霊媒探偵・城塚翡翠最終回ネタバレ結末!W大どんでん返しに鳥肌

清原果耶(きよはらかや)さん主演の日本テレビ日曜ドラマ「霊媒探偵城塚翡翠(れいばいたんていじょうづかひすい)」が、2022年10月にスタートしました!

このドラマは、霊視により犯人が見える霊媒師・城塚翡翠が、推理作家の香月史郎(こうげつしろう)とともに、殺人事件の真相を明らかにする驚愕のミステリーです。

原作は、相沢沙呼(あいざわさこ)さんの小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で、様々な賞を総なめにしている作品。

第1話で女性が犠牲になった女性刺創連続殺人事件について説明されて、二人が様々な事件を解決する中で、最終的にこの連続殺人事件を明らかにするというストーリー展開になっていくと思います。

果たして、最終回で待ち受けている連続殺人事件の真相とは?

そして主人公の霊媒師・城塚翡翠にも驚きの秘密が隠されている?

今回は「霊媒探偵城塚翡翠」の最終回のネタバレ結末を原作漫画からご紹介していきます。

かなりのネタバレを含みますので知りたくない方は閲覧ご注意ください。

 

今なら「ebookjapan」で「medium 霊媒探偵城塚翡翠」をお得に読めます!個人的にもラストの大どんでん返しは、今まで読んだ小説の中で一番鳥肌が立ちました!

ebookjapanで「medium 霊媒探偵城塚翡翠」をお得に安く読む人はこちら!

※今ならebookjapanで小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」の試し読みが可能!【2022年10月15日最新情報】

ebookjapanで、「親愛なる僕へ殺意を込めて」「ナンバMG5」「個人差あります」「悪女」「ミステリと言う勿れ」「逃亡医F」「ケイ×ヤク」「妻、小学生になる」「ミステリと言う勿れ」「おいピータン!!」「しもべえ」「婚姻届に判を捺しただけですが」「それでも愛を誓いますか?」「ただ離婚してないだけ」「准教授高槻彰良の推察」「うきわ」「婚姻届に判を捺しただけですが」など人気作品をお得に読めます。

◆初回登録時には、最大500円が割引になる50パーセントオフになる割引券がもらえる♪

◆毎週末【金曜・土曜・日曜】にはクーポン適用で最大50パーセントPayPay還元

ebookjapanhttps://ebookjapan.yahoo.co.jp

また見逃し配信動画も無料で視聴可能です!

▲今なら「霊媒探偵城塚翡翠の配信動画見逃し配信を2週間完全無料で視聴できます▲

Hulu/フールーhttps://www.hulu.jp/

・映画「君の名は。」

・チェンソーマン

・「すずめの戸締り 冒頭12分」

・SPY×FAMILY

・永遠の昨日

霊媒探偵城塚翡翠

・sister(シスター)

・ファーストペンギン

・King & Princeる。

・オクトー

・劇場版ほんとうにあった怖い話

・金田一少年の事件簿シリーズ

・真犯人フラグ

・恋です!ヤンキー君と白杖ガール

・アンラッキーガール

・死神さん(田中圭主演)

・あなたの番です(秋元康企画)

・リモートで殺される(秋元康企画・前田敦子出演)

・ボイス【原作の韓国版の「ボイス」も全シーズン全話見放題視聴可能です。】

・ギャルサー【ガッキーと戸田恵梨香出演】

・3年A組

・SPECシリーズ

その他にも

・東京リベンジャーズ

・名探偵コナンシリーズ

・転生したらスライムだった件

・ネメシス

・奥様は取り扱い注意

・きょうは会社休みます

・マツコ会議

・ニノさん

・ダウンタウンガキの使いやあらへんで絶対に笑ってはいけないシリーズ

他にもドラマ・映画・国内、国外・アニメ・キッズなどジャンルを問わず視聴可能です。

Hulu/フールーhttps://www.hulu.jp/

huluは、2週間以内に解約すれば無料で視聴でき、違約金もありません。

先日お亡くなりになられた三浦春馬さん主演の「サムライハイスクール」「14歳の母」「君に届け」「殺人偏差値70」「ごくせん」「進撃の巨人」なども視聴可能です。

※上記の情報は2022年11月5日の情報です。以降も最新情報は、公式サイトでご確認ください。

目次

霊媒探偵・城塚翡翠最終回までのネタバレあらすじまとめ!1話~

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」1話ネタバレあらすじ

2022年10月スタートの日本テレビ日曜ドラマ「霊媒探偵城塚翡翠」の原作は、相沢沙呼(あいざわさこ)さんの小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」です。

主人公の霊媒師・城塚翡翠が、推理作家の香月とともに、殺人事件の真相を明らかにしていく物語。

翡翠は霊視によって犯人が分かるのですが、それだけをもって犯人を捕まえることは出来ません。

そのために香月が証拠を探し出して、次々と犯人を見つけ出して、最終的には連続女性殺人事件の真相を追っていくという展開になっていきます。

気になる第1話のあらすじを見ていきましょう。

 7人の女性が犠牲になった女性刺創連続殺人事件。長い髪の清楚な女性ばかりを狙った事件は、マスコミから『透明な悪魔』の犯行と呼ばれ、未だ捜査の手がかりは掴めていなかった。長い髪を持つ霊媒師・城塚翡翠じょうづかひすい(清原果耶)は、次に狙われるのは自分だと、その死を予感する……。

 その3か月前―。友人の舞衣(福地桃子)と一緒に占いに行ってから、「泣いている女が自分を見ている」という奇妙な夢に悩む女性・結花ゆいか(田辺桃子)が、大学の先輩で推理作家の香月こうげつ(瀬戸康史)に付き添いを頼み、翡翠のマンションに相談に訪れていた。アシスタントの千和崎ちわさき(小芝風花)に案内され、入った部屋で待っていたのは、息を呑むほどに美しい翡翠。結花を観察して、職業を即座に言い当てる翡翠だったが、 論理を重視する香月は翡翠の力を疑っている。嫌な予感を感じた翡翠は、結花に注意を払うよう香月に忠告。さらに、結花の部屋の床に“心当たりのない水滴”が落ちていたことを言い当てると、気になることがある様子で、結花の部屋を見せて欲しいと申し出る。

 後日。翡翠と香月は結花の自宅へ。しかし、鍵が開いたままの部屋に入ると、リビングで倒れたまま息を引き取った結花を発見する! 結花の視線の先には、割れたグラスの破片が散乱していた。その時、焦点の合わない目で虚空を見ていた翡翠が呟く。「なにを探しているの……?」倒れそうになった翡翠を慌てて支える香月。翡翠は「犯人は、女の人です」と告げる。

 翌日。付き合いのある鐘場かねば警部(及川光博)に頼み、捜査の情報を聞き出した香月は、空き巣の常習犯・立松たてまつという男と、結花にストーカー行為をしていた西村にしむらが被疑者に挙がっていることを知らされる。女性の被疑者はいないが……。
 結花に危険が迫っていることを予知しながら、命を救えなかったことに責任を感じる翡翠。自分の力を信じてもらえなかった過去の経験から、弱気になっていたことを強く後悔する。翡翠は、今まで警察に協力して幾つもの事件を解決してきたという香月に、結花を殺した犯人を突き止めて欲しいと頼む。証拠能力のない翡翠の力だけでは犯人は逮捕できない。論理的思考と推理力を持つ香月と協力し、犯人逮捕のために動き出す。そして、翡翠は亡き結花から犯人の手掛かりを聞きだすため、危険な“降霊”に挑むことになる……!

引用元:公式サイト

第1話で描かれるのは、翡翠と香月が出会うきっかけとなった殺人事件です。

香月の後輩の結花が殺されるのですが、翡翠は霊視によって犯人は女性だと言います。

果たして、二人が導き出した女性の犯人とは誰だったのでしょうか?

やっぱり殺された結花の友人の舞衣が濃厚?

原作小説の「泣き女」のエピソードが原作通りに描かれていた1話。

小説家の香月が、泣き女に取りつかれた!?と悩んでいる大学時代の後輩の結花(田辺桃子)の付き添いで翡翠と初めて出会います。

当初は霊媒など信じていなかった香月ですが、結花や香月の職業を当てたりしたことから、考え方が徐々に変わってきます。

そして結花が何者かに殺害され翡翠は「犯人は女性」だと言います。

殺害現場では、翡翠が結花の霊になり、何かを探している犯人の様子を、香月に伝えたことから、この発言を元に、香月が犯人が由香の友人の舞衣(福地桃子)であることを見抜いて、舞衣に自首を進める展開でした。

また連続殺人事件の犯人が、翡翠を狙っている!?と思われるラストでした。

そして、最終回では第1話冒頭で説明された、7人の女性が犠牲になった女性刺創連続殺人事件の真相に迫っていくと思われます。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」2話ネタバレあらすじ

香月こうげつ(瀬戸康史)と親交のある大御所推理作家・黒越くろごし(阪田マサノブ)の別荘で起きるという心霊現象を調べることになった翡翠ひすい(清原果耶)。

明治時代に英国人が建てた通称“水鏡荘みかがみそう”は、歴代の主を次々と不幸が襲った縁起の悪い建物。屋敷の中にある鏡に、青い目の見知らぬ白人女性が映っていたという証言が相次いでいた。別荘でバーベキューに参加できると聞いた翡翠は、今までの人生で経験したことのない“普通の”楽しみに挑戦できると、張り切る。

集まったのは黒越と、大学時代に黒越のゼミ生だった新谷しんたに(筧美和子)、黒越の弟子で作家の別所べっしょ(入江甚儀)、編集者の有本ありもと(谷田部俊)たち。翡翠は、年の近い新谷と距離を縮め、千和崎ちわさき(小芝風花)以外の人と初めて連絡先を交換できたことに喜びを感じる。
しかし、翌朝、黒越が遺体で発見されたことで事態は急変。駆けつけた鐘場かねば警部(及川光博)と雨野天子あまのてんこ刑事(田中道子)によると、死亡推定時刻は午前0時から2時の間。その間に黒越の部屋に出入りした可能性があるのは、新谷と別所、有本の三人。

そんな中、有力な証拠があがり、新谷に任意同行がかかる! 新谷に逮捕状が出るまで1時間! 大事な友達である新谷を救いたいと願う翡翠の思いを汲んだ香月は、翡翠が見たある“夢”を頼りに、難事件の推理に立ち向かう……。

引用元:https://www.ntv.co.jp/hisui/story/

翡翠(清原果耶)は殺人事件が起きた後、すぐに犯人の名前を口にします。

黒越の弟子で作家の別所(入江甚儀)。でも、犯人が別所だとわかるものの、その証明になる事実はわかりません。

「匂いが感じた」「夢を見た」と言う翡翠。

仕方なく、翡翠が見た夢をたよりに、別所が犯人であるという証明をしようとする香月。

翡翠が友達になった新谷(筧美和子)は、被害者の黒越と不倫していたこともあり、容疑者として逮捕状が出ることに。その猶予は1時間。

その間に新谷を救うために、翡翠と香月は懸命に事件の謎を探ります。

洗面所に残された新谷の拭き取られた指紋の痕跡の矛盾を指摘し、決定的になったのは黒越のパソコンのパスワードロックでした。

PCは1時間で自動的にロックがかかるようになっていた。

遺体を見つけた新谷がパソコンのロックがかかっていない状況でデータを削除できた。

黒越の書斎に行くためにはリビングを通る必要があった。

殺害時刻と思われる夜中、新谷、別所、有本がリビングを通る姿を翡翠と香月は目撃していました。

これらの条件から通った時間と順番から状況的に、黒越殺害が可能なのは別所だけであることが判明。

こうして、香月の考察を元に、別所に逮捕状が切り替えられたのでした。

そしてこの事件をきっかけに、翡翠と香月の距離が縮まった??恋愛の予感?と思える展開でした。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」3話ネタバレあらすじ

千和崎ちわさき(小芝風花)と共に香月こうげつ(瀬戸康史)のサイン会を訪れた翡翠ひすい(清原果耶)は、「学校で起きている連続殺人事件を解決してほしい」と香月に頼む女子高校生・藤間菜月ふじまなつき(當真あみ)と出会う。菜月が通う高校では、写真部の女子生徒二人が相次いで絞殺されていた。244

香月と捜査一課の刑事・蝦名えびな(須賀健太)と共に現場を回る翡翠。二件目の廃工場の現場で、被害者の霊が突然翡翠に“降霊”する。「先輩……。どうして、こんなこと、を……」そう呟いた翡翠の目には同じ高校の制服を着た女子生徒の姿が。

二人の被害者と接点があり、かつ“先輩”であるのは3年生の蓮見綾子はすみあやこだけ。さらに、図書委員の藁科わらしな琴音ことね(長澤樹)は、被害者の一人が綾子に好意を抱いていたと証言する……。しかし、翡翠の“霊視”では、綾子から殺人の罪悪感を感じとることはできない。

そんな中、なんと新たな事件が起きてしまう……。事件の急展開に鐘場かねば警部(及川光博)と天子てんこ(田中道子)も駆り出される中、深いショックを受ける翡翠と一緒に闘うことを誓う香月。そして、写真部員だった最初の被害者が撮っていた写真に“ある違和感”を抱いた香月の名推理が走り出す。だが、その間にも、シリアルキラーは次の獲物を狙っていた!

引用元:https://www.ntv.co.jp/hisui/story/

原作にも登場する女子高生殺人事件のエピソードです。原作小説通りだと、驚きの動機・真相が隠されています!

ほぼ原作通りの展開だった女子高生連続絞殺殺人事件の展開と真相。

犯人は写真店の娘で、カメラの知識のある図書委員の藁科琴音。

動機は、単純に絞殺された時、どんな風に死ぬのか見てみたいという実験だったと言い、取り調べでは、何も罪悪感がないと言う藁科琴音に困惑する大人たち・・・と言う結末でした。

そして3話のラストではいよいよ、翡翠が、香月が追っている女性連続殺人事件の捜査に協力したい!と香月に言うシーンで終わります。

4話からはいよいよ、原作小説のクライマックスの「透明な悪魔」の事件に迫っていく展開のようです。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」4話ネタバレあらすじ

霊媒探偵城塚翡翠【透明な悪魔】の正体ネタバレが戦慄!

『透明な悪魔』こと女性刺創連続殺人事件の犯人によって、妨げようのない死が自分の身に近づいていることを予感する翡翠ひすい(清原果耶)。

翡翠の異変に気付いた千和崎ちわさき(小芝風花)は、香月こうげつ(瀬戸康史)に翡翠を助けてほしいと頼む。その数日後――。透明な悪魔による9人目の被害者の遺体が雑木林で発見される!

鐘場かねば警部(及川光博)から事件の情報を聞いた香月は、翡翠を護るため、事件から翡翠を遠ざけようとする一方で、『透明な悪魔』の正体は翡翠が“霊視能力”で事件を解決していることを知る人物だと推理。そんな中、蝦名えびな(須賀健太)と共に遺体発見現場を訪れた天子てんこ(田中道子)は、意外な人物が犯人かもしれないことを示す“ある証拠”を見つけるが……。

果たして、『透明な悪魔』の正体は……!?
錯綜する捜査線の中、自分の死を確信する翡翠は、香月と共に事件の解決に命をかける決断をする。

引用元:https://www.ntv.co.jp/hisui/story/

4話では、ついに連続女性殺人事件の犯人「透明な悪魔」に迫ることになった、翡翠と香月。

しかし証拠を残さない犯人。そして殺害現場がわからないことから、翡翠の力が発揮できない状況でした。

そんな中、ある人物への疑惑が浮上。

それは・・・なんと鐘場警部(及川光博)。後輩の天子(田中道子)が鐘場が怪しいと思い、鐘場の過去について調べると、娘が同じような事件で同じような状況で殺害されていた過去が判明。

一方、翡翠も鐘場が怪しいと感じたことを、香月に告白し、翡翠は鐘場と2人きりで会い、確かめたいと言います。

香月が危険だと止めますが、翡翠は鐘場と2人で会う約束し会います。鐘場に、ある遺体遺棄現場で被害者の霊を降ろして声を聞くつもりだ。被害者の最後の言葉を聞き取ってほしいと頼みます。香月が自分を事件から遠ざけるつもりなので、鐘場に頼みたいと言います。翡翠の独断だと話すと「このことは誰にも言うな。必ず1人で来い」という条件を出し、応じる鐘場でした。

そして連続殺人事件の1件目の遺体遺棄現場で翌日の待ち合わせをする2人。

その後、香月がやってきて、翡翠は2人で会っても何も感じることができなかったと話します。ただ、翌日の遺体遺棄現場での待ち合わせで、もし鐘場が透明な悪魔ならば、翡翠を襲うために、凶器を持ってくるはずなので、そこで警察に確保してもらえばよいと言う香月でした。

そしてその後、翡翠と香月は2人でドライブをしてサービスエリアに。ソフトクリームを食べたいという、かわいい理由で言ったのですが、香月が車から離れているわずかの間になんと翡翠が行方不明になるというラストで4話は終了しました。

ラストではタブレットを食べる童顔刑事・蝦名も怪しい?と皆が怪しいという展開でした。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」5話ネタバレあらすじ

城塚じょうづか翡翠ひすい(清原果耶)の“霊視”によって、9人の若い女性達の命を奪った連続殺人犯『透明な悪魔』の正体が、鐘場かねば警部(及川光博)であると聞いた香月こうげつ(瀬戸康史)は、彼を捕らえるための作戦を計画する。

すべて順調に事が運ぶように思われたが、狡猾な『透明な悪魔』の魔手は、翡翠のすぐそばにまで迫っていた——。
私の死は、どうしたって防げない。はたして、そう告げた翡翠の運命を変えることはできるのか?

翡翠が、千和崎ちわさき(小芝風花)が、香月が……!? 世間を震撼させた女性刺創連続殺人事件の終わりには、想像を絶する出来事が待ち受けていた……!
テレビドラマの常識を覆す! すべての伏線が回収される驚愕の最終話!!

引用元:https://www.ntv.co.jp/hisui/story/

OA後に追記します!

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」6話ネタバレあらすじ

OA後に追記します!

 

気になる連続殺人事件の真相とは?

そして明らかになる霊媒師・城塚翡翠の驚きの秘密とは?

以降で、原作小説から最終回の結末をネタバレ紹介していきます。

知りたくない方は閲覧ご注意くださいね。

霊媒探偵・城塚翡翠最終回ネタバレ結末はW大どんでん返し?鳥肌の真相とは?

霊媒探偵・城塚翡翠の原作とは?

以降では、驚きの最終回で描かれるだろう結末を原作小説からネタバレしていきます。

ドラマ「霊媒探偵城塚翡翠」の原作は、相沢沙呼(あいざわさこ)さんの小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」です。

「このミステリーがすごい!2020年版」をはじめミステリー賞5冠を達成したベストセラー小説なんです。

私も読んでみたのですが・・・途中までは普通の謎解き?と思われたのですが、ラストでは衝撃すぎる鳥肌な真相が隠されています。

なんとW大どんでん返しが待ち受けています!

以降で詳しくご紹介していきます。

連続女性殺人事件の犯人に鳥肌!衝撃すぎる黒幕の正体

城塚翡翠の霊視と、推理作家の香月の理論で様々な事件を解決に導き、犯人逮捕に貢献してきた二人。

最終回に向けて、挑むのは複数の女性が犠牲になった女性刺創連続殺人事件です。

犯人は、女性を拘束して裸にしてナイフを突きつけて殺害し、別の場所に遺体を遺棄するという行動を繰り返していました。

しかしDNAなど痕跡を一切残していないため、警察も犯人を特定することが困難な状況。

そんなとき、霊視をする翡翠とともに数々の事件を解決している香月のうわさを聞き付けた、被害者遺族が犯人逮捕を香月に依頼してきたのです。

悩んだあげく、翡翠とともに真犯人を追うことにした香月。

果たしてその驚くべき犯人とは?

実は第1話からドラマに登場している人物です。

その犯人とは、なんと香月史郎!!

ドラマでは瀬戸康史さんが演じます。

準主役級のキャラが犯人だったなんてかなり驚きですよね(・_・;)

その気になる犯行動機は以下です。

香月には20年近く前、再婚した父との間に血のつながらい義理の姉がいた。

10歳も年の離れた優しくてきれいな姉。

小学生の香月は憧れに近い感情を抱くようになった。

そんな姉が、強盗に刺されて亡くなってしまった。

近くにいた自分が見つけた時にはまだ息があり、何か言おうとしていたけど聞き取ることが出来なかった。

このような過去を香月は翡翠に語っていたのですが、亡き姉の存在がどう殺人に結びつくのか?

そこには香月のゆがんだ感情があったのです。

それは、亡くなった姉の最期について自らを正当化したかったから。

幼い香月は、姉のおなかに刺さったナイフを引き抜いてしまい、それが原因で大量失血して死に至っていた。

もし自分がナイフを抜かなければ、姉は助かっていたのでは?

そんな疑心暗鬼に駆られて、実験と称して姉と同じような年齢の女性の腹にナイフを差して、質問をしていた。

しかし女性たちはナイフを差して、何も答えることなく死んでしまい、香月の問題は解決せず実験という名の殺人は延々と続いた。

そして香月はなんと、相棒でありお互い好意を抱き始めていた城塚翡翠までも殺してしまおうとしてしまったのです!

しかし、翡翠は香月が犯人だと実は気づいていて、あえて香月の罠にはまりました。

そう、霊媒師・城塚翡翠には香月も知らないある秘密があります。

以降で、その驚きの正体もネタバレします!

霊媒師・城塚翡翠の驚きの正体に更に鳥肌!

これまで翡翠は霊視をして様々な事件の犯人を事前に言い当ててきました。

香月はそんな翡翠の能力を信じて、拘束してあるお願いをしました。

それは霊を呼び出す降霊。殺された姉を呼び出してほしいと香月は言うのです。

しかし、翡翠は一笑に付して、自らの正体を明らかにしました。

それは自らがインチキ霊媒師だということ!

そう、翡翠には霊を呼び出す能力など一切なかったのです。

なんとこれまでの霊視は真っ赤な嘘。

しかし翡翠は霊能力は無いものの、奇術師として異様なほどの観察力を持ち、殺害現場や被害者の状況から考察して、事件の真相を解き明かしていたんです!

翡翠の正体を知ってショックの香月でしたが、秘密を知られた以上生かしておけないと、殺害を決意します。

しかし奇術師の翡翠は拘束から見事逃れて、すでに香月のスマホも盗み出しており、これまでの二人の告白の様子を電話をつなげて警察に知らせていました。

香月は最初から翡翠に怪しいと目をつけられていて、最後もまんまとその罠にはまってしまい、殺人容疑で逮捕されたのでした。

正直、小説を読んでいて香月が連続殺人犯では?ということは何となく予想できたのですが・・・

まさか城塚翡翠がインチキ霊媒師だったとは(;^_^A

この小説を読んだ誰も、それは予想できなかったのではないでしょうか?

ミステリー賞を数々受賞しただけあって、かなりすごいミステリー小説でしたね!

霊媒探偵・城塚翡翠最終回までのキャスト・登場人物まとめ

城塚翡翠(じょうづかひすい) 【清原果耶】

“犯人が視える”翠みどり色の瞳を持つ霊能力者。魂の匂いを感じ、死者を呼び戻すことができるという。その特殊な能力のせいで、孤独な人生を歩んできたが……。

香月史郎(こうげつしろう) 【瀬戸康史】

ずば抜けた論理力を持つ人気推理作家。翡翠と出会い、孤独な彼女の健気な姿に惹かれていく。その洞察力の鋭さを買われて、警察の捜査に協力していくが―――。

千和崎真(ちわざきまこと) 【小芝風花】

城塚翡翠のアシスタント。“霊媒師”である翡翠を仕事面で支えるとともに、食事など身の回りの世話もする。翡翠にとって、お姉さん的存在。調理が得意で、美味しそうに食べてくれる人の笑顔を見るのが好き。整理整頓、掃除も好き。

雨野天子(あまのてんこ) 【田中道子】

警視庁捜査一課の刑事。
鐘場とともに、世間を震撼させる『女性刺創連続殺人事件』を担当。生真面目な性格で規律を重んじるタイプ。自分を捜査一課に引き抜いた鐘場には恩義を感じているが、香月や翡翠が捜査協力することに対しては懐疑的である。

鐘場正和(かねばまさかず) 【及川光博】

警視庁捜査一課の警部。世間を震撼させる『女性刺創連続殺人事件』を担当。現場叩き上げの刑事で、ぶっきらぼうな口調だが情には厚い。いつもタブレット菓子を噛んでいる。香月の推理力を頼って捜査協力の依頼をするが……。

霊媒探偵・城塚翡翠最終回ネタバレ結末まとめ

今回は「霊媒探偵城塚翡翠」の最終回ネタバレ結末をご紹介しました。

最終回とその前くらいで、第1話で説明されて連続女性殺人事件の真相を追う展開になると思います。

その驚きの犯人とは、なんと瀬戸康史さん演じる香月史郎なんですよね~。

さらに犯人が明らかになったのち、城塚翡翠がニセ霊媒師で、奇術師であることも明らかになります。

最後にかなりのどんでん返しが待ち受けている原作なので、ドラマもそのあたりは原作に忠実に描かれると予想しています。

そんな「霊媒探偵城塚翡翠」は10月16日夜10時30分からスタートです。皆さん是非ご期待ください(^^)/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる