ファイナルカット最終回結末ネタバレ予想!真犯人や復讐と恋はどうなる?

スポンサーリンク

1月9日から放送が始まるKAT-TUNの亀梨和也(かめなしかずや)さんが主演のドラマ「 FINAL CUT(ファイナルカット)」。

主題歌をKAT-TUNが歌うことも話題ですね。

そんなドラマのストーリーは亀梨和也さん演じる中村慶介の復讐劇。

今回は早くもドラマ「FINALCUT」の最終回の結末をネタバレ予想していきます。

第1話、早くも真犯人らしき人物が判明したので、追記しました!

 

 

FINALCUTのストーリーとは?

亀梨さん演じる主人公・中村慶介は高校生の頃、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男。それから12年の時を経た現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き始めます。
慶介の復讐の矛先が向けられるのは、当時、事件の取材・放送に関わっていたスタッフ、司会者、そして事件の真相の鍵を握る美人姉妹。慶介は、自らの素性を隠してターゲットに近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていきます。一方で、そんな慶介の動向を鋭く見つめる、当時事件を担当した警察関係者も登場。敵か味方かわからないミステリアスな存在です。
さらに、ターゲットとなる姉妹に対し、それぞれ別人を装って近づく中で、慶介は1人を深く愛し始めてしまいます。許されざる恋愛に、復讐のシナリオに狂いが生じてしまい…。果たして、この姉妹と事件との関係は?切なくも抗いがたい恋模様の行方は…?

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/topics/01.html

復讐劇といえば元SMAPの草なぎ剛さん主演の「嘘の戦争」や上野樹里さん主演の「アリスの棘」を思い出しますが、今回は「嘘の戦争」と同じ制作チームということで、楽しみですね~。

ちなみに以下が第1話のあらすじです。

12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害された。警察による捜査が進むなか、百々瀬塁(藤木直人)が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げた。番組がきっかけで、世間からの誹謗(ひぼう)中傷にさらされ、次第に追い詰められた恭子は、ついに自ら命を絶ってしまう――。

その後、12年の時を経て、美術館で働く小河原雪子(栗山千明)は、絵の勉強をしているという男性と出会う。妹の若葉(橋本環奈)が思いを寄せてデートを繰り返している相手とは知らず、好感を抱く雪子。しかし、その男性の正体は、それぞれ素性を隠して姉妹に近づいた慶介だった……。

慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。そんな中、娘の心臓移植のために『ザ・プレミアワイド』の取材を受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。事実と異なる内容に編集され、放送されたという喜美子は、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)のごう慢な対応についても困惑していた。かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、皆川義和(やついいちろう)らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。

一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)の姿があった……。

そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。そこで突きつける、公開されると井出の人生を終わらせる映像――“ファイナルカット”とは?

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/01.html

最終回までのストーリーのポイントは慶介の復讐劇がどうなるのか?ということ、また栗山千明さん演じる小雪との恋愛。

また母親が犯人扱いされた園児殺害事件の真犯人の判明。

以降でネタバレ予想していきます。

 

第1話時点でのネタバレ予想は?真犯人は裏切り者は身近な人物?

 

スポンサーリンク

 

こういう復讐劇は、途中で裏切り者や復讐者に立ちはだかる悪役が登場すると思います。

今回、個人的に気になるのが慶介の幼馴染で唯一復讐の手助けをする高木雄也さん演じる野田大地。

一番の味方って、なんか怪しいし、途中で、こいつ裏切るな~って思います(^_^;)

もちろん、まだ始まってないので。

またおそらく1話につき1人ずつ復讐していくと思いますが、最後の恋をする小雪の父親の弁護士が最後の黒幕的な感じなのかな??と思います。

そしてその弁護士に最後の復讐を果たす。

なので、ここで小雪との恋はもちろんバッドエンドだと思います。切ない展開になりそうな予感です。

また園児殺害事件の真犯人の真相にも、次第に辿りつく流れになると思います。

以下の記事にまとめていますが、登場人物を見る限りでは幼馴染の大地、園児殺害事件の担当刑事(佐々木蔵之介)が怪しいところだと思います。

また栗山千明さん演じる雪子の父親も復讐ターゲットとともに犯人候補な可能性もあります。

またあらすじにターゲットに復讐するたびに「ある目的のため言いなりにしていきます」とあります。

この目的が園児殺害事件の真犯人を探すことなのかな??またこの真犯人に一番の制裁を加えることで、それが弁護士の可能性もあります。

 

第1話で早くも真犯人判明?栗山千明の兄が犯人?

第1話にして、なんと真犯人らしき男が判明。

慶介が栗山千明さん演じる雪子姉妹に近づいていた理由がわかりました。

なんと12年前に雪子の兄の小河原祥太(おがわらしょうた)が園児殺害の犯人だった可能性が高く、慶介もそのことを確信しているようでした。

事件当時、事件のあった園の上には小雪の父親の弁護士事務所がありました。

そこに出入りしていた可能性が高いので、園児を殺してしまったということでしょうか?

そして、妹が兄とずっと一緒にいたと、アリバイ証言。

そしてそして、なんと小雪が事件の時に慶介の母親を見かけたと証言していたことがわかりました。

これは、絶対に弁護士である父親が息子の罪を着せるために、やったことですね。

ひぇ~それにしても展開早すぎですね~。

おそらくマスコミの連中にファイナルカットの映像を武器に脅迫して、自分に協力させて真犯人である小雪の兄に復讐するのが第一目的な気がします。

そして・・・小雪は最終的には慶介の目的に気づき、もしかしたら慶介の味方をする可能性もあります。

 

新たな展開や予想など、どんどん更新していきます!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です