【クロサギ】ネタバレ!原作の桂木の正体や最後など結末までまとめ!

TBS金曜ドラマ「クロサギ(くろさぎ)」が2022年10月からスタートしました。

このドラマは、詐欺によって家族を失った主人公・黒崎高志郎(くろさきこうしろう)が、詐欺師をだますクロサギとなって、本当の敵を探し出し打倒していく姿を描く物語です。

主演を務めるのは、King & Prince(きんぐあんどぷりんす)の平野紫耀(ひらのしょう)さんであることも放送前から話題になっていますね!(^^)!

このドラマは人気同名漫画が原作となっていて、2006年に山下智久さん主演でもドラマ化されている作品です。

今回はドラマ「クロサギ」に原作漫画のあらすじネタバレを結末までご紹介!黒崎の過去や黒幕・御木本(みきもと)や桂木(かつらぎ)との結末は?

黒崎は父親を陥れた詐欺師たちに復讐できるのでしょうか??

また氷柱(つらら)との恋愛関係の最後は??

また山下智久さん版の2006年のドラマのネタバレもしてきます。

また合わせてキャスト俳優・女優陣・脚本家などもご紹介していきます。

原作など結末の重要なネタバレをしているので閲覧注意です。

現在、原作漫画がお得に読めます!

「クロサギ」シリーズをお得に読む人はこちら!

※今ならebookjapanで「クロサギ」「新クロサギ」「新クロサギ 完結編」をお得に読むことができます【2022年11月25日最新情報】

ebookjapanで、「親愛なる僕へ殺意をこめて」「ナンバMG5」「個人差あります」「悪女」「ミステリと言う勿れ」「逃亡医F」「ケイ×ヤク」「妻、小学生になる」「ミステリと言う勿れ」「おいピータン!!」「しもべえ」「婚姻届に判を捺しただけですが」「それでも愛を誓いますか?」「ただ離婚してないだけ」「准教授高槻彰良の推察」「うきわ」「婚姻届に判を捺しただけですが」など人気作品をお得に読めます。

◆初回登録時には、最大500円が割引になる50パーセントオフになる割引券がもらえる♪

◆毎週末【金曜・土曜・日曜】にはクーポン適用で最大50パーセントPayPay還元

ebookjapanhttps://ebookjapan.yahoo.co.jp/

 

また、見逃し動画も視聴可能です!

▲今なら「クロサギ」1話~最終回まで動画を見放題で視聴できます▲

2006年の山下智久さん主演版と、2022年の平野紫耀さん主演版の両方の配信動画が見放題で視聴可能です!

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

以下の作品も見放題で視聴可能です

・パパとムスメの7日間(2007)新垣結衣出演

・日本劇場「アトムの童」

・君の花になる

・日曜劇場「オールドルーキー」

・石子と羽男

・ユニコーンに乗って

・理想ノカレシ

・赤いナースコール

・雪女と蟹を食う

・復讐の未亡人

・日曜劇場「マイファミリー」

・持続可能な恋ですか?

・インビジブル

・山田太郎ものがたり(二宮和也出演)

・ブラックペアン(二宮和也出演)

・村井の恋

・日曜劇場「DCU」

・ファイトソング

・妻、小学生になる

・「孤独のグルメ」シリーズ

・crisis 公安機動捜査隊特捜班

・花のち晴れ〜花男 Next Season〜(平野紫耀出演)

・花より男子(松本潤・小栗旬)

・ドラゴン桜【2021年版と2005年版のどちらも視聴可能です】

・アルジャーノンに花束を(山下智久主演)

・映画「娼年」

・【木ドラ25】30歳まで童貞だと魔法使いになれるらし

・日曜劇場「TOKYO MER」

・協奏曲(田村正和・木村拓哉・宮沢りえ出演)

・男女7人夏物語

・日曜劇場「TOKYO MER」

・シェフは名探偵

・着飾る恋には理由があって

・ドラゴン桜2021・ドラゴン桜2005

・リコカツ【スピンオフの「リコハイ」も】

【田村正和出演作品】

・「パパはニュースキャスター」1話~最終回

・「パパはニュースキャスタースペシャル」などスペシャル版の全て

その他にも以下の人気作品など

◆俺の家の話

◆アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~

◆日曜劇場 天国と地獄

◆MIU404

◆逃げ恥新春スペシャル

◆キワドい2人

◆私の家政夫ナギサさん

◆大恋愛

◆SPECシリーズ

◆逃げる恥だが役に立つ

◆アンナチュラル

◆凪のお暇

◆鬼滅の刃

◆半沢直樹

◆マツコの知らない世界

◆水曜日のダウンタウン

Paravi(パラビ) https://www.paravi.jp/

また先日亡くなられた三浦春馬さん出演の「おカネの切れ目が恋のはじまり」「ブラッディマンデイ1、2」「恋空」「こんな夜更けにバナナかよ」「君に届け」「ツーリスト」なども視聴可能です。

上記の情報は2022年10月20日現在の情報です。最新情報はParavi公式ホームページからご確認ください。

paraviは見放題で配信動画が視聴可能です(一部レンタル対象作品あり)

目次

【クロサギ】原作や脚本家は?過去に山下智久でドラマ化も!

クロサギ山下智久キャスト【2006】と平野紫耀【2022】の比較!

【クロサギ】の原作は人気漫画で完結済!

TBS金曜ドラマ「クロサギ」は、詐欺師に騙されて家族を失った主人公が、詐欺師をだます詐欺師「クロサギ」となって、戦い続ける姿を描く物語です。

タイトルの「クロサギ」については、公式サイトで以下のように説明されていました。

「世の中には三種類の詐欺師がいる。人を騙し、金銭を奪うシロサギ。色恋を餌にするアカサギ。そしてこの世で一羽だけ、シロサギとアカサギだけを餌とし喰らう最凶の詐欺師がいる。詐欺師を騙す詐欺師――その名は、クロサギ。」

引用元:公式サイト

「シロサギ」「アカサギ」を餌とする最も恐ろしいのが「クロサギ」ということでしょうか?

2022年秋、King & Princeの平野紫耀さん演じる新たなダークヒーローが誕生する予感がしますね!!

そして気になる「クロサギ」ですが、夏原武(なつはらたけし)さん原案、黒丸(くろまる)さんが漫画を描いた、同名漫画が原作となっています。

2003年から2013年まで「週刊ヤングサンデー」「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載され、単行本は累計発行部数850万部を超える超人気作品です。

そして、実は過去に実写化もされています。

山下智久主演でドラマ化と映画化!

原作漫画連載中の2006年にTBSにて山下智久さん主演で連続ドラマ化され、2008年には映画化もされているんです!

元ジャニーズの大先輩・山下智久さんが演じた「クロサギ」を、現在のジャニーズの筆頭格とも言ってよい平野紫耀さんが演じるなんて、ファンならずとも楽しみでなりません。

脚本家は誰?

気になる脚本担当は篠﨑絵里子(しのざきえりこ)さんです。

実は山下智久さん版「クロサギ」の脚本も篠崎さんが担当されていたんですよね。

ほかにも「いま、会いにゆきます」、最近では「竜の道 二つの顔の復讐者」も手掛けています。

WOWOWの連続ドラマを数多く担当されている印象が個人的はありますね。

映画化もされたWOWOWドラマ「ソロモンの偽証」も篠崎絵里子さんが担当されました。

今回のリメイクでは、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に『クロサギ』完全版として新たな作品となります。

2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく姿を描くようです。

さらに「詐欺」が誰にとっても身近な脅威となっている現代の日本で「クロサギ」がどのように暗躍するのか?

そして原作完結前の山下智久さん版のドラマシリーズでは描かれなかった主人公・黒崎対家族を奪った最大の宿敵の直接対決も今作の見どころとなるようですよ。

以降では、原作漫画のネタバレを結末までご紹介していきますので、知りたくない人は閲覧注意です。

「クロサギ」原作漫画のあらすじネタバレ!桂木の正体や最後など結末まで!【閲覧注意】

クロサギ神志名将【かしなまさる】役は井之脇海!過去のネタバレも

黒崎は詐欺師のみをターゲットにするクロサギ

詐欺師のみをターゲットにする詐欺師「クロサギ」の青年・黒崎。黒崎は桂木敏夫から、詐欺師の情報をもらい、詐欺行為を行っていました。

黒崎に詐欺の情報を売っている男・桂木敏夫は御徒町にあるスナック「桂」の店主ですが、裏の顔は詐欺師の大元締め・黒幕的存在。

詐欺師たちを相手に情報や詐欺のための道具を提供していました。

桂木は黒崎の育ての親とも言える存在で黒崎も「親爺」と呼んでいるが、2人には驚きの関係が。

桂木の正体と黒崎の過去の衝撃の関係とは?父親の死に関係?

黒崎が詐欺師をやっている理由・・・それは過去にありました。

幼い頃、父親がチェーン店開業詐欺にかかって一家心中を図り家族を殺害して、黒崎のみ生き残ったという過去が。

その黒幕が、詐欺師に詐欺の指南をしている、桂木だと知り殺そうとして包丁を手に、襲い掛かろうとした黒崎。

しかし取り押さえられてしまった黒崎。

桂木は黒崎に居場所を教えて、自分はここにいるから、いつでも殺しにくれば良いと言います。

その後、黒崎は桂木が父親を死に追いやった黒幕だと知っていて、詐欺師の情報を知るために、利用するために、付き合っていたのでした。

詐欺師を騙しながら父親を死に追いやった詐欺師を追い詰めていく

ストーリーは、桂木に紹介された詐欺師たちを騙しながらも、自分の父親を死に追いやった詐欺師の御木本、そして更に、父親にとどめをさした宝条兼人、そして黒幕の桂木敏夫を、黒崎が追い詰ていくストーリーです。

そしてついに、御木本をついに破滅されることができた黒崎。次なるターゲットは、宝条。

しかし、黒幕の桂木と太いパイプを持つ宝条を潰すのは、桂木に飼われている状態では困難だと思い、ついに桂木から離れる決意をします。

そして黒崎が仕掛けた詐欺によりついに宝条も追いつめ逮捕されることに。

一方、悪い奴なのか?良い奴なのか?黒崎のことをどう思っていたのか、イマイチわからなかった桂木ですが、実は黒崎のことを、手の内に置いておくことで、守っていたことが判明します。

ヒロインの氷宝との恋愛は?最後は海外に逃亡!?

また、お互いに淡い恋愛感情のようなものを持っている、黒崎とヒロインの氷宝。

黒崎のことが好きで、検事を目指していることから、詐欺師である黒崎の存在に葛藤しつつ、見守っていました。

宝条を追い詰めた事件で、刺されてしまった黒崎は、瀕死の状態に。そんな黒崎の回復を病院で待ち続ける氷柱。

そして黒崎は回復し・・・氷柱に何も言わずに去ろうとしますがそれに気づいた氷柱が黒崎に電話。

黒崎は空港で逮捕をま逃れるために、海外逃亡をしようとしていたのでした。

そして黒崎は氷柱に「(別の家族を作るからもしれないと言う氷柱の言葉に)もしも天地がひっくり返って、俺の身がそうなるとしたら、俺が一緒に生きるのはおまえだと思う」と言うのでした。

そして姿を消した黒崎でした。

2人の関係は・・・くっつく展開にはなりませんでしたが、将来的に、結ばれる可能性がある?と思わせる終わり方でした。

ちなみに最終話は、氷柱は司法修習生として勉強中というところで、おそらく、黒崎と別れてから数年後??司法試験に受かった後のようでした。

そして、氷柱は久々に再会した刑事の神志名から、海外に逃げていた、桂木、そして黒崎が帰国したらしい・・・という話を聞きます。

ここで黒崎が海外逃亡する前に、氷柱に送った手紙が読み上げられるシーン。氷柱とは、考え方が合わないけど、氷柱が社会的に法の力で詐欺師を抹殺することができたら、それは「俺(クロサギ)」がいらなくなる時だ。氷柱が正しかったと証明して見せろ・・・という内容でした。

この手紙を受けて氷柱はそれまで頑張ってきたのかな??と思う内容でした。いつか、2人は再会できる?と思わせる最後でした。

「クロサギ」原作のネタバレあらすじを最終回まで【2006年山下智久主演版】

そして2006年版の山下智久さん主演のドラマのネタバレをご紹介していきます。

「クロサギ」1話あらすじ

世に三種の詐欺師あり。白鷺(シロサギ)…人(カモ)を騙し、金銭を巻き上げる詐欺師。赤鷺(アカサギ)…異性(カモ)を餌とし、心と体を弄ぶ詐欺師。そして、黒鷺(クロサギ)…シロサギとアカサギのみを餌とし、カモから搾り取った金銭で肥え太った彼らの腐肉を喰らう史上最凶の詐欺師―。父親(杉本哲太)が詐欺師にはめられ一家無理心中をはかった中で唯一生き残った黒崎(山下智久)は、この世の“シロサギ”を食い尽くすため、家族を破滅させた詐欺の計画を立てた張本人であるフィクサーと呼ばれる桂木敏夫(山﨑努)から情報を買う“クロサギ”となった。今回のネタは、融資詐欺で派手に稼いでいる新川波江(杉田かおる)。無担保融資を餌にし、中小企業経営者を騙していた。黒崎は、朝の通勤ラッシュで混雑する駅のホームで電車に飛び込もうとした男の肩を掴む。自殺しようとした男・松村圭祐(尾美としのり)は、新川に1千万円を騙し取られたという。検事を目指す大学生の吉川氷柱(堀北真希)は、叔父の圭祐を助けたいがどうすることもできない。黒崎は圭祐に、逆に新川を騙してカネを取り戻してやると、ある計画を持ち掛ける。いよいよ“クロサギ”の行動開始だ。サラリーマンに変装した黒崎は、名前を替えて新川に接触。すると、クロサギに興味を示すエリート刑事の神志名将(哀川翔)がやって来る。

「クロサギ」2話あらすじ

ある夜、黒崎(山下智久)は高校時代の友人・田辺智(小山慶一郎)と遭遇。5年ぶりの再会を喜ぶ田辺は「コンビ復活だ!」と再会を誓って別れる。黒崎がいつになく機嫌よく桂木(山﨑努)の店を訪ねると、今回のネタ・田辺美咲(小沢真珠)の写真を渡される。美咲は、カモに共同事業を持ち掛けて、その資金を狙う詐欺師“アカサギ”だ。そして、その写真に美咲と一緒に写っていたのが田辺だった。再会した田辺は美咲の弟で、姉と同じ結婚詐欺師だったのだ…。黒崎は、複雑な思いを抱えながらも行動を開始する。スポーツクラブに通う美咲を待ち伏せし、2人きりになると結婚相手と一緒に店を開くのが夢だと語る。そして共同経営を持ち掛けたのだ。自分の手口をやられた美咲は、黒崎を“三流の詐欺師”と田辺に話し、しばらくは騙されたふりをすると余裕の表情。しかし黒崎は、さらにその上を行く。田辺を呼び出し、今やっている仕事(詐欺)についての話を聞きだし、こっそりとビデオテープにその様子をおさめる。さらに田辺のカモが三島ゆかり(市川由衣)と知り、ゆかりに忠告をする。そんな中、黒崎がアパートに帰ると、神志名(哀川翔)が黒崎を待ち構えていた。前回の融資詐欺で黒崎が“クロサギ”だと知り、自分を騙した黒崎に宣戦布告をしにやってきたのだ。そんな2人のやりとりを、偶然同じアパートに越してきた氷柱(堀北真希)が聞いていた。氷柱は何かと黒崎の行動を意識し反発する。黒崎VS美咲、ゆかりVS田辺、そして黒崎VS田辺…騙されるほうと騙すほう、様々な思いが複雑に絡み合う。黒崎の友情の結末は、いかに!?

「クロサギ」3話あらすじ

黒崎(山下智久)は、隣の部屋に越してきた氷柱(堀北真希)が自分に関心を示すことを拒み、アパートを出て行くように命じる。しかし、貧乏学生の氷柱にはそのお金がない。ある日、黒崎の元にゆかり(市川由衣)がやってきた。すっかり黒崎を気に入ったゆかりは、知り合いが詐欺に遭ったから助けてほしいという。被害者の仲村敦子(高橋真唯)によれば、敦子が宝石店のショーウインドーを見ていると品の良さそうな紳士が、「娘の誕生日プレゼントを選んでほしい」と声を掛けてきたという。この男が今回のターゲット・清水忠幸(堺正章)で、盗んだ宝石を自分で加工し、別の商品として売りさばいている宝石詐欺師だ。黒崎は、ブライダルチェーンの相馬崇(桐谷健太)に客を装い接近し、相馬の名刺を入手。そして、相馬になりかわって清水に接触し、ある商談を持ち掛ける。一方、氷柱は黒崎がカフェレストラン「桂」に出入りしているところを見かける。さらに神志名(哀川翔)が黒崎に言った「家族の敵討ち」という言葉が引っかかった氷柱は、詐欺に関する過去の事件を調べるうちに、ある家族を襲った事件を知る。そして黒崎に6年前の事件について話し始め…。

「クロサギ」4話あらすじ

角菱建設が手掛けた橋梁建設工事で手抜き工事が発覚。責任者である角菱建設の専務・江口(小野武彦)は、費用の差額分10億円を横領したのではないかと疑われていた。この事件が1人のシロサギの仕業だと察知した黒崎(山下智久)は、新聞記者にふんして江口に接近。橋梁プロジェクトに関わり、事件後に会社を辞めた白石(加藤浩次)の存在を知る。黒崎はさっそく桂木(山崎努)に白石の調査を依頼。すると彼は建設会社を辞めたあと銀行に勤め、今はグループ企業の東一証券に出向中だと分かる。黒崎は東一証券に白石を訪ね、ある会社を買収する計画を話す。そして買収した後に作る新会社の株の発行をお願いしたいと持ちかける。白石からクラブに呼び出された黒崎は、株の情報操作に関する提案をされる。ようやく白石が黒崎のエサに食いついたのだ。数日後、株式上場手続きが順調に進んでいると話す白石に、黒崎はさらに有利な情報を提供。白石がもうけ話に乗るよう誘導するが・・・。

「クロサギ」5話あらすじ

氷柱(堀北真希)の父親(泉谷しげる)が突然、大学にやって来た。今まで定職につかず楽して稼ぐことばかりを考えていた父だが、新しく事業を始めるため上京したのだという。ところが、資金が足りないので氷柱に金をせびりに来たのだった。父をまったく信用できない氷柱は「お金に困った時だけ会いに来ないで」とその場を立ち去る。一方、黒崎(山下智久)は、桂木(山崎努)からブランド詐欺の情報を買う。今回のネタは日本に入ってきていない海外のブランド品を売る詐欺で、本当はブランド価値などないバッグに適当なタグをつけボロもうけしているというもの。元締めがいて、雇われ店長を何人か使って店をやっているらしい。雇われ店長の1人に接触した黒崎は、その男が氷柱の父親であることを知る。桂木はわざと黒崎に父親の情報を売ったのだ。

「クロサギ」6話あらすじ

黒崎(山下智久)に自分の気持ちを伝えた氷柱(堀北真希)だが、黒崎はその思いを拒否。聞かなかったことにすると冷たく言い放つ。氷柱の黒崎への思いに気付いたゆかり(市川由衣)は、氷柱の気持ちを確かめようとするが、氷柱は本心を隠す。黒崎はいつものように桂木(山崎努)からシロサギの情報を買う。今回のシロサギは佐多博道(黒沢年雄)。12年前、数十億円の巨額詐欺事件で捕まったシロサギで、今は「にしきさらづ共済組合」の理事長をしている。しかしこの共済組合というのは表向きで、実態は悪質なネズミ講。資金の運用をせず、何も知らない組合員から10億円以上の金をだまし取っているのだ。黒崎はファンドマネージャーになりすまし、倒産寸前の西木更津信用金庫の役員に接近。佐多に信用金庫の買収話を持ちかける。ところが、黒崎は神志名(哀川翔)も佐多を追っていることに気付く。所轄違いのシロサギを追う神志名の行動を不思議に思い「桂」を訪ねた黒崎は、早瀬(奥貫薫)から神志名が関わった過去のある詐欺事件について聞かされる。

「クロサギ」7話あらすじ

黒崎(山下智久)は、桂木(山崎努)から神代(和泉元彌)という男の写真を見せられる。自称・霊能力者の神代は、信者たちからかなりの金を巻き上げているという。その容姿から信者の大半は女性で、精神分析を学んでいる神代は、黒崎にとって手ごわい相手となりそう。さっそく黒崎は、神代の被害者の娘・聡美(長谷川真弓)と接触。彼女の母・くら(内海桂子)が神代に3千万円を渡した経緯を聞き出す。後日、黒崎は霊能力者にふんしてくらの自宅を訪ねる。そこに信者仲間の曜子(片岡富江)も遊びにやって来た。そこで黒崎は、曜子の妹の自殺の原因を語り始める。それは、神代からは知らされなかった事実で、2人は激しく動揺する。ついに黒崎のうわさが、神代の耳にも入った。黒崎が動き始めて以来、神代の元には信者からの不信の声が切れない。今日は、曜子がお金を返して欲しいとやって来たため、たまらず神代は黒崎との対決を申し入れる。

「クロサギ」8話あらすじ

黒崎(山下智久)は、桂木(山崎努)から大手建設会社「京創住宅」の情報を売りたい女性がいることを知らされる。その女性、星谷澄子(大塚寧々)と会った黒崎は、「京創住宅からお金をだまし取ってくれればいい」と言われる。その強引な言い方に黒崎は「俺はシロサギ専門だ」と難色を示すが、彼女は欠陥住宅を客に売り付けているのは立派な詐欺だと反論。黒崎は一度は断ろうとしたものの、澄子から情報を買うことを決める。ところが、京創住宅が1週間前に、他の詐欺師に金をだまし取られたと聞き驚く。詐欺の手口を聞いた黒崎は、シロサギの白石(加藤浩次)の存在を感じ取る。今回のターゲットである京創住宅の住宅事業部・榊原(鶴見辰吾)は、客からの苦情には一切聞く耳を持たず、欠陥住宅であることを全面否定。黒崎は、不動産会社の社長を装って建設会社を訪問。榊原に住宅事業部が抱える売れ残り物件を購入する意思をみせる。しかし、榊原は社内の他の部署が詐欺に遭ったばかりで警戒心が強く、なかなか話が進まない。

「クロサギ」9話あらすじ

黒崎(山下智久)のアパートにゆかり(市川由衣)がやって来た。今度は夕有子(麗菜)の祖母・辻本ひろみ(白川由美)が詐欺に遭ったのでお金を取り返して欲しいと頼みに来たのだ。駐車違反で裁判所を訪れたひろみが手続きに戸惑っていると、親切そうな中年女性が「スピード違反の罰金を安くできる方法がある」と声をかけてきたのだという。その言葉を信じたひろみは、”罰金を安くするための手続き料”をその女性・冴島洋子(片平なぎさ)から指定された口座に振り込む。ところが、そんな手続きが存在するはずはない。冴島が「なりすまし詐欺専門のシロサギ」であることを知った黒崎は、税務署職員に”なりすました”冴島に接近。財団法人のバカ息子を装い、遺産相続の相談を持ちかける。冴島はいいカモが見つかったとほくそ笑むが、それこそが黒崎の狙いだった。

「クロサギ」10話あらすじ

6年前に桂木(山崎努)が作った詐欺のプランをコピーして荒稼ぎしているシロサギが現れた。これに気付いた桂木は、黒崎(山下智久)にはそのシロサギ退治ではなく、別のシロサギの情報を売る。今回のネタは、江守公子(いしだあゆみ)。主婦をターゲットに派手に稼いでいる内職詐欺師で、表向きは通信販売会社の社長だ。黒崎は被害に遭った可南子(松居直美)と会い、事情を調査。名簿業者を装い江守を追いかけることに。すると、可南子の件の先に、自分の父親(杉本哲太)をフランチャイズ・チェーン開業詐欺にはめた詐欺師・御木本(岸部シロー)の存在がある事を知る。一方、神志名(哀川翔)は、上層部から「黒崎を追うのはやめろ」と命令されていた。しかし黒崎逮捕に執念を燃やす神志名は、黒崎に食われたシロサギたちに「黒崎を訴えろ」と言い続けていた。

「クロサギ」最終回 11話あらすじ

黒崎(山下智久)は、内職詐欺の被害者・可南子(松居直美)から夫・水野(二反田雅澄)がフランチャイズ・チェーン詐欺に遭い、今は刑務所に入っていることを聞き、目の色を変える。水野をはめたシロサギの名は春日(萩原聖人)。6年前に御木本(岸部シロー)の下にいた男だった。そんな中、強力な情報を入手した神志名(哀川翔)はついに黒崎を指名手配することに成功。黒崎は捜査の網をかいくぐって可南子に接近し、御木本との接点を探るため春日の詐欺の手口を聞き出す。可南子から契約書などの資料を手に入れた黒崎は、春日が経営するフランチャイズ・チェーン店「レジェンドクリーン」の買収話を春日に持ち掛ける。桂木(山崎努)の命令も聞かずに春日を食おうとする黒崎。果たして黒崎は御木本にたどり着けるのか?そして桂木の行動は?

引用元:Paraviサイト

山下智久主演のドラマは、原作の途中までを描いたかたちです。

自分の父親を死に追いやった詐欺師に詐欺の方法を指南した黒幕・桂木のもとに通い、詐欺師の情報を入手。

桂木は、自分にとって邪魔になった客・詐欺師を抹殺するために、黒崎を利用して、黒崎に詐欺師を騙して逮捕させたりします。

原作同様に桂木のことは自分の父親を殺した大元だと知っていますが、殺すのは最後だと、桂木に言います。

桂木からの情報で様々な詐欺師を騙すなか、自分の父親を騙した詐欺師の御木本 (みきもと)の存在を知り、復讐をしようとしますが、最終回までには、 御木本 を追い詰めることができませんでした。

最終回では、詐欺師の父親によって戸籍を抹消された過去を持ち、詐欺師を憎み、詐欺師や黒崎を執拗に追いかける刑事の神志名(哀川翔)にとうとう逮捕されてします。しかし桂木が裏から手をまわして、黒崎は釈放されます。

また、黒崎が詐欺師だと知っていて、黒崎の過去も知る氷柱(堀北真希)は、最初は犯罪者である黒崎を批判していたのですが、その過去や、詐欺師を騙して、被害者を救う様子を見て、黒崎のことが好きになり、告白。

黒崎は、そんな氷柱を自分から遠ざけようとしたのですが、最終的には、2人はお互いに、なんとなく思い合っていたけれど、くっつくという感じではない、わかりあえる存在に。

氷柱は黒崎に「私絶対に、検察官になってあなたを逮捕する!」と笑顔で言うシーンで終わりました。

ドラマ「クロサギ」のネタバレポイント①原作とは違う詐欺師たちのエピソード!

原作は、2003年から2013年まで連載された漫画です。

残念ながら・・・詐欺師の手法などもリニューアルされて、新たな詐欺の手段が問題になっていたります。

当時は描かれなかった、詐欺など現在版の原作と違うエピソードが描かれることはわかっています。

今作では、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。「詐欺」が誰にとっても身近な脅威となっている現代の日本で、「クロサギ」がどのように暗躍するのか。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/about/

2006年にドラマを見た方も、原作を見た方も、楽しめるストーリーになっていそうですね。もちろん、登場人物やその関係性などは、原作がベースとなっているので、面白さは折り紙付きですね!

ドラマ「クロサギ」のネタバレポイント②黒幕・御手本との対決

2006年の山下智久さん主演のドラマでは、父親を死に追いやった御手本に近づいて、仕掛けようとしてものの、復讐を果たせなかった黒崎。

しかし公式サイトでは、こんな文言が。

原作完結前の前ドラマシリーズでは描かれなかった、主人公・黒崎vs家族を奪った最大の宿敵の直接対決も今作の見どころとなる。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/about/

おそらく原作通り、御手本と対決し、破滅させる展開になると思いますが、御木本の後ろには、さらなる黒幕・宝条も控えているので、宝条との対決までドラマで描かれるのか?注目です。

ドラマ「クロサギ」のネタバレポイント③黒幕・桂木とのラストは?

ドラマ版では、最終的に、自分のことを殺せば良いと桂木から言われた黒崎は御木本を成敗してから、桂木を殺すから、それまでは生きていてくれと言うラストでした。

もし、御木本をやっつけた後、桂木と黒崎の結末はどう描かれるのか?

桂木の黒崎への思いがどう描かれるのか?注目です。

ドラマ「クロサギ」のネタバレポイント④氷柱との恋愛の結末は?

原作でもドラマでも、なんとなく思い合っている2人が、結ばれたり、恋愛関係になることはありませんでした。

この流れからいくと、おそらく2022年度版も、お互いに好きなようだけど、とくにはっきりと恋愛関係になることはない、もどかしい関係性で終わるのかな?と思います。

そんなドラマ「クロサギ」第1話~のストーリーを以降で見ていきたいと思います。

ドラマ「クロサギ」ネタバレあらすじ全話!1話~最終回までまとめ

ドラマ「クロサギ」1話ネタバレあらすじ!

15歳の時、詐欺被害に遭った父が起こした事件をきっかけに家族を失った黒崎高志郎(平野紫耀)は、詐欺師への復讐を決意し、詐欺師のみを騙す詐欺師“クロサギ”に。表向きはアパートの大家をしており、父を騙した詐欺師・御木本(坂東彌十郎)にたどり着くべく、この世の詐欺師を一人残らず喰い尽くすことを生きる目的としている。

黒崎は下町の甘味処「かつら」に通い、詐欺師たちの情報を得ている。そこにいるのは、表向きは甘味処店主、裏では詐欺師界のフィクサーである桂木敏夫(三浦友和)。黒崎は、過去の事件をきっかけに、この桂木から詐欺師として飼われている。

ある日、詐欺被害者である吉川辰樹(船越英一郎)の元を尋ねる黒崎。辰樹の娘・吉川氷柱(黒島結菜)は黒崎が詐欺師だと分かると猛反発するが、吉川家が騙された手口を聞いた黒崎は、蓋をしてきた過去の記憶が蘇り――。

今回の詐欺師が家族の仇である御木本に繋がる手がかりになるのではと、動き始める黒崎。
「あんたを騙したシロサギ、俺が喰ってやるよ」

引用元:公式サイト

家族を詐欺で失った男・黒崎のある意味復讐の物語でもあるので、暗ーい場面も多いかもしれません。

しかし、個人的には平野紫耀さんが詐欺師に扮して様々な扮装をする姿も楽しみです!

予告映像から見える、七変化っぷりも期待大ですよね(^^)/

そして第1話で、クロサギこと黒崎がカモにする詐欺師は高橋光臣さんと松本若菜さんです。

「やんごとなき一族」での怪演が記憶に新しい松本若菜さんがどんな詐欺師を演じるのか?

ターゲットの春日は父親を死に追いやった御木本と繋がりが?

今回の詐欺のターゲットの春日公義(高橋光臣)の被害者に会いに行った黒崎。その手口は、時間をかけて、濃密な時間を過ごして信じさせ、洗脳。セミナー費用などをどんどん出させること。

信じ切っていた吉川辰樹(船越英一郎)は最初は詐欺にあったことを認めなかったものを、そんな吉川に現実を見せる黒崎。

黒崎に春日を騙して、お金を取り戻してもらう依頼をします。娘の氷柱(黒島結菜)が反対するも、取り合わない吉川。

一方、春日の詐欺の手法から、かつて自分の父親を死に追いやった御木本がバッグにいるのでは?と思うのでした。

そしてどうやら、そのことを知っていて、桂木は、黒崎に、春日の情報を提供した??

黒崎の過去

黒崎はかつて、父親、母親、姉の4人暮らしだったが、父親が御木本に詐欺でだまされたことから、借金を抱え、母親と姉を殺害してしまいます。

その後帰宅してその惨状を見た黒崎にも包丁を持って近づいていく父親。

しかしどうにか助かった黒崎でした。

春日を騙す!

黒崎は吉川に協力させて、春日を騙そうとします。

そして春日が、詐欺をしていることを話している動画を撮影して、配信します。

詐欺にあっている被害者たちが、会場に押し寄せ、春日は誤解であること、すべてのお金を返すことを約束すると言います。

しかし会場には刑事が。その刑事の姿を見て、逃げだす春日。

ところが・・・その会場にいた、被害者たち、刑事は、すべて偽物。黒崎と吉川が用意した、人たち。

春日を追い詰めるための芝居でした。

その後、春日に連絡をとる黒崎。黒崎は、予め隠したい資産を暗号資産として持っておく・・・という投資の営業をしていたのですが、逃げる前に、資産を隠すのに絶好だと、黒崎に自分の資産を隠すようにお願いします。

そして、黒崎の指定した口座に資産を入れる春日。

もちろん、それは詐欺で、そのお金は自分のものだと笑う黒崎。

すぐ逮捕されてしまうけど、御木本の居場所を教えれば、海外に逃走する金だけは、あげると言う黒崎。

春日はそれを聞いて、御木本の電話番号を教えようとしますが・・・

しかしちょうどそのタイミングで春日に電話が。電話で誰かと話すと、恐怖の表情を浮かべる春日は、逮捕されると言います。

どうやら御木本から脅されたようでした。

桂木が父親を殺した御木本と繋がっていた黒幕!?

その後、黒崎は桂木に会いに行き、御木本からの電話のタイミングが良かった、桂木が連絡したのでは?と疑惑を向けます。

実は、桂木と御木本は繋がっていたのでした。

しかも、黒崎の父親を死に追いやった詐欺の内容を御木本に教えたのも桂木だったのでした。

その後、黒崎は吉川に報酬のお金を渡し、喜ぶ吉川。

娘の氷柱は、そんなやり方は詐欺でお金を取るのは、許せないと、黒崎を責めるのでした。

ドラマ「クロサギ」2話ネタバレあらすじ!

今回の黒崎(平野紫耀)の敵は、「心」を利用した詐欺。
探偵の川中幹夫(新納慎也)に「好きな人と出会わせる」と言われ契約を結んだ被害者・江本美知留(八木莉可子)から話を聞いた黒崎は、法の目をかいくぐり金銭を奪うシロサギを喰うと決める。

氷柱(黒島結菜)は自分の住むアパートの大家が、父(船越英一郎)の詐欺被害で知り合った黒崎だと知り、名前も偽名だったことに衝撃を受ける。偶然にも隣同士の部屋に住んでしまっている黒崎と氷柱だが、そんな中アパートの住人がとある契約トラブルに巻き込まれる。

そして、黒崎の存在を知った東京中央署の神志名(井之脇海)は、黒崎の周囲を調べ始めるが、それが思わぬ事態に…。

氷柱は黒崎が詐欺師として生きることになった理由が何かあるはずだと、過去の詐欺事件を調べる。黒崎もまた、氷柱の言葉から過去の出来事を思い出していた。自分の家族のこと、そして仇の正体を知り、自分が“クロサギ”という道を選ぶ決意をした時のことを――。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/

2話では黒崎と桂木の過去が明らかに。黒崎は桂木が自分の父親を死に追い込んだ詐欺師の黒幕だと知り、桂木を殺そうと近づきますが、一緒にいた早瀬に止められます。

そしてその後、桂木に土下座をして自分を詐欺師の道へ導くよう頼む黒崎でした。

一方、氷柱はアパートの住人で老人の天野が詐欺にあってしまったことを聞いて、どこかで訴えた方が良いのでは??と言います。

しかし天野は、業者から電話がきて、会話ができたのが嬉しかったから契約してしまった。だから良いといい、天野が寂しさを抱えていることを知り、切なくなる氷柱でした。

2話のターゲットはで会わせ屋と称して騙すシロサギの川中幹夫(新納慎也)。

巧みな契約書の内容でターゲットが訴えられないようにし、アイドルと出会いたいと思っていた被害者・江本美知留からは、200万を奪います。

警察に訴えることができない内容の詐欺でした。

黒崎は被害者の未知留に接触し、内容を聞いた後、芸能界にコネのある調査会社の社員を装って川中に接近。契約書を交わします。

黒崎が作成した契約書は巧みな内容で、黒崎に有利なことに。逆に川中が騙されてしまい、訴えられない状況。こうして被害者の美知留が騙しとられた200万円を取り返すことに成功します。

「バカでした…私なんかが会えるわけないのに…」と言う美知留に「たぶん推しの彼には、江本さんの思いは一生伝わらない」と告げる黒崎でした。

その後、今度は未知留にカード詐欺にあっていないか?聞きます。実は、川中は、カード詐欺も働いていたんです。その被害にもあっていた未知留。

川中は、自分に足がつかないように、別の人間の名義の口座を作成して、その口座を使って詐欺をしていたのですが、その口座の持ち主にコンタクトを取り、口座を使えないようにして、持ち主に川中に連絡を取らせます。

そして、警察が川中の詐欺と口座について知ってしまったことから、口座が凍結されてしまった。川中が逮捕されるのは時間の問題、自分の知人の安全な口座を貸せるから、そこに、隠したいお金を送ればと提案させます。

すると、警察もちょうど川中の詐欺の事実を掴んでいたことから、川中のもとに警察が来るのは時間の問題。

その前に、お金を、口座にお金を振り込むように、川中に指示をださせた黒崎。そして警察が来る前に、口座への入金が完了。それを確認して、黒崎は、川中に連絡をします。川中が振り込んだ口座は、黒崎の口座だったこと、金を奪ったことを伝えるのでした。

悔しそうにする川中。そこに神志名(井之脇海)たち刑事たちがやってくるのでした。

そして逮捕された川中は、黒崎のことを取り調べで話すのでした。

一方、アパートで詐欺にあった、老人の天野の事情を、氷柱との会話から聞いていた黒崎は、詐欺をした業者からお金を取り戻し、天野に渡します。

「業者から賠償金をとった、あとは自分がもらっておく」と言った黒崎に、以前から黒崎のことをよく思っていなかった天野は自分をダシにしたのか?と怒り出します。

黒崎は天野に「会ったこともない誰かに騙されても傷つくことはない。向こうは天野さんのことなんて何も知らないんだから。ただマニュアル通りに、騙しただけ。俺は天野さんを知ってるよ。毎日アパートの周りを掃除してくれているのを。周囲をみれば、見える景色が変わるかもしれないよ」と言うのでした。

するとそこに、氷柱がアパートの住人たちを連れてやってきます。天野のことが、なんとなく怖くて、誤解していたみたいで、声をかけられなかったけれど話したいという、外国人の住人たち。

そしていつもゴミの分別してくれてると感謝の気持ちを言う住人たち。そして住人たちと交流が始まる??という展開でした。

そんな中、黒崎のことが気になった氷柱は、ネットで黒崎のことを調べ、過去の父親が起こした無理心中のネット記事を見つけるのでした。

一方、黒崎のもとに、とうとう神志名(井之脇海)がやってきます。そしてしらばっくれて「この辺で事件ですか?」と言う黒崎をいきなり殴りつける神志名でした。

ドラマ「クロサギ」3話ネタバレあらすじ!シロサギ・白石との出会い

今回のターゲットは「知的財産詐欺」。桂木(三浦友和)からシロサギ・西岡崎誠二(栗原英雄)の情報を買った黒崎(平野紫耀)は早速そのシロサギに接触するが、片腕として現れた弁護士・白石陽一(山本耕史)に怪しまれる。邪魔な白石を何とかしようと黒崎は白石の後を付け動向を探るが、その先に思わぬ出会いが待ち受けていた―。

一方、黒崎の周りでは、黒崎の過去を知った氷柱(黒島結菜)は黒崎のことをもっと知りたいと思うようになり、神志名(井之脇海)も黒崎を捕らえるために桂木を調べ出す。桂木は当然、そんな周囲の動きに気づかないはずはなく…。

そしてついに、御木本(坂東彌十郎)自らも詐欺師として動き始める!

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/

黒崎は自分の邪魔をする白石の部下を拉致し、白石について探ろうとするも、情報を得ることができず、直接白石に接触。すると、白石から、桂木の知り合いの詐欺師であり、黒崎のことも知っていると言われ、驚く黒崎は、桂木のもとへ。

すると、早瀬が、白石について話します。白石は桂木から詐欺の情報を買っているわけではないこと、白石のターゲットは腐った大企業だけ。

白石は高校生の時に住んでいたマンションが地震で倒壊して家族が亡くなった。そのマンションは欠陥住宅で大手の建設会社が、会社の利益のために手抜き工事をしていたことがわかった。白石は復讐のために、詐欺師になり、その建設会社を喰った。

そう・・・なんと黒崎と同じ復讐が目的のシロサギでした。そのことを知った黒崎は、最終的に白石と手を組んで西岡崎誠二(栗原英雄)を騙すのでした。

しかし西岡崎を喰った後、白石が白石のもとに桂木が黒崎を送り込んだのは、白石がターゲットとしていた会社・ドリームを喰うのを止めたかった。

ドリームはマネーロンダリングの会社で、白石への桂木の警告でもあった。この業界で桂木に目をつけられたら生きてはいけないから、従って黒崎の協力したと言うのでした。

その後、桂木に会いに行った黒崎。桂木は、氷柱の話をして、桂木に逆らうようなことをしたら、氷柱に何かをするという脅しともとれるようなことを言い、黒崎は驚くのでした。

一方、アパートに帰ると、氷柱が黒崎の帰宅を待っていました。甘いものが好きなのでは?と言い、どら焼きを渡します。

すると黒崎は、氷柱に、アパートから出ていくように言います。おそらく桂木の言葉を受けて、自分から氷柱を遠ざけるため。

しかし氷柱は黒崎の父親が無理心中した過去を知ってしまっていて「あなたのことは肯定はしないけど否定はしない。あなた詐欺でやっていることと、私が検事としてやりたいことは、きっと同じだから」と言い、涙を流す氷柱。その氷柱の涙を見て「俺のために泣く人間なんて、もういないと思っていた・・・」と思う黒崎でした。

ドラマ「クロサギ」4話ネタバレあらすじ!ついに父親の仇・御木本と対決!?

黒崎(平野紫耀)は、白石(山本耕史)から得た情報をもとに、御木本(坂東彌十郎)の会社を調べていた。御木本と繋がる桂木(三浦友和)に黙っての行動だったが、桂木は知ってか知らずか急ぎの仕事を黒崎に押し付ける。

しかし、それがきっかけで御木本へ繋がる思わぬ道が開けることになり、黒崎は独断で御木本を喰うと決め、近付いていく――。

同じ頃、御木本が新たな詐欺を仕掛けているとの情報を掴んだ神志名(井之脇海)たちも、御木本逮捕に向けて動き出していた。

氷柱(黒島結菜)は黒崎の事情を知ってから、ますます黒崎のことが気になってしまう。だが黒崎は、これ以上干渉してこないよう突き放し続けていた。自分のために涙を流した氷柱に対して、感じた気持ちを思い出しながら……。

そして遂に、6年振りに御木本と再会した黒崎。果たして勝負の行方は…さらに宿敵を目の前にした黒崎は一体どうなってしまうのか…!?
緊迫の直接対決が、開幕!!

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/

黒崎は桂木からの情報でヘッドハンティング詐欺師を騙して大金をとることに成功。しかしヘッドハンティング詐欺師の“ボス”が御木本だったことが判明。

なんと桂木は、御木本が消したいと思っていた下っ端の詐欺師を黒崎に依頼して喰わせたのでした。

黒崎はヘッドハンティングの詐欺師に逃走資金を提供する見返りに、御木本が行おうとしているM&A詐欺の情報を手に入れます。

そして、御木本を“喰う”ために白石に協力を求めて動き出します。しかし白石は、桂木を敵にして御木本を喰うのは難しいと言います。

ところが黒崎は何か計算があるようで、御木本が詐欺にかけようとしている会社に接触し、会社の面々に協力を求めて逆に御木本を騙そうとします。

もちろん白石から協力をしてもらい見事、御木本を嵌めた黒崎。

黒崎はついに御木本と対峙。しかし御木本は黒崎に騙されても痛手はないと言いますが、黒崎は、御木本が詐欺のためにお金をほうぼうから借りていて、借りている相手はタチの悪いマフィアような相手で、今回の詐欺でお金が得られなかったことで、追い詰められるのでは?と指摘します。

図星だったようで、厳しい表情をする御木本。

そんな中、神志名たちが現れ御木本を逮捕します。黒崎は逮捕されたら意味がないと、ショックを受けますが、桂木が裏から手をまわして被害届けは取り下げられます。

そして御木本は上海に逃亡を計る。

ここで初めて、黒崎は桂木と話をします。黒崎は御木本が桂木を裏切るように仕向けたのでした。桂木を敵に回したことで初めて御木本に復讐を果たすことができるからでした。

それを聞いた桂木は、自分を裏切った御木本を潰すように黒崎に依頼。上海に行くように命じます。

一方、上海に旅立つ黒崎に氷柱は「あなたのことを気にしている人間が少なくとも1人はここにいる。あなたは1人じゃない」と言葉を送るのでした。

ドラマ「クロサギ」5話ネタバレあらすじ!ついに御木本を上海で追い込む!

御木本(坂東彌十郎)を追って上海に飛んだ黒崎(平野紫耀)。突如現れた早瀬(中村ゆり)とともに、黒崎は御木本に騙された有力者たちと顔を合わせていた。

上海の詐欺業界では、マフィアの二大勢力がしのぎを削り合っている。その片方「レッド・ドラゴン」という危険な組織から利子の返済を迫られている御木本は、新たな詐欺を仕掛けていた。

桂木(三浦友和)の名前を使って詐欺を働いたことで、もう日本には戻れない御木本。部下の垣根(金井勇太)と共に金策に奔走する。

そして、黒崎は中国人有力者たちに向かって、御木本に騙し取られた金を取り戻すと言い放ち、最終決戦の火蓋が切って落とされた――!!

日本では、黒崎の飼い猫・クロを預かっている氷柱(黒島結菜)の元を神志名(井之脇海)が訪ねてくる。黒崎を気にする氷柱に対し納得のいかない神志名だったが、黒崎が海外へ行ったと聞き、何かよくないことが起こっているのではと後を追う決意をする。

海を越えてなお届く桂木の思惑に翻弄されながらも、命を懸けて御木本を喰いにいく黒崎。そして桂木の息の掛かったレッド・ドラゴンと敵対するマフィア「キング・タイガー」も登場し、黒崎の復讐劇は怒涛の結末へ!!

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/

桂木の命令で御木本を追い詰めるために、上海にやってきた黒崎は、御木本がマフィアからの借金の利子を払うために仕掛けている詐欺の被害者たちに接触して、御木本を騙す計画を立てます。

その計画の成功により、マフィアを敵に回すことになり、それは、御木本の死を意味していました。

そして御木本を追い詰める日、御木本が銀行に来る代わりにやってきたのは、なんと御木本の部下の垣根。御木本が確保される代わりに、垣根がマフィアに捕まり、殺されてしまいます。御木本以外の人間の命が失われたことにショックを受ける黒崎。

なぜ御木本本人が銀行に来なかったのか?それは、桂木の差し金でした。桂木はマフィア「レッドドラゴン」を敵に回してしまったことから「追い詰められた御木本が、レッドドラゴンと敵対するマフィア「キング・タイガー」に助けを求めることがわかっていました。

今回のことがきかっけで、桂木はあまり関係がうまくいっていない「キング・タイガー」との関係を修復してマネーロンダリングに利用しようと企んでいたのでした。

元々は、キングタイガーが目的で、黒崎はいつものように桂木にいいように使われていたことが判明。

そのために再び、黒崎が御木本を「キング・タイガー」の敵にするように画策するのでした。

一方、桂木の言うとおり、御木本は「キング・タイガー」に接触して、一緒に詐欺をしようと持ちかけていました。

そして黒崎も同時に「キング・タイガー」に接触し一緒に日本人をターゲットに詐欺をしようと持ち掛け、応じる馬森(マーセン)。

御木本が黒崎と「キング・タイガー」が接触していたことを見抜いて「キング・タイガー」の馬森(マーセン)に黒崎が詐欺師を騙す、クロサギだと言います。

このことを聞いた馬森は黒崎を確保し殺そうとしますが、間一髪、黒崎が仕掛けた罠にかかった御木本。御木本が警察に会い、キングタイガーのことを密告したと思われる証拠の動画を見せるのでした。

もちろん、御木本は警察だと思わずに接触したのですが、馬森は黒崎の言うことを信じ、御木本を殺すように部下たちに命令します。

御木本は、公安に会っていたと馬森が勘違いしたことを知り、キングタイガーまで敵に回してしまったことを知り、今度は南米に逃げようとします。

そして詐欺の知り合い??の宝条(佐々木蔵之介)に連絡をして、日本の口座に50億円を送金したから、南米の口座に移してほしいとお願いします。

しかし宝条は御木本に「そのお金は私がいただきます。お疲れ様でした」と言うのでした。

電話を切った御木本はお金を失い、諦めます。

「キング・タイガー」たちが御木本のホテルの部屋に駆けこみますが、既に御木本はいませんでした。御木本がいたのは・・・なんとホテルの隣の部屋。

灯台下暗しで、気付かずに帰っていくマフィアたちですが、黒崎が、御木本が隣の部屋にいるのを見つけ、部屋に入っていきます。

そこで対峙する御木本と黒崎。

黒崎は御木本は終わったと告げると、御木本は「お前の仇は俺で終わりじゃない」と黒崎に言います。

そして御木本は死を覚悟し最後に「いい人生だった」と言います。

御木本は黒崎に自分を殺すように言いますが、黒崎は「俺は人を殺さない」と言い、部屋を出るのでした。

その後、御木本は自殺するのでした。

御木本が死んだ後、黒崎は死んだ家族のことを思い出し、泣き崩れるのでした。

ドラマ「クロサギ」6話ネタバレあらすじ!

上海から帰国した黒崎(平野紫耀)は、氷柱(黒島結菜)と愛猫のクロと久々に再会する。無事に帰ってきた黒崎の姿を見て安堵する氷柱だが、黒崎は御木本(坂東彌十郎)が最後に遺した「お前の仇は俺で終わりじゃない」という言葉がずっと心に引っ掛かっていた。

また、黒崎と同じく御木本の死に直面した神志名(井之脇海)も、黒崎に対して何も出来なかった後悔が募っていた。

黒崎はやり場の無い気持ちを抱えながら桂木(三浦友和)の元へ御木本から手に入れた金を渡しに行くが、そこでスーツ姿の見知らぬ男が「かつら」に入っていくのを目撃する。

そして黒崎は桂木から新たにシロサギの情報を買う。そのシロサギは、マンション投資詐欺を働く一方で大学生を違法なバイトに誘い詐欺の片棒を担がせている。そんなシロサギのターゲットにされたのは、氷柱の大学の同級生だった。氷柱は同級生を助けるために法律で詐欺師と闘おうと奮闘するが、その途中で“仕事中”の黒崎と遭遇してしまう。

クロサギの騙し返しに、氷柱が巻き込まれることに——?
そして、黒崎の真の宿敵探しの旅が始まる!

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/ep6.html

氷柱は大学の同級生の能登から、違法なバイトに手を出し、詐欺に遭ってしまったと相談を受けます。

氷柱は大学の助教の鷹宮に相談。鷹宮には、大学の子?と聞かれて、友達の友達と嘘をつく氷柱。

そして調べることを教えてもらった氷柱。氷柱は父親から黒崎に相談した方がよいと言われますが、自分が法の力で解決できたら、黒崎も自分の力で戦わなくて良いと思えるのでは?と言うのでした。

その後、能登からSNSで弁護士が行っている被害者の会があることを教えてもらう氷柱は、弁護士の熊谷に会いに行きます。

熊谷の熱意に感動した氷柱は、すっかり熊谷を信じたのですが・・・なんと詐欺グループの仲間だった熊谷。

能登など氷柱の言葉を信じて熊谷にお金を払ってしまった学生たちに、「自分のせいだから」とお金を返す氷柱でした。

一方、氷柱の友達が騙されていまった詐欺師の情報を黒崎に売った桂木。

桂木が故意に氷柱が関わっている詐欺を黒崎に売ったことを知り、怒る黒崎。

しかし氷柱が巻き込まれていることを知ったからなのか?詐欺グループを喰うために、行動をスタート。

詐欺に騙されている顧客のふりをして、契約をした後に、自分が持っているマンションを購入させることに成功した黒崎。

詐欺師たちは、無知な黒崎から相場よりも安い値段でマンションを購入できたと喜びます。

そして・・・その後、黒崎は氷柱に会いに行き、一緒に食事に行こうと誘います。

え!?デート!?と思ったのですが、詐欺師の弁護士に会っていた氷柱を一緒に、詐欺師の顔を確かめるために、詐欺師たちが実施する、物件を紹介するパーティーに連れて行った黒崎。

そのパーティは、参加者に黒崎から購入したマンションを売りつけるものでした。しかし黒崎が売りつけたのは、物件の写真とは全く違う、廃墟で人が住めない状態。

パーティの直前にそのことを知らせる黒崎。

詐欺師は、パーティが始まってしまうために焦りますが、そのままその物件を売りつけて、契約した後、逃走しようと企てます。

そしてパーティーで物件紹介を行う詐欺師。そこに乱入した黒崎は、物件が廃墟であることを暴露します。

その後、警察が会場のあるビルに駆けつけ、詐欺師たちは逮捕されるのでした。

一方、黒崎は自分の父親が御木本に騙された後、大手のひまわり銀行から借りていた3000万円が後に0円になり、ひまわり銀行の子会社の「ひばりファイナンス」からなぜか高金利で3000万を借りていることが判明。

なぜ、大変な時期に高金利の借り換えをしたのか?疑問に思った黒崎は、ひまわり銀行の子会社で働いていると言う、氷柱の父親に何か知らないか?話を聞きます。

すると、会社の弁護士に聞いてくれた氷柱の父親が、当時、詐欺まがいの手口をよく耳にしたらしいと言います。導入詐欺といい、顧客の不良債権を回収ために行う詐欺で、ひまわり銀行の銀行員が仕掛けたのでは?と。

この導入詐欺で破産に追い込まれたのでは?と言います。

その後、白石に会いに行った黒崎。ひまわり銀行の話をした時に、反応したことに気づいたので、問いただします。

黒崎は「それってこいつのせい?」と宝条のネット記事の写真を見せます。

黒崎の父親が借金した時の担当者の中に、宝条の名前があったこと、そして宝条が桂木の店に出入りしていたと指摘する黒崎。

黒崎は父親を追い詰めた人物が宝条だと確信するのでした。

そして宝条は、氷柱の大学の助教授の鷹宮と会っていたのでした。

ドラマ「クロサギ」7話ネタバレあらすじ!

黒崎(平野紫耀)は、自分の家族の仇がひまわり銀行の役員・宝条(佐々木蔵之介)であると確信していた。宝条と繋がりのある桂木(三浦友和)には何も告げず、宝条の周辺を探る黒崎。

そして、宝条と彼が目をかけている支店長の集まりに潜入した黒崎は、首都中央支店の支店長・牛山(山口紗弥加)に目を付ける。同じ頃、東京中央署では神志名(井之脇海)に警察庁への異動が命じられていた。 

早速、牛山への接触を図る黒崎。順調に事が運んでいた矢先、首都中央支店でとある家族が「人殺し!」と叫び、外に連れ出される場面に遭遇する。黒崎は被害者家族を巻き込んで、ひまわり銀行に詐欺を仕掛けることに!

一方の氷柱(黒島結菜)は、黒崎に詐欺の片棒を担がされそうになった怒りから、黒崎に対して八つ当たりをするも…。さらに、帰宅すると宝条とも繋がりのある鷹宮(時任勇気)が氷柱を待ち受けており…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/story/

そんな「クロサギ」の主要レギュラーキャストを以降でご紹介します!

「クロサギ」レギュラーキャスト出演者一覧は?

キャスト情報引用元:公式サイト

黒崎高志郎(くろさきこうしろう) 【平野紫耀】

詐欺師に自分の家族を奪われて以来、この世のシロサギを全て喰い尽くすことを目的とし、“詐欺師を騙す詐欺師”クロサギとなる。
詐欺業界のフィクサー・桂木からシロサギの情報を買っている。
アパートの大家をしており、猫派で甘党。

King & Princeのメンバー平野紫耀さんは現在25歳です。

今のジャニーズを支えていると言っても過言ではないイケメンで、これまでにも「花のち晴れ」「未満警察ミッドナイトランナー」などドラマに出演。

映画でも「かぐや様に告らせたい」で主演を務めるなど大活躍ですね。

 

吉川氷柱(よしかわつらら) 【黒島結菜】

政和大学法学部3年生。正義感が強く、検事になることを目標に勉強している。
父が詐欺被害に遭い黒崎に助けられるが、犯罪で相手にやり返す黒崎に反発。

現在25歳の黒島結菜さんは、「時をかける少女」「アシガール」などで主演を務めています。

何かと話題を振りまいた朝ドラ「ちむどんどん」で、主人公の比嘉暢子を演じていたのが記憶に新しい所ですね。

神志名将(かしなまさる) 【井之脇海】

警察庁のキャリア組で現在は東京中央署知能犯係。とある理由から詐欺師を憎んでいる。
詐欺事件に執念を燃やし、黒崎の存在を知り敵対していく。

井之脇海さんは子役から活躍している俳優で現在26歳です。

朝ドラには「ごちそうさん」「ひよっこ」「ちむどんどん」と多数出演しています。

民放ドラマにも「プロミスシンデレラ」や「石子と羽男」では第3話にゲスト出演されていました!

 

早瀬かの子(はやせかのこ) 【中村ゆり】

甘味処「かつら」店員。桂木の腹心でボディガードの役割も果たす。

女優の中村ゆりさんは現在40歳で、もともとはYURIMARIのメンバーとして歌手としても活躍されていました。

近年では「天国と地獄」「ただ離婚してないだけ」「SUPER RICH」など連ドラにも引っ張りだこです。

 

桃山哲次(ももやまてつじ) 【宇野祥平】

東京中央署知能犯係・警部補。神志名の上司。黒崎の父の事件の担当者だった。
事件以降、黒崎のことを気にかけている。

俳優の宇野祥平さんは44歳です。

2020年公開の映画「罪の声」で、注目を集めて以降バイプレーヤーとして様々な映画ドラマで活躍。

「君と世界が終わる日に」「ネメシス」「オリバーな犬」などに出演されていました。

 

鷹宮輝(たかみやひかる) 【時任勇気】

政和大学法学部のエリート助教。

俳優の時任勇気さんは31歳で、あの時任三郎さんの息子としても知られていますね。

ドラマには「24JAPAN」「ちむどんどん」「てっぱち!」などに出演されています。

白石陽一(しらいしよういち) 【山本耕史】

詐欺師(シロサギ)。個人の金銭は狙わず、腐った大企業のみを標的とする詐欺師。

山本耕史さんは現在45歳で、「ひとつ屋根の下」の文也役など、1990年代から様々な映画ドラマで活躍されています。

大河ドラマにも多数出演しており、三谷幸喜さんの作品にはすべて出演!

土方歳三、石田三成と重要な役を演じ、現在放送中の「鎌倉殿の13人では」小栗旬さん演じる主人公・北条義時の盟友でもある、三浦義村役で注目を集めています。

 

御木本(みきもと) 【坂東彌十郎】

黒崎の父を詐欺にかけた張本人で、黒崎が父親の仇としてずっと追いかけ続けている最大の敵。

歌舞伎役者の坂東彌十郎さんは現在66歳です。

今は亡き、中村勘三郎さん、坂東三津五郎さんと同世代の役者ですが、なにぶんテレビにあまり出演していなかったため知名度が低かった彌十郎さん。

2022年「鎌倉殿の13人」で主人公の父親・北条時政を演じてブレイクしましたね!

時政パパなんて呼ばれて大河ファンからは親しまれています(^^♪

 

吉川辰樹(よしかわたつき) 【船越英一郎】

氷柱の父。詐欺に遭ったところを黒崎に助けられる。お人よしで家族想い。

船越英一郎さんは現在62歳で、二時間ドラマの帝王の異名を持つ俳優さんですね。

最近は二時間ドラマが少なくなりましたが、連ドラ「トレース 科捜研の男」や「オクトー」などでも活躍されています。

現在放送中の「警視庁考察一課」では、事件の考察をする警察官で、崖に詳しいと言うキャラを演じていますね(笑)

桂木敏夫(かつらぎとしお) 【三浦友和】

甘味処「かつら」の店主。裏の顔は詐欺業界のフィクサー。黒崎に詐欺を教え、シロサギの情報を売る師匠的存在だが…。

現在70歳の三浦友和さん。

妻は山口百恵さんで、息子さんは歌手の三浦祐太朗さん、俳優の三浦貴大さんです。

様々な作品に出演していますが、TBS金曜ドラマは「流星の絆」以来の出演かもしれません。

最近では「トップナイフ天才脳外科医の条件」などに出演されています。

 

【クロサギ】原作ネタバレまとめ

今回はTBS金曜ドラマ「クロサギ」の原作やあらすじについてご紹介しました。

同名人気漫画が原作で、かつて山下智久さん主演で連ドラ、映画にもなった人気の作品のリメイクとなります。

今回はジャニーズのキンプリ平野紫耀さんが主演を務めますが、山下智久さんと比較してみてしまう視聴者の方も多いかもしれませんね。

クロサギ山下智久キャスト【2006】と平野紫耀【2022】の比較!

「クロサギ」は、TBS系で金曜日夜10時から放送されています。

前回の映像化の際は、まだ原作漫画が完結していませんでした。

今回は、原作漫画のラストまできっと映像化されるのかもしれません。

山下智久さん版を見た方でも、きっと楽しめる作品になりそうですね!(^^)!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる