ごめん愛してる最終回のラストの終わり方が微妙?韓国原作と違って凛華が死なない

スポンサーリンク

9月17日に最終回を迎えたドラマ「ごめん、愛してる」。

ラストの終わり方で視聴者の間で「微妙」「イマイチ」「あっけない」という意見が出ています。

そんなドラマ「ごめん、愛してる」最終回のラストの終わり方について、ツイッターの賛否の意見についてまとめてみました!

 

 

ごめん、愛してる最終回の微妙な終わり方とは?

サトルが麗子の実の子ではないという衝撃の真実を知った律。しかも麗子が律が死んでいたと勘違いしていたことも発覚。

律はその後「(心臓移植のことで)お礼がしたい」という麗子に「料理をつくってほしい」と御願い。

最後に母親に自分が実の子だと知らせないまま、母親の手料理を食べて別れた後「母ちゃん・・・」と涙する律。

そして、凛華にも話をせずに寝ているところにキスしたままお別れ。最後に電話で「ごめん、愛してる」と凛華に告げる律。

悲しい・・・と思っていたら、なんと1年後。ってえーーーーどうなってる!?

しかも、サトルが生きててコンサートをしているので、「あー律が死んで、心臓移植したんだ~」と納得するパターン。なんかあっけない(^_^;)

そして、最後の肝心の凛華の安否ですが・・・そのまま生きて終了。

個人的には良かったのですが、韓国版の原作ドラマのラストでは凛華は律を追って自殺するという衝撃の展開なので、その違いに微妙な意見がツイッターで飛び交ってました。

 

微妙なラストシーンにツイッターの意見は?

 

スポンサーリンク

 

では、そんな微妙なラストシーンに以下、ツイートの感想です。

ごめん愛してる 本家とラスト違うんかい…… 本家見てないからな~ にしても急に1年後って……

 

見たかった部分がカットされてて、1年後になってた なんだ、これ… ガッカリじゃん (๑•ૅㅁ•๑)

 

突然1年後…マジ? 韓国ドラマなんやぁ原作。 まぁ韓国版が彼女が後追って…てラストなのも胸くそ悪いけど(´-ω-`) ここでFFTのシナリオとラストを超えるものはない、と思ってしまったオタク脳を許してくれε-(´∀`; )

 

日本版は凜華生きてる感じで終わらせたのね。やっぱり日本のドラマの表現には制限があるのかな~?😫韓国版では律はバイクの運転中に発作を起こして事故死?病死?して、 凜華は1年後サトルのコンサートには行かず、韓国の律のお墓の横で自ら命を絶つ。苦しすぎて涙止まらなかった

 

最後の1年後?に納得いかなかったけど、毎週楽しませてもらいました!

 

最後に、愛してると言ったところで、もう、ぐっときました。 ラストの、凜花の前向きな笑顔が良かったです! 素敵なドラマでした。 出演者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

 

何人か原作のラストについて言及してるけどむしろ私はそっちの方が後味悪くてうわぁ(´д`|||)ってなってるからこの着地でよかったと思う。律の描き方からいって後追いなんて望んでないと思うし。

 

ごめん愛してる最後ギュギュッとし過ぎた感ある………………

 

良いドラマだったけれど 終わり方が なんだかなぁ〜 1年後に飛ぶのは 残念。 律と凛華が もう少し 幸せなところ見たかった… ただ ただ 凛華の 幸せを祈る(´•ω•`)♡

やっぱりいきなり「1年後」っていうのが、早っっていう感じという意見多数でした。

また、ラストが展開早すぎて、詰め込んだ感で、もっと、じっくり描いたのを見たかったって人も多かったですね。

原作版の最後が衝撃で重いので、逆に軽い感じに感じてしまうラストに微妙な感想が多かったようです。

原作があると、どうしてもそれと比較されてしまうので、辛いところかもしれないですね。

ただ、最後に凛華が死んでしまうラストの微妙なので、これはこれで良かったという賛否にわかれているラストでした。

 


スポンサーリンク

10 件のコメント

  • 毎週、母ちゃんに俺が息子だと言っちゃえ!言っちゃえ!と思いながら知らせる事なく逝った律!けど母ちゃんが涙を流した事に少しは救われた!

  • 消化不良で終わったドラマでした 律がいなくなった後の凛華のその後の人生が描かれてなくて残念なラストでした それぞれの出演者の今後の生き方がどうなるのか‥考えても結論が出なくて心残りでした せめて凛華が幸せになっていくであろう余韻をもっと深く描いて終わりにして欲しかった

  • 原作どうこうは関係なく、一番見たかった肝心な所、麗子が律を実の息子だと知るシーンがなかったのが残念でならない。何故この重要なシーンを飛ばしてしまうのか理解出来ない。それに気付かない所がTBSのドラマ制作してる人間のレベルの低さなのかな。毎週楽しみに視てただけに、久々の本気のガッガリの最終回でした。

    • 全く同感です!
      同じコンメントの人がいるのかとググったら いたのに安心しました!
      おかしいですよね!
      母親が事実を知るシーンだけを楽しみに観ていたのに…
      残念すぎでふ

  • 残念ながら、韓国版より全然駄目でしたね。
     
    日本版は全く泣けなかった。キャストは良かったけど。

  • 毎週楽しみにしていましたが、最終話 特に結末が、途中描写がなく、あっけなく終わってしまったのが残念でした。

  • いやー全く同感!!!!なぜに律が息子と知る瞬間がないの????
    信じられない!!!
    原作と変えるなら死ぬ際に息子だと知って初めて抱き締められるうでの中で亡くなるくらいしても良かったんじゃない??
    あんなに息子を溺愛してた母親が本当の息子の存在をしてあの涙でこらえられるとは思えないよ!まだ強がってる意味がわからない!もったいない!!!!(T_T)

  • 律の最後にお母さんが抱きしめるのを見たかった!最後まで律が報われていない。お母さんの手料理を食べられてよかったけど、悲し過ぎる。
    お母さんに抱きしめてもらえたら、律はどれだけ嬉しかっただろう、と。
    最終回もっと律を大事にしてほしかった!

  • 一年後…。一番嫌いなパターンで引いた。このドラマの一番大事な母が真実を知るシーンが見たかった。大竹しのぶさんの名演技を見たかった。これでよしとする製作側のセンスを疑います。本当にがっかりでした。

  • 麗子は律が自分の息子だと分かっていたと思います。

    記者会見では死産と言っていた(本人もそう聞かされていた)のが、最終回では
    息子を捨てた。と言っていましたし。

    さとるが、僕には兄がいます。と言っていた時麗子が泣いていた。
    (きっとさとるが後日、律が本当の息子だと言ったのではないでしょうか?)

    まぁ、個人的には麗子と律が和解?し合うシーンがあっても良かった気がしますが。久しぶりに胸が締め付けられるドラマでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です