きみが心に棲みついたに批判殺到の理由は?辛いや不快などツイッターの反響も

吉岡里帆(よしおかりほ)さんがヒロインをつとめるドラマ「きみが心に棲みついた」。

原作は「サイコホラー」と名高い衝撃作ですが、ドラマ版も伝説になりそうなくらいな仕上がりになっていますね。

そのため、批判の声が殺到しているそうです。

「きみが心に棲みついた」になぜ批判が殺到しているのか?

ネットでの反響をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

「きみが心に棲みついた」のあらすじ

下着メーカーに勤める今日子(吉岡里帆)は、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香)らに連れられて、人生初の合コンに参加していた。

自己評価が低いため、すぐに挙動不審になってしまう今日子は、学生時代に“キョドコ”とあだ名を付けられていたほど。

合コンでも焦って「ありのままの自分を好きになってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周りをドン引きさせてしまう。

そんな今日子に、漫画編集者の吉崎(桐谷健太)は厳しい言葉を投げかける。

しかし、今日子は吉崎の言動から、彼なら自分を変えてくれるのではないかと、先に帰ろうとした吉崎に追いすがり、突如「付き合ってください」と迫るのだった。

翌日、今日子は会社で堀田に昨日の態度を注意されてしまう。

それでも、仕事に真摯に取り組む今日子を高く評価していた堀田は、自分が立ち上げる新プロジェクトのチームに今日子を引き抜こうとしていた。

その夜、道で偶然吉崎と出会った今日子は、2人で話しているうちに前向きに変わろうという気持ちが芽生えていく。まさに、自分を変えるために動き出そうとしたその時、驚くべき人物が今日子を呼び止めた。

それは、大学時代に今日子がどうしようもないほど強く惹かれ、その感情を利用して、今日子をひどく傷つけた男・星名(向井理)だった。

一番会いたくて、一番会いたくなかった星名との再会に今日子の心は大きく揺れる・・・。

引用:http://www.tbs.co.jp/kimisumi/story/

星名とは、かつて今日子の好意を利用し、自分の自尊心を満たしていた人間です。

そんな星名から逃げたいと思いつつも、逃げられない今日子が、吉崎に出会ったことで変わっていこうとするストーリーです。

とは言え、そんな簡単には行かないから「サイコホラー」と呼ばれているんですけどね(^_^;)

 

「きみが心に棲みついた」への批判

 

スポンサーリンク

 

そんな「きみが心に棲みついた」への反響ですが、

ストーリーそのものへの批判が多数です。

どんな意見が多いのか?見ていきましょう!

ストーリーへの意見

「きみが心に棲みついた初回を見た。吉岡里帆が向井理にいたぶられつづけるのを見せられるられてめちゃ不快。とりあえず来週も見るけどまたおんなじ感じだと見なくなりそう」

「「きみが心に棲みついた」、不快感!
こんなドラマなんか放送するから
、心無い人が真似したりするんだ。だからイジメも無くならない。」

「きみが心に棲みついた、キャストが好きだから見ようと思ったし向井くん上手いと思えたけど髪切られたり脅されたりとにかく不快感満載で見るのが辛かった。私はこのテのドラマ苦手、もう見ないかも。」

「きみが心に棲みついた重すぎて辛いからもう見ないと思う」

「きみが心に棲みついた見てたんだけど辛い……キュンキュン恋愛モノかと思ったらグサグサトラウマモノだった……(´;ω;`)」

「きみが心に棲みついたは、はっきり言って面白くない。
向井理のDVっぽい場面ばかり目立ってこのドラマが何を言いたいのか見えてこない、始まったばかりでなんだがもういい見たくないと思った。キャストだけいい人集めても内容がわからんドラマはもう見たくない。
終わってしまえ!」

みなさん手厳しいですが、当然の意見だなと思います(^_^;)

ヒロインが学生たちの前でストリップをさせられたり、髪をハサミでザクザク切られたり、デスクに押し倒されてストールを引っ張られたり・・・

暴力的と感じるシーンが多かったため、見たくないと言う人がいても当たり前ですね。

冒頭でもお話しした通り、原作は「サイコホラー」と言われているくらいの衝撃作です。

ドラマ化されることが発表されたときも「これを地上波でやるの?」という読者の意見が多数でした。

思っていたのと違う!

ドラマのCMでも、こんなストーリーだって分からなかったですよね。

ふつうの三角関係のラブコメだと思って見たら、とんでもないドラマだったという、こんな意見もありました。

「きみが心に棲みついた、ポップな大人の三角関係かと思いきや重すぎるし精神的にくるし胸糞悪いし向井理をとてつもなく嫌いになる、もう見ない」

「何故か撮れてて、拡大版だったからラスト見られてないんだけど「きみが心に棲みついた」、見てしまった…。予告で「まーた俺様系王子に胸キュンする話か」と思ってたのでザワザワしまくった。サスペンス?共依存?なにこれ。トラウマになる人出るんじゃない?ってレベルで怖かった…」

「どーせチャラけた三角関係でしょって見た「きみが心に棲みついた」が重過ぎて若干引いてる。
これは棲みついたっていうかトラウマでPTSDでは。
同じ会社に毎日ケロッと出勤出来て、ちがう男の人の言葉に元気でちゃう主役の心の強さがすごい。」

 

 

星名への意見

次に多いのは、やはり

星名(向井理)への批判です。

「そーいえば、火曜日に「きみが心に棲みついた」ってドラマたまたま見たんだけど依存から自立みたいなのがテーマなの??向井理の役がびっくりするほど不快なドラマでね演技が上手いんだろうけど」

「俺様キャラなのかな?お前何様なん?ってビール瓶で殴りたいレベルでしたwwww」

「不快感の塊の向井理がここから挽回する展開があったら見てみたい。吉岡里帆も魅力ないし、どうやったら楽しめるのか。」

「吉岡里帆のドラマ向井理の役が不快過ぎてもう観ねえなこれ」

「昨日みたー。不快になるドラマってどんなんだ?って思ったら、いわれてたとおり、不快になったわー。なんか、依存と支配ってかんじなのかね?星名さんヤバイ。」

「不快」という言葉が飛び交っています。

イケメンで人当りもよくて優しそうなのに、今日子と二人きりになると豹変するのがものすごく怖いですよね・・・。

 

原作ではヒロインへの批判もぼちぼち多く、ドラマも挙動不審なヒロインへの批判も多そうだな、と思ったのですが

今日子(吉岡里帆)への否定的な意見はまだそれほど見受けられませんでした。

吉岡里帆(よしおかりほ)さんの可愛さのおかげでしょうかね~(^_^)

それとも、全部星名が持って行ってしまったのでしょうか(笑)

 

まとめ

なかなかの批判コメントの多さでしたね。

ですが、中にはこんな意見もあります!

きみが心に棲みついた。

内容は激重なんだけど、映像が明るめだったり辛い場面の後すぐに救いがあるシーンがくるので見終えることができた。

暗いシーンの連続だったら脱落してたと思うけど(今後どうなるか分からないけど)また来週楽しみに見ます!

そうそう、映像が明るくてカラフルなんですよね!

もし広瀬すずさん主演の「anone」のような淡い映像だったら、深夜枠じゃないと放送できないドラマになりそうですもんね。

内容がホラーな分、映像はポップでとってもいいバランスだと思います。

それから吉岡里帆さんはじめ、瀬戸朝香(せとあさか)さんや石橋杏奈(いしばしあんな)さんのファッションも可愛く、今後の衣装も気になるなぁと個人的には楽しみにしています~(^_^)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です