コンフィデンスマンJP最終回ネタバレ感想!佐藤隆太がゲストで五十嵐が人気?

人気月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」もいよいよ最終回を迎えてしまいます!

でも映画化も決まって、ドラマファンは盛り上がってますね♪

第10話の最終回はゲストもかなり豪華のようです。

そんなドラマ「コンフィデンスマンjp」第10話最終回のあらすじネタバレと感想をまとめていきます。

 

 

目次

コンフィデンスマンjp最終回あらすじネタバレは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/32809″]

ボクちゃん(東出昌大)は、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、もう十分稼いだのだから詐欺師稼業から足を洗うべきだと忠告し、ふたりのもとを離れる。

 

それから1年後、引っ越し業の仕事に就いていたボクちゃんは、新人の鉢巻秀男(佐藤隆太)と親しくなる。体が弱かった鉢巻は、親が残してくれた資産を切り崩しながら暮らしており、いままでまともに働いたことがなかったという。だが、結婚詐欺の被害に遭い、すべてを失ってしまったらしい。

 

6ヵ月前、結婚相談所に登録した鉢巻は、紹介された早苗という女性と意気投合し、結婚の約束をした。だが早苗は、両親の借金を理由に結婚できなくなったと言い出したらしい。鉢巻は、迷わず全財産の3000万円を早苗に貸したが、その直後から彼女と連絡が取れなくなり、結婚相談所もなくなっていたのだという。鉢巻が描いた早苗と結婚相談所の所長の似顔絵を見たボクちゃんは、それがダー子とリチャードであると確信する。

ボクちゃんは、鉢巻を引き連れてダー子のスイートルームを訪れ、真相を確かめようとする。すると、鉢巻の態度が急変し……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/story/index.html

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/33300″]

以下、予告動画です。

ゲストキャストは佐藤隆太さん、戸田菜穂さん、袴田吉彦さん、野間口徹さんとなかなか豪華ですがその他にもサプライズゲストがいるようです。

誰だろう??また山田孝之さんみたいに贅沢な使い方しそうで楽しみです(笑)

そして最終回はこんな情報が。

『コンフィデンスマンJP』は、各話ごとにいろいろなロケ地を訪れ、さまざまなシーンを撮影してきましたが、最終話の「コンフィデンスマン編」は、ほぼダー子のスイートルームのみのワンシチュエーションで進行します。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180604-i194.html

スイートルームだけのストーリーで最終回をもたせるて・・・かなり冒険してますね。ドラマ側もそれだけ内容が面白い!!と自信があるって感じで、楽しみです!

 

そんな「コンフィデンスマンJP」最終回のあらすじネタバレと感想を更新していきます!

子犬を探す中国マフィア!

[blogcard url=” https://dorama-netabare.com/archives/34117″]

ダー子今まで五億も詐欺で稼いでるのか!

「私は三億くらい!」リチャードも凄すぎ( ゚Д゚)

「もう十分だ、僕はおりる」398回目の詐欺師辞める発言のボクちゃん。

二人の元を去り、一年が経過・・・早っ!

僕ちゃんは引っ越し作業員として活躍中。そこで一緒に働く鉢巻秀男と出会います!

秀男は結婚詐欺にあったようで、色々話を聞き、詐欺師たちの似顔絵を見るとその顔はダー子とリチャードにそっくり( ´∀` )

「名探偵海老河原の冒険」のDVDを楽しそうに見ているダー子。 

海老河原を演じているのもしかして、袴田吉彦さん?? これだけの出演ですかー( ´∀` )

そこに鉢巻秀男を連れて現れるボクちゃん。

「わたしじゃない!」 ダー子は身に覚えがないようです。

「ステキな部屋ですね。ソファーもフカフカ」突然部屋ではしゃぎだす秀男。

突然怪しい輩が部屋に入ってきて・・・袋をかぶされ拘束される3人(/ω\)

「やっとみーつけた!!」

「ボクちゃんはめられたようだよ」リチャードが言いました。

「探しているんですよ子犬を」

「人を騙すタチの悪い子犬は殺処分。だーれーがー子犬かなー」

最近こういう怖い役が多いです・・・佐藤隆太さん( ゚Д゚)

鉢巻秀男の本当の名は「孫秀男」 中国マフィアみたいです。

父の孫秀波は薬を15億で買ったはずが、実は片栗粉・・・

仲買人は15億とともに消え、秀波は孤独のもとに亡くなったという。

孫秀波演じるのは麿赤児さん。マフィアの役とかぴったりですね(*‘∀‘)

秀男は父親の復讐をしたいみたいです。15億を奪った仲買人への復讐!

その仲買人の名前が「子犬」?

 

ダー子、ボクちゃん、リチャードの本名発覚?

 

 

「子犬はどなた?」

「シンガポールにいる!」 思い当たる男がいるようですダー子 

え、子犬の真似する野間口徹さん?? 

これまた一瞬のご出演( ´∀` ) 本当に贅沢なゲスト!!

チャイニーズマフィアの情報網は侮れないようです。

あるところに電話を掛けました。

五十嵐「すまないみんな<m(__)m>」 五十嵐が三人を売ったようです・・・

銃を三人に向ける秀男、ぼくちゃんの口に銃口を入れると・・・

「本当の事を話すから」ダー子が言います。

「子犬何てコードネーム使ったことが無い、信じて!」

「何が嘘で何が本当か、人を騙す事は自分自身を騙す事。君たちの真実の姿を思いださせてあげる」

「ダー子は藤沢日奈子、ボクちゃんは西崎直人、リチャードは鎌田清」

「何だって知っているよ。正体も見当はついている。じっくり話そうか鎌田さん。」

リチャードが隣の部屋に連れていかれちゃいました(/ω\)

 

3人の過去が暴かれる!

[blogcard url=” https://dorama-netabare.com/archives/33300″]

元奥さん、娘の写真を出してくる秀男。昔はリチャードふつうの家庭のお父さんだったみたいです。

家族をネタに脅しをかける秀男。「子犬は誰だ?」

「金を返す、だから許してもらえないか。子犬は・・・」

部屋から出てくる秀男。「次は君だ・・・西崎君」

「西崎信江さん。きみの母だ!」ぼくちゃんと呼ばれかわいがってもらっていたようです。

そんな母親は実は詐欺師。

詐欺の片棒を担がされていたが、逮捕を機に絶縁したボクちゃん。

ボクちゃんのお母さん演じるのは戸田菜穂さん。

これまた豪華。戸田菜穂さん美しい(*´▽`*)

「もうすぐママの誕生日じゃないか。ママは札幌の小さなスナックを切り盛りしている。君が描いた絵がかざってある。気味の本当の人生はそこにあるんじゃないのか?」

情に訴える作戦?でしょうか秀男。「子犬は誰だ・・・」 

「子犬は・・・」

そしてつぎはダー子。

二人は「子犬はダー子だ」と証言したみたい(/ω\)

児童養護施設にいた過去を暴露される。

「はい」しか言わない日奈子。

だだっこのダー子から来たんですねこの呼び名。

中学になり女詐欺師に会う。それがボクちゃんのママ。

詐欺の技術を教えこんだみたいです。

「もとめたのは仲間、家族。それもしょせん偽物」

「どこまでいっても独りぼっちの藤沢日奈子、子犬は君だね?」

「生まれた家はある?私はわからない。両親の顔も思い出せない。」涙するダー子。

「私も生まれた家はもうない、君が子犬だね・・・」

否定するダー子。 

「子犬は、どうやって孫秀波の心をひらいたのか? それが気になって仕方ない。子犬はきっとエッグタルトをもっていった。あなたのママが得意だった・・・」

「本当は寂しかった。疲れ切っていた。想像だけどね・・・愛してたからこそ、あなたをこの世界から遠ざけたのよ! この世界に踏み入れさせないために・・・。香港でレンタカー会社を切り盛りするそれがあなたの本当の人生!」

それを聞いた秀男は叫びます!! ダー子の言ったことが図星だった??

 

ダー子たち撃たれる!?

 

 

部屋から出てくるダー子。

「そこに書いてある口座に有り金全部振り込め それで手打ちにしてやる」

秀男見逃してくれるのか?? 携帯から口座に振り込む3人。

「ははははははは!見逃すわけねーだろ。金ももらうし命ももらう。今更親父になんか愛されたいと思ってない」

ダー子の一か八かの反撃も失敗しちいました(/ω\)

秀男が最後についた嘘を教えてくれました。

ボクちゃんもリチャードも 「子犬は私だ、僕だ!」と言ってくれていたんです(´;ω;`)ウッ…

外から聞こえるパトカーの音。

本当の仲間だって確信できたと思い残すことが無い様子のダー子。

思い残すことがあるとすれば、海老河原の犯人が分からなかった事 (笑)

秀男が代わりに見てくれるそうです( ´∀` )

いざとなると撃てない秀男。「あなたは撃てないのよ」

「ひ弱で心優しい鉢巻秀男!」その瞬間銃声が・・・

ホテルを出て、車の中で雄叫びをあげる秀男。

三人、本当に撃たれちゃったみたいです(/ω\)

車の中で「名探偵海老河原の冒険」をみる秀男。

「銃はすり替えられていた。銃の中は血糊です。警官も偽物。犯人はあなたたちですね?お手伝いの藤沢日奈子、ご主人の西崎直人、となりのおじさん鎌田清!!」

「この海老河原の目はごまかせません!」また出てくれました袴田吉彦さん(* ´艸`)クスクス

そこに銀行から電話が・・・15億が引き出され残高が0になった秀男の口座。

秀男がホテルに戻ると、ダー子たちはおらず、部屋に警察が・・・ 偽警官かと思ったら本物でした!!

「なにがほんものなんだー」秀男が叫ぶのも無理はない。

ここからこの事件のネタバレ(笑)

やっぱりすべてダー子たちが仕組んだことでしたね!

5年前・・・子犬はやっぱりダー子でした(*´▽`*) 

「数字は大事」という孫秀波。

お母さんの誕生日と生まれた家の番地をセキュリティの番号にする?

そして1年前・・・ボクちゃんが出ていったとき、孫秀波の息子が復讐しようとしているらしい。

麻薬ビジネスで荒稼ぎしていると耳にするダー子。

「お金もらって組織潰して、ろうやにはいっててもらいましょう!!」

秀男に嘘の情報を流し、拳銃をすり替えたのは五十嵐でしたね(*´▽`*)

ホテルマンに扮装して部屋を出ていくダー子たち。

秀男のプライベートバンキングにアクセスし、暗証番号は秀男の大事な父の誕生日と生まれた家の番地の番号を入れると・・・30億の引き出し完了!!

「大漁じゃい!大漁じゃい!」

ということで、このストーリーは1話の前の話、要するに0話だったみたいですね( *´艸`)

「目に見えるものが真実とは限らない、コンフィデンスマンの世界にまたいつか」

終わっちゃいましたー(/ω\)

 

五十嵐が人気?映画版に期待!

そんないつも通り、最後まで視聴者が騙されてしまった最終回ですが、出番が少なかったあるキャラクターが大人気でした。

それは五十嵐役の小手伸也さんです。

このドラマを見るまで知らなかった人も多いと思います(笑)

矢部浩之とマツコ・ デラックスの「アウト×デラックス」に出演して、そのアウトぶりを披露。話題になりました。

なんと、今も現役でテレアポのバイトを頑張っています。なんでも話しちゃうのに「結婚してるの??」の質問にはNG。って、お前の結婚話、別にマイナスにもプラスにもならないよーーーって突っ込み満載の小手さん。

最終回でも出番は少ないながらもおいしい感じでした。

ツイッターでも大人気です。

 

 

 

 

 

どうやら、副音声も人気だったようです。

その大きな魅力の1つ声にも注目が集まっていますね。

 

 

まとめ ゲストが豪華すぎ!!

途中までずーっと騙されちゃいました。

それにしても最終回ゲスト豪華すぎ!!

佐藤隆太さんのほぼ独擅場でしたね。

戸田菜穂さんは結構出番有りましたけど、野間口徹さんとかほぼ一瞬のご出演( ´∀` )

野間口さんがサプライズゲストだったのかな??

袴田吉彦さんも最後にまた出てきてくれてうれしかったですね!!

最終回を迎えましたが、何やら映画化されるようです!

映画館まで見に行くかどうかは・・・ちょっと考えます(笑)

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる