ファイナルカットの真犯人は兄小河原祥太で山崎育三郎が熱演のネタバレは?

スポンサーリンク

1月9日から放送開始のドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」。

亀梨和也(かめなしかずや)さん演じる中村慶介(なかむらけいすけ)が母親の復讐を華麗な手口で行います。

そんな「FINALCUT」ですが、早くも黒幕的な真犯人がいるらしいという情報が。

今回はドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」の真犯人に迫ってみます。

第1話のネタバレから早くも犯人らしき正体小河原祥太(おがわらしょうた)が判明!追記しました。

3月13日放送第9話の最終回情報を更新しました!

 

 

FINALCUTのストーリーのネタバレは?

亀梨さん演じる主人公・中村慶介は高校生の頃、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男。それから12年の時を経た現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き始めます。
慶介の復讐の矛先が向けられるのは、当時、事件の取材・放送に関わっていたスタッフ、司会者、そして事件の真相の鍵を握る美人姉妹。慶介は、自らの素性を隠してターゲットに近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていきます。一方で、そんな慶介の動向を鋭く見つめる、当時事件を担当した警察関係者も登場。敵か味方かわからないミステリアスな存在です。
さらに、ターゲットとなる姉妹に対し、それぞれ別人を装って近づく中で、慶介は1人を深く愛し始めてしまいます。許されざる恋愛に、復讐のシナリオに狂いが生じてしまい…。果たして、この姉妹と事件との関係は?切なくも抗いがたい恋模様の行方は…?
これまでラブロマンス、学園ドラマ、コメディー、スパイアクション、SFなど、数多くの作品に出演してきた亀梨さんにとって、初の復讐劇となる今作。明るい笑顔の裏に怒りと悲しみを抱えながら、さまざまな人物を巧みに演じ分ける慶介は、亀梨さんにとってまさに新境地となる役どころ。鮮やかに復讐を進めていく慶介を演じる亀梨さんの豊かな表現力に、ぜひご注目を!

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/topics/01.html

これって草薙剛さんの「嘘の戦争」に似てますね~!!と思ったら、同じ制作チームとのこと。

藤木直人さんがどちらもメインキャストで出演なので尚更ですね~。

嘘の戦争も面白かったので楽しみです。

ドラマのストーリーは中村慶介の復讐ストーリーとともに、母親が犯人扱いされてしまった女児殺害事件の真犯人が気になるところだと思います。

以降で早くもネタバレ予想していきたいと思います。

 

 

FINALCUTの真犯人は誰?ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

 

第1話が始まってないのに、すみません(^_^;)気になってしまったので、いろいろ考察してみました。

まずは以下、第1話のあらすじです。

12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害された。警察による捜査が進むなか、百々瀬塁(藤木直人)が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げた。番組がきっかけで、世間からの誹謗(ひぼう)中傷にさらされ、次第に追い詰められた恭子は、ついに自ら命を絶ってしまう――。

その後、12年の時を経て、美術館で働く小河原雪子(栗山千明)は、絵の勉強をしているという男性と出会う。妹の若葉(橋本環奈)が思いを寄せてデートを繰り返している相手とは知らず、好感を抱く雪子。しかし、その男性の正体は、それぞれ素性を隠して姉妹に近づいた慶介だった……。

慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。そんな中、娘の心臓移植のために『ザ・プレミアワイド』の取材を受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。事実と異なる内容に編集され、放送されたという喜美子は、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)のごう慢な対応についても困惑していた。かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、皆川義和(やついいちろう)らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。

一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)の姿があった……。

そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。そこで突きつける、公開されると井出の人生を終わらせる映像――“ファイナルカット”とは?

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/01.html

藤木直人さん演じるワイドショーの藤木直人やプロデューサー役に杉本哲太さん、若手ディレクターの林遣都さん、女性ディレクターの水野美紀さんなどが復讐のターゲットになるようですね。

これ1人1人どんどん復讐されていくのまさに、嘘の戦争状態ですね~。

そして栗山千明さん演じる雪子との恋愛模様も話題です。

また慶介の幼馴染で復讐の手助けをする理解者に髙木雄也さん、また12年前の殺害事件の担当刑事に佐々木蔵之介さん。

と、このメインキャスト達の中に真犯人がいないとつまらないですよね(^_^;)

と言うことで、早くもキャスト名だけで以下の予想ツイートが。

亀梨主演Final Cut

亀梨演じる慶介の幼なじみ・野田大地役にHey! Say! JUMP髙木雄也😂

伊野ちゃんみたいな実は自分が犯人だった。みたいなドラマじゃないかな〜とかワクワクしてる😂💓

 

ファイナルカットのこの一文が気になって気になって仕方ない(*´-`) 幼馴染の協力者役の雄也が真犯人だったら震えるなぁ〜。 そし誰の時の感覚に似てる(*´-`)

 

FINAL CUTの高木くんの映像のまとめを観てたら、最大の協力者である彼が真犯人だったりしてと思ってしまった😂そし誰😂

そう、早くも慶介の一番の理解者である幼馴染の野田大地が犯人??とうい声が。

ジャニーズファンの方が多いのは、おそらく日本テレビのドラマ「そして誰もいなくなった」で最終回で一番の味方だったのに黒幕の犯人だったことが発覚した伊野尾慧さんの顔がちらついたからかもしれません。

ただ、確かに、こういうドラマでは身近の一番の理解者が怪しいというのが鉄則なので個人的にもあるなーーーという印象です。

しかし、事件は12年前、もし高木が怪しいとしても、現在の26歳の年齢設定なので、当時14歳です。未成年で少女を殺していた可能性もありますが、真犯人ではなくて、高木の周辺の人間(家族など)が真犯人であると言えると思います。

そして第二候補が、殺害事件の担当刑事佐々木さん演じる高田。

相関図の人物紹介では「敵か味方かわからない不思議な存在」とあります。

そう考えると、怪しいけど最終的には味方で良い人だった的なエンディングが妥当ですが、当時の担当刑事・・・自分の犯した犯罪をもみ消すことは可能ですし、可能性的には候補に入る気がします。

また栗山千明さん演じる雪子の父親が弁護士で、慶介はこの弁護士も復讐ターゲットにしているよう。

なので、この弁護士も復讐ターゲットというだけでなく犯人の可能性もあります。

ただ、まだ始まったないので、情報や予想が変わり次第、どんどん更新していきますね。

 

第1話で早くも判明!?犯人は雪子の兄で正体は?

なんと第1話で早くも犯人らしき男が判明。

なんだか幼馴染の大地とか佐々木蔵之介さん演じる刑事とか、全然違いましたね(恥)

慶介が栗山千明演じる雪子姉妹に接触していた理由がわかりました。

12年前に姉妹の兄小河原しょうたが、園児殺害事件の犯人である可能性が高いです。慶介がそう睨んでいることが発覚しました。

しかも、事件後雪子が、慶介の母親が事件現場から走り去っていたと(おそらく)嘘の証言。

これは・・・弁護士の父親の悪知恵だと思います。

しかし事件当時の雪子の年齢は18歳。分別のつく年齢ですよね~。証言の状況が気になります。

この小雪の兄を犯人だと思っている慶介が、マスコミに復讐をしつつ、自分に協力させて、最終的にはこの兄の犯罪だと暴こうとしているのかな??と思います。

早くもすごく面白くなってきた!!でも敵は弁護士なので手ごわそうですね~。

ちなみに姉妹の兄祥太ですが、番組公式ホームページでは顔写真がなく、正体が謎に包まれています。

ということで、この兄が髙木雄也さん演じる幼馴染大地では??とツイッターで話題です。

しかし、事件の12年前は雪子は18歳。ということは、当時19歳以上ということになります。

なので、現在は31歳以上の年齢。しかし、大地の年齢設定は現在26歳で当時14歳。そもそも栗山千明さんの兄では年齢的にはないので、おそらく違うと思います(^_^;)

 

2月6日更新!第5話で園児殺害の真犯人は小河原祥太に確定?

最終回までの折り返し地点でいろいろなことが少しずつわかってきました。

・慶介が栗山千明演じる雪子から聞いた話によると、兄小河原祥太は事件後、海外に移住。親が「死んだことにしよう」と言っていた

・小河原祥太の起こしただろう園児殺害事件の犯人が慶介の母親らしいと百々瀬(藤木直人)に吹き込んで放送させたのは、鶴見辰吾さん演じる警視庁の刑事部部長。

 

・百々瀬と刑事部部長の密約を、佐々木蔵之介さん演じる高田刑事も知っていて、怪しい雰囲気。

個人的には、高田刑事が慶介の母親を陥れた黒幕っぽい気がするのですが、園児殺害犯人という観点では今のところ小河原祥太だと思います。

小河原祥太の1話~最新話までの情報は以下にまとめてあります。

ネットでは「犯人ではないのでは?」と言う意見も。

テレビ雑誌などのネタバレ情報によると、やはり小河原祥太の正体がわかるのは最終回。

雪子の両親が「(小河原祥太を)死んだことにしよう」と言っていたと、雪子が証言。

ますます怪しいですね。事件後、海外に行っていることになっていますが(テレビ雑誌のネタバレ情報によると)日本にいるようです。

今後の展開に注目です!

 

第7話更新!佐々木蔵之介は味方だった!小河原祥太で犯人確定!

まず、裏切者かも??と疑われていたずっと味方の野田大地(髙木雄也)。どうして、慶介に協力しているのかな??と思ったら謎が判明。

慶介の母親にすごく良くしてもらったことを感謝していたので、協力していたんですね~。慶介の母親、きっと良い保母さんだったんだろうな~と感じられるエピソードでした。

そして第7話で衝撃の事実が発覚。ずっと敵ぽかった佐々木蔵之介さん演じる高田。

なんと味方でした。良かった(*^。^*)

高田は12年前の事件の担当刑事で、すぐに慶介の母親が犯人だと疑われていることをおかしいと思い、小河原祥太についても怪しいと思っていました。しかーし、そのことを上層部に言うと、担当から外されます。

このことから、正攻法で挑んでも無理だと感じた高田。鶴見辰吾さん演じる警視庁の刑事部部長に近づき、取り入って、味方だと思わせます。

なので刑事部部長(鶴見辰吾)の手下だと思われるような行動をしていたんですね。

そして事件の謎を探ろうとしていた最中、慶介が現れたのでした。

最終回に向けて高田が慶介と一緒に事件を探る方向になりそう。

そして、なんと敵だと思っていた「ザ・プレミアワイド」のメンバーも小河原祥太の謎を調べ始めます。

そう・・・もう、どう考えても真犯人は小河原祥太という流れですね。

ちなみに以下、第8話のあらすじです。

ついに、小河原祥太の名前を捜査資料から削除した黒幕が芳賀(鶴見辰吾)だと突き止めた慶介(亀梨和也)。さらに、高田(佐々木蔵之介)が事件の真相を知るため独自に動いていたことを知り、慶介は「君のお母さんは無実だと思っている」という高田の言葉に胸を熱くする。事件当日の状況をあらためて高田から聞いた慶介は、祥太が事件当夜、間違いなく現場にいた証拠に気付く。慶介から12年前の真実を突きつけられた雪子(栗山千明)は、家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺。慶介もまた、そんな雪子への思いを抑えきれず、2人は一夜を共にする。その頃、若葉(橋本環奈)は祥太らしき人物とメールでつながっていた。

祥太の手がかりが得られず、もどかしさを感じていた慶介のもとに、百々瀬(藤木直人)から祥太について話があると電話がかかってくる。その誘いに応じ、向かった『ザ・プレミアワイド』の会議室で慶介を百々瀬と共に待ち受けていたのは、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)。そこで慶介が見せられたのは12年前に取材した事件のVTR。食い入るようにその映像を見つめる慶介に、百々瀬は「うちを利用して欲しい」と、祥太探しの協力を持ち掛けて…。
高田が残した事件記録から、祥太が真犯人だという新たな手がかりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子を脅すことを決意。ついに、慶介が、愛する女性にもファイナルカットを突きつける!その頃、慶介と雪子が互いに心を引かれていることに気付いた若葉は嫉妬に狂い、とんでもない行動に出て―。

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/08.html

どうやら第8話では小河原祥太を追い詰めていく感じですね。

それにしても小河原祥太・・・誰が演じるんでしょうか?

その辺りも注目ですね!

 

第8話でほぼ確定!小河原祥太が犯人でロリコン?

 

スポンサーリンク

 

慶介に小河原祥太のことを問いただされた雪子(栗山千明)がついに両親に兄のことを問い詰め・・・とうとう父親が白状。

事件当時の防犯カメラに、殺害された幼女がいた保育園のあったビルに出入りする小河原祥太が映っていて、そのカメラ動画を父親が破棄していたことが発覚。

また、アメリカに行った後、祥太が幼女を誘拐未遂事件を起こしていたことも。

お父さんが、兄をかばったせいで、次の被害者が出るところでした(>_<)

ってか・・・どう考えても小河原祥太ロリコンじゃん!!!ヒドイ。

また被害者の幼女が遊んでいた折紙に「しょうた」の文字が。

時々殺害された幼女と遊んでいた証拠まで出てきました。

これで、小河原祥太が犯人にほぼ確定で最終回でのポイントは慶介が小河原祥太をどう追い詰めるか??というところだと思います。

以下、最終回のあらすじです。

若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で慶介(亀梨和也)が現行犯逮捕された。傷を負った若葉の姿を目の当たりにした雪子(栗山千明)は大きなショックを受けるが、そこへ一本の電話がかかってくる。それは、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名“吉澤優”からで……?
一方、独自に祥太の行方を追っていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は、慶介が逮捕されたと聞き、色めき立つ。しかし、百々瀬(藤木直人)は、さらなる大スクープを画策していた。無実を信じる大地(髙木雄也)をよそに、取り調べに対してなぜか黙秘を貫く慶介。しかし、やって来た上司の高田(佐々木蔵之介)に突如、「犯人は、俺です」と自白を始め、高田を驚かせる。 “殺人犯”となった慶介は、誰も予想しなかった驚きの方法で、ついに真犯人と対峙することに。そこには、スクープを狙う百々瀬ら『ザ・プレミアワイド』の姿もあった。慶介、真犯人、そして“ミスターメディア”百々瀬が一堂に会して、慶介の一世一代の大勝負がついに始まる。その時、高田(佐々木蔵之介)は…?そして、雪子は…?
しかし、慶介の復讐のクライマックスは…この対決の先にあった!
慶介が、ファイナルカットを突きつけてきた真の目的とは?待ち受けるのは驚愕のラスト!!

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/09.html

なんと第8話は嫉妬に狂って若葉がご乱心。

おかしくなった若葉が祥太に利用されて慶介を追い詰める展開に。

そんな若葉殺害未遂容疑を認めることで、小河原祥太と対決するようです。

ちなみに以下、予告動画。

なんと・・・ついに最終回にして小河原祥太とご対面です。

誰が演じるんだーーーー。

まだキャスト俳優さん発表になっていませんが、確実に出てくるようです。

また新たな展開がわかりましたら更新していきます!

 

第9話最終回で小河原祥太が犯人確定!山崎育三郎が熱演!

以下、最終回ネタバレです。

若葉が病院に運ばれて慶介が逮捕されたものの、明らかにおかしい若葉の様子と若葉の傷の様子で、自作自演の狂言であることがすぐにわかりました。

しかし、慶介は犯行を自供。しかし自供したのは違う事件。

慶介は「12年前の幼女殺害事件の犯人です」と。

ワイドーショーでも慶介が自供したニュースが流れ、若葉は祥太にその報告をします。

その報告を受けて、安心したのか12年ぶりに帰国した祥太。なんと・・・キャスト俳優はミュージカル界の貴公子山崎育三郎さんでした。

慶介は空港で祥太を出迎えます!ってあれ?慶介!?逮捕されたんじゃ??

なんと、慶介が犯行を自供したニュースは、フェイクニュース。

小河原一家だけを騙すために制作したニュースで雪子もそれに協力。

まんまと騙された雪子以外の小河原一家が、祥太の帰国を出迎えたのでした。

祥太は慶介の姿を見てもふてぶてしい態度で自信満々。

弁護士の父親も「取材も警察の任意動向も認めない」と強気の姿勢。

せっかく帰国したのに、かなり厳しい状況でした。

引用元:https://dorama-netabare.com/archives/28890

祥太の事件捜査は警察の圧力からできず。慶介は警察を辞めます。

そんな中「プレミアムワイド」から慶介と祥太が同席する取材依頼が。

慶介はこの取材を受けて、祥太との対決に臨みます。

祥太は饒舌で、慶介と比べて落ち着いています。

最初、祥太の犯行について、事実を述べるものの、証拠がないため、口の上手い祥太にかわされます。

それどころか「真犯人は早川恭子」だと、恭子の犯行である説明を詳細に話します。

それを聞き、感情的に怒る慶介。どうやら祥太優勢。

しかし、証拠の現場付近に落ちていたハンカチの話になると状況が変わります。

慶介は「このハンカチにはおまえのDNAが付着している」と言います。

すると自信満々に「それには自分のDNAはない」と言う祥太。

慶介が「手袋をしていたからだろう」と指摘すると少し動揺した態度。

しかし、慶介に祥太は「それは違う、おまえの母親が犯行の帰りに外に捨てた」と言います。

そこで慶介が「どうしてそれを知っている??ハンカチが外に落ちていたことを?」と指摘。

「ニュースか何かで見た」と祥太。

百々瀬が「これは一般には公開されていない事実」と言います。

そう、慶介が「犯人しか知らない秘密の暴露をしたんです!!」と、勝利の発言。

やったー!!!そう、カメラが回っている前で、犯行に関する自供をしたんです!!

ここで、雪子登場!「お兄ちゃんやめて!!」と。

「若葉がお兄ちゃんが疑われないように、当時ずっと一緒にいたと嘘をついていたけれど本当は(ずっと寝てて)目が覚めたらお兄ちゃんがいたと言っていた」。

「(若葉が)これから本当のことを証言するって」と言う雪子。

唯一の若葉の証言がなくなり、ここで、うなだれる祥太、ジエンド。

やっと最終回で真犯人が祥太であることが確定した瞬間でした!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です