シグナル6話ネタバレ感想は誘拐事件の真相は?桜井【吉瀬美智子】は死ぬの?

フジテレビの火曜ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」。

健人(坂口健太郎)さんが大山(北村一輝)に教えた内容が原因なのか??

過去を変えてしまう事態に!?

しかも元窃盗犯(平田満)が出所後に誘拐事件を起こし、娘(吉川愛)も火事にあったような、回想シーン。

一体何があったのでしょうか?

今回はドラマ「シグナル」第6話のあらすじネタバレをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

シグナル第6話のあらすじネタバレは?

1998年、高級住宅地で連続窃盗事件が発生。捜査に行き詰まった大山(北村一輝)から無線で助けを求められた健人(坂口健太郎)は、過去を変えることは危険だと感じつつも、プロファイラーとして事件解決の糸口を伝える。すると翌日、事件ファイルから捜査に関する記録が消滅。事件発生から20年経っても未解決だったはずの事件は、1998年に犯人逮捕で幕引きを迎えていた。

逮捕されたのは元窃盗犯の工藤雅之(平田満)。被害者による目撃証言に加え、健人の言葉通り被害者宅の郵便受けを調べたところ、指紋が検出されたらしい。しかし過去の捜査資料によれば、工藤は現場に指紋ひとつ残さない慎重なタイプ。さらに、工藤が逮捕後も犯行を否認し続けたことから、健人はこの一件が誤認逮捕で、自分の言葉が無実の罪を生んだのではないかと動揺する。

 

その矢先、刑期を終えて出所したばかりの工藤が誘拐事件を起こす。被害者は矢部香織(野崎萌香)という大学の研究員で、両親と暮らす自宅で拉致された後、行方が分からなくなっていた。捜査本部は金銭目当ての誘拐だと断定するが、現場に多くの証拠が残されていることに違和感を覚えた健人は、犯行の動機が怨恨(えんこん)ではないかと推理。その理由を確かめるため無線機を手に取るが、無線から聞こえてきたのは「工藤は犯人じゃありませんでした」という悲痛な声。そして大山は、健人がもっとも恐れていた事態について話し始めて…。

一方、矢部家には香織本人から電話がかかってくる。おかげで監禁場所は特定できたものの、美咲(吉瀬美智子)はなぜ香織が電話できたのか、ふに落ちない。するとそこへ健人から連絡が入る。実は、工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、工藤の娘は事故で焼死。その際、香織とその父・英介(小須田康人)との間にある接点が生まれたという。

そしてそれこそが、工藤が香織を誘拐した本当の理由だった――!

引用元:https://www.ktv.jp/signal/story/06.html

大山(北村一輝)が事件を解決しようと頑張ってしまったことで、最悪の事態に。

しかも・・・吉川愛さん演じる工藤の娘が事故で亡くなっていたとは・・・。

工藤が誘拐事件を起こした理由は、どう考えても娘の死ですね。

そして気になる回想シーンに出てきた火事。

真相ですが・・・知りたくない人もいると思います(^_^;)

知りたい人は、以下の記事にまとめているので、是非ご覧ください。結末までネタバレしているので閲覧注意です。

 

また第6話のあらすじネタバレと感想はOA後に随時追記していきます!

 

この事件は未解決のままで良かった・・・

1998年、目撃証言と指紋から工藤を捕まえた大山。しかし犯行時刻に別のアリバイが有ったので工藤は犯人ではなかった! 

警察の上からの指示で工藤は冤罪になってしまったようです(/ω\)

「工藤は犯人じゃなかった、この事件は未解決のままで良かった」

大山は苦しみ、犯人逮捕のてがかりを教えた健人も責任を感じます。

工藤の逮捕と並行して、娘和美はバスに乗っていましたが、事故でバスは炎上し和美は亡くなってしまいます。

そのバスの炎上をテレビ越しに見る工藤と大山。

偶然乗っていた香織とその父親矢部は無事救出され生き残ったんです。

あの映像を見る限り、矢部は香織の救出を優先させているように見えましたね・・・。

工藤は和美が助からなかったのは、矢部親子のせいだと思ったのかもしれません。

冤罪で長い間刑務所生活を送った工藤。火を見ると錯乱していたようですし、和美を炎上事故で失ったことが、彼のトラウマになります。

工藤はやり切れない気持ちをどこかにぶつけたく、2018年に出所後に香織を誘拐し父親の矢部に自分と同じように娘を失う苦痛を味合わせようとした? 逆恨みですよね?? 正直あまり同情は出来ませんね・・・

冤罪がさらなる悲劇を生んでしまいそうです・・・。

工藤は密かに矢部をバス事故現場近くに呼び出していました。

それに気づいた健人と美咲も現場へ急行。果たして香織を助けられるか??

 

美咲は死んでしまう?

 

スポンサーリンク

 

バス事故現場近くで工藤と矢部が対峙!

工藤は矢部に自分と同じ苦しみを味合わせようとします。近くには冷凍トラックが!

矢部はトラックの中に監禁されている香織を助けに向かいます。

工藤を発見する健人。香織はどこか尋ねると冷凍トラックを眺める工藤!

矢部は冷凍トラックを必死に開けようとしますが、そのトラック実はフェイク!

香織が監禁されているトラックは別のところにあり無事救出されます。

冷凍トラックにはガスが使用されている事に健人は気づきます。矢部の殺害が工藤の真の目的なんでしょうね。

美咲も矢部に合流し冷凍トラックを開けますが、やはり香織はいません。

中に入りスイッチを入れる美咲。何故スイッチを入れたのか少し謎ですが・・・

するとトラック爆破。美咲は亡くなってしまいます・・・(/ω\)

え、吉瀬美智子さん途中で退場ですか?? ショックなんですけど好きなんです私!!

美咲の死により周囲は悲しみに包まれます。キム兄も泣いてましたね(≧▽≦)

「刑事として一番ちゃんとしているものは持ってそうだ」美咲は健人を評価してくれていたんです!

法医学教室の安西からその言葉を聞いた健人は・・・どうする?

 

連続強盗事件の真犯人は?

健人は美咲の思いのためにも、冷静に1998年の事件を考え直します。

目撃証言は本当なのか? 3件の窃盗事件の共通点は? そして白石智弘という目撃者を怪しみます。

1998年の大山も今一度目撃者の白石智弘に話を聞き、証言の矛盾点を付きます。

「手口は素人なのに、セキュリティーが厳重な家に侵入できたのはなぜか?」

白石智弘の証言は嘘で、自作自演の可能性があると指摘。

しかし白石は大企業の社長の息子。だから警察は圧力をかけもみ消そうとしていたようです。

警察上層部は、本当に腐ってますね。現実にももみ消しがあると思うとほんと悲しいです(≧▽≦)

ここで健人と大山は無線で通信開始!

「工藤は殺人を犯し、捜査員が犠牲になった」と大山に伝える。

「白石智弘の供述は不審な点がある。白石は工藤を知っていたはず、その接点を見つければ犯人を捕まえるいとぐちになるかも!」という健人。

「犯人が隠したものが決定的な証拠になる」と大山に伝え、健人は2018年の工藤から手がかりを聞き出そうとするのでした。

大山と健人で協力捜査をして未来を変えようとしています!!

健人は工藤から有力な情報を聞き出すことは出来るか??

 

まとめ 吉瀬美智子死すの衝撃!

吉瀬美智子さんが死んでしまったのが衝撃でした!

きっと健人は過去の連続窃盗事件の真犯人を捕まえれば、未来も変わる?美咲も生き返ると思って動き出しているようですね!!

真犯人は白石智弘??? 演じるのは白石隼也さん!同じ苗字なのは偶然???

何とか未来を変えて、吉瀬美智子さんを生き返らせてください!!!

来週まで待てないと言う方は以下ネタバレを参照してみてくださいね(*´▽`*)

正直若干話が間延びしてしまった気がします。来週に続けず今週で解決にしても良かったのでは?と今回は厳しめの感想も入れてみました(笑)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です