【しょうもない僕らの恋愛論】ネタバレ!原作結末はハッピーエンドじゃない?

2023年1月からドラマ『しょうもない僕らの恋愛論(しょうもないぼくらのれんあいろん)』が日本テレビ「木曜ドラマ」深夜枠で始まります!

主演はイケオジ代表の眞島秀和(ましまひでかず)さんで、40代独身のデザイナー・筒見拓郎(つつみ・たくろう)を演じます。

不器用な男女が織りなす、等身大のヒューマンドラマ。

キャストには矢田亜希子(やだあきこ)さん、恋の相手??となるのか女子高生役のくるみ役で中田青渚(なかたせいな)さんらが登場します!

原作は漫画家・原秀則さんの同名漫画です。

今回はドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」の原作あらすじネタバレを結末までご紹介します。学生時代、好きだった人の娘と恋をする!?

また合わせて、キャスト、脚本家についてまとめます!

原作のネタバレを結末までご紹介しているので、知りたくない人は閲覧注意です。結末は?ハッピーエンドなの??それとも??

今なら、原作漫画が無料で読めます!

ebookjapanで「しょうもない僕らの恋愛論」を無料で読む人はこちら!

※今ならでebookjapan「しょうもない僕らの恋愛論」1~2巻を無料で読むことができます【2023年1月18日最新情報】

ebookjapan、「親愛なる僕へ殺意をこめて」「ナンバMG5」「個人差あります」「悪女」「ミステリと言う勿れ」「逃亡医F」「ケイ×ヤク」「妻、小学生になる」「ミステリと言う勿れ」「おいピータン!!」「しもべえ」「婚姻届に判を捺しただけですが」「それでも愛を誓いますか?」「ただ離婚してないだけ」「准教授高槻彰良の推察」「うきわ」「婚姻届に判を捺しただけですが」など人気作品をお得に読めます。

◆初回登録時には、最大500円が割引になる50パーセントオフになる割引券がもらえる♪

◆毎週末【金曜・土曜・日曜】にはクーポン適用で最大50パーセントPayPay還元

ebookjapanhttps://ebookjapan.yahoo.co.jp

 

見逃し配信動画も無料で視聴可能です!

▲今なら「しょうもない僕らの恋愛論」1話の配信動画見逃し配信を2週間完全無料で視聴できます▲

Hulu/フールーhttps://www.hulu.jp/

・ブラッシュアップライフ

・リバーサルオーケストラ

・大病院占拠

・映画「君の名は。」

・チェンソーマン

・「すずめの戸締り 冒頭12分」

・SPY×FAMILY

・King & Princeる。

・スパイファミリー(SPYFAMILY)

・劇場版ほんとうにあった怖い話

・金田一少年の事件簿シリーズ

・パンドラの果実

・真犯人フラグ

・恋です!ヤンキー君と白杖ガール

・死神さん(田中圭主演)

・あなたの番です(秋元康企画)

・リモートで殺される(秋元康企画・前田敦子出演)

・ボイス【原作の韓国版の「ボイス」も全シーズン全話見放題視聴可能です。】

・ギャルサー【ガッキーと戸田恵梨香出演】

・3年A組

・SPECシリーズ

その他にも

・東京リベンジャーズ

・名探偵コナンシリーズ

・転生したらスライムだった件

・ネメシス

・リモートに殺される

・奥様は取り扱い注意

・きょうは会社休みます

・マツコ会議

・ニノさん

・あなたの番です

・ダウンタウンガキの使いやあらへんで絶対に笑ってはいけないシリーズ

他にもドラマ・映画・国内、国外・アニメ・キッズなどジャンルを問わず視聴可能です。

Hulu/フールーhttps://www.hulu.jp/

先日お亡くなりになられた三浦春馬さん主演の「サムライハイスクール」「14歳の母」「君に届け」「殺人偏差値70」「ごくせん」「進撃の巨人」なども視聴可能です。

※上記の情報は2023年1月15日の情報です。以降も最新情報は、公式サイトでご確認ください。

目次

【しょうもない僕らの恋愛論】原作や脚本家は?

おっさんずラブ武川主任役は眞島秀和で北村匠海との関係が話題?結婚してるの?

原作は人気漫画!

「しょうもない僕らの恋愛論」は原秀則(はらひでのり)さんの漫画が原作です!

『ビッグコミック』(小学館)にて、2019年2号から2021年7号まで連載され、これまでに全6巻発売されました。

学生時代の思い出の女性・安奈。その死を知った主人公の前に、彼女の娘・くるみが現れて…

デザイン事務所で働く筒見拓郎のもとに、ある日学生時代の忘れられない思い出の女性、安奈からフェイスブックの友達申請が。だがその直後、拓郎のもとに安奈の死の知らせが届く。動揺を隠せない拓郎は、葬儀場で1人の女子高生に声をかけられた。彼女の名はくるみ。安奈の娘−−
くるみとの出逢いが、拓郎の日常に少しずつ変化をもたらしていく…
学生時代の切ない思い出、時の流れの中で交錯する男女の人生と、芽生える恋心−−『冬物語』『部屋においでよ』など、恋愛漫画の名手が、繊細な感情を紡ぎ、描く、ミドルエイジ・ラブストーリー。

引用元:https://bigcomicbros.net/work/6421/

40歳の主人公の筒見に、学生時代に好きだった女性・安奈から、フェイスブックの友達申請が。驚いている筒見のもとに、安奈の死の知らせが届きます。

そんな筒見の前に現れたのは・・・安奈そっくりの女子高生。安奈の娘でした。この出会いから物語が展開していきます。

全53話で、連載終了後に特別編が掲載されています。

原作者

原作者の原秀則さんは1961年生まれ。1980年に「春よ恋」でデビューし、『さよなら三角』が初連載作品。

これまでに「ほしのふるまち」「バンクーバー朝日軍」などの作品があります。「冬物語」は映画化、「レガッタ〜君といた永遠〜」はドラマ化されました!

コメント

『しょも恋』ドラマ化と聞いて大変喜んでおります!
結構苦しんで描いたマンガなので…(笑)
拓郎、くるみ、絵里の恋模様を、スタッフ&キャストの方々がどう作り上げてくれるのか、そしてどうアレンジするのかも楽しみにしてます。
マンガ片手に見比べて頂くと嬉しいです!
いいドラマになりますよ~に♬

引用元 読売テレビ

脚本家

「しょうもない僕らの恋愛論」脚本家は、「ユーチューバーに娘はやらん!」「天国からのラブソング」などのいとう菜のはさんと、「寂しい丘で狩りをする」「スナックキズツキ」などの今西祐子さんのおふたりです。

主題歌

「しょうもない僕らの恋愛論」主題歌は、2022年NHK紅白歌合戦に初出演したJO1の「We Good」♪

JO1は日本のボーイズグループ♪テレビアニメ『群青のファンファーレ』やドラマ『ラブファントム』などの主題歌を担当してきました。

このJO1のメンバーのひとり、木全翔也さんがドラマに出演します!こちらも楽しみにしていてください♪

【しょうもない僕らの恋愛論】原作ネタバレを結末まで【閲覧注意】

相棒杉本哲太が犯人役バベルの塔のネタバレは?過去出演エピソード結末までまとめ

学生時代に好きだった女(ひと)・安奈の死

主人公の筒見拓郎(眞島秀和)は40歳を迎え、デザイナーとして立派に成長。ある日フェイスブックに友たちリクエストが来る。

相手は大学生のときに同じバンドにいた谷村安奈。ふたりは良い感じの間柄だったが、ある出来事がきかっけに、学生時代以来会っていませんでした。

翌日バンド仲間だった宇崎隆( 黒田大輔)から、安奈が死んだことを告げられ、驚く拓郎。

一体誰がフェイスブックに友達申請をしたのか??動揺する拓郎でした。

安奈の葬式に現れた女子高生の娘・くるみ

葬式場に行くと、ある女子高生に声をかけられる拓郎。それは、安奈の娘の谷村くるみ(中田青渚)でした。

安奈に瓜二つのそっくりのくるみに驚く拓郎。その時はそのまま別れる2人。

しかし後日、拓郎の自宅に突然やってきたくるみ。驚きつつも自宅に招き入れる拓郎。

バンド時代に安奈と練習を録音したカセットテープを持ってきて、一緒にそれを聞く2人。

くるみは、安奈として、友達リクエストは自分がしたと言います。

そして「母が好きだった人に(拓郎に)会ってみたかった」と言うのでした。

安奈との約束を守らなかった・会わなかった理由とは?

以降、くるみは拓郎の前に現れて、しばしば会うようになりまうす。

そして、なぜ安奈の前から突然姿を消したのか?そう聞かれ思わず突き放す拓郎。

実は、安奈からその日、話があるからと、待ち合わせをしていた拓郎。しかしその日、拓郎は現れず、その日以来、大学を辞めて、安奈の前に姿を現すことはなかったのでした。

安奈はくるみに、拓郎の写真が見つかった時「好きだった人」と懐かしそうに笑顔で話していたのでした。

拓郎が安奈との約束をやぶって姿を消した理由は・・・父親が倒れてしまい、介護が必要な状況に。介護の手伝いにおわれて、東京に戻るめどもつかず、家に借金も残っていたことから大学を辞めたのでした。

そして連絡を取ることはなかった拓郎。そのまま2人は会わないままでした。

最初はくるみにそのことを話さなかった拓郎ですが「君には話さなくてはいけない」と言い、最終的に事情を説明するのでした。

くるみの気持ち

くるみには、仲の良い、同級生の小倉悠( 木全翔也)がいました。

2人はいつも一緒に行動していました。

悠には何でも話すので、拓郎のことも知っていた悠。

悠はくるみのことが好きでしたが、その気持ちに気づかないくるみでした。

くるみは最初は母親の好きな人に会いたいと言う気持ちだけでしたが、次第に拓郎のことが好きになっていると気づくのでした。

森田絵里と拓郎の関係

拓郎には20年来の付き合いのある森田絵里(矢田亜希子)がいた。絵里は20年以上拓郎を思い続けていたが、今の関係も壊したくなく前に進めない。

拓郎にとっては、絵里はただの友達で、絵里の気持ちに気づかない鈍感な男でした。

長年片思いだったので、安奈と拓郎が良い雰囲気だった学生時代のことも知っていて、拓郎からくるみの話を聞き、焦る絵里。

皆から、拓郎に告白するようにずっと言われていましたが、今の関係を壊したくないと踏み出せなかった絵里でした。

絵里がついに告白!そして拓郎とついに付き合う!けれど・・・

しかし、くるみの存在もあり、絵里は思い切って拓郎に告白。二度と会わない決意で告白した絵里。

あまりの驚きに、何も言えない、拓郎。絵里は拓郎の気持ちが自分にないことがわかり、その場から「さよなら」と告げ立ち去ります。

しかし、拓郎は絵里を追いかけます。そのまま成り行きで、2人は大人の関係に。絵里は突然の流れに驚いていましたら、喜びます。

拓郎は「なんで絵里と・・・」と動揺しつつ「こういうのもありか・・・」となんとなく受け入れるのでした。そして2人は付き合うようになり、同棲を始めます。

絵里との交際にショックのくるみ!そして拓郎が自分の気持ちに気づく

その後、くるみは拓郎が絵里と付き合い始めたことを知り、ショックを受けます。

くるみは拓郎と距離を置き始める。

一方で、絵里と付き合いつつも、くるみのことが気になってしまう拓郎。

絵里との旅行でも、上の空で怒り出す絵里。そして拓郎は自分がくるみのことが好きだと気づくのでした。

そんな中、距離を置くつもりだったくるみでしたが、デザインの仕事をするために美大に行きたいという進路のことで拓郎に相談にのってもらうことに。

そして・・・絵里との大事な約束をしていたことを忘れて、同じ日に、くるみの相談にのる約束をしてしまいます。

やってしまった・・・と動揺する拓郎が選んだのは・・・先に約束をしていた絵里ではなく、くるみと会うことでした。

その後、約束したはずの日にくるみと会っていたことを知りショックを受けるのでした。

絵里とくるみと・・・突然の別れ

一方、拓郎は会社の方針で、第一線から身を引くことを打診されます。それはいわゆる出世とも取れるものでしたが、デザインが好きな拓郎は独立を決意。

一方で、デザイナーになるため美大を目指すくるみは拓郎を応援します。

くるみが悠に拓郎の独立のことを話して、悠が偶然絵里に会い、独立のことを言います。

独立について何も聞いてなかった絵里は怒ります。

くるみにはその話をしていたことを知り、絵里と拓郎はケンカに。

その後絵里は偶然、くるみと会います。絵里とくるみは食事をしながら話をして、くるみは絵里に進路について相談していたこと、拓郎のことが好きだったから会いたかったことを正直に話しますが、もう会わないと約束するのでした。

その後、くるみは拓郎に今までのお礼を言い、「絵里さんとお幸せに」と別れを告げます。

なぜくるみが去っていたのか?意味がわからない拓郎ですが、絵里と会っていたと人づてに話を聞いて、絵里に「なんで何も言ってくれなかった?」と責める拓郎と絵里は喧嘩に。

その後、絵里は拓郎と腹を割って話をしようと決め、2人の将来に結婚はあるのか?と聞きます。

しかし拓郎は、結婚を決意するまでにはまだ時間がかかると答えます。

それを聞いた絵里は、2人の気持ちの温度差に気づいて、別れを決意するのでした。

そして別れた絵里と拓郎でした。

物語は3年後・・・結末はハッピーエンドじゃない!?

そして3年後。独立した拓郎は1人でどうにかデザインの仕事をこなしていました。

くるみは美大に落ちてしまい、女子大に通い、雑誌社でアルバイトをしていた。

そんなとき、アルバイト先の雑誌者で、拓郎が骨折して仕事ができなくなったことを知ったくるみ。

恐る恐る拓郎の家に行き、絵里と別れたことを知ります。

そして、拓郎がどうしてもやり遂げたい仕事があると聞いて、ギプスが取れるまで仕事の手伝いをすることに。

くるみが手伝ってくれたおかげで、やりたかった仕事をどうにか完成させることができた拓郎はくるみにお礼を言います。

手伝い最後の日に、くるみは拓郎に告白します。そんなくるみに拓朗はくるみの後ろには、好きだった安奈がいると答えます。

くるみのことが好きではない、安奈のことが好き、と言う答えでした。

失恋をして傷心のまま立ち去るくるみ。しかし拓郎の本音ではなく、拓郎は本当はくるみのことが好きでした。くるみのために、きちんと恋愛を終わらせてあげたのでした。

それから数年後・・・拓郎は事務所を立ち上げ、社員もやとい、成功を収めていました。

絵里は会社の後輩との新しい恋をスタートさせていました。

くるみは出版会社に就職し、のちに拓郎の仕事の担当に。くるみはすっかり拓郎のことは吹っ切れた様子で仕事を頑張っていました。

くるみのそんな姿を見て「女は強い・・・」としみじみつぶやくのでした。

そして弁護士になった悠に告白されて、受け入れるくるみでした。

ふたりの女性から愛された拓郎でしたが、結局ふたりとも去っていき、拓郎だけひとりのまま終わるというラスト。

拓郎は少し寂しい終わり方ですが、くるみや安奈との思い出を懐かしそうに、バーのマスターに語っていて、ハッピーエンドと言っても良いのでは?と思いました。

ドラマがどんな終わり方をするのか楽しみですね♪

【しょうもない僕らの恋愛論】あらすじネタバレ1話~最終回まで

【しょうもない僕らの恋愛論】1話あらすじネタバレ

やまとなでしこ矢田亜希子の年齢やネタバレはキューピット?

「しょうもない僕らの恋愛論」第1話のあらすじです。

40代独身の筒見拓郎(眞島秀和)は、デザイン事務所で20年働くデザイナー。最近は後輩の面倒を任されることも多くなり、「仕事も人生もこのままでいいのか……?」と漠然とした不安を抱えている。

ある日、行きつけのバー「ちゃらんぽらん」で、元バンド仲間・宇崎隆と飲んでいると、白髪が生えていることを指摘され、「もう立派なおじさん」と言われてしまう。さらに、行きつけのバーのマスター(嶋田久作)からは「仕事、仕事ってやっていると、気づいたらおじいさんだぞ?」と言われてしまうのだった。

そんな夜、誰もいない暗い部屋に帰宅した拓郎の元に、SNSから「友達リクエストがあります」と通知が入る。差出人は、20年前に愛した大学の同級生、谷村安奈で……!?
今ごろ、なぜ? 突然の連絡に戸惑いを隠せない拓郎は、なかなか「許可」できずにいた。高校の同級生・森田絵里(矢田亜希子)も心配する中、ついに拓郎は「許可」することを決意。すると、「今度の土曜日、会えませんか?」のメッセージが届き……!?

安奈との約束の日。少しおしゃれをしながら、待ち合わせの場所へ行った拓郎は、制服姿の谷村くるみ(中田青渚)に声をかけられる。その顔は、安奈の顔と全く同じ顔で……!?

優柔不断な男と、まっすぐな少女と、素直になれない女が出会ったとき、あの日に残した想いが動き出す。不器用な3人が織りなす、等身大のヒューマンドラマが動き出す!

引用元 

読売テレビ

拓郎の目の前に現れて、制服姿の谷村くるみ(中田青渚)。それは安奈の顔と全く同じ顔で驚いていると、安奈の娘であることを告げられます。

また安奈が死亡していることも告げられ、衝撃を受ける拓郎。

すぐに大学時代の友人たちに知らせて、本当に安奈が死んでいたことを確認します。

そして拓郎は大学時代の安奈との出会い、そしてあの日の出来事を思い出していたのでした。

一方、くるみは安奈の母親で祖母と一緒に暮らしていました。

後日、くるみが拓郎の自宅にやってきます。驚く拓郎ですが、くるみを自宅に招き入れます。くるみは安奈と拓郎が学生時代に録音したバンドのテープを持ってきていました。2人でそのテープを聞く拓郎。拓郎がギターを弾きながら歌い、その歌を聞いている安奈。

当時の思い出がよみがえるのでした。

安奈は拓郎が歌った後「やっぱり好きだな」とつぶやきますが、当時の拓郎は何を言っているのか?気付かず「何か言った?」と聞きます。

テープを聞いていた拓郎は動きが止まります。それを見て微笑むくるみ。

拓郎はくるみに、どうして自分に連絡してきたのか?と聞くと、くるみは「会いたかった。母が好きだった人に」と言うのでした。

【しょうもない僕らの恋愛論】2話あらすじネタバレ

20年前に愛した大学の同級生、谷村安奈が亡くなった。この悲しい事実を、安奈の娘・谷村くるみ(中田青渚)から告げられた筒見拓郎(眞島秀和)。「会ってみたかったんです。母が好きだった人に」というくるみの言葉が、頭から離れない。
そんな中、くるみから「行きたい場所がある」と連絡が入る。行き先はバッティングセンター。そこは昔、安奈と行った場所だった。当時のことを振り返る拓郎は、くるみの笑顔に、思わず安奈の笑顔を重ねてしまう……。ところが、くるみから安奈のもとから離れた理由を問われた拓郎は「…君には関係ないんじゃないかな?」と冷たく突き放してしまうのだった。

その夜。拓郎から、くるみと会ったことを聞いた森田絵里(矢田亜希子)。母親を亡くしてしまったくるみを心配しつつも、複雑な思いも感じていて……!?
そんな中、拓郎のもとにくるみからもう一度会って話をしたい、と連絡が入る。2人は、拓郎と安奈が通った大学で落ち合い、拓郎は安奈との過去の出来事をくるみに語りだす…

引用元:https://www.ytv.co.jp/renairon/story/2.html

2話では、拓郎が安奈の前から姿を消した理由が判明。最初は説明することを躊躇していた拓郎ですが、娘のくるみにその理由を語ります

安奈と待ち合わせをしていたあの日、父親が倒れてしまった拓郎。介護が必要な状況で、実家の家業を継いだ兄。父親に借金があることも判明し、大学を中退することに。

気付いたら時間がたっていて、しばらくすると安奈が結婚したと聞いたと言う拓郎。

連絡ができなかったのは、家のこと、お金のことなど重すぎて、知られたくなかったからだと言う拓郎。

そんな拓郎の話を聞いて、拓郎を慰めるくるみでした。

【しょうもない僕らの恋愛論】3話あらすじネタバレ

20年前、突然母・安奈の前から姿を消した理由を、筒見拓郎(眞島秀和)から明かされた谷村くるみ(中田青渚)。そんなある日、同級生から、バンドのイラストを描いてほしいと頼まれる。ふと、“人生のバイブル“である漫画家・ワカタマコのマンガを手に取ると、背表紙に「装丁・筒見拓郎」の文字を見つけ……!?

ひょんなことから、自身が長年にわたり表紙のデザインを手掛けてきたワカタマコの新連載が始まることを知った拓郎。ところが、自分ではなく、知り合いの若手デザイナーが担当することを知る。拓郎は、自身の感性が古くなっているかもしれないと、戸惑いを隠せないでいた。
そんな中、拓郎の働くデザイン事務所「JIRO」にくるみがやってくる。くるみは、拓郎に“あるお願い”をして……!?

一方、森田絵里(矢田亜希子)は、バー「ちゃらんぽらん」で、安奈の娘・くるみと初めて顔を合わせ……。

引用元:https://www.ytv.co.jp/renairon/story/3.html

くるみは、同級生たちに頼まれたイラストの相談をしに拓郎のもとに行きます。

くるみのイラストを見ると「面白い!」と評価し、自分ができることならと協力すると言う拓郎とくるみは、バー「ちゃらんぽらん」で会うように。

そして、そこに来ていた森田絵里(矢田亜希子)は2人が話しているところに行き「私も混ぜて♪」と自分も絵が好きであることを話し、休日に、くるみ、えり、拓郎と一緒に、集まって絵を描くことに。くるみは、仲良しの同級生の悠をモデルとして連れてきて、意外にも盛り上がり楽しい時間を過ごします。

そんな中、くるみの前に、海外で暮らしていた父親が現れて、一緒に暮らそうと勝手なことを言い出し、怒り出すくるみ。

困惑するくるみでしたが、父親からの申し出についてどうしようか?悩み、思わず連絡したのが拓郎。

拓郎に「やっぱり何でもない」と言ったくるみでしたが、拓郎はくるみが何かを抱えていることを感じたのか?くるみのいる場所に駆け付けます。

しかし拓郎の顔には絵の具がついていて、思わず笑ってしまうくるみ。悩んでいたくるみでしたが、拓郎のやさしさに触れて、笑顔になるのでした。

【しょうもない僕らの恋愛論】4話あらすじネタバレ

突然現れた大嫌いな父・平尾研二(橋本じゅん)から、「一緒に暮らそう」と言われた谷村くるみ(中田青渚)。思わず筒見拓郎(眞島秀和)に電話すると、拓郎は顔に絵の具をつけたままやってくる。そんな拓郎のおかげで、くるみは笑顔を取り戻し、両親が離婚していることや、父への思いを打ち明ける。
デザイン事務所「JIRO」では、新入社員の坂田が「辞めさせていただきます」と書かれた紙を残し、姿を消してしまっていた。社長の木ノ下(杉本哲太)は、拓郎に心当たりを尋ねるが……!?

一方、森田絵里(矢田亜希子)は、勤務中に突然、部下の堀江(古舘佑太郎)から告白を受ける。「からかってんの?」と逃げたものの、動揺を隠せず……。
そんな中、バー「ちゃらんぽらん」では、堀江が、拓郎の元バンド仲間・宇崎(黒田大輔)を殴る事件が発生し……!?

引用元:https://www.ytv.co.jp/renairon/story/4.html

OA後に追記します!

【しょうもない僕らの恋愛論】5話あらすじネタバレ

OA後に追記します!

 

【しょうもない僕らの恋愛論】キャスト出演者一覧

100万回言えばよかった1話の動画の視聴方法と再放送情報

筒見拓郎:眞島秀和

大学生時代は水沢林太郎さんが演じます♪

40代前半、独身。
デザイン事務所「JIRO」で勤続20年の書籍デザイナー。最近はデザインより後輩の面倒を任されることも多くなり、「デザイナーとしてはもう求められていないのか?」と自信を無くしかけることも。高校時代からの女友達(森田絵里)はいるが恋人はいない。「仕事も人生もこのままでいいのか…?」と漠然とした不安を抱えている。そんな時、大学時代に愛した人・谷村安奈からのSNSの友達申請をきっかけに安奈の娘・くるみと出会い、胸の奥にしまっていた<やり残した過去への思い>と対峙することになる。

コメント

『冬物語』『部屋においでよ』ともに、何度も読み返している作品なので、原秀則さんの世界に生きられることがとても嬉しく、撮影に入るのが楽しみです。
これから本格的に冬を迎えますが、スタッフ演者力を合わせて、心温まるノスタルジックなヒューマンドラマをお届けします。

「おっさんずラブ」などで注目され、2019年の「サウナーマン〜汗か涙かわからない〜」で連ドラ初主演に(≧∇≦)

その後も「おじさんはカワイイものがお好き。」「#居酒屋新幹線」などで主役を演じてきた眞島秀和さん。

「遺留捜査シリーズ」の遠山修介役や、「パパとムスメの7日間」などの出演作品があります。

森田絵里:矢田亜希子

拓郎の高校の同級生。拓郎に20年以上も片想いをしている。
拓郎とは漫才コンビのように会話が弾む仲で、週に何度も行きつけの店で飲むが、告白するタイミングをとうに失い、いまの友達関係のままでいいんだと自分のなかで折り合いをつけてきた。仕事はバリキャリで、大手家電メーカーの美容機器部門の課長。くるみの出現を機に、抑えていた拓郎への想いと向き合うことになる。

コメント

今回、原秀則先生の「しょうもない僕らの恋愛論」のドラマ化というお話をいただき、原作を読まさせていただきました。
まずタイトルから想像する印象だと「恋愛もの」と思いながら読ませていただいたのですが、恋愛だけではないとても人間味のある内容でヒューマンドラマだなと思いました。お話は現代的ですが、懐かしい青春を思い出させてくれたり、とても切なくてわくわくしました。
私は仕事もバリバリなキャリアウーマンでありながら一人の男性に20年以上片思いをしているという純粋な一面を持つ女性です。
仕事も恋も、、、大人な40代のリアルな姿を皆さまに見ていただけたらなと思っております。
お楽しみにしていてください!よろしくお願いします。

バラエティ番組でも素朴なお人柄が人気の矢田亜希子さん。2006年に押尾学さんとご結婚され一度引退されました。

2009年に押尾学さんが逮捕され離婚。しばらく表舞台に出ていませんでしたが、2010年のドラマ『刑事・鳴沢了〜史上最悪の24時間〜』で復帰。

2022年には「しもべえ」「祈りのカルテ」などにご出演されています。

谷村くるみ:中田青渚

高校2年生。拓郎の初恋の人(安奈)の娘。
見た目はキュートだが、性格は押しが強く、勝気で、自立心も強い。幼馴染で同じ高校に通う悠と親しい。小さい頃に両親が離婚し、安奈に育てられる。進路を決める時期になるも、特にやりたいこともなく日々を過ごしていたが、母が「ずっと好きだった人」、筒見拓郎と出会うことで人生が動き始める。

コメント

谷村くるみ役を演じます、中田青渚です。
今回、オーディションを受けさせて頂きましたが、原作を読んだ時からこの役を演じたいと強く思っていたので、決定したと聞いた時はとても嬉しかったです。くるみは天真爛漫な女の子ですが、拓郎と出会うことで起こる感情の変化や、10代の誰しもが悩む進路など、繊細な感情も丁寧に演じていきたいです。
スタッフや共演者の皆さまと一緒に、優しくあたたかいドラマにしていきたいと思います。

中田青渚さん、高校生役ですが実際には23歳。中学生のときにスカウトされ、高校入学のタイミングで上京しました。

2016年の『ラーメン大好き小泉さん2016新春SP』でドラマデビュー。2018年の『中学聖日記』で連ドラ初出演を!

2021年の出演映画『街の上で』『あの頃。』『うみべの女の子』の演技でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

小椋悠:木全翔也 (JO1)

くるみの幼馴染で、高校の同級生。
マイペースなくるみに日々振り回されているが、成績優秀なしっかり者。くるみに対して、密かに恋心を抱いている。

コメント

皆さんこんにちは、JO1の木全翔也です!
今回、この「しょうもない僕らの恋愛論」に出演させていただくことになりました!
演技のお仕事は今回で2度目なのですが、前回もすごい楽しんでやれたので今回も楽しくやれたらなって思っています!
原作も読ませて頂いて、読み入ってしまうくらい素晴らしい作品でより頑張る気持ちでいっぱいです!
よろしくお願いします!!

注目のボーイズグループJO1のメンバー、木全翔也さん。今回が地上波ドラマ初出演です!どうぞご注目ください!

平尾研二:橋本じゅん

※画像右端が橋本じゅんさん

くるみの父。
会社経営をしており、海外にいることが多い。安奈とはくるみが小さいころに離婚している。自由奔放で家族を顧みない性格で、くるみも愛想をつかしている。

コメント

くるみの父。
会社経営をしており、海外にいることが多い。安奈とはくるみが小さいころに離婚している。自由奔放で家族を顧みない性格で、くるみも愛想をつかしている。

マスター:嶋田久作

※画像右端が島風さん

拓郎や絵里が学生のころから通っているバー「ちゃらんぽらん」のマスター。
人生経験豊富で、みんなの相談役。

コメント

このたび、『しょうもない僕らの恋愛論』に出演させていただくことになった嶋田久作です。バー「ちゃらんぽらん」のマスターを演じます。主人公たちの何気ない日常の会話のやりとりの中にある繊細な機微を上手く掬い取りながら、さりげなく振る舞えればと思っています。ぜひご覧頂ければ幸いです。

木ノ下二郎:杉本哲太

拓郎が勤めているデザイン会社「JIRO」のお茶目な社長。
自身もデザイナーだったが、いまは経営にまわり、拓郎に次ぐ若手デザイナー育成に力を入れようとしている。

コメント

今回演じます木ノ下役は、僕が今までにあまり演ってきていない“癒やしの中年おじさん役”ということで、優しさと社長の貫禄との絶妙なバランスを取りながら、デザイン事務所のほんわかパートを担うべく攻めていきたいと思います。まだ撮影がこれからなので、初共演の方も多い中緊張していますが、木ノ下に同じく和やかに現場にいられたらと思います。

谷村桃子:手塚理美

この投稿をInstagramで見る

 

手塚理美(@tezuka_satomi)がシェアした投稿

くるみの祖母。
娘の安奈を女手一つで育て、安奈亡き今はくるみと二人で暮らしている。喫茶「アルマンド」の店主。

コメント

『しょうもない僕らの恋愛論』
何だか、すてきな予感のするドラマなのですよネ。
そして、これまたなんてすてきな共演者の方々!
そんなドラマに参加させていただくことがとても幸せですし、ちゃきちゃきした明るい性格の桃子さんを演じることも楽しみでなりません。皆さま、どうぞご覧になってくださいませね!

キャスト・コメント引用元 読売テレビ

しょうもない僕らの恋愛論ネタバレ!原作あらすじキャスト脚本家のまとめ

隣の家族は青く見えるで広瀬役【わたるん】の眞島秀和は結婚してる?出演ドラマは?

「しょうもない僕らの恋愛論」はビッグコミックにて2019年から2021年まで連載された、原秀則さんの漫画が原作。原秀則さんは映画化された「冬物語」、ドラマ化された「レガッタ〜君といた永遠〜」なども手がけています。

40代の優柔不断な独身男性を主人公に、不器用な男女の等身大のヒューマンドラマです。

主演は眞島秀和さん、ほかに矢田亜希子さんや中田青渚さんらがご出演♪脚本は「ユーチューバーに娘はやらん!」「天国からのラブソング」などのいとう菜のはさんと、「寂しい丘で狩りをする」「スナックキズツキ」などの今西祐子さんが手がけました。

「しょうもない僕らの恋愛論」は2023年1月19日から、日本テレビ系深夜枠の「木曜ドラマ」にてよる23時59分からスタート!どうぞお楽しみに!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる