オーファンブラックの原作とあらすじキャストなどネタバレまとめ【七つの遺伝子】

スポンサーリンク

東海テレビ制作で12月2日(土)から深夜放送される連続ドラマが「オーファン・ブラック」です。

東海テレビといえば、「愛の嵐」「真珠夫人」「牡丹と薔薇」など次々と昼ドラのヒット作を送り出していましたね。

昼ドラのイメージが強かった東海テレビですが、2016年より「オトナの土ドラ」という枠で、土曜日の深夜にドラマを放送しているんです!

その枠で放送されるのが「オーファン・ブラック」

どのようなドラマなのか詳しくご紹介しましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

オーファン・ブラックってどんなストーリー?原作は?

「オーファン・ブラック」は2013年にアメリカで放送されたBBCドラマです。

原作のタイトルは「オーファン・ブラック暴走遺伝子」
アメリカではシーズン5まで放送されたようですね。

このドラマの主人公はサラ。
同じ顔を持つ人物がたくさんいるという設定です。

同じ顔?

タイトルを見ると”暴走遺伝子”とあります。
遺伝子が暴走して?というかクローンがたくさんいるという設定。

主人公のサラが自分と同じクローンたちと協力して、真相を解明しようとしますが、何者かに命を狙われてしまいます。

一体なんのためにクローン人間が造られたのかー?

というお話です。

原作が見たい!という方にはDVD-BOXがありますよ♪

 

 

 

日本のドラマと見比べてみるのも面白そうですね!

 

オーファン・ブラックのキャスト一覧は?

アメリカのドラマのオフィシャルリメイクとなっています。

日本のタイトルは”七つの遺伝子”なので、クローンが7人ということでしょうか。

それではキャストを見てみましょう。

主演の沙羅を演じるのは知英(じよん)さん。
韓国出身で「KARA」に所属していました。

青山沙羅(あおやまさら)役:知英

孤独を抱えたシングルマザーで、実の親を知らず施設で育っています。
同じ施設の弟のような存在だった薫と一緒に里親に引き取られています。

青山薫(あおやまかおる)役:西銘駿

沙羅のためなら何でもする、沙羅にとっては唯一の家族のような存在。

青山冴子(あおやまさえこ)役:麻生祐未

沙羅と薫の里親。
沙羅を思うあまり厳しくしてしまう。

ナガセ(ながせ)役:高橋努

沙羅と同じ施設出身で沙羅の恋人。
素行が悪く悪事でお金を稼いでいる。

椎名真緒子(しいなまおこ)役:知英

沙羅と同じ顔の女性。
神奈川県警の刑事だが自殺をとげ、沙羅は真緒子になりすますことになる。

岩城槙雄(いわきまきお)役:山崎育三郎

真緒子の同棲相手。
ハンサムで誠実にみえるが、裏にはミステリアスが顔が・・・。

金城剛(きんじょうつよし)役:岡田浩暉

真緒子の同僚の刑事で警部補。
真緒子と入れ替わった沙羅の言動がおかしいことに気づいていく。

青山萌絵(あおやまもえ)役:庄野凛

沙羅の娘。
半ば強引に沙羅の養母である冴子に引き取られている。

木村綾乃(きむらあやの)役:滝沢沙織

郊外に住む主婦。
とのことですが、どんな関係があるのでしょうか?

脇田(わきた)役:竹中直人

巨大医療機関に所属する科学者。

引用元 http://tokai-tv.com/orphan/chart/

ここまでが公式サイトで発表されているキャストです。

山崎育三郎のいろんな意味での濃さが、このドラマにぴったりだと思います(笑)

知英さんも美しいし、演技派の竹中直人さん、麻生祐未さんなどが脇を固めていて、楽しみなキャスティングですね~。

まだ影しかない登場人物がたくさんいます。

物語が進むにつれ、明かされていくのでしょうね。

 

オーファン・ブラックのネタバレは?

 

スポンサーリンク

 

まずは予告動画をご覧ください!

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=LJ43YHcxHl8

第1話のあらすじはこうです( ´ ▽ ` )ノ

施設育ちのシングルマザー・青山沙羅(知英)は協調性もなく、こらえることも苦手な性分。仕事も長続きせず、一人娘の萌絵(庄野凜)を養母の冴子(麻生祐未)に半ば取り上げられ、孤独な日々を送っていた。
 「お金さえあれば、一緒に暮らせるのに・・」
 そんなある日、駅のホームでひとりの女性に出会う。女性は沙羅と同じ顔をしていた。衝撃を受ける沙羅。が、次の瞬間、女性は疲れた顔でホームに飛び込んでしまう。周囲にいた人々が騒がしくなる中、沙羅は衝動的に自殺した女性が残したバッグをつかみ、その場を立ち去る。バッグの中にあった運転免許証を見る沙羅。自殺した女の名前は椎名真緒子(知英)。そして、バッグには携帯と、鍵が入っていた……

引用元 http://tokai-tv.com/orphan/story/

このあらすじは原作とほぼ同じです!

しかも主人公のサラも同じ名前の沙羅。
漢字に変えただけですね。

原作では恋人はドラッグの売人、そして娘も養母に預けています。

サラはある女性が自殺する現場を目撃、自分と瓜二つであったことから入れ替わりを思いつきます。

孤児院で一緒だった弟のような存在のフェリックスに、死んだのはサラだと証言させ高級マンションに住む自殺した女性ベスになりすまします。

が、ベスになりすましたことでいろいろな事件へと巻き込まれていくことに。

ほとんどソックリな内容ですね。

そして沙羅は真緒子の部屋へ行き、750万円入っている通帳を発見。

萌絵や薫と一緒に暮らせると思い預金を下ろしに行きますが、真緒子と入れ替わることを思いつき、薫に相談します。

が、預金を下ろしに行く途中真緒子の同僚の刑事金城に遭遇。
入れ替わりは無理だと薫に告げますが、薫はすでに沙羅の死亡届を受け取った後でした。

さらに海外へ出張していた同棲相手の岩城までも突然帰国。
いつもと違うと不審げに見つめる岩城に沙羅はどうするのかー?

というのが第1話です。

この「七つの遺伝子」はどこまで原作に忠実に作られているのでしょうね。
シーズン5まであるので、それを凝縮するのかそれともシーズン1のみのストーリーなのか・・・。

ドラマの内容もとても気になりますが、知英さんの七変化もとても興味深いです♪

 

まとめ

この東海テレビの「オトナの土ドラ」、2018年2月からタッキーこと滝沢秀明さん主演の「家族の家路〜家族を殺された男と殺した男〜」が予定されています。

最近では真矢ミキさん、志田未来さん、石田ひかりさん、玉山鉄二さんなどを主演に迎え、「土曜の夜は眠らせない」をコンセプトに趣向を凝らしたドラマを展開しています。

「オーファン・ブラック」も単純な内容ではなさそうです!

見始めたら最後、土曜の夜は眠れなくなるかもしれませんね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です