【罠の戦争】エンディング曲は香取慎吾の「SEVENTEEN」コラボ曲

フジテレビ月10ドラマ「罠の戦争(わなのせんそう)」が、2023年1月にスタートしました。

このドラマは、愛する家族を傷つけられた議員秘書の鷲津亨(わしづとおる)が、知略を尽くして鮮やかな「罠」を仕掛け、悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメントです。

主演は元SMAPの草彅剛さんで、かつて放送された「銭の戦争」「噓の戦争」の戦争シリーズの第3弾となりますね!

そんな「罠の戦争」のエンディング曲・主題歌を担当する、香取慎吾さんと「SEVENTEEN(セブンンティーン)」のコラボ楽曲「BETTING(ベッティング)」です。

1話のラストで流れてきたとき、思わずこの歌「香取慎吾??」と私つぶやいてしまいました(;^_^A

SNSでもすごい反響でしたね。

韓国の人気グループ「SEVENTEEN」とコラボしているんですよね!

今回はドラマ「罠の戦争」のエンディング曲・主題歌「BETTING」の配信日や楽曲提供する香取慎吾さん「SEVENTEEN」についてご紹介します。

目次

【罠の戦争】エンディング曲は香取慎吾と「SEVENTEEN」の「BETTING」!気になる配信日は?

罠の戦争ネタバレ!原作と犬飼大臣と蛯沢の過去とは?

罠の戦争の主題歌は、香取慎吾×SEVENTEENの「BETTING」です。

気になる配信についてですが、初回放送後2023年1月17日(火)0:00にすでに配信がスタートしています(^^♪

主題歌の「BETTING」は、香取慎吾さんの最新アルバム「東京SNG」とも通じるジャズの要素とダンサンブルなトラックを融合させています。

ドラマの内容ともリンクする正義と悪が表裏一体となって仕掛けられる「罠」、BETTING=「賭け」の瞬間に繰り広げられる、感情の駆け引を表現した楽曲なんだそう。

「SEVENTEEN」のウジとBUMZU、そして香取慎吾さんが意見交換を繰り返しながら、メロディやトラック、歌詞の細部に至るまで双方のこだわりが詰まった一曲に仕上げられています。

ボーカルは香取慎吾さんとジョンハン、ミンギュ、スングァンが担当しているそうですよ。

香取慎吾さんは今回楽曲提供にあたり、以下のようにコメントされていました!

罠と対峙する主演 草なぎ剛さんの復讐の炎が、主題歌でより熱く燃えてもらえるように、
SEVENTEENとチカラを合わせ作りました。
ドラマ楽しみにしています!

引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000228454

新しい地図の仲間・草彅剛さん主演のドラマという事で、香取慎吾さんも今まで以上に力を入れて制作したのではないでしょうか(^^)/

それでは以降で、香取慎吾さんとSEVENTEENについてご紹介します!

【罠の戦争】エンディング曲を手掛ける香取慎吾と「SEVENTEEN」とは?

罠の戦争で息子役【たいき】は白鳥晴都!死亡するのか助かるのか心配!

香取慎吾は元SMAPでアーティストとしても活躍!

皆さんご存知、香取慎吾さんは現在45歳で元アイドルグループSMAPのメンバーです。

SMAPを解散し、ジャニーズを退所後は草彅剛さん稲垣吾郎さんと共に「新しい地図」を結成し、歌手、俳優、SNSも開設して幅広く活躍されていますね。

SMAP時代から芸術的センスがあった香取慎吾さんは、個展を開くなどしてアーティストとしての一面も見せてくれています。

NHKイーテレでは、新しい地図のメンバー3人で「ワルイコあつまれ」という教育番組にも出演していますね。

2021年1月には、テレビ東京にて「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」で主演を久しぶりに務めました。

エンディング曲「Anonymous」も香取慎吾さんが担当されていました!

最近ではソロツアーで「SEVENTEEN」を披露したことが話題になっていました。

「SEVENTEEN」は韓国の13人組男性グループ!

13人組グループ「SEVENTEEN」は2015年5月26日にミニアルバム「17 CARAT」で韓国デビューしました。

グループ名には13人のメンバー+3つのユニット+1つのチーム=17という意味が込められているそうです。

VOCAL TEAM、HIPHOP TEAM、PERFORMANCE TEAMの3つのユニットで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが携わっているんですよね(^^)/

2016年8月には日本に初上陸し、2018年上旬には10万人動員のコンサートツアーを開催するなど、日本でも着実に人気を獲得しています。

満を持して2018年5月30日にPLEDIS JAPANより日本CDデビューを果たしました。

2022年11月9日にリリースした「DREAM」なんかも大人気ですね。

2022年は、ソウル公演を皮切りに約2年4ヵ月ぶりとなるワールドツアー「SEVENTEEN WORLD TOUR [BE THE SUN] を行い、11,12月には待望の日本ドームツアーもこなしているんです。

今回、香取慎吾さんとのコラボで、「SEVENTEEN」はさらに人気が高まりそうですね(^^♪

香取慎吾と「SEVENTEEN」のBETTINGが主題歌の罠の戦争とはどんなドラマ?

それでは香取慎吾さん「SEVENTEEN」が主題歌を担当する「罠の戦争」の気になるストーリーをここでご紹介します。

命をかけて尽くしてきた政治家に裏切られた

議員秘書、鷲津 亨
弱い者には弱いなりの闘い方がある

ある日、突きつけられたのは、息子が瀕死の重傷を負う事件、
そして“先生”からのその事件の“もみ消し”指示。
そして、思いもよらない「先生」の裏切りだった。
このまま全てを呑み込み、理不尽な要求を受け入れるのか?
常に冷静沈着、何があっても感情を表に出さない彼も
この時ばかりは怒りを抑えきれない。

これまで、仕事のためには自分を殺し、我慢を重ねるのが
当たり前だと思ってきた彼の中で、何かが大きく変わった。

権力を振りかざす連中から、その力を奪い取ってやる
弱者による強き権力者への復讐劇!
愛する家族を傷つけられた議員秘書が
知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、
悪しき政治家を失脚させる
リベンジエンターテインメント

引用元:公式サイト

主人公は、草彅剛さん演じる議員秘書の鷲津亨。

議員の犬飼(本田博太郎)に忠誠を誓ってきたものの、ある時息子が何者かに突き落とされて、重体になってしまう事態が起きてしまいます。

事件であることは明白にも関わらず、犬飼は鷲津に事故だったことにして欲しいと懇願し、言うことを聞かないと濡れ衣を着せて失脚させようとするのです(・_・;)

ついに鷲津は犬飼に愛想を尽かせて、息子をこんな目に合わせた奴らに復讐するため様々な罠を仕掛けていくという物語です。

おそらく鷲津の息子を突き落としたのは、政界関係者の家族?

犬飼には、何者かから圧力がかかったように思います。

高橋克典さん演じる総理大臣?

片平なぎささん演じる大臣?

そして岸部一徳さん演じる大物議員あたりが怪しい感じがしますね(^^;)

【罠の戦争】エンディング曲は香取慎吾の「SEVENTEEN」まとめ

罠の戦争の犯人・黒幕の正体考察は小澤征悦か岸部一徳が怪しい?

今回は「罠の戦争」のエンディング主題歌「BETTING」を手掛ける香取慎吾さんSEVENTEENについて紹介しました。

元SMAPの香取慎吾さん、韓国の人気13人組男性グループSEVENTEENがコラボした主題歌「BETTING」は、初回放送後からすでに配信がスタートしています。

第2話でもエンディングにて、主人公・鷲津が復讐して盛り上がっているところでおそらく流れると思います!

草彅剛さん主演ドラマを、香取慎吾さんの主題歌が盛り上げるなんて、SMAP時代を知る我々世代はかなり嬉しい(^^♪

「罠の戦争」は、香取慎吾さんSEVENTEENのコラボ主題歌にも注目している皆さんお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる