セミオトコが面白い!感想評判と強烈キャラクター4選【山田涼介主演】

テレビ朝日の金曜ナイトドラマ「セミオトコ」がスタートしました。

Hey!Sey!JUMPの山田涼介(やまだりょうすけ)さんが今回演じるのは何とセミ(笑)

何と奇抜な設定と思いましたが、第1回を見てみると・・・とっても面白かったですね(^^♪

山田くんがカッコいいのはもちろんですが、他にも登場する強烈なキャラクターが良い味を出してくれていました。

かなり個性的なキャスト陣にびっくりした人も多いと思います。

今回はドラマ「セミオトコ」のあらすじとツイッターと感想と評判を紹介し、キャスト登場人物の中でも特に強烈なキャラクター4人に対する視聴者の反響の声を紹介したいと思います!

 

 

目次

セミオトコ第1話のあらすじは?

セミオトコ原作ネタバレ!脚本家キャストあらすじ【山田涼介主演】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🎊情報解禁🎉‬ ‪7月金曜ナイトドラマ #セミオトコ の放送が決定しました✨‬ ‪主演はHey!Say!JUMP の #山田涼介 さん👏🏻‬ ‪演じる役は、なんと… #セミ ⁉️🧚🏻‍♂️‬. 公園で、セミになりきる #山田涼介 さん😳 撮影はスムーズに進みました!さすがです👏🏻(でもやっぱり恥ずかしかったようで、撮影中吹き出してしまう場面も…☺️) スタッフは皆、「この夏、セミのイメージが変わる…!」と確信しました🧚🏻‍♂️。 ‪#セミオトコ #HeySayJUMP #山田涼介 #平成ジャンプ #岡田惠和 #7日間の物語 #合言葉は #世界は素晴らしい‬ #令和初の夏 #セミの概念が変わる‬#セミ役 #ってどんな役 #皆さんの予想聞かせてください

【公式】金曜ナイトドラマ『セミオトコ』7月26日スタートさん(@semiotoko_tvasahi)がシェアした投稿 –

東京郊外の国分寺のアパート「うつせみ荘」に住むアラサー女子の大川由香(木南晴夏)

人とコミュニケーションをとるのが苦手で、小さい頃から目立たず田舎で生きてきたものの、地元に居ずらくなったために上京。

現在は食品会社の工場で、人と積極的に関わることなく働きながら静かに暮らしています。

仕事場の先輩桜木翔子(佐藤仁美)から「生きてて楽しい?」と問われ、自らの存在意義を考える由香・・・

そんな由香の声を以前から土の中で聞き続けていたのが、セミオトコ(山田涼介)でした。

長い土の中からの生活に終わりをつげ、遂に羽化しようと地上に出た瞬間・・・

なんと頭上から由香が落ちてきてしまい、成虫になる前に絶体絶命((+_+))

しかし、セミに気づいた由香の咄嗟の判断で一命は取り留め、無事成虫になることができましたヽ(^o^)丿

そして、命の恩人の由香に「何かできないか?」と思い、カッコイイ男に姿を変えて由香の前に荒れたセミオトコ!

当初は戸惑う由香でしたが、セミオトコの美しい容姿に徐々にときめいていきます。

セミオトコ「7日間一緒に居ても良いですか?恩返しに何でもします!」

由香「生きてていいんだよって言って、そっと抱きしめてください」

セミオトコ「生きてていいんだよ」

そう言ってそっと由香を抱きしめてくれました( *´艸`)

その余韻に浸ることなく、セミオトコは目の前のメイプルシロップを見つけて、がぶ飲み(笑)

二人の奇妙な共同生活がスタートするのでした!

 

セミオトコは面白いし感動!視聴者の評判の声は?

 

 

山田くんがセミになる?と聞いて若干引き気味に見ていたのですが・・・

山田くんのカッコよさや、木南晴夏さんの幸薄そうなアラサー女子の演技にぐいぐい惹かれ、あっという間の一時間で面白かったです( *´艸`)

視聴者の評判の声も見てみましょう!

ラストのセミオトコと由香のシーンは泣けましたよねー(´;ω;`)ウゥゥ

そして、他の登場人物のキャラがとっても立っていていい感じなんですよねー!

ここで私が注目した強烈キャラクター4組を紹介したいと思います。

 

セミオトコ強烈キャラクター4選!

 

 

①檀ふみ、阿川佐和子演じるくぎこ・ねじこ姉妹

庄野くぎこ(しょうの・くぎこ) 檀ふみ
『うつせみ荘』の大家さん。通称「国分寺姉妹」の姉のほう。すごくせっかちな性格で、のんびり屋の妹・ねじこにいつも文句を言っている。口喧嘩が絶えないが実はとても仲良し姉妹

庄野ねじこ(しょうの・ねじこ)阿川佐和子
『うつせみ荘』の大家さん。どこか浮世離れした、通称「国分寺姉妹」の妹のほう。せっかちな姉とは対照的に、とてもおっとりとしていて、のんびり屋さん。小柄だが、時に鋭い一言をピッと放つ。

由香が住むマンションの大家姉妹を演じるのが檀ふみさんと阿川佐和子さん!

このお二人は私生活では大親友なんです。

視聴者の声も見てみましょう。

お菓子をたべながら、二人でお茶を飲むシーン。

檀ふみさんがお茶を飲み終えて、のんびり飲み続ける阿川佐和子さんをせかすところは面白かったです(*^-^*)

檀ふみさんがせっかちで、阿川佐和子さんがのんびり屋設定とか、実生活では逆のような気もしますよね(笑)

 

②三宅健演じる由香のヤンキー兄

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

‪解禁🎉!! #V6 #三宅健 さんが『セミオトコ』にご出演‼️👏🏻‬ ‪お写真見ました…?!ご覧ください、こちら!どどん😳!!‬ ‪いったい #伝説のヤンキー とは⁉️‬ ‪またまた楽しみが🙌🏻!!‬ ‪#セミオトコ‬ ‪#伝説のヤンキー‬ ‪#由香のお兄さんなんです ‬ ‪#すごいお兄さんですね ‬ ‪#こんなお兄さん‬ ‪#いたら楽しそう #奇跡の39歳 #もうすぐ40歳…やっぱり奇跡✨ #夏まであと少し #楽しみだらけの7月がくる🍉 #なんて素晴らしい世界なんだ

【公式】金曜ナイトドラマ『セミオトコ』7月26日スタートさん(@semiotoko_tvasahi)がシェアした投稿 –

大川健太(おおかわ・けんた)三宅健
由香の兄。地元では有名な“伝説のヤンキー”。伝説、というのは強いからというだけでなく、伝説になるほどのバカ、という意味も…。バカすぎて知らず知らずのうちに窃盗に手を出し、それをよりによって妹の由香に通報されて、逮捕されたことも…。しかし、なぜか憎めない愛すべきヤンキー。

今年40歳になる三宅健さんが、愛すべき伝説のバカヤンキーを演じてます!

バカ兄貴なんですが、何故か憎めない( *´艸`)

三宅健さんは久しぶりのドラマ主演なんですがとってもハマっていましたね。

バカヤンキー兄の三宅さんとセミオトコの山田くん共演シーンは1話ではありませんでしたが、今後きっとありそうです。

ジャニーズ先輩後輩の共演シーンが今から期待大ですよね(^^♪

 

③田中美奈子、高杉亘が演じる由香の親

大川サチコ(おおかわ・さちこ)
田中美奈子
由香の母。夫のヒロシと同じくヤンキー上がりだが、喧嘩はサチコの方が強い。派手好き。

大川ヒロシ(おおかわ・ひろし)
高杉亘
由香の父。ヤンキー上がりで、妻のサチコといつも激しい死闘を繰り広げている。

ヤンキー上がりの由香の母親、父親を演じるのは田中美奈子さんと高杉亘さん!

由香が幼いころから、二人は喧嘩ばかりしているのですが、離婚はせずに一緒に暮らし続けているようです。

喧嘩のシーンはかなり強烈でしたよねー(;^ω^)

高杉亘さんを投げ飛ばし「てめー、金置いて出て行けよな―!」と凄む田中美奈子さんのシーンは圧巻でしたね( ゚Д゚)

ソバージュと特攻服もかなりお似合いでした!

 

④池田良演じる蕎麦屋の無口なオーナー

相田新平(あいだ・しんぺい)池田良
昼はカフェ、夜は蕎麦を出すバーの「国分寺ヤドリギカフェ/ヤドリギ庵」オーナー。無口で、話しかけられても言葉では返さず、表情で語りかける。

第1話でも一言も発しななかった、池田良さんが演じる由香が良く行くカフェ兼蕎麦屋のオーナーもインパクト大でした!

アイスラテの値段を見て「高!」と言った由香を睨みつけ・・・

隣の女性に「高いだけの価値はある」と代弁させていましたね( ´∀` )

佐藤仁美さんが一人酒を飲んでいる姿を無言で見つめているシーンでは「そばは食べないのか?」と言いたかったようです(笑)

代弁する女性何者?と思いましたが、公式サイトを見るとオーナーの妻であることが分かりました!(^^)!

相田直美(あいだ・なおみ)椿原愛
「国分寺ヤドリギカフェ/ヤドリギ庵」オーナー新平の妻。無口な夫に代わり、いつも気持ちを代弁している。

 

まとめ

大恋愛編集者役の木南晴夏はムロツヨシと熱愛?出演ドラマ一覧も

今回は「セミオトコ」に登場する強烈キャラ4選を紹介しました。

4組の中で私が特に注目したいのは、やっぱり檀ふみさんと阿川佐和子さんでしょうか( *´艸`)

お二人はプライベートでも親友なので、ドラマでの掛け合いは演技なのか本当なのか?と思って見るととっても面白いと思います!

他にも今田美桜さん、北村有起哉さん、しずちゃんなど個性的なキャラがたくさん登場する「セミオトコ」!

第2話は8月2日夜11時15分からの放送です。

今から7日後の山田くんと木南晴夏さんの別れを想像すると涙が出そうですよね( ノД`)シクシク…

最後まで見届けたいと思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる