探偵物語映画のネタバレ!犯人や結末などあらすじ【薬師丸ひろ子&松田優作】

4月8日に放送される新枠日曜プライムのドラマスペシャル「 探偵物語」

この作品ですが過去に松田優作さんと薬師丸ひろ子さん出演の映画版が大ヒットした作品のリメイクです。

今回は映画版「探偵物語」のあらすじと結末をご紹介。犯人は誰なのか?真相は?映画版の内容をまとめていきます!

薬師丸ひろ子さんと松田優作さん出演の

↓映画版の「探偵物語」動画を無料で視聴したい人はこちら↓

→映画「探偵物語」を無料視聴する方法はこちら

 

 

 

目次

映画探偵物語は原作と犯人や結末が違う?

このドラマ「探偵物語」ですが、人気作家赤川次郎(あかがわじろう)さんの小説が原作となっています。

そしてこの原作と映画版は微妙にストーリーが違っていた、犯人や結末も異なったものです。

ちなみに原作版のあらすじを知りたい人は以下の記事にまとめてあります!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/32724″]

 

それを踏まえて以降であらすじをご紹介していきます!

 

映画探偵物語のあらすじは?お嬢様と冴えない探偵の出会い

 

 

あと一週間で女子大生の新井直美は父親の待つアメリカに旅立つことになっている。ある日、彼女は憧れていたサークルの先輩・永井に誘われ、ペンダントをプレゼントされる。ふたりがホテルの一室にいると突然、直美の伯父と名乗る男が飛び込んできた。

直美が若かりし頃の薬師丸ひろ子さんですね♪

本当にかわいかったーーー♪

話に戻ると、直美はピュアで男性経験のない女子大生役です。

そして思い切って憧れの永井先輩に誘われてデートして・・・ホテルに行き・・・。しかーし、永井には同棲している彼女がいて、彼女からお金をもらって遊んで暮らしている悪い男でした。

なんと直美とのデート代も彼女からもらったお金で過ごしていたんです(>_<)

ピュアな直美はそんな男の本性を見抜くことができず。

そんな時、ホテルに飛び込んできた男が松田優作さん演じる冴えない探偵辻山。

直美からこてんぱんに殴られ、警察に「痴漢!」と連れ込まれるかわいそうな辻山。

しかし警察で辻山が直美の家のものから、アメリカに行く前に無事に過ごして欲しいという理由で雇われたボディーガードであることがわかります。

「仕事だから」と無理やり直美についてくる辻山。最初や怒って嫌がっていた直美でしたが、次第に辻山と一緒にいることが楽しいと思えるように。

しかも、辻山と一緒にいたことで、偶然憧れの先輩永井に彼女がいることを知り、自分の男の見る目のなさを思い知るのでした。

 

辻山の元妻登場!殺人容疑をかけられ・・・

そんな中、辻山が家で寝ていると、突然元妻幸子が取り乱した様子で「助けて」と言います。

ちなみに幸子役はセクシーすぎる女優の秋川リサさん。

事情を聞くと、付き合っていた暴力団でナイトクラブのオーナー国崎和也と一緒にホテルに行き、シャワーを浴びていた和也を見に行くと、何者かに刺されて殺されていたのでした。

状況的に犯人だと疑われた元妻幸子。ちなみに殺された国崎和也は妻がいて、幸子とは不倫関係でした。

警察からも、暴力団からも追われることに。

直美は危機一髪の幸子と辻山を助けて家に匿い、辻山と一緒に事件の真相と真犯人を探そうと張り切りだします。

そんな中、2人が事件を調べるうちに、暴力団のまとめ役の岡野が国崎和也の妻と不倫関係だったことが浮上。

一気に真犯人っぽい雰囲気に。

 

直美の家政婦君江が暴力団に誘拐される!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/32688″]

辻山と直美が出かけているうちに、自宅に来た暴力団員たち。幸子が家の中で隠れて見つからなかったので、家政婦の君江を人質に、連れて行ってしまいます。

観念した辻山と幸子。

次の日に暴力団員の家に行くことを決意。直美に「2人にして」と頼み、2人っきりになった辻山と元妻幸子。

なんと・・・辻山に未練があった幸子が迫り、2人は人の家で、なんと・・・熱い1夜を過ごすのでした。

って、人の家で何やってんだよーーー。しかも、そんな営みの2人の声を聞いてしまった直美。辻山のことを好きになりかけていたこともあり、ショックで街をうろつきます。

そして変な男にナンパされ、一緒に街を歩いて、ホテルを探していると・・・なんと国崎和也の殺害現場のホテルを発見。

目の色が変わった幸子はその男を引き連れて、ホテルの一室に。

そして、ホテルの部屋やシャワールームをくまなく捜査。

すると・・・シャワールームの天井から誰かが侵入できるようになっていることがわかりました。

 

暴力団の事務所に殴り込む直美

 

 

朝になり自宅に戻ると、家政婦の君江がいて、入れ替わりに辻山と幸子が暴力団事務所に行ったことがわかり、あわてて、事務所に駆けつける直美。

そして暴力団の親分に国崎和也は妻と岡野が不倫関係だったことをバラします。

そして一気に形勢逆転。親分や周囲から一気に犯人扱いされる岡野。岡野は否定しますが、犯人確定モードで、辻山と幸子は無罪放免。

そして幸子が暴力団員たちを引き連れて、ホテルの現場に行き、事件の真相を解説。

シャワー室の上から、直美本人が登って隣の部屋のシャワー室と行き来できることを証明します。

そこでまた岡野が疑われますが、直美は上に登った時に、とあるペンダントを見つけます。その持ち主を知っていたのでした。

 

真犯人は意外な人物!ペンダントの持ち主は?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/32673″]

直美は、憧れていた先輩永井からペンダントをプレゼントされましたが、それと同じものが落ちていたのでした。

そして、その持ち主であろう永井の彼女進藤正子。

進藤正子は永井にお金を貢いでいたのですが、そのお金のためか、国崎和也のナイトクラブで働いていました。

そして、ナイトクラブの客と売春もさせられていたのでした。辞めたいと思った進藤正子ですが、脅されて辞めさせてもらえず、殺害を決意。

事件の日、お客と国崎和也と幸子がいたホテルの部屋の隣の部屋に行き、シャワーに入って、天井から移動、国崎和也を包丁で刺して殺害したのでした。

しかも、進藤正子は永井の子供を妊娠していることが発覚する悲惨な状況。

結局永井と一緒に警察に自首したのでした。

 

 

直美と辻山の結末は?ラストは有名な空港のキスシーン

 

 

直美がホテルのことを知っていたのはどうしてか??と聞く辻山に「知らない男とホテルに行った!好きな人が他の人としてたから」と言う直美。

そんな直美に「初めてなのに、見知らぬ男と・・・」と怒ります。

そんな辻山に「辻山さんが好きだった」と告白しつつ「最後までしてない!」と言って、アメリカに行くため別れを告げます。

そしてあまりにも有名すぎるラストシーン。

アメリカに行くために空港にいた直美。そこで辻山の姿を見つけ、熱いキスをします。

そして・・・そのまま結局別れる、切ないラスト。このシーン、あまりにも素敵なので是非見て欲しいです!

今なら、無料で視聴できるので、是非映画動画チェックしてみてください↓

→映画「探偵物語」を無料視聴する方法はこちら

ちなみに原作ではキスシーンもなく、辻山とハッピーエンドで直美はアメリカには行きません。

でも映画版の切ないラストも良いですよね~♪

また犯人も動機も多少違ってくる原作と映画版。

個人的にも、ドラマ版がどのように描かれるのか注目です!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる