【100万回言えばよかった】里親の広田の妻・みきこ役は桜一花!春風亭昇太の奥さん役

2023年1月からスタートする井上真央(いのうえまお)さん主演のドラマ「100万回 言えばよかった(ひゃくまんかいいえばよかった)」。

このドラマは主人公の恋人が謎の死を遂げ、幽霊となってしまい、恋人と幽霊つなぐ霊媒師的存在の刑事の3人が奇跡を起こそうとするファンタジーラブストーリーです。

サスペンス要素もあり、恋人の死に関わる事件などの真相が今から気になるところです。

そんな「100万回言えばよかった」で佐藤健さん演じる幽霊となる鳥野直木や主人公の悠依には面倒を見てくれていた里親がいます。 春風亭昇太さん演じる広田勝(ひろた まさる)です。

そんな里親の広田には奥さんがいるのですが、今回は妻の広田美貴子(ひろた・みきこ)役のキャスト女優さんに注目!演じているのは 桜一花さんです。

今回はドラマ「100万回 言えばよかった」で里親でもある広田の妻の美貴子役の女優の桜 一花さんついてご紹介していきます。

▲今なら「100万回言えばよかった」1話~最終回まで動画を見放題で視聴できます▲

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

以下の作品も見放題で視聴可能です

・日曜劇場「Get Ready」

・クロサギ ※2006年の山下智久さん主演版と、2022年の平野紫耀さん主演

・天皇の料理番、恋は続くよどこまでもなど佐藤健出演作

・花のち晴れ〜花男 Next Season〜(平野紫耀出演)

・花より男子(松本潤・小栗旬)

・パパとムスメの7日間(2007)新垣結衣出演

・日本劇場「アトムの童」

・君の花になる

・差出人は誰ですか?

・日曜劇場「オールドルーキー」

・石子と羽男

・ユニコーンに乗って

・理想ノカレシ

・赤いナースコール

・雪女と蟹を食う

・復讐の未亡人

・日曜劇場「マイファミリー」

・持続可能な恋ですか?

・インビジブル

・山田太郎ものがたり(二宮和也出演)

・ブラックペアン(二宮和也出演)

・村井の恋

・日曜劇場「DCU」

・ファイトソング

・妻、小学生になる

・「孤独のグルメ」シリーズ

・crisis 公安機動捜査隊特捜班

・ドラゴン桜【2021年版と2005年版のどちらも視聴可能です】

・アルジャーノンに花束を(山下智久主演)

・映画「娼年」

・【木ドラ25】30歳まで童貞だと魔法使いになれるらし

・日曜劇場「TOKYO MER」

・協奏曲(田村正和・木村拓哉・宮沢りえ出演)

・男女7人夏物語

・日曜劇場「TOKYO MER」

・シェフは名探偵

・着飾る恋には理由があって

・ドラゴン桜2021・ドラゴン桜2005

・リコカツ【スピンオフの「リコハイ」も】

【田村正和出演作品】

・「パパはニュースキャスター」1話~最終回

・「パパはニュースキャスタースペシャル」などスペシャル版の全て

その他にも以下の人気作品など

◆俺の家の話

◆アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~

◆日曜劇場 天国と地獄

◆MIU404

◆逃げ恥新春スペシャル

◆キワドい2人

◆私の家政夫ナギサさん

◆大恋愛

◆SPECシリーズ

◆逃げる恥だが役に立つ

◆アンナチュラル

◆凪のお暇

◆鬼滅の刃

◆半沢直樹

◆マツコの知らない世界

◆水曜日のダウンタウン

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

また先日亡くなられた三浦春馬さん出演の「おカネの切れ目が恋のはじまり」「ブラッディマンデイ1、2」「恋空」「こんな夜更けにバナナかよ」「君に届け」「ツーリスト」なども視聴可能です。

上記の情報は2023年1月10日現在の情報です。最新情報はParavi公式ホームページからご確認ください。

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

目次

【100万回言えばよかった】里親の広田の妻・みきこ役は桜一花!春風亭昇太の奥さん役

まずは、ドラマのストーリーについてご紹介です。

幼馴染だったが、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。

運命のいたずらなのか・・・悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ突然悠依の前から姿を消してしまう。

悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むのだが・・・。一番愛している人にきちんと「ありがとう、さようなら、愛している・・・」を言えないまま別れることになってしまった直木は、その“思い残し”を果たすことができるのか・・・。

愛する人を突然失ってしまった悠依、魂だけになってもそんな悠依をそばで見守る直木、そして死の真相を追う刑事でありながら、直木の唯一の媒介者として悠依に関わっていく譲。そんな3人が関わり合いながら、“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけるオリジナルストーリー。

誰もが、一番愛している人にきちんと「さようなら」を言えないまま、お別れすることになりませんように・・・。全人類にとって未曾有の事態となった現代。大切な人には今の気持ちを精一杯伝えたい――。

いろいろなことに押しつぶされそうになっているすべての方々に贈る、人生の応援歌

“フレフレ! 私たちのかけがえのない毎日!

引用元:https://www.tbs.co.jp/100ie_tbs/about/

主人公の相馬悠依(井上真央)の恋人は鳥野直木(佐藤健)。2人は幸せな日々を過ごしていたが、ある日、不可解な事件に巻き込まれていまい、直木は死亡((+_+))幽霊となって悠依の前に現れたものの、直木のことが見えない悠依。

そんな中、なぜか直木のことが見える刑事の魚住が登場!魚住が2人の間を結ぶ展開になります。

直木は死の記憶がないことから、死の真相を謎を解いていくミステリー要素もあるドラマです。

悠依と直木は14歳の時に一緒に里親のもとで暮らした過去が。そんな2人の里親が春風亭昇太さん演じる広田勝。

そして広田の妻は貴美子です。

演じているのは、女優の桜一花さん。

以降では、そんな桜一花さんについて詳しくご紹介していきます。

【100万回言えばよかった】里親の広田の妻・みきこ役の桜一花のプロフィールは?

桜 一花
サクラ イチカ
生年月日 1978(昭和53)年4月2日
出身地 石川県
サイズ 156cm
略歴 1997年宝塚音楽学校入学。1999年、第85期生として宝塚歌劇団へ入団し、雪組大劇場公演「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏む。その後花組に配属、娘役として華やかな舞台に数多く出演。2014年11月、花組大劇場公演「エリザベート」にて退団。子役から老人、浮浪者、天使から悪魔まで幅広く演じた。
趣味     散歩、読書、美術館巡り
特技     三点倒立しながら歌う、アクセサリー制作
楽器     琴、ピアノ、譜面読み可
スポーツ   スキー、水泳、球技全般
資格免許   普通自動車運転免許

引用元:https://www.knockoutinc.net/artists/?id=1490945951-370152

桜一花さんは現在年齢は44歳の女優さんです。

和服がとっても似合っている美しい方ですね。

元宝塚で娘役で活躍し、2014年に退団あとはドラマや映画、舞台などで活躍しています。

また最近では、NHKのラジオドラマでメインキャストの1人を演じました!

【100万回言えばよかった】里親の広田の妻・みきこ役の桜一花の出演作品は?

舞台

■2022年ミュージカル「永遠物語」作:岩下俊作
「しあわせのタネ」脚本:坂口理子/演出:増澤ノゾム
■2021年宝塚OG 毎日希望奨学金チャリティーコンサート「忘れない~天国の大切なあの人へ~」
「寺田瀧雄 没後20年メモリアルコンサート All His Dreams“愛”」
「ニュージーズ」演出:小池修一郎
■2019年「ふたり阿国」脚本・作詞:中屋敷法仁/演出:田尾下哲(明治座)
「﨑憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート」構成・演出:岡田敬二/作曲・編曲・音楽監督:﨑憲治
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」作:有吉佐和子/潤色・演出:原田諒(宝塚歌劇団)
■2018年宝塚歌劇団OG×LE VELVETS「SHOW STOPPERS」演出:三木章雄
「Focus」脚本・構成:大西大輔(STARS DANCE STUDIO)
振付・演出:大竹辰郎(大竹辰郎ダンススクール)​・秋田幸子(JDSF)
劇団東京ヴォードヴィルショー第72回公演「終われない男たち」
作:鈴木聡(ラッパ屋)/演出:鵜山仁(文学座)
■2017年「ふるあめりかに袖はぬらさじ」作:有吉佐和子/潤色・演出:原田諒(宝塚歌劇団)
■2014年「エリザベート」ゾフィー役 宝塚・東京・大劇場公演
■2013年「オーシャンズⅡ」クイーンダイアナ役 宝塚・東京・大劇場公演
■2012年「Victorian Jazz」ヴィクトリア女王 宝塚バウホール公演
■2011年「ファントム」カルロッタ役 宝塚・東京・大劇場公演
■2009年「相棒」宮部たまき役 梅田芸術劇場・日本青年館公演
■2007年「明智小五郎の事件簿」小林少年役 宝塚・東京・大劇場公演
■2005年「Ernest in Love」セシリィ役 日生劇場公演

ラジオ

■2022年青春アドベンチャー「青髭公の五番目の花嫁」
「立花裕人のジェンヌドリーム 空気の王」
■2018年「壮一帆 気分SO快!」

ドラマなどTV

■2023年TBS「100万回言えばよかった」第1話
■2022年NHK「混声の森」前編
MBS「教祖のムスメ」第1話
NHK「カナカナ」第20話
BS松竹東急「悪女のすべて」レギュラー
NHK「つまらない住宅地のすべての家」第10・12・14話
■2021年WOWOW「インフルエンス」第1話
NTV「恋はDeepに」第1話
NTV「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」第1話
■2020年NHK FM「青春アドベンチャー 悠久のアンダルス」
■2019年BSテレ東「ワカコ酒Season4」第5夜
■2018年CX「痛快TV スカッとジャパンSP」

CM

■2021年静岡ガス企業CM 〇〇〇〇で街を支える。「たよれる」篇
カロリーメイトリキッド「この世界で考えつづける⼈へ」篇
■2020年WEB「J:COM/J:COMサービス」
映画
■2022年「あちらにいる鬼」廣木隆一監督

引用元:https://www.knockoutinc.net/artists/?id=1490945951-370152

2019年にはミュージカル「ふたり阿国」に出演。

2022年のドラマ「教祖のムスメ」では、主人公の同級生の黒沢美優の母親役で出演。

また2022年のNHK夜ドラ「カナカナ」では夏影グループの令嬢で、最初はヒロイン、カナに意地悪をしてしまう英子の母親役で出演。

また2022年のドラマ「悪女のすべて」では、宝塚好きな主婦という野々宮すみれ役でレギュラー出演。

またNHKの夜ドラ「つまらない住宅地のすべての家」では、刑務所から脱獄した日置昭子の母親役で出演とNHKのドラマへの出演が多い印象です。

宝塚退団後は、ドラマの出演も多く今後の更なる出演に期待です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる