょっとずつ謎を明かしてくる方法を取るみたいです。

子供はロシア人スパイの子供ってことだと思いますが、その変もちゃんとドラマでは明かされていません。

 

 

社美彌子の過去の出演エピソードとは?

 

スポンサーリンク

 

始めて社美彌子さんが出演したのはseason13 1話、初回SP

この回のストーリーは

ロシア人スパイのヤロボロク・アレンスキーがアメリカ大使館へ亡命して、ある情報で社美彌子の名前が浮上。

そして事件はヤロボロクのスパイ活動に協力した日本人男性7人がいることが判明。7人のメンバーが次々と殺されていく連続殺人が発生。

ロシア人の殺し屋の犯行かと思われたこの事件は美彌子の上司の天野(羽場裕一)

によるものだった。

ロシアに通じていた美彌子を脅したメンバーを天野が美彌子を守るために殺害したのでした。とうの美彌子は、無傷で、なにもおとがめなしで、警視庁(広報課課長)に出向。キャリアに傷をつけることはありませんでした。

と、この事件も後味が悪かったのを覚えています。仲間ゆきえも原因を作っておいて、何も傷を負わないラストでした。

 

season13 第10話 元旦SP「ストレイシープ」

この元旦SPは石田ひかりさんがゲスト出演した人気の元旦SPでしたね。

この回で美彌子は甲斐峯秋(石坂浩二)に事件関係者の調査を指示されました。

この回は出番が少なかった仲間さんでした。でもそれでもちょろっと出演させるということは、やっぱり後のレギュラー化を想定していたんだと思います。

 

season13 第15・16話「鮎川教授最後の授業」

2話に渡って放送されたエピソード。

これ、結構面白くて、好きなエピソードの一つです。

鮎川教授は、元旧華族出身で東大法学部名誉教授など華麗な経歴を持つ人物。この鮎川は優秀な東京大学出身の教え子たちを古希を祝う会合として自分の自宅に招集。

その中の一人が右京。そしてその会合で久々に社美彌子に会います。そう美彌子は鮎川の最後の教え子だったんです。

そしてその会合での食事で呼ばれたメンバーは睡眠薬を盛られて眠らされて地下室に監禁されます。

そして地下室で目覚めが優秀な教え子たちに「何故、人を殺してはいけないのか―――経験と知識を用い述べよ」と試験用紙を与えて、レポートを書かせるのでした。

そして私を納得させなければ、殺すと恐ろしいことを言うのでした。

そんな事件に右京と美彌子が挑んでいくという話です。あれ、美彌子って東大出身だったんだ??と気づかされた冒頭でした。

そして、この回は仲間さんが右京の相棒になるという貴重なストーリー。

清水綋治さん演じる鮎川教授のサイコパスぶりが最高でした!そして石野真子さんも重要なポジションで出演。

前後編になっていて、とっても見ごたえがあって、かなり面白いので、まだ見ていない人はおすすめです!

 

社美彌子の謎とは?

「ロシア人スパイ」「ロシア人との子供」など、なんとなく謎をバラしていますが、はっきりとその秘密が解明されていない社美彌子。

なので、その正体を予想をしちゃいます。

以下、ツイッターです。

仲間由紀恵がロシアのスパイと繋がってしまったという証拠を元に冠城が特命係に戻ることになろうとは。今回だけでも色んな伏線があったので面白すぎるw

 

とりあえず仲間さん演じるヤシロの謎が気になる!! あの女の子とヤシロの関係は? ロシアのDMも謎 あと最後に殺された男も気になるわ!

 

今帰宅、そして相棒…どうして仲間由紀恵さんはロシア語の手紙読んでるんだ…?

 

仲間由紀恵がロシアのスパイって本当なのかな?深読みしすぎかな?

 

相棒の新シリーズに仲間由紀恵が出てきそうで残念。以前にスパイに疑われた東欧系の外交官の愛人になって、その子を育てていた。また出てくるとは思わなかった。まあ何とか我慢して見るしかないか。

 

社が初回の最後の場面でスパイ男を殺した容疑で逮捕される。仲間さんさようなら。 ②青木が警察嫌いな理由が明らかになりながらも、永遠に特命係共々警察全体を虐めてやるということで16以降も残る予想。

いろいろ謎に困惑している人多数ですね。

やっぱり仲間由紀恵がロシアのスパイという予想が多いですが、ただ単にロシア人のスパイと恋愛関係にあって子供を作っただけで、スパイではない可能性もあります。またスパイの愛人説もありますね。

 

相棒15最終回SPでスパイ容疑や子どもの父親の真実発覚!

2017年の相棒シーズン15の最終回はなんと仲間由紀恵さん演じる美彌子のメイン回でした。

サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官である青木(浅利陽介)が、自身のスキルを悪用し、広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)の私物のパソコンに進入。美彌子の娘と思しき少女が映った写真や動画を密かにのぞき見た。異変を察した美彌子が、青木とは別の捜査官に調査を依頼した結果、侵入の痕跡が発見され、首席監察官の大河内(神保悟志)が調査に乗り出す事態となる。その後、真っ先に疑いを掛けられたのは、亘(反町隆史)だった。どうやら美彌子が、ハッキングを許した理由を、亘から届いた怪しげなメールにしか心当たりがないと申告したらしい。亘は、そんなメールなど送っていないというが、亘のパソコンから美彌子にメールした痕跡ばかりか、パソコンに侵入した痕跡まで発見されてしまう。

そんな中、美彌子に風間楓子(芦名星)と名乗る週刊誌の記者から取材依頼がある。パソコンから流出したと思われる少女の写真を入手した彼女は、そのネタを記事にするつもりらしい。美彌子は、取り乱した様子もなく冷静に取材を拒むが、実際にその後、『警視庁美人広報課長は国際派シングルマザーだった!?』という下世話な記事を書かれてしまう。結果、亘は不正侵入のほか、個人情報漏洩の疑いまで掛けられ憤慨する。それまで、事の成り行きを静観していた右京(水谷豊)だったが、雑誌に掲載された少女の写真の背景が気になっている様子。それは、ロシア独自の風習を捉えたものらしく…!?

独自の調査に乗り出した右京は、なぜか東京拘置所に拘禁されている元内閣情報調査室の室長・天野(羽場裕一)のもとを訪れる。少女の父親は、アメリカに亡命したロシアの元スパイ・ヤロポロクの可能性がある、と天野に自身の推理をぶつける右京。背景には、2年半前に天野が起こした連続殺人事件の真相が知りたいという意図があった。それは、右京と美彌子が初めて直接接点を持った事件。ヤロポロクの亡命が発端となり、天野が国を裏切ってロシアに情報を流していた4名の日本人に私刑を下した事件だった。警視庁としては、その事件自体は“過去のもの”だったが、将来を嘱望されたキャリアと、ロシアの元スパイが通じていたとなれば大問題になる。副総監の衣笠(大杉漣)をはじめ上層部の人間は、美彌子を追求するが、彼女は一向にひるむ様子がなく…!?

疑惑の渦中に巻き込まれた亘と、独自の捜査を始めた右京
美彌子とスパイ、そして殺人を犯した元上司の関係は!?
右京、亘、美彌子。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、
スキャンダラスな騒動は、衝撃のラストへと繋がる!

引用元:引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0018/

ということで、上記以降のあらすじは、雑誌に『警視庁美人広報課長は国際派シングルマザーだった!?』という記事が載ってしまった後、ロシアのスパイ容疑を疑う副総監の衣笠(大杉漣)をはじめ上層部の人間に尋問されたみやこに、子供の父親が誰なのか?スパイ・ヤロポロクの子供ではないのか??と質問するが、クールに「プライベートなことなのでお答えできません」と答えます。

 

その後、美彌子と甲斐峯秋(石坂浩二)一緒に食事をして事件の話をしていました。この2人何の関係が??と思ったら以降で発覚。

更に諦めず美彌子を呼び出してスパイ容疑や子供について聞く衣笠(大杉漣)たち上層部たち。

しかし美彌子の口から驚きの言葉が。

「皆さんの考えているようなことではありません。ヤロポロクと深い関係があったことから国を裏切ったに違いないと思っているのでは?襲われたんです。乱暴されたんです。それでできた子供です」

これだけだと、嘘じゃない??と疑われますよね??しかーし

「娘の存在だけ取り上げて疑惑を膨らませるのはやめてください。証言してくれる人ならばいます。」と美彌子が言った後に現れたのはなんと甲斐峯秋。

甲斐峯秋は「当時、彼女に相談されて・・・被害届を出すことをすすめるので精一杯だった。」

美彌子は「ヤロポロクが帰国するのを防ぐために、被害届を出さなかった」

「どうして中絶しなかったのか?」の質問に「宿った子に罪はありませんでした。」と答える美彌子。

そして「最後にはっきりと言わせてください。私は国を裏切ってはいません。」と美彌子。

また甲斐峯秋ははそんな美彌子をかばうのでした。

引用元:https://dorama-netabare.com/archives/9797/2

ということで、上層部には子供は乱暴されてできた子だけれど、ロシアのスパイではないと言い切ったみやこ。

甲斐峯秋が出てきたことで上層部も何も言えなくなりましたね。

しかーし、怪しい。嘘くさい・・・。スパイじゃないかもしれないけど、何かロシアと関係してるのでは??と思う終わり方でした。

それに甲斐峯秋と美彌子がどんな関係なのかも、イマイチ不明。これからいろいろ、2人の関係性も出てくる可能性があると思います。

そしてこの回で驚愕の真実が。『警視庁美人広報課長は国際派シングルマザーだった!?』という雑誌記事のネタをリークしたのは美彌子本人だったことを右京がつきとめます。

リークした理由としては「秘密を持っている方が危険。暴露してしまった方が良い」そして今回の情報提供が誰が味方で誰が敵かを見抜くための「リトマス試験紙」とするためとのこと。

 

ちなみにまとめると

・美彌子が自分の味方と敵をあぶり出すために、自分の秘密を雑誌社にリーク

・美彌子は追及された上層部には「子供はロシア人スパイのヤロポロクに乱暴されてできた子だ」と説明。そして甲斐峯秋が美彌子の証人で味方として現れる。

・美彌子が上層部に言った「乱暴されてできた子」ということは、事実はかは疑わしいのでロシアのスパイ説の疑惑はまだ以前残っている。甲斐峯秋との関係もこれから具体的な事実が出てそう

 

という訳で美彌子に関してはこれから、新たな真実が出てきそうな予感です。

ちなみに「相棒15最終回SP」のあらすじは以下に詳しくまとめてあります!

その際は随時アップしていきます!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です