L.S.W.Fって何者?西郷どんオープニングのドローン撮影のクリエイティブ集団

スポンサーリンク

2018年の大河ドラマ「西郷どん」が始まります。

タイトルですが私は最近まで「さいごうどん」かと思っていたのですが(^_^;)「せごどん」と読みます。

明治維新のヒーロー西郷隆盛のストーリーなのですが、オープニングタイトルバックや題字、そしてポスターを手掛けた「L.S.W.F」が話題です。

「エルエスダブリューエフ」と読むこの謎のクリエイティブ集団について調べてまとめてみました!

 

 

L.S.W.Fが担当した題字やタイトルバックとは?

大河ドラマ「西郷どん」ではオープニングタイトルバック・題字・ポスターを担当しているL.S.W.F。

例えば以下の題字とメインビジュアルのポスター。

綺麗だし、印象に残る素敵な内容となっていますが、このポスターを手掛けたりしています。

以下公式ホームページのコメントです。

NHK 2018大河ドラマ

「西郷どん」
[題字&メインビジュアル&タイトルバック]

大地のエネルギーに満ちた鹿児島、

そしてその象徴とも言える桜島にて

まだ見ぬ未来に向かって、

桜島に負けないエネルギーをほとばしらせる若き西郷どんを表現しました。

引用元:https://www.lswf.co/

また個人的に注目なのは、オープニングのタイトルバック。

なんとドローンで撮影した鹿児島の大自然の姿をCGなしで見ることができるようです。

主演俳優の鈴木亮平さんが以下のように、タイトルバックの感想を語っていました。

「CGやイメージ映像を使わず、すべて鹿児島の自然と人間を映している。出来上がったものを見て感動した」

これは、楽しみですね~!

 

L.S.W.Fって何者?その正体は?

 

スポンサーリンク

 

そんな話題のオープニングタイトルバックを制作した「L.S.W.F」って一体何者なのでしょうか?

LSND SKY WATER FILMの頭文字にちなんで名づけられた、陸海空の映像を中心とした自然をフィールドとして活動するクリエイティブ集団。

以下の7人のメンバーで構成されています。

アートディレクション・撮影・デザイン・空撮・水中撮影などを武器にして、個々の持っている独自の観点とスキルを生かした実写作品を多数制作しています。

 

青木筆

1978年生まれの青木さんは、映像制作とサーフィンの経験から自らの世界観を表現。

現在はTVCMやPV、ブランドイメージ動画などを中心に活動しています。

「西郷どん」では撮影・編集ディレクションを担当。

 

中村豪

様々なカテゴリーのドラマ・CM・雑誌などの空撮を行う中村さん。

公式ホームページには「好きを原動力に活動を拡げるドローングラファー。」と記載されていたのですが、「ドローングラファー」って初めて聞きました(^_^;)

しかもインテリアデザイナーという肩書きも持ち合わせて、それを武器にして活動しているとのことです。

「西郷どん」ではタイトルバックチームでドローン撮影を担当しています。

 

土屋 尚幸 

美術大学を卒業した後、出版社のスタッフフォトグラファーを経験。

その後独立して、国内外問わず、ドキュメンタリー、ファッション、映画など様々な分野で活動しています。

現在は奄美大島在住とのこと。
インスタにアップされている画像もさすがのセンス。

今年もどうぞよろしくお願いしま す! #charfilm

A post shared by Char Tsuchiya (@charfilm) on

「西郷どん」では水中撮影、スチールポスターの担当カメラマンとして活躍。

 

田村陽介

1978年生まれ。
撮影監督としてCM,VP,MVをメインに活動している田村さん。

ショートクリップで、1枚絵に重きを置き撮影しています。

大島賢一

1983年生まれの大島さん。
海外旅行先で見たものに影響されたことがきっかけで、グラフィックデザインに興味を持ち志すようになったそうです。

「西郷どん」ではポスターと題字の担当。

 

小泉遼

カリグラフィー、レタリングを軸にしたロゴデザインや壁画デザインなどを手がけている小泉さん。

手描きの魅力を伝えるためワークショップも開催しているそうです。

インスタではステキな作品たちを見ることができます。

good morning . . 夜明けの光が好き。 . . #love

A post shared by GREENANDBLACKSMITH (@green_and_black_smith) on

「西郷どん」では題字を担当しています。

 

緑 優人

奄美大島のペンショングリーンヒルでサーフガイドをしているかたわら、中村豪さんにドローン撮影を師事。奄美大島の自然や波乗りを空撮しているそうです​。

https://www.instagram.com/p/BdcX6d8hxBQ/?hl=ja&taken-by=yutogreen

奄美大島のペンションで緑さんにお会いできるようですね♪

緑さんのインスタを見ていると奄美大島に行きたくなります!!!(>_<)

 

 

2018年の新年にはこんな美しい動画をL.S.W.Fの公式インスタにアップ。

 

️ HAPPY NEW YEAR LAND SKY WATER FILM を本年も宜しくお願い致します。

LAND SKY WATER FILMさん(@l.s.w.f_co)がシェアした投稿 –

https://www.instagram.com/p/BdZrbbIBk43/?hl=ja&taken-by=l.s.w.f_co

また株式会社L.S.W.Fとして以下の業務内容が記載されていました。

映像制作業務

Web動画コンテンツの企画・制作・運営・販売

スチール撮影

広告制作及び広告販売代理業

​ウェブサイトの企画、制作及び運営

​全各号に附帯する一切の業務

引用元:https://www.lswf.co/

気になる方は是非ホームページにアクセスしてみてください♪

HP素敵な作品を見ることができて、センスのあるステキなデザインになっています。

 

西郷どんのタイトルバックの撮影秘話とは?

公式インスタや個々のインスタでも「西郷どん」の撮影の状況をアップしています。

美しい鹿児島の景色が見れるタイトルバック。

もちろん、簡単に撮影できるものではないですよね~。

例えばタイトルバックに出てくる宮崎県と鹿児島県の県境に位置する標高1574メートル火山「高千穂峰」には25キログラムの機材を担いで2時間の山道を登ったそう。

センスや実力があるだけで制作できるというものではなく、そんな大変な苦労をしなくては撮影できないんですね~。

高千穂峠は断崖絶壁の道なき道を思い機材を担いで転がり落ちそうになったとか。ってか、命がけですね(^_^;)

もちろん、他にも多くの美しい風景を撮影している訳で、その数だけこういうエピソードが埋まっているようですね。

そんな「L.S.W.F」が撮影したタイトルバック。個人的にも堪能するのが楽しみです!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です