門脇麦がトドメの接吻でキス女役!愛と渦や二重生活の菅田将暉とのシーンが話題?

2018年1月7日夜10時から放送開始予定のドラマ「トドメの接吻」にキス女役で門脇麦(かどわきむぎ)さんが出演されます。

主演の山崎賢人さんが、キス女にキスをされてしまうと死んでしまうという衝撃の内容。

今回は、門脇麦さんのプロフィールや愛と渦や二重生活の話題のシーンについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

門脇麦のプロフィールは?

 

門脇麦(かどわきむぎ)

生年月日1992年8月10日  

出身地:東京都

身長:160㎝

特技:クラシックバレエ、英会話

趣味:料理、映画鑑賞

引用元:http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=24

現在、年齢25歳の門脇さん。

まだ若いのに、大した女優さんだな~って思いますね。

門脇さんの色気というか、体をはった演技には驚かされます。

門脇さんは、ニューヨークで生まれ4歳半までニューヨークで生活されていたそうです。

お~帰国子女なんですね!英語とか結構喋れるのかな?

家族はとても仲良しで、常に連絡を取り合っているそうです。

4歳から14歳までプロのバレエダンサーを目指して日々特訓をされていた門脇さん。

中学2年生の時に「生まれ持った素養がないと難しい」とバレエを辞めてしまいます。

え?なんですかそれ。

そんなこと言っちゃうんですか。

プロのバレエダンサーってかなり厳しい世界なんですね・・・

バレエを辞めた門脇さんは、何気なく映画を観るうちに芝居に興味を持ち始め、“女優”を志すようになります。

門脇さんは芸能事務所を調べ尽くし、事務所に一発合格!!

CM・映画と活躍されて現在に至ります。

事務所を調べ尽くすって、なんか凄いですね。(笑)

門脇さんが所属しているのは、「ユニマテ」安藤サクラ(あんどうさくら)さんや、東出昌大(ひがしでまさひろ)さん、岡山天音(おかやまあまね)さんといった個性のある俳優さんが所属されています。

現在の活躍も、門脇さんの実力あっての事務所の力あってのことだと思うので、事務所選びが肝となりそうですよね。

門脇さん、しっかり考えて行動される方なんでしょうね。

尊敬の眼差しです。

 

門脇麦の過去の出演ドラマは?

映画、ドラマ、舞台と数多くの作品にメインキャスト、および主役で出演する売れっ子の門脇さん。

以下、最近のドラマだけ抜粋してご紹介です。

2018年
日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」 NTV
2017年
金曜ドラマ「リバース」 湊かなえ 原作 TBS
2017年
ショートショート木皿泉劇場「道草」『さよなら不思議ちゃん』 NHK BSプレミアム
2017年
NHK土曜時代ドラマ「悦ちゃん」 NHK
2016年
「モンタージュ 三億円事件奇譚」 大森寿美男 脚本/水田成英 演出 CX
2016年
「民王スペシャル〜新たなる陰謀〜」 テレビ朝日
2016年
連続ドラマW「コールドケース〜真実の扉〜」第6話 WOWOW
2016年
『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』第二話「炎」 廣木隆一 監督 CX
2016年
土曜ドラマ「お迎えデス。」 田中メカ 原作/尾崎将也 脚本 NTV
2015年
ザ・プレミアム「HIBARIフェス! from 1945 to 2015 〜みんなひばりが好きだった〜」
NHK BSプレミアム
2015年
連続ドラマW「翳りゆく夏」 WOWOW
2015年
「探偵の探偵」 CX
2015年
連続テレビ小説「まれ」 NHK
 
なんといっても、門脇さんの知名度をぐっとアップさせたのが、朝ドラ「まれ」ですね。
ヒロインまれの幼馴染で、かつまれの弟と結婚する役でした。
 
また同じ年の北川景子さんのドラマ「探偵の探偵」で「まれ」のかわいらしい役とは一転、黒幕の死神役。
最後の死神の正体のネタバレシーン、衝撃的でした。
それまで「まれ」のかわいらしいイメージしか知らなかった人は、門脇さんのサイコパスな役の演技力とその役柄に度肝を抜かれたと思います。
その後も、人気連ドラのメインキャストに多数出演しています。
 

門脇麦の「愛の渦」や「二重生活」菅田将暉とのシーンが話題?

 

スポンサーリンク

 

独特な世界観を醸し出す門脇さん。

2014年に公開された映画「愛の渦」でフルヌードを披露したのが話題になってるんです。

主演は池松壮亮さんで、“裏風俗”って設定なもんで、服を着て撮影しているシーンがほぼないんですよね。

男はね、まだ男なんでね、「まあ、頑張れよ」って感じですけど、門脇さんは女の子!しかもまだ嫁入り前の!

抵抗なかったんですかね。

いや~、「女優ってすげえな。年齢も関係ないんだな。」って圧倒されましたよ。

そして、2016年に公開された映画「二重生活」では主演を務めた門脇さん。

菅田将暉(すだまさき)さんとのベッドシーンがまた凄いんですよ。

濃厚なキスありのベッドシーン。

私、衝撃を受けましたよ。

もう、門脇さんは「脱ぎの女優なのか?」って思いましたよね。

このベッドシーンに関しては、門脇さんも菅田さんも「特に何かを頑張ったという記憶がないです。常に無理をすることもなく、違和感も全くなかったですし。とにかくナチュラルでした」と語ってるんです。

どういうことですか!?

お2人の思考回路が理解の反中を超えている。(笑)

門脇さん、「トドメの接吻」でも山崎賢人(やまざきけんと)さんにキスしまくるんですけど、このキスの仕方が予告で見る限り、めちゃくちゃエロいんですよね。

どんな演技を見せてくれるのかドキドキです。

 

門脇麦の「トドメの接吻」での役柄は?

 

門脇さん演じるキス女の役柄は以下です。

クズ男・堂島旺太郎を“キスで殺す”という謎めいた女。

もう、こんな役してたら、キスシーンが恥ずかしいなんて言ってられませんね。

共演者の皆さんのキスに対する感覚が麻痺しないことを祈ります。(笑)

 

まとめ

 

「トドメの接吻」「トドキス」楽しみになってきましたね。

とにかくイケメンパラダイス。(笑)

どんな内容になっていくのか想像ができないので、これは見逃せませんね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です